2011/08/31

続き

とにもかくにも、何故だか無駄な暫定球を打ちたがるYさん、何故だか暫定球を打ちたがらないKさん、緊張のためか「オエオエ」と吐きそうになりながら出ベソに気づかないHさんとのラウンドが、スタートしました。


前回のおさらい


Yさんのスタートホールは、池に2発ぶち込み5打目で乗せて3パットの8


Kさんは、OBギリギリの左ラフからセカンドをチョロってバンカーの土手の上から3打目で出して4オン2パットの6


「オエオエ」のHさんは、FWセンターから残り210ヤード地点からウッドで花道まで持ってきて3mに乗せて1パットのパー


私は、2オン3パットのボギーでした。



パーをセーブしたHさんは、ドライバーの飛距離はありませんがとにかくショートウッド、UTが上手く残り140ヤード以上あるとこれらのクラブでグリーンに高い確率で乗せてきます。



乗らなくてもアプローチも絶妙なので崩れることもなくパーをセーブしてきます。



そういえば「オエオエ」と嗚咽していたのはスタートホールのティーショットを打つまででその後は、堅実なプレーで3連続パーセーブして午前のスコアは41ストローク



Kさんもスタートホールこそダボを打ちましたが、その後は、崩れることなく無難にスコアをまとめ私と同じ40ストローク



Kさんは、ニーアクションを使ったアッパーブローで飛距離も出るし他も上手なので大叩きをする気配がありません。



私がマーカーだったYさんですが、ドライバーショットの距離にバラつきがあり、こすったショットがたまに出るのですが、アイアンショットと2~3mのパットが上手でスタートで8を打ちながら42ストローク



ここで午前中のラウンドが終わった時点での結果(ハンディの半分で集計)

私   40(HDC4) 36 イーブン
Kさん 40(HDC5) 35 -1
Hさん 41(HDC6) 35 -1
Yさん 42(HDC6)  36 イーブン

とまずまずの結果でした。



後半へ











スポンサーサイト

続きを読む

2011/08/30

先日の月例での出来事。

今日は、一昨日の月例での出来事を書いてみたいと思っていますが、自分のことではなく同伴プレーヤーについてのお話です。


201108284.jpg



ご一緒したのは、Kさん(HDC10)、Hさん(HDC12)、Yさん(HDC12)の3人の方ですが、月例以外の競技には、出場経験は、ないということでした。


Yさんは、最近になって競技ゴルフに目覚めたらしくいずれシングルプレーヤーになったら月例以外の競技にも出場してみたいと言う伸び盛りのゴルファーさんです。


スタート前の緊張の中ティーショットを待っていると前の組のその前の組の一人が、セカンドショット地点に打ち直しに戻ってきたので結構長い待ち時間がありました。


スタートのティーショットってすんなり打っていきたいのでこういう待ち時間は、嫌ですよね。


やっと打てる態勢に入り私が、トップでティーショットを打った後にYさんが、ティーショットを打ちました。


スタートホールの10番ミドルホール(397yd)は、軽く右に曲がっているホールでインコーナーに大きな池があります。



その池の左側にあるバンカーの上を完璧なキャリーが、あればセカンドショットを短いクラブで狙えるのでチャンスになりますが、プッシュアウトしたりこすったりすると池にブチ込むことになってしまいます。


私も幾度となくこの池に奉納して痛い目にあっているので多少遠くなっても左サイドを狙って打つようにしています。


特に朝の「ヨーイドン」でやっちゃうといきなり大きなハンディを背負うことになるのでかなり気を使うティーショットなんですね、これが。


この日の私のティーショットは、完璧な当たりだったのでそのラインに飛んでいっても楽に越えたと思いますが、安全ルートに打っていきました。


2番手のYさんのティーショットは、大きくプッシュして池方向へ飛んでいきました。



私が、マーカーだったのですが、すでにティーショットを終えてティーグランドの下に降りていたので打った方向がよく分かりませんでしたが、キャディーさんが方向を確認していました。


3番手は、Hさんです。


緊張した表情でHさんが、ティーアップしました。


するとどうでしょう。


ビックリ仰天50cmは、軽くフライングしている大出ベそ。



ホームの月例は、ティーグランドの端と端に競技用のマークが置いてあるのでセンター付近にティーアップすると確かに確認しづらいので私もキャディーに確認してもらうことが多々あります。



でも50cmも出ていたら普通気づくと思いますが、そのままアドレスを取ろうとしていたのでマーカーでもない私が、教えてあげました。



Hさんのマーカーは、先ほどプッシュして池に奉納した可能性大のYさんなのですが、自分のプレーに動揺して全く気づいていませんでした。



キャディーもまた池の方向が見える左斜めに立っていたので縦位置である出ベそを見抜くのは、難しかったと思います。



後続組の数名が、ティーグランドの脇に立っていて大出べそに気づいて笑っていたので教えてあげました。



Hさんは、その後事なきを得てトップ気味のティーショットでしたが、フェアウェイをキープ。



Hさん、かなり緊張されているのかガチガチになっているのが傍目にも分かりました。



2組くらい前の組がティーショットを打ち始めたあたりからタバコを口にくわえて「ウェー、オェー」キモイおえつをしていました。


そんなにオエオエされるとこっちまで気持ち悪くなるって!


