2011/05/31

梅雨時のドライバーは。

 台風は、温帯低気圧に変わりましたが、各地で洪水や大風による被害が、甚大だったところもあり改めて自然災害の脅威を感じます。



 台風一過で好天になるかと思いましたが、曇り空の肌寒い1日で雨は降りませんでしたが、明日の夜からまた、雨となりそうです。


 
 今週は、ゴルフダイジェスト社主催のダブルス選手権の予選にエントリーしているのですが、予報では、雨。


 
 今年は、入梅が例年より早く雨のラウンドが、多くなりそうです。



 雨のラウンドで大切なのは、フェアウェイキープは、もちろんですが、ランが、出ない分セカンドの距離が、長くなるのでキャリーの出るドライバーが、必要になります。



 かといって雨用、晴れ用というようにドライバーのロフトを変えただけの同じヘッドとシャフトを用意している人は、そう多くはいないと思います。


 

 プロともなれば、コースコンディションや自分の調子に合わせて何本ものクラブを用意することが、出来ますが一般アマチュアは、一部の人を除いてはちょっと無理ですよね。



 でも最近では、各メーカーからレンチ1本で簡単にロフトやライ角を変えられる可変ドライバーが、発売されているので選択肢もだいぶ増えました。



 昨年、r9スーパートライ(フブキ)を購入しましたが、ポジションを少し変えて打ってみるもののその恩恵をあまり感じることもなく3ラウンド使っただけで手放してしまいました。


 
 シャフト(フブキ)が、自分には、合わなかったように思います。


 現在、バッグに入れているタイトリスト910D3(DJ-6S)は、コースでまだ2回しか使っていませんが、ノーマルのA1を現在B2に変更しただけで球筋が、すぐに変わりました。


 
 ロフト角は、そのままでライ角だけ0.75アップライトしたのですが、少し右に逃げていたボールが、ストレートに近い球筋になったので今は、そのポジションで使用しています。


 雨用対策としてロフト角も1ポジション増やしたC3にするとキャリーが、増える理屈なのですが、梅雨の間に少し試してみようと思います。



 シャフトもまだ慣れたとは言えませんが、感じ良くスィングできるシャフトなので合っているような気がします。


201105seting.jpg
スポンサーサイト
2011/05/29

朝練行ってきました。

 今日は、ラウンド予定でしたが、台風接近もあり中止となりました。


 今週エントリーしているGDOダブルスの予選(立野クラシック)のために今日のラウンドでもう一回ドライバーを試したかったのですが、仕方ありません。


 県アマ(ノースショアCC)の予選と先週の月例(市原GC)で2ラウンド使っているのでいくらか慣れては来ているものの6月は、競技が目白押し。


 予選を通るとラウンド予定が、多くなってくるのでなおさらでした。

 
 ラウンドが、中止となったのでに朝練に行ってきました。


CIMG6928.jpg


 いつも仕事が、終わってから行くのでナイターの明かりではなく自然の明るさで練習するのは、本当に久しぶりです。


 日曜日とあって1階も2階も一杯でしたが、この雨の中熱心なゴルファーは、一杯いるもんなんですね。


 暫く待った後、タイミング良く空いたのでバッグを置いて打席を確保。


 このところ右サイドで打ちにいく悪い癖が、でていて下から煽るような打ち方になっていました。


 あとスィング全体が、早くなり打ちにいっているのかなぁ?


 今日は、左サイドを使ってゆったりと打つことを心掛けるようにしました。


 それなのにショートアイアンにもかかわらず強烈に左に曲がるボールが、時々出るので困ったものです。


  
 ビデオを撮って見てみると自分が、思っているよりもまだスィングが、早くボールを打ちにいっていました。



 何回か調整を繰り返してやっと思ったようなリズムになりましたが、自分の中ではスローモーションのようにゆっくりスィングしてやっとなのでビデオを見ないと自分では、わからないものです。


 どこかスィングの一部を変えようと自分では、めちゃくちゃ意識しているのに人から見ると何も変わってないように見えるなんてことありませんか?


 極端にやってやっと少し変わったと言われるとがっかりしますよね。


 
 なので調子が、どん底にならないように時々デジカメでスィングチャックをしていますが、下手すると良くも悪くも1週間で全く変わってしまうので怖いものです。


2011/05/27

漁師料理食べてきました。

 台風が、近づいているようですが早くも2号とは。


 昨年は、台風が、例年になく少なかった分今年は、多いんでしょうかね?


