2011/07/31

飛距離って。

 先日行ったアクアラインGCは、アコーディア系列のゴルフ場です。



 アコーディア系のゴルフ場に行かれた方ならご存知かと思いますが、レギュラーティー(ホワイトティー)のヤーデージの近くに吹流しまで230ヤードと言う表示があり、フェアウェイのセンター付近に黄色い吹流しが立っています。(※ 全てではありません。)


 
 距離測定機(ニコン製)で計測すると表示されている距離とほぼ合っています。



 先日のラウンドでスタートを待っていると前の組(3組のコンペの最終組)が、雑談で「○○さんと△△さんは、二人とも250~260は、かるく飛ぶからなぁー。」


 「前も良かったし今日は、優勝だよ。」みたいな内容の話をしているのを耳にしました。



 私は、このコースが初めてだったのでセカンド地点が見える左斜面の上の方に立ってこの会話を聞いていました。



 この方たちの前の組がセカンドショットを打ち終わってティーショットを打ち始めました。




 見た感じゴルフ慣れした人が、二人とアベレージクラスが、一人そして初心者のゴルファーが一人そんな組み合わせで初心者以外のゴルファーは、まずまずのティーショットを放ちスタートしていきました。



 ナビ付のカートだったのでコースガイドを確認すると10番ロングホールは、230ヤードより先は急激な斜面になっているので手前の平らなところにティーショットを置いた方がベストとありました。


 
 でも確か前の組は、全員ドライバーで打っていったような???



 とりあえず前の組のセカンドが終わったのでティーショットに備えます。


 
 どれくらいの斜面か分かりませんが、平らなところからセカンドを打った方が距離も稼げるしミスも少ないと思い3U でティーショット。


 
 当たりも悪く吹流しのはるか手前だったので推定190ヤードくらいでした。


 
 その後のプレーは、前回書いたので省略しますがこの日は、ご年配の方がご一緒でバックティーからプレー出来るメンバーではなかったのでホワイトティー(レギュラー)からのプレー。



 普段バックティーから打っているので逆に吹流しまでの距離表示が無くさほど気になりませんでしたがこの日は、いつも吹流しまでの距離が表示されているので毎回吹流しが、気になりました。



 毎回測定器で吹流しまでの距離を測っていましたが、ほぼ表示とおり。



 一緒にラウンドする年配の方が、せっかちなので打ち込みを避けるために前の組の人に距離を合わせると飛んでいる人でおよそ210ヤード前後。




 吹流しを超えを見ることはありませんでした。



 かくいう私もしっかり当たったときには吹き流しを超えましたが、当たりが悪いと吹流しの手前で230ヤードって結構あるんだなっていう感じでした。



 空気も重く雨が降っていたのでキャリーもランも出なかったこともありますが、キャリーで超えていったと確信できたショットは、3回だけでした。



 下り傾斜に助けられてびっくりするほど距離が出ていたのが、2回ほどありましたが平均すると230ヤード位だったと思います。


 
 前の組の250ヤードを超えるようなビッグドライブを見ることはありませんでしたが、一般ゴルファーで自分の本当の自分の飛距離を知っている人はあまりいないのではないでしょうか?



 ドライバーのユーザーレビューなんか見ていると平均スコアが90とか100前後のゴルファーで平均飛距離が、270とか280ってあるのをよく見かけますが、うらやましいと思う反面果たして本当なのかとも・・・?



 
 201106191.jpg
 
 



 


  


 
スポンサーサイト
2011/07/29

うーん残念!?

 今日も天気が、悪くとても蒸し暑い1日でしたが、夜勤明けにもかかわらず元気にラウンドしてきました。

 
 不快指数も高くスコアも高く結局今月のアベレージは、80切れませんでした。



 本日ラウンドしたコースは、千葉県の木更津にあるアクアラインGCで以前は、CCザ・ファーストという名前だったそうですが、お初のコースということで楽しみにしていました。


 
 昨日が、夜勤明けでいつものごとく中途半端に睡眠を取ってしまったおかげで時差ぼけの感じでシャキッとしません。


 こういう時に下手な練習をすると悪いイメージを引きずったりするので、練習場へは行かずアプローチの練習を10分くらいとパターの練習をしてからスタートのインコースに向かいました。


 
 10番ホールは、560ヤードのロングホールなのですが、ティーショットが230ヤード以上飛ぶとそこから急激なダウンライとなっているらしくセカンドが難しいということだったのでU3でティーショット。