他の競技でも見たことがありますが、そんなになるならこんな時にタバコ吸わなきゃいいのにと思いますが・・・。



そして最後にKさんのティーショットは、捕まったフックボールで左バンカー方向の木に当たって左にはねたのが、見えました。



キャディーさんに「大丈夫だろう?」って尋ねていましたが


キャディーさんは、「多分大丈夫だと思いますが。」と答えていました。


暫定球を打つそぶりがないので


私が「暫定球は、打たないのですか?」と尋ねると


Kさん「打った方が、良いでしょうかね。」と聞いたので


私「打った方が、宜しいじゃないですか。OBだったら戻ってくるの大変ですよ。」と言うと


Kさん「そうですよね。じゃー暫定球を打ちます。」と言って打ちましたが、打ったボールの番号を告げなかったので同じ方向へ行かなきゃ良いなと願いつつボールを見送るとナイスショットでした。


過去にも月例競技で明らかに打った方が良いと思われるのに大丈夫だろうと言って打たない人がいて結局戻って打つ羽目になったことに何度か遭遇したことがあります。


OBでは、ないと信じたい気持ちは分からない訳ではありませんが、打った方が良いのは言うまでもありません。



その方を置いてけぼりにしてプレーをする訳にもいかず、打ち直す間待たされることになるので結局リズムを壊しかねないので暫定球を打つよう言うことにしています。



結局OBまで1mのところで助かっていましたが、それは結果論ですから。


そしてプッシュアウトしたYさんですが、暫定球を打つというので「どうしてですか?」と尋ねると



Yさん、「かなり右に出たので池よりも右に行った場合アンプレアブルになる可能性があるから一応打っておきます。」


私は、どれだけ右に行ったか見ていなかったのでキャディーさんに尋ねると池方向だというので



「月例のローカルルールでは、池方向に行ったボールで確認が出来ない場合はウォーターハザードに入ったと
みなしプレー進行する。」となっていますよと言ったのですが。



Yさんアンプレアブルで戻るのは、嫌だからと打つと言い張るのでそれならどうぞと言いました。



結局打ち直しの第3打も池方向へ行ってしまい2つとも見つからず第3打のボールが横切ったと思われる地点から5打目を打って結局を打ってしまいました。



5打目の処理をするのなら最初から同じ処理を3打目でやれば6で上がれたのに・・・。


結局、後で考えればそちらの方が、良かったと気づいたらしく気が動転していてので処理を間違えたと言ってました。



Yさんスタートのを打っても午前中42で上がって来たのでもったいない事をと思いましたが、他人の事なのでねぇ。



それにしてもスタートした時は、これは大変な組に入ったなと思ったキャロ助でした。


次回へ続く
2011/08/28

残り4組で、はぁー。

 今日は、最高のゴルフ日和でしたね。


 キャロ助は、ホームの月例に参加してきました。


201108281.jpg



 クラブ選手権以来久々のクラブ競技だったので、入賞するつもりで行ったんですが、結果はご覧くださいね。


 同伴競技者は、HDC10KさんHDC12Yさん同じくHさん、そしてキャロ助クラブHDC8)の4人でインコースからスタート。


 ハンディ順なので私からのティーショットでしたが、朝一からナイスショットをカマシテやりましたよ。


 セカンドショットは、右のピンに対して引っかけてしまい乗っただけで朝からロングパットが残ってしまい3パットをカマシテしまってボギー発進。


 
 またも3パットで始まった今日のラウンドでしたが、かなり遠いパットだったので仕方ないと気持ちを切り替えて次のホールへ。


 
 次の11番でもロングパットが残りましたが、今度は距離感が合ってタップインパー。


 
 次の12番ショートホールは、右手前に外してセカンドのアプローチが寄らずにワンピンの距離でしたが、同じラインを先に打ってくれたていたので思わずガッツリ打ってカップを1.5mオーバー、でも返しをきっちり入れてボギー。


 前回の良いイメージでパットが打てるので1.5mに自信が持てるようになったのは、大きいですね。


 13番ホールは、ティーショットもしっかり当たりセカンドも少しこすり気味でしたが、グリーンを捕らえてパーとここから波に乗りたいところですが、前回のラウンドに続きショットが、ピリッとしません。


 14番では、ティーショットを右に曲げてお池にニューボールを奉納するも何とかボギーで納めたので良し。


 あっそうそう今日のテーマは、「ダボを打たない」というのもあったので何とかここをクリアーです。


 次のロングホールでは、ご褒美は、あるんだなと思うような3打目を放ちバーディー間違いなしのパットがクルッと回ってくるくるパーでした。


 16番は、クラブ選択ミスでアプもそれほど寄らなかったのをパターが、ワンピンを沈めてくれてパー。


 このところ悪口ばかり言われてきたバックストライクが、珍しくご主人様の機嫌とりをしてくれました。


 17番のショートホールは、苦手なホール。


 ティーグランドで上手く立てずミスショットばかりで嫌いなホールです。


 今日もプッシュアウトしてグリーンとグリーン間に外して高い木を超すロブショットを余儀なくされました。

 
 めったにやらない35ヤード位のロブショットが、上手く決まるはずもなくこのハーフ4オーバーとなるボギーを叩きました。


 最終ホールは、バーディーチャンスに付いたので決めに行ったらカップをかすめて1.5mオーバーするもパーパットを沈めてパーセーブ。


 30台に持って行くことは出来ませんでしたが、入賞するためには、ギリギリの40ストロークで午前終了。


 何の因果か分かりませんが、午前のハーフが40というのが定番で連続3、4回続いているような・・・。
 

続きを読む

2011/08/27

自宅で練習

台風が、接近していますが12号は、関東の南にあって北上しそうですね。


西よりに進んでも東よりに進んでも暴風域に入りそう。


でも速度が遅いので、影響を受けるのは、9月に入ってからでしょうか?


