2011/12/31

2011年スタッツ

 2011年もとうとう今日で終了です。

usagi.jpg


うさちゃんからたっちゃんへバトンタッチ

tatu.jpg

 ブログを通していろんな方と接点を持つことが出来とても感謝しております。


 来年もよろしくお願いいたします。


 思い起こせばいろんなことがあった1年でしたが、そのなかでも東日本大震災は、一生忘れることのできないものとなりました。


 当日、市原ゴルフクラブの月例だったのですが、プレーを終わりフロントで清算している最中にあの地震が起きました。



 あまりの揺れの大きさに驚きスタッフの方と一緒にハウスの外に避難したのですが、駐車場の車の盗難防止装置が作動してあちこちでけたたましい音が鳴り響いていました。



 帰りの道路も大渋滞して通常1時間半での所要時間が、4時間くらいかかりました。


 
 携帯電話も不通で家族と連絡も取れず家に着くまでとても心配でした。


 その後のニュースなど報道で東北一帯がとんでもないことになっているのを知って愕然としたのは言うまでもありません。



 そんなこんなで3月から1カ月くらいは、ゴルフを自粛していましたが、競技も始まりラウンドも再開。


 
 今年のラウンド数は、競技も含めて53ラウンドでした。


 
 ちなみに私の今年のゴルフスタッツ


全ストローク数  4328ストローク (53R)
アベレージ  81.66
平均パット数 31.60
バーディー数 62
イーグル数  3



 今年も夢のアベレージ80切は、達成できませんでした。


 1ラウンド平均1.67ストローク縮めないと達成できない数字なのですがたかが1.67されど1.67なんですね。


 来年は、とりあえずこの半分の数字を達成できるように頑張りたいと思います。


 皆さまにとっても良い年でありますようお祈り申し上げます。




CIMG7790.jpg
スポンサーサイト
2011/12/28

セッティング考

今月号の「ゴルフクラシック」

タイトルに誘われて買っちゃいました。


golfcla.jpg



そして大して「戦っていないキャロ助の今年最終時点でのセッティング」です。


CIMG7705.jpg


1W
タイトリスト 910D3 9.5度 ツアーAD DJ6S B2ポジション

FW
PING G15 17度 TFC300F(S)

UT
コブラ バフラー Rail-H 19度、22度、25度
UST マミヤ プロフォースV2・ハイブリッド(S)


アイアン I5~PW
ブリヂストン ツアーステージXブレードGR ダイナライトゴールドS300

アプローチウェッジ
タイトリスト ボーケイ・スピンミルド 52度 ウエッジフレックス

サンドウェッジ
アキラ プロトタイプ H-158WS 58度 ダイナミックゴールドX100ツアーイシュー

パター
オデッセイ バックストライク2ボール 33.25インチ 

冬場と言うこともあり現在、FWは、先日入れたばかりの4Wを使っていますがこのクラブについては、ディフェンス優先で春以降コンディションが良くなってくれば3Wと入れ替える予定。


現在のセッティングについては、自分なりに気に入っているので昨年のような大きな交換の予定は、なしです。

昨年暮れのセッティングと比べるとパター以外は、すべて変わってしまいました。

まず、ドライバーですが今年の5月半ばまではスリクソンZR-800(ATTAS6S)を2年半使っていました。
顔も気に入っていたクラブでしたが飛距離性能は、今のタイトリスト910D3の方が自分には合っているようで方向性も安定して10~15ヤードほど伸びました。