 週末から天気は、荒れそうですが、大きな被害がないことを祈ります。


 さて、連休だった昨日は、かみさんとお義母さんと内房線の金谷へお昼ご飯を食べに出かけました。


 館山道が、開通して船橋からでも1時間ちょいで行ける便利さは、ちょっと前までは考えられません。


 昔の感覚では、一泊か日帰りか考える距離でした。


 時折陽が差すくらいの曇空でしたが、夕方まで雨の心配はなさそうです。


 
 11時に高速に乗って渋滞もなく12時前にインターチェンジを下りてジャスト12時に漁師料理「かなや」さんへ到着。



 テレビでもよく紹介されるこちらのお店は、土・日は、混んでいてなかなか行く気にはなりませんが、平日だとゆっくりと食事をすることが出来ます。


 
 朝食を食べずにカフェオレだけだったので腹ペコでした。



 アナゴの天丼か海老か迷った挙句に海老の天丼を注文。


 
 その他定番の金目の煮付けや海藻サラダ、漁師料理のサンガ焼きなど朝飯の分まで腹いっぱいになりました。


CIMG6907.jpg
CIMG6908.jpg
CIMG6909.jpg
CIMG6905.jpg



 腹一杯になったところで次は、お買いものです。


 
 お店の外で売っている新鮮な魚介のお土産を買って次の目的地は、金谷のフェリー乗り場にある洋菓子店へ。


 
 写真は、撮り忘れましたが、バウムクーヘンとラスクが、美味しいという評判のお店で大人買いというよりも無駄買いになるほど買って一休み。



 食後時間が、たっていないのに別腹ということでカロリーを気にしながらもえいっやっとばかり名物「枇杷ソフト」を完食。


 
 最後は、温泉で締めという予定でしたが、なんだか疲れちゃったとお義母さんが、言うので道の駅に併設してある足湯に浸かって帰ることにしました。



 足湯に浸かって車に向かうと道路の反対車線に房州枇杷の直売店が、目に止まりました。


 
 枇杷に目が、ないかみさんは、自分しか食べないのに二袋も買って満足そうでした。

CIMG6912.jpg



 
 私は、子供の頃枇杷を食べようとしたら中に虫が入っていたのが、トラウマとなりそれ以来嫌いなんです。


 
 帰りも全く渋滞に遭遇せず無事に着きましたが、さすがに前日のゴルフの疲れもあり食事の後は、風呂に入ってころっと寝てしましました。

 
2011/05/25

ダブルス練習

 2、3日雨模様でしたが、今日はやっと晴れ間が戻ってきました。


20110525.jpg

 
 そして晴れの合間を選んだかのように今日は、市原ゴルフクラブの月例競技に参加してきました。


 来週GDOのダブルス選手権の予選に参加するので相方のTさんと打ち合わせも兼ねた練習ラウンドとなりました。


 ただ遊びのラウンドよりも少しでも緊張感の中での方が、良いと思って月例の中で試してみようということになりました。


 Tさんは、会員ではありませんが、JGAのハンディキャップを持っているのでオブザーバーでの参加。


 市原ゴルフクラブは、先月行われたパブリック選手権以来ですが、(結果1打差で予選落ち)悔しい思いをしているので何とかリベンジしたいと思っていました。


 そしてパッティング練習をしていると懐かしい顔が、ありました。


 そう、あのtorachanが、今日はたまたま仕事が休みになったということで急遽参戦ということでスタートまでの短い時間でしたが、世間話に花が咲きました。


 
 もっといろいろ話したかったのですが、スタート時間が、来たので中コースの1番ホールへ向かいました。


 今日で、2回目の使用となるドライバー(タイトリスト910D3)ですが、まだ慣れておらずイマイチ信頼感はありません。


 ティーショットは、狙った所よりかなり右に出て右のラフ。

 
 距離は、そこそこ出ていたのでフライヤーも計算したPWでのセカンドショットは、またもすっぽ抜けて右のカラーで左のピンに対して距離が残ってしまいました。


 そこからのアプローチパットは、思ったよりも転がらずワンピンショートしてパーパットを外してボギースタート。(Tさんは、下りの同じくらいの距離をしぶとく入れてパー)


 続く2、3番はパーセーブして4番のロングホールですが、ここのティーショットは、その前の3番同様ややドロー気味のボールで距離が、かなり出ていました。(Tさんが、3番で幸先よいバーディーを取りひとつ潜りました。)


 相方のTさんは、かなりの飛ばし屋なので通常30~40ヤード置いて行かれますが、今日は、10ヤードくらいしか変わらないホールもありタイトのニュードラは、前のドラより距離が出ているように感じます。