話は、変わりますが昨日折りたたみ式のゴルフネットを購入しました。

biggolfnet2.jpg



形は、テントみたいなやつで高さが2mちょっとでその中心の的に向かってボールを打つ練習用のネットです。


先日、久しぶりに庭でアプローチの練習をしていて思いつきました。


やはりアプローチは、マットの上からではなくベアグランドの方が上達するのでは?


昔の話ですが、鉄筋の骨組みにネットを張ったりっぱなものを庭においていたことがありました。


最初は、面白がって練習していましたが、打撃の際にマットに響く音が、近所迷惑になったりシャンクして家のガラスを割ったりしてかみさんにひどく怒られたりしてそのうちゴルフを止めてしまい数年放置後、処分してしまいました。


前回のネットは、大掛かり過ぎて処分するにも困ったのですが、今度のは、折りたたみ式の安いものなので良いかなみたいな軽い気持ちで購入。



有効に使えれば、練習場に行く手間と球代が、節約になればと思ったものの広げたり畳んだりするのが面倒でやらなくなりそうな気もします。



2011/08/26

パット開眼。

昨日は、オープンコンペでザ・インペリアルCCに行ってきました。


こちらのゴルフ場は、レンジもアプローチ練習場もなくパッティング練習場しかありません。


中コースと東コースしか廻っていませんがバンカーが上手く配置された戦略性の高いコースという印象を持ちました。


練習場がないのは、本当に残念ですが、東コースのスタートホールに向かう途中に練習場が十分に取れる広い敷地があったので当初は、ここに作る予定があったのかもしれません。


そんな理由でみっちり1時間くらいかけてパター練習をやりました。


pat.jpg



ここ最近の悩みは、一月くらい前から続いている1.5mの距離のパッティングです。


ラインに乗せようとして緩めのヒットとなりカップの手前で曲がって「カコン」という音がしないのです。


結局は、ヘッドが真っ直ぐ出ていないことは分かっているんですが、軌道が安定しません。


それが、昨日の練習でちょっと開眼したような気がします。


というのは、左ひじと左脇を軽く締めるようにしてパッティングしてみると軌道が、安定しストロークできるようになりました。


ヘッドも長く出て行くような気がします。


昨日のプレーでは、朝一1.5mのボギーパットを以前の打ち方で外してしまいましたが、その後はすべてカップインすることが出来ました。


ショット的には、好調とはいえませんでしたが78でラウンドできたのは、やはりパットのおかげでした。


先週の月例やその前の練ランなんかの方が、ショットは良かったのにスコアは80を切れませんでした。


3パットを3回も4回もやったりせっかく寄せたアプローチを1パットで収められなかったりすれば当然凹むしその後のショットにも悪影響ですよね。


昨日は、この打ち方でたまたま良かったのかもしれませんが、“パッ”と閉眼にならなきゃいいですけどね。
2011/08/25

19R目のOB。

 今日、雷の音で目が覚めました。


 やばい、今日ゴルフじゃないの?


 予報も所によっては激しく降るというので今日のラウンドは、乗り気がしなくなりましたがレインウェアをキャディーバッグに詰め込んで出発。


 今日プレーするコースは、霞ヶ浦に程近いザ・インペリアルGCではじめてのコースです。


 (※ ↓の写真は、晴れてますがどんより曇り空。)

inpe1.jpg



 でも時間がたつにつれて日が差してきて蒸し暑い一日となりました。


 実戦でバンカーから打ったことのないSWの練習をしたくて1時間前に到着したんですが、バンカーはおろかアプローチの練習場もなし。


 もちろんレンジもなく仕方ないのでパタ練をやりましたが、これだけ長くやったのは、久々でした。


 でもこのところの苦手にしていた1.5mの距離を沈めるヒントを掴んだので良かったのかもしれません。


 そんなこんなで中コースからのスタートでした。


 今日は、オープンコンペなのでレギュラーティーからでしたがスタートホールは、まともなアゲインストで距離も420ヤードと長くしかも打ち上げのタフなホールでした。


 ティーショットを思い切り吹かして隣のホールのフェアウェイをキープ。


 残り距離は、180ヤード位ありましたがセパレートする木が高くて残り70ヤード付近にレイアップして3オン。


 ファーストパットを打ち切れず問題の距離のボギーパットを残します。


 で。。。その1.5m掴んだはずだったのに実際打つ時は、掴んだ打ち方を鳥のように忘れて外してダボ発進。


 自分の馬鹿さ加減に嫌気がさしながら次のホールで今度は、上からのパーパットが1.5mオーバーしてしまいますが、さすがに今度は、真ん中から沈めてボギーでした。


 その後は、プレーに落ち着きが出てきて3~5番までパーとして迎えた6番のミドルホールで奥からのアプローチでチップインバーディー。


 ニューボケーケイにして初のチップインでした。


 そしてついに次の7番195ヤードのショートホールのティーショットが、バンカーイン。


 ついに3R目にして新調したSWの出番がやってきました。


 ライは、良くピンまでの距離20ヤードで思った所に落ちて2m弱につきましたが、かなり右に切れるデリケートなタッチが必要なラインでちょっと打ち切れずに手前から曲がってしまい惜しくもボギー。