 
 セカンド地点に行ってみると3打目地点から急に左ドッグレッグしていて落とし所が狭く刻むのも嫌らしいホールでした。



 3打目を失敗してアプローチも寄らずボギー発進。


 続く2番のショートホールでは、右のラフに外したボールがどうしても見つからずロストとなってダボ。


 3番ミドルホールのティーショットは、少しフック気味でしたが距離は出ていました。


 セカンド地点に行ってみるとものすごい前下がりのラフに沈んでいて雨を含んだラフに負けそう・・・。


 それにしてもグリーンのアンジュレーションが、きついのが少し離れた所からでもわかります。



 まずまずだったセカンドショットでしたが、グリーンに落ちたボールは、止まらずに崖下まで落ちてしまいましたが、ナイスアプローチで何とかボギー。(ここで4オーバー)


 アプローチの練習が、ここで活きました。(距離感と振り幅・リズムが、一致したという意味です。)


 13番のロングホールからは、調子が上がって来て最終の18番までパーセーブ。


 終わってみたら40ストロークで望みをつなぐことが出来ました。


 17番のミドルホールは、ビーチバンカーがグリーン手前まで広がっていてプレッシャーを与えます。


 天気が良いととてもきれいなホールなんでしょうが、今日は小雨交じりの曇りで残念でした。


 18番のミドルホールは、左サイドに大きな池が続いていて距離も430ヤードと長くとてもタフなホールでした。


 このティーショットが、230ヤードの吹き流しを少し下っているとはいえ40ヤード位越えていたのは、気持ち良かったです。


201107291.jpg

 

後半へ続く

 


 

続きを読む

2011/07/27

夜勤前の練習

 今日は、夜勤なのでその前に練習に行ってきました。


 
 アプローチ中心に200発ほど打ちましたが、今日はそれほど暑くなかったので集中できて良かったです。


 
 明後日は、アクアラインゴルフクラブ(旧CCザ・ファースト)でラウンドの予定が入っているのですがプレーしたことがないので楽しみです。


 
 そのラウンドが、今月最後のラウンドとなりますが、80を切ると3か月連続アベレージで80切りできるのでなんとか頑張って達成したいと思います。


 
 今年は、春先からずっと調子が上がらずアベレージスコアも82~83位打っているので年間でアベレージ80を切るというのは今の時点では、相当難しくなっていますが、ちょっとでも近づけるように1ストロークに拘りたいですね。


 頑張ります!?


201107254.jpg




 
 
2011/07/25

久々のホームコース

 このところ土日が、仕事で平日休みというパターンが続いています。


 今日は、お休みだったので先月の19日以来ラウンドしていなかったホームコースへ練ランに行ってきました。



201107257.jpg



 午前中は、曇りがちで風もあり結構しのぎやすかったのですが、午後からは真夏の太陽が顔を出し気温もかなり高くなりました。


 定休日営業の月曜日にコースに来ている人は、床屋さんか引退したご年配の方が多いのですが、こんな真夏の暑い日に来ている人は、まずゴルフ好きですよね。



 とりあえず昨日予約を入れておいたのですが、お初の方がたと4人でアウトコースからスタートしました。


 お二人は、レギュラーティーからということだったのでもう一人のSさんとバックティーから先に打たせてもらうことにして先にSさんがティーショットを打ちました。


 フックしたボールは、カート道路に跳ねて左のラフへ。


 次に打った私のティーショットは、フェアウェイのど真ん中にある木の5mの所まで行くナイスショットでしたが、木が邪魔で低い球でしか狙えずエッジまで運びそこからきっちり寄せて1パットのパー発進。


 続く2番のロングホールも3打目が、左ラフの高い木の真後ろでちょうど100yd残し。


 木を超すためにアプローチウェッジを開いて打つしかなくフェアウェイからだと絶対に届かないはずなのですが、若干フォローだったのとフライヤー気味になったのでグリーンまで届いてパーでした。


 3番ホールもセカンドが左のラフからで絶対フライヤーしそうな順目のライだったので残り141ヤードを9鉄をチョイス。


 上手く抜けたボールは、思った通り高めのフライヤーでグリーンを捕らえ2パットのパー。


 こんな感じで今日からまたコースで使い始めたPINGのアンサーフォージドアイアンは、数か月ぶりでしたがボールも良く上がるし距離もツアステより5ヤード位距離も出るような気がします。



 午前のアウトコースは、 --- △-- ○△△ 38ストローク(15パット)

 
 後半は、もったいないオサワリゴルファーのお話

続きを読む

2011/07/23

気分転換

 台風が去って関東地方は、涼しい日が2~3日続いています。

 
 少し風がありますが、空気も乾燥していてゴルフやるんだったら快適なんじゃないですか?


