2011/02/19

ゴルフ友達

ゴルフっていうスポーツは、他の競技と違っていろんな年齢層の人と楽しむことができます。


 私のゴルフ友達も年上の人は、60歳を過ぎた方もいらっしゃいます。


 下のゴルフ友達は、今のところ15歳のH君ですが、ホームコースで知り合いました。


 CIMG6623.jpg




 身長は、180cmと大きいのですが、顔はまだあどけなくニキビが似合う少年です。


 組み合わせの時に、入って来た子なのですが、挨拶もしっかり出来て言葉使いも今時の子っていう感じではなく数年前の石川遼を思わせるような好感をもたれる少年です。


 将来の目標もはっきりしていて大学は行かず高校3年の間にプロになるという夢を持っています。


 現在は、まだ中学3年生ですが、都内のゴルフの名門校への進学が、決まっているのでぜひ夢をかなえて頑張ってもらいたいものです。


 飛距離も体格的にも十分、プロでやっていけそうです。





※今日、一番飛んだのは、15番ロングホールのティーショットでした。299ヤード
 


 
スポンサーサイト
2011/02/15

雪掻き終了

 昨晩は、思いもよらぬ大雪となりました。

 
 予報では、雪は降っても大したことはなく雨と言っていたんですが、降り始めた雪は、あっという間に積もってしまいました。


 
 先週は、大雪と言っていたのにほとんど降らず今回は、降らないと言っていたのに南関東にしたら大雪。


 
 自分のショートパットくらい気象庁も外れ過ぎのような・・・。


 
 ということで今日予定していた用事は、キャンセルして朝から雪掻きを決行しました。


 
 シャーベット状の雪だったので比較的楽でしたが、夜になると気温が、下がって明朝また、アイスバーンになりますからね。



 転んで怪我しないようにしないとね。


 
 皆さんも気を付けてください。



 昼近くになると気温も上がり外の景色は、大分融けだした様子。



 コースは、クローズのようなので昼から友人と練習に行こうと思います。


201102104.jpg


(※ ユーティリティー用に買ったカラスのヘッドカバーですが、ユニークな顔していてしかも鳴くんですよ。アホー、アホーとね。


 
2011/02/12

PING強し。

 関東地方は、大雪が、降るという天気予報にビクビクしてましたが、大して降らなくてなりよりでした。

 
 これからまだ降るかもしれませんが、先日のゴルフの後に冬様タイヤに履き替えてきました。


 めんどうなので3月一杯くらいは、このまま冬用でいようかと。



 雪の心配をよそに海の向こうアメリカPGAツアーは、早くも6戦目。


 
 先週までの5戦で何とPING契約プロが、3勝と今のところ圧勝の様子。



 PINGのクラブを使っている者としては、嬉しい限りです。



 第2戦と先週の第5戦が、飛ばない代表"マーク・ウィルソン”当然ながら現在の賞金ランキングでもトップ、
第4戦が、米ツアー屈指の飛ばし屋"バッバ・ワトソン”、
 

 先週のトーナメントの解説で佐渡さんが、マーク・ウィルソンのことを話していたことにすごく感心したことがあります。


 それは、2007年のホンダクラシックの3日目に自分のキャディーが、ルールに抵触するようなアドバイスをしたことを耳にして自らこれを申告してペナルティーを課したそうです。


 結果、そのペナルティープレーオフになった。


 たまたまプレーオフで勝つことが、できたんだけど立派な行為であるような話をしていました。


 体格的にも190cmを超えるプレーヤーが、300ヤードを平気で飛ばしてくる米ツアーにあって170cmそこそこの小柄なマークウィルソンが、序盤戦でありながら年間2勝するということは、ゴルフは、決して飛ばしばかりではないということなんですね。



 ルーク・ドナルドにしてもそうですが、平均的な日本人の体格の選手が、海外でも通用するんだから決して日本人選手もあきらめることはないということだと思います。



 いよいよ来週のノーザントラストオープンから、石川選手など日本選手も参戦するとのこと頑張ってほしいものです。


201102041.jpg



 


 



 
2011/02/10

3人のクラチャンと。

 明日からの3連休は、荒れた天気で雪マーク。


 今日で良かった~。 今日は、豪華に3人のクラチャンさんとのラウンド。


 しかも私のホームコースまで集合してくれました。 ございます。

 
 今日のメンバーは、千葉国際のクラチャンHさん、沼津国際のクラチャンNさん、そして千葉桜の里のクラチャンご存知のトラちゃんとのラウンド。


(これが、クラチャンのセッティング)