 Tさんも確実にこっちの方が、飛んでると言っていました。


 それでも3打目を失敗してパーパットが、カップに蹴られてスリーパットしたTさんとともにボギーを打ってしまいました。


 ロングホールで二人でボギーをやってしまうのは致命的ですからね。(これでバーディーを吐き出しパープレー)


 続く5番でも微妙な曲がりのパーパットを連鎖的に外してしまいまたしてもともにボギーでワンオーバー。


 
 6~8番は、どちらかがバーディーチャンスに付けるもの決め切れずパー。

 

 最終ロングホールは、距離感の難しい3打目をいずれもショートしてまたも痛いボギーを打ってしまいました。

 
 結局午前の中コースは、私が、40ストローク Tさんが、39ストローク


 ダブルスのスコアは、ボギー3つでバーディーは、Tさんが、3番で取った一つだけでトータル2オーバーという結果で午前を終了。


 一番痛いのは、二人ともに2つのロングでパーを取れなかったのが、反省点でした。


 とりあえずランチ休憩で気分転換して午後の西コースで巻き返しを図りたいところです。


<後半へ>

続きを読む

2011/05/23

地上最強の肉食獣

 今日は、ゴルフとは関係ない話なんですが、先日行ったノースショアカントリークラブには、凄い剥製がありました。


 レストランの脇にある休憩室にあるんですが、すごい迫力です。


 でかいです。

 襲われたらひとたまりもありませんね。



 北海道のクマ牧場で見たヒグマもかなりでかく迫力ありしましたが、白クマは、もっとでかくて強そうに見えました。



 体重一トンもあるトドを餌にするくらいだからライオンやトラよりも強いんでしょうね。


 
 オオカミの剥製もありましたが、今にも襲いかかってきそうでこちらも迫力ありました。


 機会があったら見てください。

2011bear.jpg



2011wolf.jpg
2011/05/22

ゴルフってホント、難しい。

 今年は、先日の茨城県アマの予選で3戦連続で予選を通ることが出来ません。

 最初の2戦は、1打足りず先日は、マッチングでした。


 なので1ストロークの重みは、すごく分かっているので途中雑なプレーをしたとか言うことは、ないのですが、結果は残念な結果となりました。


 昨年は、逆にギリギリ通過した試合の方が、多かったのですが、単なる幸運だったのか今年と何か違うのか分かりませんが、明と暗の差となっています。


 総合力が、足りないと言うのだけははっきりしていますね。


 でも、ゴルフの総合力を嵩上げするのって本当に難しいです。


 飛距離・方向性などのドライバーのショット力、アイアンの正確性、アプローチの距離感、パットの総合力(タッチ・距離感・戦略)、その他精神力、コースマネージメント、運 etc


 ここで自己分析ですが、1点~5点評価

1. ドライバーの総合力  3点
2. アイアンのショット力 3.5点
3. 50~100ヤード  2.5点
4. グリーン周り     3点
5. パットの総合力    3.2点
6. 精神力        2.5点
7. コースマネージメント 3点


以上が、自己採点ですが、人に言わせるともっと悪いかもしれません。


35点満点で自己採点は、20.7点。


予選通過するかしないのボーダレスゴルファーの点数を21~23とすると私は、少し足りない。


普段の実力が、30点以上だとよほどの失敗かめちゃ調子が悪い以外は、予選通過が、固い人。


33点以上のゴルファーだとその試合のメダリストを狙える人だと思います。(競技にもよりますが)


いつものパターンですが、今年参加した3試合では、いずれも当てはまったお話なので例に出して書いてみたいと思います。


同伴競技者の飛距離で言うと私の飛距離は、3番目です。(飛ぶ順番)


びっくりするくらい飛ぶ人が、一人いてもう一人は、私より少し飛距離の出る人でもう一人が、私とどっこいどっこいかちょっと飛ばないといった感じでしょうか。(前回は、めちゃ飛ぶ人が、二人でした。)


でも飛ばす人とアイアンの飛距離は、ドライバーの差ほど変わりません。


せいぜい1クラブくらいでしょうか。


ドライバーは、40~50ヤード置いていかれるような体も大きくすばらしい弾道で惚れ惚れするボールを打つゴルファーは、結構いるもんです。


しかしながらこの3試合に関しては、いずれの試合も同伴競技者には、ストロークで負けていません。


別に同伴競技者と争っているわけではないので勝ったからどうだというような何にもならない自慢話ではありません。(※ そんなの当たり前ですが・・・。)