 先日のゴルフダイジェスト社のダブルスブロック決勝終了後は、ずぶ濡れになったキャディーバッグやヘッドカバーなどを乾かし綺麗にしたのを機に衣換えしてみました。



 春先に買ったジパゴルのシーサーの刺繍が、入ったキャディーバッグです。



 競技のときは、口径が大きいバッグの方が、何かと物の出し入れがやりやすいので大型のバッグを使っていましたが、やはりそのぶん重量が重くなります。


 これからが夏本番ということもあり“体力エコ”のため少しだけ軽いバッグにといってもさほど変わらないんですけどね。


 色も白なので夏らしくて良いかな。


bag1.jpg



 ついでと言うわけではありませんが、エースアイアンのグリップ交換がそろそろ必要なのでサブアイアンのPINGアンサー・フォージドに変更。



 今年の春先シャフト交換(ダイナミックゴールドHL)してあまり使っていなかったこちらのアイアンを使ってみることにしました。



 昨年購入してシーズンオフにオリジナルのAWTシャフトのまま使っていましたが、あまりあわなかったのでシャフト交換。



 ちょうどその時期が、寒いころでまた震災の影響も重なったりでラウンド数も少なくシーズンに突入。



 春先は、数年来使っていた信頼のツアーステージで競技を戦おうと決めたので暫く使っていませんでしたが、昨日久々に練習場で打ってみるとなかなか良いボールが出るのでこの機会にしばらく使ってみようと思います。



 寒い時期しか打っていないので暖かいというか夏のこの時期に使った方が、クラブの本当の特性が分かって良いのかも知れませんね。


 
 来週は、月曜日が休みなので急遽ホーム(定休日営業)に行くことにしました。



 そこで感触が良ければ金曜日のラウンド(アクアラインGC)でも使ってみようと思います。
2011/07/21

蝉の声を聞きました。

 台風は、離れて行ったので天気は回復してきましたが強風が、吹いて気温が低く数日前とはかなりの気温差でビックリします。


 自然の持つパワーは、凄いですよね。


 
 ところでゴルフダイジェスト社のダブルスブロック決勝は、ゴルフ場も洪水になるような天気で散々でしたが、会場となった狭山GCで今年初めて蝉の鳴き声を耳にすることが出来ました。



 スタート前の雨が小雨だった短い時間でしたが、確かにニイニイゼミの声でした。


 
 今年初めてのニイニイゼミの声を聞いてなんだかホッとした気分になれました。


 
 明日からは、夏空が戻ってくるようなので蝉たちも戻ってくると良いですね。


 あのうるさい蝉の声を聞くと暑いのがもっと暑くなるから嫌だと言う人もいますが、僕は好きです。


 夏なのにあの声を聞かないというは、逆に寂しく感じませんか?


200807171.jpg

※ 夏と言えば「ひまわり」も良いですね。



 
2011/07/19

洪水注意報ゴルフ

 台風6号接近で大雨洪水注意報のさなかゴルフダイジェスト・ダブルスブロック決勝に行ってきました。


 いやぁーそれにしても笑っちゃうくらいすごい雨でした。


 ゴルフ場へ向かう車のフロントガラスに叩きつける雨粒の大きいこと。

201107191.jpg


 せっかく埼玉の名門狭山ゴルフクラブでプレーできると思っていたんですが、えらい日に来てしまいました。


 ときどき雨の止む時間があるんですが、我々のスタート時間は、最終組の一つ前だったのでスタートが、遅くなれば遅くなるほど予報が悪くなっています。


 最初からレインウェアを着こみ万全の態勢でスタートホールへ向かいます。


 結局西コースのスタートホールのティーショットを打った時だけ雨は、小止みでした。


 我々の組からのティーショットは、私がまず打ってナイスショット。


 相棒のTさんもナイスショット。


 
 一緒にラウンドする相手二人は、ミスショットをしてしまいボギースタートとなりました。



 セカンドショットを右のカラーに外した私に対してTさんがバーディーチャンスにつけるナイスショット。


 
 カラーからのアプローチパットは、カップに当たり惜しく入りませんでしたが、パー発進。


 
 ただ1番をホールアウトしたときには、傘が凹む位の叩きつける雨が激しくもうずぶぬれ状態になってしまいました。


 
 2番のショートホールは、220ヤードと長いホールなのですが前の組が2組待っていて20分以上待機することになり悪いリズムで打ったショットは、ハーフトップして右バンカーの横。