20110210.jpg



  
 トラちゃんとは何度もラウンドしていますが、他のお二人とは初対面でしたが、トラちゃんが、良いムードを作ってくれて楽しいラウンドになりそう。


 スタートのくじ引きは、トラちゃんがオナーで一番やりたくないラストバッターが、キャロ助となりました。


 ドラがずっと好調なトラちゃんが、朝からビシッとフェアウェイセンターへナイスショット。


 他のお二人もスタートホールだというのにナイスショットをビシッと決めてきます。


 こうなるとよけいにプレッシャーが、かかりますが、とりあえずまずまずの当たりでティーショットが、出来たのでホッと一息ついてスタートとなりました。



 セカンド地点に行ってみると私とHさんのボールは、左サイドのフェアウェイバンカー、トラチャンは、すごく飛んでました。


 まずHさんのバンカーからのセカンドショットは、グリーンの左サイドに外しますが、乗っているのと同じ状況。


 次に打ったNさんは、グリーンセンターへナイスオン。



 私のボールは、バンカーのアゴに近いところで左足が、バンカーの外の傾斜で右足が、バンカー内という立ちづらい状況でした。


 
 足場を固めて打とうと思いましたが、ひざが伸びてしまいハーフトップしてグリーン手前へ。


 トラちゃんは、グリーンをショートしますが、きっちり寄せてきました。


 
 私のアプローチもまずまず寄ってワンピンちょいでしたが、これを入れてパー。


 他の方も当たり前のようにパーでホールアウト。



 その後も3人のいろんな状況での打ち方・攻め方など感心されられるラウンドなりました。


 
 クラチャンを取るような上級者になるとその場に応じたベストなショットのイメージを描いてそれに近いショットが、打てるということだと感じました。


 今日は、皆さんシーズンオフということもあり新しく入れたクラブやシャフトののテストやスィングの修正を主にチェックしながらのラウンドなので好スコアは、出ませんでしたが、とても参考になるラウンドでした。


 
 千葉国際のHさんは、体格こそ大きくはありませんが、ゆったりとしたバックスィングからリズム良く振りぬく再現性の高いスィングで安定したボールを打っていきます。


 もちろんショートゲームもお上手なのでさすが大舞台で戦うアスリートさんでした。


 
 沼津国際のNさんは、ゴルフセンスが、抜群でわずかゴルフ歴2年でシングル入りして関東アマ出場し5年でクラチャンを取ったということで驚きましたが、かなりの努力を積んだそうです。


 
 いつもラウンドしているトラちゃんも昨年の暮れからクラブを重くしたのが、功を奏しているようでスィングが、安定しドライバーも以前より確実に20ヤード以上飛んでいるようなので今年も好成績が、期待できそうです。



 今日こういった場を設定してくれたトラちゃんに感謝しつつやはりゴルフは、自分より上手い人とやらないと上達しないということを改めて感じました。


 

081220.jpg

 


 
 


 


 
2011/02/07

今年の競技日程

 今年の競技日程が、少しずつ発表されて来ましたが、今年は、日程調整が、非常に難しいことが分かってきました。


 特に5月ですが、会社の行事が、あるので休みが取りづらく4月のパブ選予選を通過した際、地区決勝と行事の数日前に開催されるGDOの予選(立野クラシック)と県アマ競技(ノースショアCC)が、同月開催なのでどれかしぼって参加するしかありません。


 現在、検討中ですが、いづれにせよどの競技にするかエントリーの期限までに決めなければなりません。



 仕事優先なので仕方のないことなのですが、今年は、パブリック選手権の東日本C地区の決勝が、なぜか土日開催となりGDOの予選会場が、山梨や静岡など遠方が多く出場可能なコースへのエントリーが、限られてしまうことが、一番大きな原因となっています。



 GDOアマチュア選手権は、今年からクラスが、3つに別れましたが、関東ブロックが、2つに減り会場も出場しようと思う会場は、立野クラシックと房総カントリー以外は、遠方ばかりで房総カントリーで予選を通過したとしてもブロック決勝が、軽井沢なのでエントリーは、見合すことになるでしょう。


 昨年GDOのアンダー14は、関東ファイナルまで駒を進めましたが、今年は、エントリーしない可能性も出てきそうです。


 6月もクラブ選手権のほか、パブリックミッドアマの予選が、はじまります。


 
 勝ち残ったことを考えて余分に休みを取るしかなくなくなるので、日程に余裕のある7月が、予選のラ・ヴィスタGCにエントリーしようかとも考えていますが、プレーしたことがないので一度視察しておかないと。