 その後最終のロングホールで手前のピンに対して左からのアゲインストがきつい3打目をグリーン右のバンカーへ再び入れてしまいました。


 
 気持ちは、池越えのピンを狙っていたのに弱腰のショットとなり「情けなかー。」


 2度目のバンカーショットは、左足下がりでレーキでならした線跡に入っていたので難しくさらに池に向かって打って行くのでホールランは、要注意。


 まずまずのバンカーショットでパーパットは外れましたが納得のバンカーショットでした。


 その後、後半の東コースではバンカーに入ることはありませんでした。


 前半、+2△- --○ △-△ 40ストローク
後半へ
 

続きを読む

2011/08/20

やりにくい相手。

 先日の月例のお話です。

20110525.jpg



 自分の場合、極端に遅いプレーヤー以外は、それほど一緒にまわっても気になりません。


 競技ゴルフでは、はじめて顔を合わす人がほとんどですが、無口な人もいればやたら話かけてくる人もいます。


 先日ごいっしょしたWさん(HDC12.6)も初めての方でしたが、とにかくずっとしゃべりまくる人でした。


 話す内容は、ゴルフのスィング理論、コースマネージメント、クラブのことなどゴルフ全般に関すること。


 ただ話す内容が、本人にそんなつもりはないのでしょうが、チクチクと気になることを言うんです。


 第一声が


 Wさん「今日もシングルさんといっしょだからいろいろ勉強させてもらおうかな。」


 
 私「へたれなシングルなんで何も参考になりませんよ。」


 Wさん「先月、PGSの○○杯でいっしょにまわった千葉○○CCのハンディ7とハンディ7.6の人と回ったけどたいしたことなかったなぁー。」



 「自分は、41-38でグロス勝ちしちゃいましたよ。ワッ八ッハッ。


 
 私「そうでしたか。・・・・・」嫌なことを言う人だなと思いました。


 内心負けたらどうしよう。・・・
 
 その後も私が、アプローチするときなど息遣いが聞こえるほどすぐ傍に来てじっと見つめているので気になって仕方ありませんでした。(※ ただしライン上に立ったりはしません。)


 
 
 打った後にすかさず聞いてくるんです。



 Wさん「今の場面では、やっぱ転がした方が良いんでしょうか?」


 
 私「基本的に私は、転がせるなら転がしの方が、良いと思いますよ。」
 すると


 Wさん「でもね。 私は、56度で上げて行くのが好きなんですよ。」


 「だったらそうしろよ。」と言いたかったけど言いませんでした。



そんな感じの重い雰囲気の中午前のプレーが終了


Wさんのスコア42、私40とかろうじて2ストロークリードで終了。

ホッとしましたが何でこんなんでホッとしなきゃならないのって感じでした。


後半へ


 

 
 


 

続きを読む

2011/08/19

癒しの休日

 連休で今日もお休みです。


 今、アイスコーヒーを飲みながらまったりとしています。(インスタントを水で溶かしたやつですが。)


 予報通り今日は、朝から夕方のように暗いと思っていたら雷雨で時折激しい雨が降ってます。


 昨日は、ラウンドだったので暑くても昨日で良かった。


 こんな雨じゃやりたくないですからね。


 昨日のゴルフの事ですが、あとでパット数を勘定したら34パットでした。


 3パットが実に4回も。(特に後半は、3回)


 その他絶妙なアプローチで1mくらいに寄せたパットを2回も外しています。


 8月に入ってパットの調子が、どうも???


 6月、7月とパットが好調とは言えないまでもスコアが良かったのは、パット数の違いです。


 自分レベルでは、80を切るかどうかは、パットの出来不出来で決まります。


 難しい距離とラインのパットの3パットは仕方ありませんが、5~6mの難しくないところから3パットしていたんでは、80を切るのは難しいですね。


 パターマットでのパター練習を再開します。


pat.jpg

 
2011/08/18

レギュラー獲得!?

 本日が、暑さのピークで明日からはちょっと涼しくなるようです。


 暑すぎる夏は、ちょっと勘弁だけど夏が終わるとちょっと寂しい感じがします。


 昔流行ったチューブの曲で「夏よ!行かないでくれ~」っていうのがありましたが、好きでした。


 そんなラストの残暑日になるのかどうか分かりませんでが、本日市原ゴルフクラブの月例競技に行ってきました。


20100611.jpg



 日差しは強いものの風がかなり強く湿度がなかったのですごしやすい代わりにゴルフは、難しくなりました。


 中コースのスタートホールでやや右に出たティーショットでしたが、浅いラフでセカンドを打つには問題なし。


 そこから普通に乗せて普通に3パットのボギースタート。

 
 続く164ヤードのショートホールは、ピンの右5mに乗せて2パットのパー。


 パーパットの距離が、最初に外した距離とラインも同じだったのですが、何とか沈めました。


 3番もパーとして波に乗りたいところだったのですが今日は、ショットが悪くグリーンを外す場面が多かったので今日で2回目のボーケイ(スピンミルド)の出番が多かったです。


 4、5番と難しいライからのアプローチを1.5mに寄せては外すボギーでスコアに結びつきません。


 「ボーケイ、君は悪くないんだよ。悪いのは、お前だバックストライク。」とパターを叱りますが、今日は、言う事を聞きません。


 まずいと思ったのか次の6番と8番は、2mをねじ込んでくれて午前中は、40ストローク。


ボーケイ君、大活躍!(後半へ)


 