 
 打ち急ぎに注意して打ったんですが、それでも早くなってしまいました。


 
 Tさんもグリーンの左にを外してしまいました。


 
 ともに悪いアプローチではありませんでしたが、グリーン上の水でベチャベチャと止まってしまい二人ともにボギーとしてしまいました。


 
 もうこの頃になると前が見通せないほどの雨でフェアウェイもラフもバンカーも滝のように流れる雨水でここは、ゴルフ場とは思えないくらいの状態となりました。


 続く3番のロングホールは、3打目がグリーン右のバンカーに入ったのですが、完全に池となったバンカー内でボールを探すことは出来ずロストボール


 バンカーレーキでかき回してみましたが、とても探せるような状態ではありませんでした。


 だって50cmくらい水がたまっていたんですよ。


 とりあえず4つで乗っていたTさんに任せますが、水没したグリーン上で動かせる場所がなくそのまま打ったTさんの12mのパットは半分しか転がらず3パットのダボ。


 
 もうこれ以上プレーを続行出来ないと話していた頃競技委員がやってきて一時中断してクラブハウスに戻ることになりました。


 後半へ続く


201107195.jpg



 

 

続きを読む

2011/07/17

蝉の声を聞かない。

 毎日、暑い日が続いていますが、この暑さに大分体も慣れてきました。



 先日のゴルフは、快晴で心地よい暑さの中、楽しいゴルフをやってきました。



 でもちょっと気になるのは、ここ何回かのラウンドでまだ蝉の声を聞いていないんです。


 
 今年は、梅雨明けが早かったのでこれから蝉の声を聞くのかもしれませんが、夏の初めになくニイニイゼミの声も聞いていないような・・・。



 例年だとこの時期は、狂ったように鳴くアブラゼミの声が、聞けるはずなんですがね。



 千葉・茨城方面の蝉は、地震の影響で土の中から出てくるのが遅くなっているなんてことはないんでしょうが、ちょっと気になるところです。



 皆さん、蝉の声をきかれましたか?


アブラゼミ







 
2011/07/16

"常用"カートで楽々ラウンド

 全英オープンゴルフは、石川選手をはじめ5名の選手が予選落ちという寂しい結果となりましたが、上位で予選を突破した池田選手には、孤軍奮闘頑張ってもらいたいものです。



 そんな中継を夜遅くまで見て寝不足が続く昨日、仕事関連の方々と茨城のノースショアCCへ行ってきました。


CIMG7076.jpg



 
 先月も1度お邪魔しているのでコースのレイアウトもバッチリ、好スコアを期待したいところですが前のラウンド中に足を攣ったのがちょっと心配。



 
 普段、カートには殆ど乗らずにプレーするんですが、また足を攣ったらいやなので今日だけは、無理をせずカートに乗って楽々ゴルフをすることにしました。



 アウトのスタートホールは、ティーグランドから見てやや左のマウンドの奥にグリーンがあるやや打ち上げのミドルホール。


 
 ティーショットが、軽いフック気味のナイスショットで朝イチなのに珍しくビッグドライブ。


 
 グリーンやや奥目のピンに対して突っ込みきれずにショートしますが、無難に2パットでパー発進。


 続く2番ホールもティーショットが、フック気味でフェアウェイを捉えることが出来ませんが、アイアンがビシッと決まりこのホールもバーディーは決められませんでしたが、パー。


 
 順調にパーを重ねていましたが、6番のティーショットがバンカーのアゴ近くでスタンスが取れずセカンドを失敗してボギー。



 続く7番のロングホールでもティーショットが右のバンカーのアゴ近くで距離を出せず3打目にかけますが、グリーン手前の大木に直撃してボギー。



 最終のミドルホールのティーショットが、結構深いラフに入りそこからのセカンドが、引っかかってバンカーへ。



 寄らず入らずボギー。


 
 
 ドライバーは、不安定でしたが好調なアイアンとパットに助けられ最初のハーフは、39ストローク(15パット)



後半へ


  


 