 
 他には、昨年エントリーしなかった日本社会人アマには、日程が合えば今年は、参加したいと思っています。


 とりえず、3月から初戦が、はじまります。
 

img20100928.jpg


 
2011/02/05

アンバランス

今使っているキャディバッグにそろそろ飽きが、来たので新しいバッグを探していました。


 クラブメーカーのロゴが入っていないものでしっかりしたスタンドバッグを物色していてたんですが、やっと気に入ったたものが見つかりました。


 琉球ゴルフのジパングシリーズです。


 クラブは、アメリカンなPING、バッグは、異国情緒漂う「ZIPANG STUDIO」シーサー&ドラゴンという何ともアンバランスな組み合わせ。


 結構以前から気になっていたのですが、このシリーズのスタンドバッグが、あるというので購入。


 最近では、もっぱらセルフプレーが多いのと練習場に行ったときの車の積み下ろしが、楽なので軽量のスタンドバッグを使うことが多いのですが、重量を確認せずに買ったらこのバッグが、重くて5kg近くありました。


 その分作りがしっかりしているので仕方ないかな。


 最初に見たかみさんは、「何それ。」と驚いた様子で派手だと言いました。


 そう言われてみるとシーサーとドラゴンの刺繍が目立ちます。


 
 シーサーと言えば、沖縄では魔除けとして知られた伝説の生き物ですからOBから守ってくれると良いのですが。


bag1.jpg


続きを読む

2011/02/05

持病再発

 昨日は、3連休最後の日でしたが、PGS競技の月例に参加してきました。(市原GC 柿の木台コース)


 前日に引き続き気温も暖かく2月だということを考えれば最高のゴルフ日和でした。


 柿の木台コースは、3ヶ月ぶり。


 スタートして3、4ホールは、グリーンが凍っている所がありましたが、気温が高いせいか日陰になっているところ以外は、すぐに融けてしまいました。


 インコースからスタートして10番ミドルは、ボギーとしましたが、11番ロングは、バーディー逃しのパー。


 続く190ヤードのショートホールは、狙ったとこより少し右に出たボールは、土手に当たってバンカーイン。


 
 ピンが、近く下り傾斜の難しいショットでしたが、スピンの利いたナイスバンカーショットで1.5mにつけたのにラインを厚く読みすぎて右カップをすり抜けてしまいました。


 悔しいボギーとなりますが、13番のミドルホールのセカンドショットを9番アイアンでベタピンにつけて今度は、真ん中から仕留めてバーディー。


 せっかく前のホールでバーディーを取ったのに14番のロングホールは、ファーストパットを打ち切れず1.5m残してしまいパーパットも外してボギー。


 続く15番のショートホールは、噛み気味のショットで左に外しますが、アプローチでワンピンに寄せたのにこの距離を外して連続ボギー。



 このホールを過ぎた辺りから持病の瞼の痙攣が、出始めました。


 
 それでも流れを切らさずに上がりの3ホールをパーにまとめて3オーバーの39でホールアウトしましたが、頻度がひどくなり始めたので嫌な予感。


 
 昼食のため暖かいクラブハウスに入るとますます痙攣が、ひどくなりマッサージをしたりしますが、回復しません。


 
 昨年もそうでしたが、2月ころになるとこの症状が、出ることが多く数時間から数日で直ることもあるのですが、3週間くらい続くこともあります。


 
 昨年の2月にも以前のブログで書きましたが、そのときは、結構長く続きました。



 何せ瞼がピクピクと痙攣し続けるのでショットにも集中できずコンタクトレンズをしている関係で視点が、ボケてパットのラインも距離感も出なくなってしまいます。


 どんな感じかというと片目でプレーしているような状態です。


 後半に入ると前半は、まずまずだったショットも集中を切らしてしまいパーが、取れず4連続ボギーのスタート。


 自分では、我慢をしてプレーに集中しようとするのですが、どうにもならず。


 
 とうとう5番ホールでスパットを見失ったままアドレスに入りしっかりとしたアドレスをしないまま打ったティーショットをフカしてしまいOB。


 
 完全に切れてしまい何にも当たらなくなりショートゲームもパットも寄らず入らず痙攣の回数とともにスコアも大叩きとなってしまいました。(後半48 39-48 トータル87)


 
 午前のラウンドが、まずまずだったので余計残念な気もしますが、この瞼の痙攣は、何とかならないものでしょうか?



 夏の暑い時期は、この症状は、現れずに寒い時期に出るので気温に関係が、あるのか分かりませんが、困ったものです。



201102041.jpg

 


 


 
2011/02/04

ちょっと春が!?