続きを読む

2011/08/16

昨日のラウンド

こんにちは。


甲子園で開催中の夏の高校野球選手権大会もいよいよベスト8が出揃う頃になりました。


出身地の学校は、負けてしまったのですが、私の自宅に近い千葉県代表習志野高校は、ベスト8に進出したので24年ぶりの優勝を目指して頑張ってもらいたいと思います。


ところで昨日のゴルフは、ニューウェッジのお試しラウンドだったのですがその結果は、満足できる内容だったので一安心です。


やはりスコアの要であるウェッジは、14本のクラブの中でも使用頻度が一番多いのでクラブチョイスの失敗は、許されません。


まぁー、これでも良いかというような妥協は出来ないクラブです。


ボーケイの方は、旧溝ですが数年間使っていたので新溝になった今回のウェッジにも不安はありませんでしたが、サンドウェッジは、ずっとマスターモデルに固執してきたのでこれから信頼を得るためにピンチの場面でどれだけリカバリーしてくれるかにかかっています。


どのクラブもそうですが、練習場ではいくら良くてもコースでの使い始めは信頼感がないのでなるべく多くナイスショットを連発できればレギュラー入りは、早いかもしれません。


UTコブラ RAIL-H)も3月の終わりから使い始めて今は、中・長距離をカバーしてくれるレギュラーとなっています。


サンドウェッジの使用は、昨日出番が一度しかなくしかもバンカーからではなかったのでこれから緊張した場面での活躍を期待したいところです。


といっても使うのは、自分なんですけどね。


ウェッジは、まずまずだったのにドライバーが、久々に暴れてしまい四苦八苦してしまいました。


OBは、出しませんでしたがプッシュ気味のボールが多発してニューボールを池に一発奉納。


その他3発もプッシュ球が出てダボを2回打つ要因となってしまいました。


バーディーも2つあったので81ストロークでしたが、課題を残すラウンドとなりました。


CIMG7160.jpg

2011/08/15

ニューウェッジ試打。

 今日も暑い1日でしたが、局地的に大雨があちこちで降ったようですね。


 この時期は、突然の雷雨に遭うことがめずらしくありませんが無事にラウンド終了。



 本日は、初おろしのウェッジの練習ラウンドということでタイトリストのボーケイスピンミルド(52度)とクリーブランドCG F-1(58度)をコースで初めて使ってみました。


 1時間前にコースに到着してアプローチウェッジ(ボーケイ)からピッチエンドランで20~30ヤードの距離を打ってみましたが確実にツアーSの手ごたえと違い打感が柔らかい。


 出球も打感のせいかゆっくり飛ぶようなイメージです。


 
 スピンもアプローチの練習グリーンが柔らかかったので喰いつきも良くしっかりと止まるし方向も出しやすい。


 
 もう少し長い距離の対応にも答えてくれそうなウェッジです。


 
 次にサンドウェッジ(クリーブランドCG F-1)を深いラフから打ってみました。


 
 さすがにラフからでは、スピンのかかりは良くありませんが丸型でヒール寄りが広く安心して打てそうなイメージのあるクラブです。



 ラフの次は、バンカーから打ってみました。


 
 バンカーの高さは、1.8mくらいありますが25ヤード位の距離も軽々と越えて行くしローバンスなので薄めの砂でも対応が出来そうです。


 
 その代わりサラサラの深い砂の時にチャクリが出やすいかもしれません。


 
 実際のラウンドですが、たまたま今日は、バンカーに入る機会がありませんでしたが午後から廻った12番ショートホールでティーショットの当たりが悪くグリーンすぐ手前に切ってあるピンに対してグリーンをショート。


 
 アプローチウェッジだとクッションさせるにも直接グリーンに落とすにしても距離感が出しにくいのでサンドウェッジで低めのピッチショットで攻めてみました。


 
 グリーンエッジとピンの狭いスペースにキャリーしてワンバウンド目がカップの近くに落ちカップの80cmくらい上に止まり難なくパーセーブすることが出来ました。
 


 こういう状況でも使えそうなのでアプローチの幅が広がりそうですね。



 ラウンドでのアプローチウェッジ(ボーケイ)ですが、パターで寄せられそうな場面でも無理に使ってみました。



 結果は、上々旧溝に匹敵するくらいのスピン性能の高さは予想以上でした。


 
 
 30ヤード前後では、思った所に落としても予想以上のスピンのためにショートすることが多かったのでもう少し突っ込んでも良さそうです。



 ただ練習場のグリーンと同様、使用グリーン自体が柔らかく止まりやすい状態だったのが影響しているのだと思います。


 
 今日付いたキャディーさんがこのところグリーンが柔らかく止まりやすい状況が続いているそうですが、いつも硬くて速いグリーンのホームとはちょっと違うイメージでした。



 60~80ヤードの距離では、距離・方向性が良くワンピンに付いたのが2度ありましたが、ラウンド終了後ソールの傷を見るとライ角がバッチリ合っているようなので調整せずにそのまま使ってみようと思います。


 
 今日のラウンドは、ウェッジを試すのが目的でしたがある程度の手ごたえをつかめたので次回のラウンド(18日の競技)で実戦投入となりそうです。


CIMG7151.jpg



 
2011/08/14

 少しだけ早く起きて全米プロを見ていましたが、また眠くなって寝ちゃいました。


 うーん、マスターズ、全米、全英に比べると役者もいなくてちょっとつまらないというか今一つ盛り上がらないと思っているのは私だけでしょうか?