続きを読む

2011/07/13

夏の定番。

 今年は、梅雨明けがかなり早く厳しい暑さが続いています。


 例年だと夏休みに入るころに梅雨が明けるかどうかというところなのに2週間近く早い梅雨明けとなりました。


 子供の頃夏休みに入る直前まで梅雨が明けないとやきもきしてたのを思い出しますね。


 ちょうど今時分は、夏休みが待ち遠しくて仕方ありませんでした。


 夏休みに入ると前日に仕込んだ蜜に集まってきたクワガタなどの昆虫を取りに行くのが日課。



 ワクワクしながら木に近づくと大物がいた時にはガッツポーズだったり全然駄目だったりで一喜一憂していました。


 でも大体は、小さいコクワガタばかりでたまにノコギリクワガタがいるとうれしくて大型のミヤマクワガタが、いたりするとイーグル採ったくらいのうれしさでした。


 滅多に出ない言うことでは、ミヤマクワガタやオオクワガタは、イーグルに匹敵しますね。


 生涯でもオオクワガタは、1匹しか採ったことがないなぁー。


 昆虫採集のほかにもプールや海、川遊びなど夏は、退屈することがなく毎日が楽しい日々でした。



 それと夏の定番のスイカやカキ氷を食べるのがまた楽しみ。


 
 夕方ちょっと前に夕飯のお買い物をおふくろと行った帰りに立ち寄るカキ氷屋さんのイチゴミルクは、絶品でした。


 大きな氷の塊を機会で削るんですが、とても細かいパウダー状の氷にイチゴの蜜とミルクをかけながらまた削ると言うのを何回か繰り返して作るので最後の最後まで甘くて美味しいんです。



 氷の上にかけただけだと上を食べつくせば後の方は、氷だけになりますがこの店のカキ氷は幾重にも蜜とミルクを入れてくれていました。



 いいオヤジになった今でもここの氷は食べてみたいなぁー。



 昔ながらのこういったカキ氷屋さんは、見かけなくなった今ゴルフの帰りにたまに食べるのがミニストップの「ハロハロ」



 私の好きなハロハロは、ラムネです。



 今年は、まだ食べていないので今度のゴルフ帰りに食べようと思います。



title.jpg
2011/07/12

GDO@千葉カントリークラブ野田コース

いやー、いきなり暑くなりました。

関東地方も梅雨明けと同時に猛暑日となっていますが、いきなり35度を超えると体が慣れていないので熱中症には、気をつけたいですよね。

甲子園をかけた地区予選で選手の数名が、熱中症で倒れて人数が足りなくなり試合が、終了してしまったと言う珍事があったそうですが昨日、ゴルフに行く途中でテレビを見ていたら熱中症予防には、「ヨーグルトが効果あり」と言ってました。

ということで昨日は、GDOのエキスパートクラスのブロック予選に参加するため名門千葉カントリークラブ(野田コース)に行って来ました。


DVC00032.jpg


いつも混んでいる16号線を通るので余裕を持って家を出たので1時間前に到着。

スパイクに履き替えてクラブハウスを出るとジリジリと太陽が照り付けてきます。

暑さ対策のためにゴルフ人生はじめて持ってきた、日焼け止めを塗るのを忘れたのでロッカールームに戻って念入りに塗りまくったらベトベトの舞妓さん状態になったので慌ててふき取り洗面所で顔を洗ってさっぱり。


余計な時間を取ってしまいましたが今度は、日焼け止めを薄く塗りなおして練習場へ向かうとただそれだけで汗が噴出してきました。

さらには、ボールを打つと一気に汗でドロドロ。

タオルで顔を拭くと塗ったばかりの日焼け止めも取れてしまいました。

結構余裕があったにもかかわらずパター練習は、あまり取れずにスタート時間となってしまいました。

アウトコースからのスタートで順番は、私がオナーでしたが、最後にやったのはいつだろうというくらい久々でした。。


ほぼストレートの387ヤード(PAR4)のティーショットは、まずまずの当たりでフェアウェイやや左のファーストカット。

本来ならフェアウェイだと思われますが、芝保護のために刈り込まれた部分のフェアウェイが狭く、ファーストカットの芝が、硬いじゅうたんのように落下したボールの勢いが止まりランはほとんど出ません。

セカンドの残りは、140ヤードでフライヤーを計算してI9で打ちましたが、フェイスの上っ面に当たりグリーンに乗っただけ。

上りのファーストパットを打ちすぎて1.5mオーバーして返しのパーパットがカップに蹴られてボギー。


続く2番は、ピンまで212ヤードの長いショートホールです。


3Uをチョイスして打ったショットは、少し左にそれてバンカーへ。


カップまで20ヤードほどの距離でアップヒルの打ちやすいライでしたが、カップまでずっと下りになっているのを警戒して3mショート。


下りは分かっていましたが、思った以上にスピードが早くまたしても1.5mオーバーし、同じように返しのボギーパットもカップの右を通過してダボとなり2ホールで3オーバー。


早くパーが欲しいところですが、気を取り直した3番のロングホールでバーディーチャンスにつけましたがバーディーパットは、惜しくも入らずパー。


やっとグリーンのスピードに慣れてきましたが、かなり早いグリーンに手こずり同伴プレーヤーも短い距離から3パットを連発していました。


続く410ヤードのミドルホールでは、セカンドショットが右のラフで残り170ヤード残りましたが、5Uを短く持ってナイスショット。


バーディーならずパーでしたが、ボールが潜った状態からでは、5Iや6Iで上手く打ったとしても高さが出ないのでバンカー越えの小さなグリーンを真上から捉えることは、まず不可能ですがここでUTの威力を発揮できました。