 2月に入って急に暖かくなりました。


 本当は、一番寒い時期なんですが、1月寒すぎたからこの暖かさは、嬉しい気分になります。


 そんな春めいた昨日でしたが、うちのかみさんとお義母さんと房総方面にちょっとドライブに行ってきました。


 先週からルートは、決めていたのですが、その前日よけいなことにテレビで旅番組「いい旅夢気分」をやっていたそうでお昼ご飯を食べる予定だったお店は、超激混み。



 大体この時期は、毎年案内人が、変わるだけで内容は、同じ房総の一足早い春を満喫といったようなタイトルでやっているもんだから平日にもかかわらず混むんです。



 回転が、早いので並ぶ割には、すぐに座れるのが、すくいでしょうか。



 注文したお料理を写真に撮るつもりだったんですが、途中で電池切れ。


 スナップ写真は、一枚も取れず料理の写真もすべて撮ることができませんでした。


 とりあえず撮った料理を載せておきます。

banya1.jpg


banya2.jpg


banya3.jpg


banya4.jpg

 この他、私が、珍しいクジラ料理をかみさんが、煮付料理を注文したのですが、残念。


 このお店は、館山道の鋸南保田IC下りて10分くらい走ったところにある「ばんや」という地魚料理専門のお店で以前バイクツーリングをしていた頃からよく通ったお店です。



 安くて新鮮、当たり前ですが、料理もお美味しいので一度行ってみてください。


 その後は、特産品を買いたいということで館山方面に南下して道の駅富楽里「とみやま」でひたすらお買いもの。


 ここの2階にあるソフトクリームもめちゃ美味しいです。



 天気も良くて気温も15度近くまで上がりと暖かくなりました。


 その後は、バイクで走りなれた山道を車でゆっくり景色を眺めつつ君津にある清和県民の森までやってきました。


 ここは、緑に囲まれたキャンプ場やホテルなどがあり夏には、ホタルの里としてホタルを見ることができます。



 今は、イチゴ狩りで賑わっているみたいです。


 最後に立ち寄ったのが、ホテルに隣接する「白壁の湯」という日帰り温泉。


 
 山の中に切り立った白い壁が、そびえる露天に入りながら自然の空気を一杯に気分良くのんびりとお風呂につかることができました。



 平日は、あまり人もいないのでここも穴場といえば穴場と言えるかもしれません。


 
 この辺りの道は、愛車「バンディット1200S」で走り回った庭のようなものなのですが、気持ち良さそうに走っているライダーを見て久々にバイクに乗りたい気持ちになった1日でした。
2011/02/01

参考にならず。

 プロのトーナメントを見ているとグリーン上のパッティングシーンで殆どのプロが、同じラインだと思うのか同じようなタッチで同じところにはずしているのを眼にします。


 解説者は、「プロが、同じようにはずすのは、やはりラインが、同じように見えるんでしょうね。」と解説しています。

 上位争いをしているプロしかテレビに映らないのでもっと下位でプレーしている選手は、わかりませんが・・・。



 しかし優勝争いをしている選手たち数名は、3、4組先にホールアウトしたプロが、はずしているにもかかわらず入れてくるのでこの違いは、何なんだろうと思います。



 プロの場合は、打ち損ないの確立が、少ないのでラインに自信があれば、決め打ちでしっかり入れてきます。



 アマの場合は、相手の打ち損ないもありますが、ラインが分かっててもその通りに打てずはずしてしまうことが多々あります。(私のことですが。)



 中には、誰が見ても引っ掛けて打っているのに「フックするのかよ。」とか言う人がいますが、「あなた引っ掛けてますよ。」とも言えず・・・。


 
 先日の月例でもHDC10の人が、いっしょだったのですが、ショットは、かなりしっかりしていてショットだけを見るとシングルクラス。



 ドライバーの距離も出るしアイアンもまずまず。


 
 ところが、グリーンにあがるとHDC20~25のゴルファーに変身。



 この日は、その方と同じようなラインに乗るので参考にしたかったのですが、殆ど参考にならずでした。


 ラインは、キャディと相談してじっくり決めるのですが、距離感が、合わなさ過ぎ。


 殆どのファーストパットが、強く打ちすぎてカップをワンピンから3mほどオーバー。


 打ったボールの後を見てカップ際の切れ具合を見ようと思うのですが、カップを勢い良く通り過ぎてしまいグリーンをこぼれてしまったり。



 打ってるのは、打ってるけどそんなに早いのかなと逆に恐怖心で打てなかったりその反対で同じライン上の私のボールマークに届かなかったりで参考にするというより見ないほうが、良かったというのが、正直な感想です。



 まぁーそういうのを踏まえてしっかり自分のパッティングに集中できなかった自分が、悪いんですけどね。



 ところで話は、変わりますが、米国PGAツアー第4戦「ファーマーズ・インシュランスオープン」でバッバ・ワトソンが、平均316.6ヤードの飛距離で優勝し2勝目。



 第2戦に続きPING契約プロが、早くも2勝と今年も絶好調です。


 初日67の好スコアで上がった今田でしたが、2日目に81を叩いて予選落ちとは思ってもみませんでしたが、次は頑張ってもらいたいものです。

201101303.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。