 
 あまり知らない選手ばかりが、上位にいるせいなのかしれませんが上位の選手は中尺パターや長尺を使っているのが目立ちますよね。



 
 女子ゴルフは、相変わらずアン・ソンジュが強くてもうあまり見たくないって感じです。


 
 2度寝の後は、お墓参りに行きその足で久々に河川練習場に行ってきました。


 
 今日も日差しが強く真夏の太陽が照りつける中お盆休みとあって熱心なゴルファーが、練習に来ていました。


 
 私の目的は、先日導入した新しいウェッジを実戦に近い環境で打ってみたかったので足を運びました。



 半分近くは、アプローチに費やしましたが、ここの練習場はコースボールを使っているので距離的な判断もつき明日のラウンドで試したいと思います。


 
 何回か、動画をアップいたので今回は、6番アイアンの連続写真をアップしてみました。



 
2011/08/13

日本人とメジャー

 明日・明後日は休みなので早起きして今年最後のメジャーを見ようと思っていますが果たして起きれるのか?


 今日で予選ラウンドの2日間が終了しその結果は?
 

 前回の全英オープンと同じように池田プロ以外全員予選落ちという日本勢の不甲斐なさ。


 ショット・パットが悪ければタイガー・ウッズだって昨年のチャンピンマーティン・カイマーだって予選落ちするわけですから。


 コースが、難しいとはいえ日本人プロだけが別のコースで戦っているわけではないので言い訳にはならないでしょう。


 先週優勝争いして期待を持たしてくれた石川遼は、85を打って初日ビリスタートとやってくれました。


 最初のミスから悪い方悪い方に行ってしまい先週の好調さが、「こんなはずでは・・・。」という焦りを生んで深みに(お池に)に嵌って行ったんだと思いますが、ゴルフってやはり難しいというか怖い。



 逆に先週ビリ争いをした池田は、今週は好調とは言えないまでも上位で戦える位置にいます。


 
 そういえば池田が、全米プロが始まる前にこんなことを言ってました。


 
 「先週は先週、今週は今週。先週ダメなら今週は、良いはず。ゴルフってそんなもん。」



 言ったようなことになったけど決勝ランドは、ベスト10フィニッシュしてもらいたいですよね。


 
 その点、優勝できなかったけど女子プロの方は、W宮里が最終組で回ったり4つもメジャーのうち3回もトップ10に入ったりで優勝という2文字の期待を持たせてくれました。


 サッカーもなでしこジャパンが、優勝したのでその勢いで勝ってもらいたかったけど来年こそは、女子は誰かが優勝、男子は、上位争いを期待したいと思います。



 自分のゴルフも今年は、惜しくも予選落ちばかりだったので来年こそは、最低でも昨年並みの成績を残したいです。


 それには、ショートゲームとパッティングのレベルアップ。


 ウェッジの溝がダメになって半年で交換するくらい練習あるのみ。


 これしかありません。


CIMG7128.jpg



 






 

2011/08/12

ニューウェッジ試打

こんにちは。


今日も相変わらず暑い1日でしたが、今朝あった地震で目が覚めてしまいなかなか寝付けずにちょっと寝不足気味です。


このところちょくちょく震度3くらいの地震があるのでちょっと心配ですよね。


そんな暑さと寝不足のために体調は、あまり良くなかったのですが新調したウェッジを試しにレンジに行って100発ほど打ってきました。


手元に来たばかりでライ・ロフトなどは測定せずとりあえず打ってみて必要ならば弄ろうと思います。


まずは、20ヤード前後にキャリーさせるショートアプローチからはじめてみました。


適度な重量とヘッドバランスのおかげでボールを拾いやすく一定の高さとキャリーを出しやすい感じですが、練習場のボールなので高さは低めになるのは仕方ないですね。


次に50~60ヤードを打ってみましたが、このくらいの距離になるとしっかりとスピンがかかるのが落ちてからのボールの跳ね方で見て取れます。



今までのツアーSだと1ヤード、2ヤード左に飛ぶことがあったのですが今度のボーケイでは、かなりの数を打ってもそれが無かったのでライ角が、前のツアーSはアップライト気味だったのかもしれません。



80ヤード前後は、とくに問題なく良い感じのボールが、狙ったところに飛んで行きますが、同じマットの上から同じところを狙って打っているので当たり前って言えば当たり前なんですが、これくらいの距離からピンそばに持ってこれるとスコアが違ってきますからね。



最後にフルショットしてみましたが、実際のキャリーがどれほど出ているか分からないので15日のラウンドで測定器を持ち込み計測しようと思っています。



結局は、マットの上からではなくフェアウェイ・ラフ・バンカーから打ってみないと何とも言えませんからね。



最後になりますがクリーブランドのSWでフルショットしてみましたが、打感が柔らかく球の高さと距離がが一定して凄く打ちやすいウェッジでした。



バンカーとロブショットしか使うことがないと思っていましたが、実戦でも70ヤードのフルショットやってみようかな。



CIMG7130.jpg
2011/08/11

暑かった!