続く5番ホールは、HDC1で左ドッグレッグの距離のあるミドルホールです。


ティーショットの狙い所がせまくコーナーの高い木が、威圧感を与えてつい右に打ち出してしまいフェアウェイの右サイドへ。

ボールの近くまで行ってもボールが全く見えずあれっと思って捜してみるとファーストカットなのに密集した硬い野芝がびっしりとボールの高さより高く刈り込まれたところに埋まった状態。


バンカーの目玉のようなイメージです。


当然届くクラブは持てず7番アイアンで素振りしてみましたがあまりにも抵抗が強いのでPWに変更して引っかからないようにフルショット。


うまく脱出して3打目で乗せて2パットのボギー。


ここで無理したクラブをもっていたら大叩きをしたかもしれないのでナイスボギーでした。


気分良く迎えた365ヤードと短めのミドルホールでセカンドショットを1mにつけて初バーディー。


7番から最終9番ホールも無難にパーセーブして最悪のスタートながら踏ん張って3オーバーの39ストロークで午前を終了。


それにしてもさすがは、名門コースしっかり林にセパレートされた各ホールは、木々も大きく風格が、ありますがボールを曲げてしまうとトラブルとなってしまいます。


昔入会していた習志野CCと設計者が同じ人だったの何となく似ている感じでした。


後半へ続く


DVC00042.jpg

続きを読む

2011/07/09

ドラを変えて早10R。

 2年ぶりにドライバーをタイトリストに変えてプライベートゴルフを含め10R消化しました。


 10Rの平均ストロークが、79.619ストロークそのうち競技が、5Rで競技のみの平均ストロークが、78.8ストロークとなっています。


 春先は、コースコンディションが悪かったり大風などメタメタゴルフで一時J-sysHDCが、11近くまで行ってしまいましたが、現在6.2まで浮上。(※ これは、ちょっと厳しいのですが)



 5月の後半あたりからコースコンディションが、良くなったのと暖かくなって体が動くようになったことなど好条件が、そろってきたことが原因と思われます。



 それに付随してクラブの影響も大きい。



 まず、ドライバーをタイトリスト910D3に変えて距離が、平均で15ヤードほど伸びたのと方向性が良くなったのでセカンドショットを持つクラブが、易しくなったことが挙げられます。


 230ヤード → 245ヤードちょこちょこ?


 たまたまかもしれませんが、ドライバーを変えてまだOBがありません。(※ ハザードに入れたのは、2~3発あります。)


 次に3本のUTを使い始めたこと。


 今のUTを使うまでは、あまり好きなヘッドがなかったことと、何となく見栄があったのでUTをバッグに入れることはありませんでした。



 ところが現在使っているコブラのバフラー・レールHは、違和感なく構えられて飛距離・方向性共に申し分なく今では、大切な武器になっています。


 
 距離的な対応は、3UTが5Wの4UTが7W、そして5UTがI4の代用として175~200ヤードをカバー。


 このように距離の出るクラブをやさしいクラブに交換してミスの範囲が、少なくなったことが今は、とりあえず成功しているのかもしれません。



 飛距離も正確性も今以上に欲しいとは思いますが、贅沢は言えませんよね。



 よくネットで見かける「なぜ53歳の男が、210ヤードから293ヤードへ?」


 すごく疑問です???????はっきり言ってウソく○い???


 293ヤードってツアーでもトップクラスの津曲プロ、武藤プロクラスの飛距離ですよ。


 だったら俺が、300ヤード越えるのか。



 絶対ありえない。

 
 どう考えたっておかしいでしょう。


 まぁーどうでもいい話は、これくらいにして。


 今日、関東地方は梅雨明けが発表されました。


 今年も暑くなりそうなのでしっかり熱中症対策をして楽しくラウンドしたいですね。


 基本的に夏は大好きなので・・・。



 数年前に行った夏の烏山城一泊ゴルフは、最高でした。


20110709.jpg

 

 

 

 
2011/07/08

ゆとりの午後スルーラウンド。

昨日は、久々に朝ゆっくり起床。

10時過ぎにM君を迎えに行って神栖市(茨城県)にあるワイルド・ダックCCにお昼ごろ到着しました。

先月も一度お邪魔しましたが昼からゆとりのスループレーなので朝が、せわしくなくて夏時間ならではのラウンドを楽しむことが、出来るんです。

昼食の和風ハンバーグは、おろしたっぷりのしょうゆソースで美味しく頂きました。

食後、パッティングの練習をしてインコースに向かいますが、河川敷コース特有の強風が、吹き荒れています。

スタートの10番ホール(ロングホール)は、薄い当たりのショットでフェアウェイ右サイドをキープ、セカンドショットで左サイドのバンカーに入らないクラブを選択して残り85ヤードにレイアップ。

アプローチウェッジの第3打が、しっかりピンに絡み幸先良くバーディースタート。

ショットの内容は、ここ数ラウンドに比べて絶不調でしたがアプローチとパターが、まずまずで14番終わって-1。

ところが15番ホールのセカンドショットがグリーン右のバンカーへ入ったのが運のつきか?

