2011/01/31

昨日の月例について

 昨日も寒くてきついラウンドでしたが、今日も変わらずに寒いですね。

 
 明日からは、暖かくなる予報なのでちょっと嬉しい気もする。


 ところで昨日の月例ですが、これまでのクラブセッティングを変更してみました。


 昨年の夏から続けてきたウェッジ3本とFW2本(3Wと5W)の組み合わせでしたが、昨日の月例は、ウェッジを2本にしてFWを3本にしてみました。



 セッティングを変更した理由ですが、先日までは、50度、54度、60度のウェッジを入れていましたが、この時期は、芝の状態が悪く距離に応じたロフトごとのピッチショットをする場面が、ほとんどなくピッチエンドランもしくはランニングが多くなるのでロフト差ほど結果が伴わない。


 
 もう一つの理由が、190~200ヤードの距離で風が強いとフォローにせよアゲインストにせよ4番アイアンと5番ウッドでは、どうしても距離の穴を埋められない。



 こんな理由から51度のアプローチウェッジと57度のサンドウェッジ2本にして21度の7Wを入れてみました。



 ホームコースは、バンカーの砂は大目ですが、アゴは、高くないので57度のサンドウェッジで十分。


 
 それと月例のティーからだと190~200のショートホールが、多いので7Wを入れたほうが、距離が合わせやすいので正解だったように思います。


 
 コースによってセッティングを変えることは誰でもやっていることだと思いますが、季節によって同じコースが、全く違うコースに変わるのでセッティングを変える必要性を感じました。


 そんなのいまさら考えるなよと言われそうですね。


201101301.jpg


 


 
スポンサーサイト
2011/01/30

ホームコース月例の成績

 今日は、寒かったですね。


 そんな天気の中、ゴルフバカキャロ助は、ホームコース今年最初のAクラス月例に参加してきました。

 
 私にとっては、今日のゴルフが、今冬ゴルフの中で間違いなく一番の寒さでした。


 風も冷たく強風が、吹いていて寒いというより痛いと言った方が、良いのかな。


 こんなコンディションでは、それほどスコアも伸びそうにもないので我慢のゴルフに徹することを考えてスタートしました。

201101302.jpg
※ 競技用のティーマークでレディースティーでは、ありませんよ。(笑)



 
 10番スタートのティーショットは、風に流されて左の浅いラフ。

 
 セカンドショットは、ナイスショットでしたが、またも右からの風に流されてグリーン左に持っていかれてグリーンを捕らえられません。



 ピン方向は、高い木がスタイミーで下を通すしかなく9番でピッチエンドラン。


 
 まずまずの距離に寄せますが、パーパットは惜しくも入らずボギー。


 続く11番ミドルホールでは、セカンドショットをバーディーチャンスに付けますが、一筋違いパー。


 惜しかったのは次のショートホール(187ヤード)ティーショットは、ピン筋でしたが、アゲインストの風に落とされバンカーへ。


 行ってみるとフカフカに入っている砂の中で見事な目玉状態。


 幸いだったのは、ピンまで多少距離があったので土手だけ超えればあとは、転がるだろうとエッジを入れることだけに集中して打ったバンカーショットは、1.5mに寄りますが、1cm届かずパー。


 これを入れていれば変わったのかもしれませんが、カップの先は下っていてマウンドになっているためグリーンを出てしまう状況だったので打てませんでした。


 その後も我慢のゴルフが、続きますが、ナイスショットは、求めず落し場所と的確なクラブチョイスを心掛けてプレーすることに専念。


 午前のインコースは、

△-△ --- △△- 40ストローク(17パット)。 

 食事休憩の後、アウトコースへ向かいます。


 午後のスタートホールは、幸先良くセカンドショットが、ベタピンでバーディー発進。


 バーディーは、こういう天候の中では、非常に有難いワンストロークになりますよね。

 
 その後のプレーも無理をせずダボを打たないゴルフに集中。


 もったいないボギーも結構ありましたが、午後もダボは、打ちませんでした。


アウトコース:○△△ -△△ -△△ 41ストローク(16パット)