 今日の千葉県北西部地方の最高気温は、35.6度とほとんど体温に近くまであがり息をするのも苦しいくらいでした。


 先ほどから上空に怪しい雲がかかってきました。


 成田方面は、凄い雷雨だったようでこれから局地的に来そうな気配ですね。


 今日は、練習の予定だったのですが、出かける用事が出来てしまったので届いたばかりのボーケイ(新溝)の試打は、明日になりました。


 これから出かけるのにゲリラ豪雨にならなきゃ良いんですけどね?



kaminari1.jpg
※ 前回の雷雨の時の写真です。
2011/08/10

反省練習

こんにちは。


このところ猛暑日が続いていますが、アマチュアゴルフの競技も各地で熱い戦いが続いているようです。


報知アマには、親戚のS君も出場していますが初日は、パープレーと好位置でしたが先ほど電話で二日目の今日は、沢山打っちゃったと言ってました。


でも明日の決勝には、問題なく進めるということで巻き返しを期待したいところです。


私も一昨日に龍ヶ崎CCで毎日新聞杯のアマチュアゴルフ選手権に出場しましたが、決勝の茨城GCわずかに届かず予選敗退でした。


このところの数試合は、マッチングや1ストローク足りず予選落ちがずっと続いていますが、それが今の実力だと謙虚に受け止めています。


何が足りないかと言えば、やはりショートゲームに尽きると思います。


昨日も反省を兼ねてホームへアプローチの練習を兼ねたハーフラウンドをしてきましたが、めまいがするほど暑い一日でした。


暑さのためか誰もいないアプローチ練習場でスタート前の1時間、ランニングアプローチ、ピッチエンドランを重点的に練習。


アプローチウェッジは、昨年まで使っていたボーケイ(スピンミルドの旧溝)を使ってみました。



一昨日の試合で一緒にラウンドした学生ゴルファーが新溝のボーケイを使っていたので見せてもらったんですが、座りも良くやっぱり構えやすく使ってみたくなりました。



今使っているアプローチウェッジは、PINGツアーSの50度を少し寝かせて使ってましたが、サンドウェッジも旧溝のマスターモデルから新溝のウェッジに変えたのでアプローチウェッジも新溝のボーケイを使うことにして早速注文することにしました。



昨日、ハーフラウンドでは、グリーンを外したのが3回でしたがそのうち2回旧溝のボーケイを使用して1回目は、何とチップインバーディー



2回目は、1mにつけてパーセーブとやさしいシチュエーションでしたが、好調でした。



ツアーSも新溝だったのでボーケイの新溝に対して違和感は、それほどないと思うので後は、早く慣れるようしっかり練習するだけですね。



201008212.jpg



2011/08/09

マスターモデルよ!お疲れさまでした。

 昨日、毎日新聞杯アマチュアゴルフ選手権に参加するため名門龍ヶ崎カントリークラブに行ってきました。


 龍ヶ崎カントリークラブと言えば、昭和31年開場で過去日本オープンを始め数々のトーナメントが開催された井上誠一氏設計のゴルフ場です。


 2014年には、日本女子オープンが開催されるようです。


201108081.jpg



 一年前にもスリクソンダブルス選手権の予選に参加しているので細かいところまでは覚えていませんが、ティーグランドに立つとその時のプレーが思い出されました。


 コースの特徴は、林間コースながらすり鉢のようにうねった狭いフェアウェイを配置したコースと高い木とクロスバンカーが、巧みに配置されたコースや240~250ヤード先が急傾斜(スキー場のように)の大きな谷になっていたりしてゴルファーの技術を試されるような戦略的なコースです。



 今回の競技には、初めて参加しましたが今年で37回を数えるという歴史のある大会で160名と参加人数も多くジュニアも含め学生ゴルファー、トップアマが多く参加している大会です。


201108082.jpg



 私の組にも中央学院大の学生ゴルファーがいて高校も片山プロや横田プロが先輩と言っていました。


 
 アウトスタートは、428ヤードと距離のあるミドルホールで緊張の中のティーショットは、フェアウェイど真ん中。


 ティーショットは、良かったのですが残り185ヤードのセカンドショットを引っかけてしまい左の林に打ち込んでしまいました。


 
 ボールを上げることが出来ない状況でピンが、左奥に切ってあるので万事休す。


 低く打ちだしたボールは、グリーンに止まらず奥の深いラフまで行って4オン2パットのダボ発進。


 
 2番の566ヤードのロングホールのティーショットは、ややフック目で左の浅いラフ。



 前方の木がスタイミーだったので木の右をUTで低く出すショットを試みましたが、思ったより上がってしまい張り出した枝に直撃して元の所に戻って来てしまいました。


 動揺しながらも次のショットは、うまく行きましたがすでに3打を費やしたのにグリーンは、まだだいぶ遠く・・・。


 気分を変えて打った3UTのショットは、ナイスショットでピンまで55ヤードに運びそこからのアプローチが、1mに寄ってナイスボギーでした。


 せっかく調子を上げるきっかけとなったはずなのに昨日は、ピリッとしません。


 続く3番178ヤードのショートホールは、ピンの右上6mにワンオンしてバーディーチャンスにつきますが、ラインもタッチも難しく2パット狙いで打ったのに思った以上にグリーンのスピードが速く1ピン近くオーバー。


 パーパットを打ち損なって3パットのボギーと波に乗れません。


 パーが来たのは、やっと次のロングホールでした。


 その後は、少し落ち着いてパーも取れるんですが、龍ヶ崎カントリーはそう甘くはなくティーショットがちょっとでもズレるとダボがすぐに来てしまいます。


 コースに打ちのめされて43ストロークで午前を終了。


後半へ

続きを読む

2011/08/07

クリーブランドに決定。

 こんにちは。


 夏と言えば、昨日から甲子園球場で高校野球も始まりましたね。

 
 今年は、本命のいない大会といわれていますがどこの高校が優勝するんでしょうか?