バンカーは嫌いではないので、何とか寄せてパーをセーブしようと思いつつ行ってみると足跡だらけの足場を固めた最悪のライに埋まっていました。(ガキが、砂場で遊んで行ったような・・・)

このコースは、初心者が多いせいかどうか分かりませんが、バンカーは足跡だらけが多いです。


ピンまで軽い上り20ヤードほどの寄せやすい距離なのですがピンの奥は、すぐ池がありオーバーには打てない状況ですが、ザックリやってもう一度バンカーは、避けたいところ。


目玉を打つような気持ちで上手く脱出しますが、ノースピンでグリーンをオーバーして池の手前数メートルのラフでストップ。

4打目は、ピン方向に木があってピンを狙えず結局4オン2パットのダボ


ここから何故か打つショットが、ことごとくフェアウェイバンカー・ガードバンカーに入りまくりインコースは、40ストローク

午後も同じようにバンカーを渡り歩き正確な数は覚えていませんがフェアウェイバンカーも含め10回くらい入ったんじゃないかな?

強風でボールが、流されたり落とされたりして設計者の意図通りに入るので上手く作ってあるんだなと感心しながらも今日は、バンカーショットの良い練習になりました。

後半も結構粘って3オーバーで迎えた最終ホールをボギーにして40ストロークでトータル80ストローク。


強風が、吹き荒れるラウンドにしてはまずまずのスコアでしたが、あと1ストローク縮めたいところです。


201107072.jpg

2011/07/03

暑さ対策。

 先日のパブリックミッドアマ(千葉よみうりCC)に参加した日は、東京で34.9度だったそうですが気温もさることながら無風に近い状態だったのでまるでサウナの中でゴルフしているようでした。


 朝から湿度が高く下からの湿気と空からの日射で熱中症のような症状に陥り途中棄権も考えました。


 一番辛いのが、頭痛でラインを読んでしゃがんだり立ったりする時に頭が、ズキンズキンと痛みます。


 多分心拍数も上がっているのかもしれませんが、呼吸が上手く出来なくなるような感じで思考能力もなくなり体が思ったように動かなくなってしまいます。


 昨年も梅雨明け宣言が出された日が、同じような暑さの中GDOのブロック決勝(宍戸ヒルズCC)を戦っていました。


 このときは、湿気はそれほどなく午後の数ホールを残したところだったのでまだ良かったのですが、やはりこの症状が出はじめた頃ダボを打ってしまいました。


 飲み物が切れて数ホール行ったところでした。


 かなりやばい状態で売店に駆け込むやいなやスポーツドリンクを補充し冷たいオシボリで首の後ろを冷やし何とか凌ぎきってブロック決勝を勝ち抜くことが出来ました。



 今回は、朝スタートして数ホールしか消化していない時にこの症状が、出たので前回よりも辛いラウンドとなりました。


 午前のプレー終了と同時に車の中に駆け込みクーラーガンガンにしてもらった氷で頭を冷やし頭痛薬を飲んで何とか午後のプレーに復帰することが出来ました。



 午後になると午前中より風が出てきて少し冷たい空気が流れるようになったのも助かりました。



 その後、気温が上昇したところに冷たい風が入ったのが原因で大気が不安定になり雷がなり始め雨が降り出しましたが、プレー中は、雷・雨に合うことはありませんでしたが・・・。