トータル81ストロークでハンディキャップ8 ネット73で4位入賞でした。


 芝の状態と月例の距離を考えてクラブセッティングを変更したのも今日は、良かったような気がします。


 この辺の話は、次回にします。


201101304.jpg

2011/01/27

大山志保が、PINGと契約

 昨年の夏からPINGFWを使い始めて徐々にPINGのクラブが、私のバッグを占領し始めていますが、2006年の賞金女王大山志保が、今年からPINGと契約しました。

 
 ここ10年くらいどのメーカーともクラブ契約をせずにいたというのは、意外でしたがそれだけクラブチョイスにこだわりを持っていたのかもしれません。


 彼女は、気に入ったクラブを長く使うようで以前雑誌で見た女子プロのクラブセッティングでほとんどのプロが使わなくなったミズノのアイアンやテーラーメイドのFW200STなど愛用していたことを思い出しました。


 
 ここ数年は、左ひじの怪我のため試合に出られずに悔しい思いをしていたと思いますが、一昨年手術をして後半戦から復帰。


 
 10試合しか出ていませんが、平均ストロークは、規定数に足りないものの71.93と9位にはいっています。


 
 今年は、日本ツアーに専念するようなのでがんばってあのガッツポーズを見せてほしいものです。


2010LPGA2day.jpg


こちらは、昨年活躍して44位でシードを獲得した一ノ瀬優希プロのバッグ 
2011/01/26

競技に参加してきました。

 本日は、市原ゴルフ倶楽部で開催された平日競技に参加してきました。


 今日も天候は、晴れで風もなく予報よりも良い天気でプレーが、出来て良かったです。


 このところ絶好調の福○さんからコースへ向かう途中に電話が、ありスタート時間が、近いので出来れば一緒にラウンドしようということだったのでキャディーマスターにお願いして同じ組で回れるようにしてもらいました。


 なにせこのところ70台連発しているせいもあり自信にあふれているのが、伝わってくるような福○選手でしたが、中コースのスターティングホールのティーショットを失敗してしまい今日は、平凡なスコアに終わってしまいました。


 自分はというと、このところ体たらくなラウンドが続いているので期待もしていませんでしたが、案の定朝のティーショットは、ナイスショットだったもののセカンドショットが、完璧なシャンクでグリーン右の傾斜のきついマウンドに止まりやっと乗せるだけのところから何とか2パットのボギーでスタート。


 その後は、2、3、4番とパーをセーブして迎えた5番のミドルホールでティーショットを左に曲げてしまいセカンドは出すだけで3打目は、上りの125ヤードをナイスショットで3オン。


 下りの難しいラインでしたが、せっかく1mちょっとに寄せたのに外してしまい痛恨のダボ。


 6番でもパーパットを読みすぎて外してしまいボギーと踏ん張りどころとなりますが、残り3ホールは、何とかパーにまとめてトータル4オーバーの40ストローク。(16パット)


 後半の西コースは、1、2番パーとしますが、3番スリーパットのボギー。


 難しい4番では、アプローチを失敗して4オン2パットのダボと本日2回目のダボを打ってしましました。


 それでも残りホールを2オーバーで踏ん張りトータル5オーバーの41ストローク。(18パット)


 トータル81ストロークは、グロス2位、ネット6位で入賞でした。


 ベスグロは、80で70台が、一人もおらずやはりこの時期は、難しいということなんでしょうね。


 ショートアイアンの方向性が、大分良くなったてきたのが、好材料でした。


201002041.jpg



2011/01/24

暖かい1日でした。

 昨日は、ホームへラウンド練習に行ってきました。


 先週の日曜日は、雪でクローズのためプレーできなかったのですが、昨日は、スタート時間が、遅かったせいもあり霜は、解けてカチカチグリーンに手こずることもなくプレーができました。