私が、言いたいのは、皆それぞれ競技ゴルフが好きでそこそこのレベルを持つのゴルファーが、集まってくるわけですからちょっとの運と普段のゴルフが、出来れば通る実力は、あるのだと思います。


でも予選に残る15~20%に入れずに敗退という悔しい思いを私同様にするわけですが、傍観しているとその人のウィークポイントがよく見えるのも事実です。


ある飛ばし屋のAさんは、スィングも良くてプロ並のボールを打っていましたが、あるホールの一発のOBから完全にリズムを崩してしまい「あのOBがなかったらなぁー」と悔やんでいたり・・・。


ある人は、緊張のあまりに最初の3ホールで躓づき取り返しのつかない打数を増やした後は、3オーバーくらいで回ってきたけど数ストローク足りずで終了・・・。


18ホールいっしょにラウンドするとそれぞれのゴルフの上手さは、十分に分かります。


普段は、自分なんかより良いスコアで回ってくるような人もいると思いますが、1日で予選のある競技だとうまくいかないところが、ゴルフの難しさなんですね。


私に今一番足りないのが、50~100ヤードの距離のあるアプローチショットと精神力だと思います。


緊張で体がコチコチになると言うのではなく18ホール気持ちを切らさない精神力のことです。


もちろん緊張もしますが、以前は緊張を感じると極力それを取り除こうとしましたが、無理だと分かったのであえて取り除こうとせず緊張を感じるようにしたら逆に気持ちが少し楽になりました。


練習と経験値を積むしか方法は、ありませんが、他にも何か足りないような気がしてなりません。


何だろう?????


IMG_8622.jpg









2011/05/20

最新セッティング

 昨日に続き今日も夏を思わせるような良い天気でした。


 昨日は、茨城県アマチュアゴルフの予選会に出場しマッチングで敗退という悔しい思いをしたばかりですが、自分なりに分析して50~100ヤードのコントロールショットが、最近上手くいっていないのが惜敗につながっているような気がします。


 グリーン周りのアプローチは、調子の波はあるもののある程度パーセーブできているので今後は、50~100ヤード以内に重点を置いた練習をしたいと思います。


 やはり450ヤード近いミドルホールやティーショットやセカンドショットを失敗したときでもこれくらいの距離をワンピン以内に付けないと乗せるだけでは、勝負になりません。


 ロングホールであれば100ヤード以内の3打目を近くに寄せないとバーディーもまぐれのバーディーしか取れません。


 距離の短いホールでも取りこぼしは、どうしても出てくるので距離のある難しいホールでもパーオンせずともラウンドに2~3ホールは、パーセーブしていかないとダメなんですね。



 それとラフ対策もこの時期になると大切です。


 ラフの穂が、茶色くツンツンしていてボールが、ラフに入ってしまうと180ヤード以上の距離を稼ぐのも難しくなります。


 このところバッグに入れたコブラのUTは、ロングアイアンではとても打てないようなところからでもある程度距離を稼いでくれるのでかなり重宝しています。


 昨日は、ラフ対策として5UTをシャフト交換後、コースで初めて使ってみましたが、傾斜のあるマウンドのラフからでも高いボールで打ち出せるので上手くパーで切り抜けたホールが、2回ありました。


 今までだと傾斜のきついラフからでは、5番アイアンの選択は、なかったですね。


 これからの季節コースによって5番アイアンと5番UTを使い分けて行きたいところですが、久々にドライバーも新調してみました。

 
 ショップで何気に手にして衝動買いだったのですが、予選の前日に手に入れたニュードライバーを練習場で30発打っただけでしたが、いきなり昨日の試合で使ってみることにしました。


 タイトリストの910D3ですが、シャフトは使い慣れたATTASではなくグラファイトデザインのDJ-6です。


 昨年もテーラーのR9スーパートライ(フブキ)やツアーステージ(DI-6)も手に入れて使ってはみたものの試合では使うことなく手放しました。


 結局スリクソンのZR-800をエースドライバーとして2年以上使っていたのでそろそろ違うものにしたかったのが理由ですが、小ぶりなヘッドのD3は、さすがタイトリストというような美しいヘッド形状でとても気に入りました。


 ライ角・ロフト角を16通りに変えることのできるシステムですが、ノーマルポジションでは、捕まえきれなかったのでライ角を1ポジションアップライトにして試してみたら納得の球筋になったのでしばらくこのポジションで試してみようと思います。