 同じ時刻に都内は、大雨洪水注意報が、発令されたようです。


 さて午後のプレーですが、頭痛が治ったおかげで集中したプレーが出来るようになり午後は、午前よりも10ストローク縮めパープレー。


 予選カットラインには、少し及びませんでしたが、この状態からはだいぶ巻き返したと思います。


 この症状になったのが今回2度目なので、今後のこともあり暑さ対策を真剣に考えるようになりヒンヤリグッズをちょっと探してみることにしました。


 去年も猛暑だったのでUVカットのパラソルは、すでに購入済みですが、昨年持っている人にちょっと貸してもらってビックリ。


 普通の傘と違ってシルバーに裏地が、黒になっている物だと体感温度は、10度くらい違う感じでこれには、ちょっと感激しました。


 いちいち傘を差すなんて面倒だと思って躊躇していましたが、試してガテン即購入でした。


 後は、ヒンヤリスプレーとか試しましたがヒンヤリ感は、その時だけで今ひとつ。


 そしてネットを見ていたらこんなのが、あったので試してみよう思っています。


 濡らしてパッと振るだけで冷たさが、持続すると言う不思議なタオルです。


 ta.jpg



 使ったことはないので効果の方は、分かりませんが試してみる価値はありそうです。


 その他昨年は、5Lくらいのクーラーボックス(折りたたみ式)に保冷剤を入れて飲み物やオシボリを入れていましたが、荷物になるのが難点。


 でもこれが一番間違いがないので、次回のラウンドからまた使おうと思います。
2011/07/01

パブリックミッドアマは、棄権寸前。

 本日、パブリックミッドアマ選手権の予選に千葉よみうりCCから出場してきました。


 朝から気温が、ぐんぐん上がり35度近くまで上がり普段からあまり汗をかかない体質なのに歩くだけで汗、汗、汗


 なんちゅう暑さなんや・・・。


 このコースは、数年前に来たことがありますが、昨年東京読売CCの名物ホール18番ショートホールと同じホールを造ったということで楽しみにしていました。


18.jpg
(写真は、東京読売CCの18番ホールです。)Aさんよりご拝借。


 今日一緒にラウンドした方に千葉国際のお友達(torachanさんとクラチャンの平○さん)繋がりのアスリートさん(長○さん)がいて世間話をしながらのラウンドとなりました。


 インスタートの10番ロングホールは、ティーショットがフェアウェイセンターを捕らえますが、つなぎのセカンドは右の傾斜のラフへすっぽ抜けのショット。


 80ヤードの前上がり傾斜がきついラフでしたが、うまく打ってバーディーチャンスにナイスオン。


 バーディートライは、タッチの良いパットがカップをかすめて50cmオーバー、返しもきっちり入れてパースタート。


 
 良いパーだったのにも拘わらず、何だか体のだるさを自覚しながら次の11番ミドルホールへ向かいます。


 
 この11番ミドルホールは、左ドッグで距離の短いホールですが、ドライバーで打つと正面のバンカーに入りそうなので3Wをチョイス。


 
 当たりは良かったのですが、狙いよりも右に出てしまい運悪くカート道にダイレクトで跳ねてOBとなり痛恨のダボ。



 行って見るとこのホールのティーショットは、左側のがけさえ越すために180yd打てば十分でウッドを持つ必要は、なかったのですが、練習ラウンドなしのしっぺ返しということですね。


 気を取り直して12番ミドルホールは、パーとしますがこのホールあたりから後頭部が、痛くなり始め息が苦しくなってきました。


 風が全く無くて、夜降った雨の湿気が下から上がって来てまるでサウナ状態。


 頭もボーとして思考力・集中力もなく惰性でゴルフやっているような感じした。


 13番ホールでは、シャンクしてOB、続く14番でも何でもないアプローチをザックリし挙句に3パットでトリプル、ダボを打ち脱力感倍増プラス頭痛が、ズキンズキン。

 15番のショートホールのティーショットも下半身が止まってしまいドヒッカケてボギー。


 去年GDOのブロック決勝(宍戸ヒルズ)の時に陥った熱中症一歩手前状態となっていました。


 頭痛薬は、飲んだばかりでまだ効いてこないので普段は、カートに乗ることはめったにありませんが、今日は、スポーツドリンクをがぶ飲みしながらカートの運転手に徹しました。


 途中棄権も考えましたが、18番ホールの名物ホールだけは何とかプレーしたいと続けるアホな奴。


 フラフラ状態ながら16番ミドルと17番ロングは、情けないボールでしのぎ何とかパーセーブ。


 そしてやっとたどり着いた18番ホールでしたが、ただホールアウトしただけで風がどうだったとかどんな攻め方をしようとか正直何も考えることが出来ませんでした。


 これを書いている今も何か、2、3日前にプレーしたような気がしていてやっぱ危ない状態だったのかもしれません。


※ 今日は、完全に頭が飛んでいて18番ホールの写真を撮ってこなかったのが残念です。


 ホールアウト後、同伴競技者の方々に車で休んでダメそうであれば棄権する旨を伝えて午前を終了。


 レストランで氷を頂き車でクーラーガンガンにして頭を冷やしつつ朝、食べなかったバナナを無理やり口に押し込み頭痛薬を飲んで暫し休憩。


 後半へ
 
 

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。