 1日中穏やかな天候に恵まれ午前も午後も2時間程度でラウンドできました。


 昼食休憩も40分ほどだったので10時ちょっと前のスタートで上がりが、3時とほんとうにスムーズな1日でした。


 いつもこんな感じでプレーできるといいのですが、やはり風が吹くとそうも行かず全体の流れが、悪くなりハーフ3時間かかることもあるので昨日は、ラッキーでした。



 こんな天気であれば良いスコアを出して当たり前なのに81ストロークとパッとしないスコアでに終了。



 修正点が、全然直っておらず気長にやっていくしかなさそうです。



 春は、まだまだ遠そうです。



090119no2.jpg
2011/01/19

麻生カントリークラブ

 ここ数日の中では、一番のゴルフ日和だったかもしれませんが、本日茨城県の麻生カントリーへ行って来ました。



20100119.jpg

 ただ、こちら方面は、思った以上に雪が、積もったようでゴルフ場に向かう途中にたくさんの雪が、まだ残っていました。



 当然コース内の陰になっているところや北側斜面にも予想以上に残雪がありました。



 それほど早いスタートではなかったのですが、やはり朝は、氷点下になっているのでスタートして4ホールくらいは、グリーンが凍っていたり霜柱のあるところからのバンカーショットは、うまくいかず普段ならボギーで済むのにダボ・トリとなってしまいます。



 日陰になっているところやバンカーを避けるようなコントロールショットのできない未熟なキャロ助は、出だしの3ホールくらいで完全にスコアを崩して行ってしまいました。



 5番のバーディーでやっと落ち着きましたが、時すでに遅しで前半、44ストローク。



 後半も出だしのホールを右プッシュで木の根っこにあったボールを無理やり狙ってトリプル発進。



 その後、何とか粘って後半41ストロークでトータル85ストローク。


 
 同伴のY君は、ドライバーも好調でアイアンの切れも抜群でした。


 ピンがらみのショットをずっと打っていましたが、肝心なパットが一筋入らず前半はバーディーなしの2ボギーの38ストローク。


 午後は、やっとバーディーが、2つ決まって37でホールアウト。


 トータル75ストロークでしたが、最悪のコースコンディションを考えればやはり別格であることを再認識させられました。


 
 こういうプレーを見ると自分のゴルフが、情けなく感じてしまいます。


 
2011/01/18

PING契約プロが、絶好調。

 日曜日は、雪のためゴルフ場が、クローズになりラウンド数を損した気分でしたが、明日の天気は、問題なさそうです。


 久々に日本アマにも出場経験のある(しかもシード)親戚のY春君と茨城の麻生カントリーへラウンドの予定です。



 今回は、ギャラリーにならないように頑張らなければ!



 ところで昨年は、破竹の勢いだったPING契約のプロですが、今年も調子が良さそうです。

 
 
 現在でも世界NO.1は、ウエスト・ウッド選手ですよね。



 そして昨年全英オープンで優勝したウエストヘーゼンが、今年も年明け早々にヨーロッパツアーの南アオープンで優勝。



 3人のプレーオフを制しました。


 そして昨日は、丸山選手の優勝が期待されたSONY OPEN(ワイアラエCC)では、マーク・ウィルソンが、逆転優勝してマスターズの出場権を掴みました。(マルちゃん惜しかった。)


 
 昨年の夏から、私のキャディーバッグの中身もほとんどが、PINGになってしまいましたが、明日もリシャフトしたPING アンサーアイアン(ダイナミックゴールドHL300)をテストしたいと思います。


img20100928.jpg



 
2011/01/16

クローズとなり練習しました。

 今日は、ラウンドの予定でしたが、朝起きると雪が舞っていました。


 家を出るころは、いったん雪も止みうっすらと青空が、出てきました。


 予報も午後からは、晴れだったので待ち合わせ場所に向かいますが、郊外を過ぎると周りの景色が雪で白くなっているのを見てクローズの可能性もあると思い電話を入れてみました。