 その時の自分の調子でいろいろ試せるのは良いですね。


 このところバッグに入れたクラブは、メーカーが、バラバラになっちゃいましたが、これからは気に行ったものを使っていくことにスイッチして行こうと思います。

201105seting.jpg



 
2011/05/19

県アマの結果

201105192.jpg
 本日、茨城県アマチュアゴルフ選手権の予選に参加してきました。

201105191.jpg



 私は、千葉県民なのですが所属コースが、茨城県にあるので参加させていただいています。


 参加した会場は、茨城県の霞ケ浦の少し北側にあるノースショアカントリークラブです。


 天気は、快晴で風はやや強めでしたが、新緑の中、初夏を思わせる日差しが照りつけ強い紫外線にさらされながらのラウンドとなりました。


 
 アウトスタートの1番ホールとハンディキャップ1の5番ミドルホールでボギーを打ったもののショットがまずまずで7番ホール終了時点で2オーバー。



 迎えた8番のショートホールは、180ヤードの打ち下ろしのホール。


 右からのアゲインストと読んだ風を完全に読み違えてしまいグリーンをはるかオーバーして大トラブルになりそうになりながらも5mのボギーパットを沈めて何とか3オーバーのまま最終ホールへ。


 せっかく前のホールをナイスボギーでこらえたのに最終ホールを3パットのボギーとして40ストロークで終了。


 後半へ続く。

続きを読む

2011/05/08

連休最後のゴルフ

201105071.jpg
 



 連休最後の今日は、GW中では、一番の天気で気温も25度を越えて汗ばむ1日となりました。


 スタートホールから半袖でのプレーは、前回ラウンドした4日の続き今年2度目ですが、そろそろゴルフも本番といったところでしょうか。


 芝も完璧にグリーン色に染まっています。


201105072.jpg


 
 このところインコースからのスタートが、多いのですがこの10番ミドルホールは、なかなかパーが取れません。


 今日もパーパットが、右カップに蹴られてボギー。


 本日同伴したのは、視力が悪くなる病で競技ゴルフを引退したE本さんですが、数年前まではバリバリのアスリートゴルファーでした。



 最近は、月例くらいしか出ていないとはいえショットメーカーぶりは、健在でした。


 私が、苦手なスタートの10番ミドルホールもセカンドショットを200ヤード近く残しながらもUTでグリーン手間に乗せて難なくパー。


 その後もパーを重ねて5ホール連続パー。

 
 15番ロングの3打目が、ヤーデージ杭のそばにある植え込みに近過ぎて30cmしかバックスィングを取れない不運もありこのホールついにボギー。



 私もE本さんのナイスプレーに何とか食いついて行こうとまずまずのプレー。



 出だしの10番と13番でボギーを打ちますが、E本さんが、ボギった15番のロングホールをパーセーブしてやっとオナーが、取れたのに続く16番では、絶好のティーショットを打ちながらセカンドをミスしてボギー。


 E本さんも15mくらいの距離から珍しく3パットして連続ボギーと仲良くお付き合いをしてくれました。


 17番、18番の長いショートホールと池越えの3打目にプレッシャーのかかる最終ホールは、互いにパーセーブして午前の勝負は、E本さんが、38ストロークで私が、39ストロークで1打ビハインドで終わりました。


後半へ続く


  
 


 

続きを読む

2011/05/05

やっと治りました。

 おかげさまで首痛が、やっと治りました。


 完治まで10日もかかりましたが、年を取ると治りが遅くなるんですね。


 フゥー、嫌だ、嫌だ・・・。


 ゴールデンウィークも後半に入りましたが、中日の昨日ホームへラウンドに行ってきました。


 前日の3日は、大雨洪水注意報が、出るくらいの大雨でしたが、4日は最高の天気に恵まれました。


 インコースからのスタートですが、この日は飛ばし屋二人といっしょなので力み過ぎてまた、首を痛めないようにしようと見て見ぬふりをすることにしようと思っていたんですが、どうしても見ちゃいますね。


 自分のナイスショットと彼らのナイスチョットが、大体同じ距離なのでセカンドオナーで先に打つことになるんですが、しばらく練習できなかった割には、アイアンが絶好調で距離のハンディを感じることなくストロークを広げていきました。


 パットも短いのを2回外しましたが、それ以外は嫌な距離もそこそこ沈めて79ストロークでホールアウトできました。


 練習も体を痛めない程度に少しずつ慣らして行こうと思います。


 この時期らしくゴルフ場も大分緑が、きれいな時期になりましたね。



201105044.jpg


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。