 被災した地域のチームは、練習どころではなかったと思いますが昨日は、福島のチームが勝ったといううれしいニュースを見ました。


 私は、東北出身ではありませんが、今年はどうしても応援したくなりますね。


 
 ところで昨日、SWの記事を書きましたが、今回クリーブランドのウェッジ(CG F-1)を購入することにしました。


1.jpg
2.jpg



 クリーブランドと言えばウェッジとしては、老舗メーカーなんですがTA588は、アメリカのプロには以前より人気もあり信頼も高かったモデルです。



 数年前にクリーブランドをSRIが買収しましたがSRIの契約プロは、種類も豊富なクリーブランドのウェッジを使用できるようになって良かったんではないでしょうか。



 私も数年前にCG11を使っていたことがありますが、シャフトがNS950だったせいか軽く感じたので手放しました。


 このウェッジを使おうと思ったのは丸型でやや大きめのウェッジだったので決めたんですが、サンドウェッジに関しては、あまり小細工せずに打ちたいのでストレートに構えやすいということも決定した理由です。


 バンス角に関しては、2種類あり私は、8度を選択しましたが自分の打ち方には、ローバンスの方が合っているように思えます


 
 対照的にアプローチウェッジに関しては、操作性の良い小ぶりのヘッドでヒールの低いものが好みなので次回アプローチウェッジを購入するときは588を使おうかとも思案中です。



 

 近日中には、届く予定ですが来週ホームコースに行く予定なのでしっかり練習して試してみようと思います。



 明日は、競技で茨城の名門龍ヶ崎CCに行く予定ですが、現在使用中のマスターモデルが最後の出番になるのでバンカーに入ったらしっかりパーセーブして有終の美を飾ってあげたいと思います。


 
 


 
2011/08/06

サンドウェッジ思案中。

 お早うございます。


 動きの遅い台風の影響で沖縄や南九州は、また記録的な大雨が降っているようですが、関東地方もこのところパッとしない天気が続いています。


 今年は、梅雨明けが早かった割には昨年のような猛烈に暑い日が少ないので電力不足の昨今においては良い様な気もしますが、景気の面ではねー?


 話は、変わりますが私が使っているクラブで唯一サンドウェッジだけが旧溝といわれるルール適用外のクラブです。



 お気に入りのリンクスマスターモデルなのですが、昔トッププロたちがこぞって使った名器の復刻版なのですが使い始めて2年半。


 
 バンカーショットに関しては私の中では、信頼度が高くなかなか手放せないでいます。


 昨年の夏、ウエッジを3本体制にした際に一時期外したことがありましたが、そのときのロフトが50度、53度、60度という3本でした。



 50度は、ほとんどフルショット用、53度がアプローチと遠い距離のバンカー、60度がロブ用、バンカー用という使い分けで使っていました。



 現在は、UTを使い始めた関係で51.5度のウェッジと57度のリンクスマスターモデル(復刻版)の2本体制です。



 51.5度のウェッジは、昨年より使っているPINGのツアーS(ルール適合)で大分慣れてきて今は、良い感じです。


 マスターモデルは、替えたくないのですが新溝になったモデルは、かなり形が変わってしまい使いたくありません。

 

 溝の違いで結果が変わるほどの技術もありませんが時期的には、もうマスターモデルにこだわらず何か違うサンドウェッジを使おうと思い物色中です。


 
 
 お勧めのウェッジありますか?

 
 201107251.jpg

2011/08/02

月例@市原GC

 やっと夏が戻って来たような天気になりましたが、本日は、久々に市原ゴルフクラブの月例に参加してきました。


201108021.jpg



 気温も30度に届くか届かないかくらいだったのでゴルフするには、最高のコンディションでした。


 
 西コースの1番は、サービスロングなのでティーショット次第では、私の飛距離でも2オンも可能。


 
 完璧ではありませんでしたが、距離的には届く90点のティーショットでした。



 セカンド地点に行ってみると前下がりのライで目土したところに止まっていたので2オン狙いをあきらめてUTで刻んでサードショットで勝負することにしました。


 
 UTで打ったセカンドショットは、ナイスショットでFWの右サイドで残り距離が、60ヤード。(ピンは一番奥目に切ってありました。)



 ピン奥に外したくなかったので突っ込み切れず7m手前に乗ったところからバーディーパットは惜しくも入らずタップインパー。



 続く2番は、163ヤードのショートホールですが、少しフォロー気味の風だったので7Iで打ったボールは、右のカラーに止まりアプローチは、遅いグリーンで止まってしまい1.5mショートしてパーパット入らずボギー。



 結果から言うと、今日のグリーンが柔らかく良く止まりますが、ボサボサに伸びていて超重グリーンに手こずり1日が終わった感じでした。


 
 3番のミドルホールは、豪快な打ち下ろしのミドルホールですが3WでティーショットしてFWをキープ。


 
 セカンドショットが、あわやイーグルかという20cmにつけるスーパーショットで前のホールのボギーをすぐさま取り返しました。



 その後もショットは、好調でパーオンを重ねバーディーパットは、届かずでタップインパーを続けていました。


 
 7番もセカンドショットが、ピンの下5mに付いたので今度は、ショートしないようにと思って打ったバーディーパットでしたが、カップの左を通り抜け1mオーバーし返しのパーパットを今度は、打てず3パットのボギー。


 
 続く8番のショートホールも同じような距離にナイスオン。


 今度は、ファーストパットが60cmショートしてお先で打ったパーパットを引っかけて連続3パット。


 2ホール連続で5mからのスリーパットは、気分的にかなりショックでそれを引きずったまま打った最終のティーショットは、ヒールの当たり損ないでしたが、何とかパーセーブして前半38ストロークで終了。



今日は、俺の日じゃないなぁーと思いつつ後半へ。



 

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。