 すると現時点での中止は、わからないけど可能性が、高いということでメンバーと相談して中止にしました。


 
 せっかく早起きして家を出たので練習して帰ることにしました。



 練習場に着くとこの極寒の中、熱心なゴルファーで打席は、一杯でした。


 
 普通に起きてたらこの寒さでは、絶対行かない寒さに弱いキャロ助ですが、8時までは、入場料が無料とは言え、好きな人は、大勢いるもんなんですね。


 
 打ち始めてしばらくすると止んでいた雪は、本格的に降り始め飛んでいくボールも見えないほどでした。


 
 結局1時間ほどで止み完全に天候は、回復しましたが、ゴルフ場は、クローズだったようです。

snow2011116.jpg


 ボールは、石ころのように硬くなりミスショットは、手が痺れてしまうしちゃんと当たっているのに全然飛びません。



 先週あたりからはじめた練習の課題ですが、肩の回転をトップまでずらさないよう意識するのですが、素振りと違い半分くらいしかできていません。


 
 許容範囲であればそこそこの当たりになりますが、それを超えてしまうとアイアンでは、大ダフリとなってしまいます。


 当たり前ですが、始めたばかりなので全然うまくいきません。


 先週の今年初めての月例でもひどいダフリが、5、6発出てしまいましたが、現時点では、仕方ないと思って練習しています。


 暖かくなることには、50%位は出来るようにしたいものです。


 結局、2時間も打ってしまい周りを見るとあれだけいた人は、ほとんど帰っていました。


 これから家庭サービスといったところでしょうか?


 自分はというと帰ってからSONY OPENを見て昼寝で1日が、終わりました。


 マルちゃん、がんばれ!





 
2011/01/13

今年初の月例

 今日は、ブログ仲間のとらちゃんと今年初めての市原ゴルフクラブの月例に参加してきました。

 
 朝から風が強く最高気温が、8度と言ってましたが体感温度は、かなり寒く当然ながら日蔭になっているグリーンやティーグランドは、凍っていました。


 
 東コースのスタートホールは、バーディー逃しのパーでしたが、続く2番のセカンドショットをグリーン右に外すとカート道路に跳ねて斜面を転がり下の方まで落ちてしまいました。

 
 
 ひどい斜面からのトラブルショットとなりこのホールをダボ。


 
 3、4番もパーが取れず足取りも重く次のホールに向かいます。


 
 5番ミドルホールのティーショットが、やっとまともに当たりセカンドもナイスショットでバーディーチャンスに付けました。


 パンチが入ったバーディーパットは、強すぎて向こう側のカップに当たりあまりの強さに飛び出てしまいパー。


 カップに当たらなかったら2m近くオーバーしてました。


 
 続く6番ロングホールもパーとして気分的に落ち着いたかのように思いましたが、7番のショートホールは、風を完全に読み違えてグリーンをショートしてカラー。



 そこからファーストパットが、2mオーバーして返しも外しボギー。


 
 8番ミドルホールもティーショットを右のバンカーに入れてボギーとなりさえないゴルフ。



 午前の最終ホールは、50ヤード打ちおろしの左ドッグレッグのミドルホール。



 今日の強風では、ボールが落ちるまで安心できない嫌なホールでしたが、しぶとくパーパットを入れて午前は、42ストロークで終了。



 予報では、午後になると風がおさまるようなことを言ってましたが、全然そんな気配もなくボールは、強風にもて遊ばれご主人様の言うことを全然聞きません。



 そうなると必然的にアプローチに期待するしかないのですが、ザックリキャロ助の連発でトリプル・ダボをやらかして午後は、44ストロークとギブアップ寸前のゴルフで終了。



 前回に続きとらちゃんのドライバーショットは、ほとんどフェアウェイを外さない惚れ惚れするようなボールを連発していましたが、その他がらしくないプレーで二人共に撃沈となってしまいました。



 強風と寒さにも大分慣れてきましたが、疲れといらいらがつのるラウンドが、まだまだ続きそうです。


201002041.jpg
2011/01/10

年始は何かと忙しく。

 年始は、何かと忙しく義父の四十九日の法要があったりでしばらく空いてしまいました。


 
 ゴルフの方は、7日の夜練習場に行きましたが、この日は、北風が強くかなり冷え込んでいて練習場もガラガラでした。



 せっかく来たんだからと気合を入れて打とうと思っているんですが、指先の感覚が寒さでマヒ状態、体の動きも鈍くミスショットの連発で手が痛くなりました。



 体を温めるために素振りも多くしているんですが、全然暖まりません。



 時間がたつにつれてヤーデージの看板が倒されてしまうほど風が強くなり足の指先までもおかしくなってきたので1カゴでやめて早々に退散しました。



 風邪を引くのも嫌だし寒いときは筋肉を痛めたりするので無理するのは、止めました。



 この冬は、例年に比べて練習よりもジョギングの回数を増やしています。


img20100114.jpg

やっぱりゴルフ場の芝は、緑のほうが、良いですね。

 
2011/01/03

初打ちに行ってきました。

 正月のゴルフの予定はなかったのですが、暮れから実家に帰省したKさんが、退屈になったのか1日早く帰って来たので急きょゴルフに行くことになり、ホームへ初打ちに行ってきました。


 当然リシャフトしたばかりのPING アンサーを投入。


 
 記念すべき2011年の一発目のティーショットは、90点の当たりでフェアウェイに飛んだように見えましたが、傾斜で左に転がったようでバンカーには入っていなかったもののバンカーギリギリのところで止まっていました。



 アドレスしたもののどうにもならずスタンスは、バンカーの中でしかもボールの位置は、へその高さもあったでしょうか。



 へたすれば空振りしそうな状況で6番アイアンを短く持ってパンチ気味に打っていくと当然のような大フックとなってしまいピンまでは、50ヤードもありそうな遠いバンカーに捕まってしまいました。



 サンドウェッジでは、届かないので50度のウェッジを使い乗せるだけは乗せましたが、10m以上の超早い下りのパットを残してしまい案の定3パットのダボ。



 今年の輝かしい一ホール目はダボとなってしまいました。


 その後もなかなかパーのとれない苦しいラウンドとなりますが、なんとか4オーバーでホールアウト。

OUT □△△ △-○ △-○ 40(15パット) 


 午後のインコースは、苦手の10番を久々にパーとすると15番までは、好調なゴルフで1オーバーと初打ち70台の勢いでしたがあがり3ホールを失敗して結局午前と同じ40で終了。


I N -△- -△○ △△△ 40(15パット)

 
 ちょっと悔しいラウンドとなってしまいました。



 ところでリシャフトしたPING アンサーアイアン>(ダイナミックゴールドHL)ですが、現在エースアイアンのツアステGR(ダイナライトゴールド)と似たようななスペックだったので今回刺してみましたが、ちょっと味付けが違っていました。


 
 チョイ軽い感じのダイナミックゴールドのようなフィーリングでダイナライトゴールドよりはシャープな感じがします。


 
 オリジナルで刺さっていたAWTスチールよりはタイミングが、取りやすくなったのでまずは、リシャフト成功といったところでしょうか。


 
 今月は、ラウンドの予定が、多いのでしばらくアンサーを使ってみるつもりです。


20100929setting.jpg

 
2011/01/01

リシャフト終了

 皆様、明けましておめでとうございます。

 本年もよろしくお願いします。



 昨日の大晦日から始めたPINGアンサーのシャフト交換ですが、先ほどグリップを入れて完成しました。


 ダイナマイトが、始まるまで時間があったので一番面倒くさいソケットの外径調整をしておけば後は、グリップを入れるだけなので。


 まず、ソケットを削る時にホーゼル側とシャフト側に傷をつけないようにマスキングテープを巻いて保護します。


 次にホーゼルの外径より爪が少し引っ掛かるくらいのところまでプラスティック研磨用の平やすりでクラブを回転させながら荒削りをします。


 そしてサンドペーパーの180番 → 300番 → 800番 → 1000番と少しずつ磨いていきます。


 磨きの最後は、ストッキングで両端を引っ張りながら磨いて仕上げるときれいに艶が出てきます。


 最後の仕上げは、アセトンを少量取り刷毛の先端で素早く回転させながら塗布していきます。


201101011.jpg


 
 厚く塗ってしまうとソケットの素材によっては、溶けてしまい斑になるのでせっかくやった今までの作業がヤッチマッタになってしまいます。


 ここまででも十分だと思いますが、最後のストッキングで仕上げると完璧です。


 これが、仕上がったリシャフト後のPINGアンサー。

201101012.jpg



 シャフト交換前よりバランスが、1ポイント軽くなりましたが、D0.5前後出ているので問題ない範囲でしょう。


 明日にでも試打してこようと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。