今年のクラブセッティングで大きく変わったといえば、ミドルホールのセカンドで残る200ヤード前後をカバーするUTを導入したことです。

それまでは、やさしいロングアイアンを使っていましたが夏場の深いラフや傾斜のきついライからのショットでミスが頻発していました。

残り距離が長くなればミスしたときの怪我も当然大きくなるのでその1打がダボ・トリに直結することも。

タラ・レバでは、ありませんがそれでプッツンというのもあったのがUTの導入で解決。

食わず嫌いでしたが使ってみると200ヤード前後を楽に打ててミスも少ない。
早く使えばよかったニャー。

アイアンについては、PING アンサーフォージドとの併用ですが冬場は、距離が落ちるので若干ですが飛距離の出るツアステGRを使用。

アンサーについては、現在のダイナミックゴールドHLからモーダス3にリシャフトを検討中。

知り合いが、使っているので一度使わせてもらってから考えてみようかと思っています。

ウェッジも長年使ったリンクスのマスターモデルから新溝にしようということで使い始めたのがまだ最近なのでこの冬しっかりと練習するつもりです。
2011/12/25

残り1週間。

色々ありましたが、今年も残り1週間となりました。


この年末・年始は、5連休なんですが30日が打ち収めで初打ちは8日の予定なので後は、のんびりと過ごそうかと思っています。


ところで年も押し迫った今日、朝から胃カメラの検査を受けてきました。


2、3週間前から何となく胃の調子が悪くこのまま年を越すのも嫌なので検査を受けることにしました。


ずいぶん昔に受けたことがありましたが、カメラを飲み込むのに一苦労、目を白黒させて「オェオェ」なりながらやっと飲み込んだ覚えがあります。


涙目になりながら終わるまで10分程度の時間でしたが、数時間経ったような気がしました。


今は、口からではなく鼻からということで楽になったと聞きましたが、やはり鼻腔を通るときの違和感は、嫌なものでした。


麻酔などの準備の時間が、20分程度でいよいよドクターが、鼻に入れようとした時、左の鼻の穴のはずが右の鼻に入れられそうになりあれっと思ったら看護師の方が、慌てて「先生、左です。」と訂正してくれました。


先生「あっそう。」と言いながら何も無かったかのように左の鼻の穴に入れなおしましたが、私の不安は一気に膨れ上がりました。


やがて鼻から胃へカメラが達したときドクターが、「はい、胃の中が写ってますよ。ご覧になりますか?」


私は、チラッと見ましたが「いえ、結構です。」と言って目をつむりました。


ドクター「なかなかこういう機会は、ないのに見なくていいんですか?」


私「・・・・。」


ドクター「はい、終了です。」


「何もなく綺麗な胃袋ですね。」


「胃の働きを良くする薬を出しておきましょう。」


ということで検査終了。


何も無かったと言うことを確認すると何だか胃の調子も良くなったような。


「病は気から」というのはどうやら本当のようですね。


前日の夜8時から何も食べてないので一気に腹が減ってきたので昼には、ガッツり食べ過ぎてしまいました。



午後からは、寒さを堪えて久々に練習に行きました。


冷たい風が強く耳あてしながら100発ほど打ってきましたが体が、温まることは無く終了。


こう寒くっちゃ夜練は、しばらく無理ですね。



penginn.jpg






2011/12/24

コース遍歴

自分が、はじめてゴルフコースの会員権を買ったのが24歳のときでした。


まだ、バブル前だったので手が出ないと言うほど高価なものではありませんでしたが、それでも現在の会員権相場よりは、全然高い金額でした。



今と違ってセルフプレーなんてない時代だったのでどこのゴルフ場に行ってもビジターでキャディーさんが付くと平日でも15000円~20000円くらいのプレー代が、かかっていたので月イチがいい所。



名門コースだとさらに諭吉がもう1枚上乗せでしたね。



当時、ゴルフ仲間が茨城の霞ヶ丘CCに次々と入会したのをきっかけに新婚当時で貯金など無いのにカミサンに頼み込んで70万で購入。



その他名義書換料や業者の手数料なんかで100万くらいだったと思います。



今の会員権相場は、ここ数年横ばいか少し下がっているのか知りませんが、当時の会員権相場は、年に1割近く上がっていたような気がします。



メンバーになったことでプレー代が、安くなりましたがキャディーフィーがかかるのでそれでも10000円はかかりましたが、プレーに行く回数も増えてゴルフ熱がさらに高まった時代でした。



そのうちコースが短く飽きが来たと言うことで仲間と相談して近くの土浦CCに鞍替え。



銀行からローンを組んでもらって土浦CCの正会員を購入。



この頃から会員権相場の上昇率が大きくなって霞ヶ丘CCが、倍くらいで売れたのでビックリした記憶があります。



ただ土浦CCは、もう少し高く当時320~340万円だったでしょうか。



そのうちバブル時代がやってきたのをきっかけに長太郎CC、習志野CC、総武CC、セベ・バレステロスGC、水戸レイクス、ニッソーCCなど次々に購入して1時期は、億単位近くまで行ったことがありました。



その後、バブルは崩壊し土地や株式相場や絵画など投資にされてきたものは、すべて紙くず同然になったのは承知のとおりです。



私自身もかなりの痛手をこうむりゴルフ仲間も夜逃げ同然でどこかに飛んじゃったりしていなくなりゴルフに対する熱もいっぺんにに冷めてしまいました。



だいたいゴルフもやったことのないおばさんたちが、投資目的でゴルフ会員権を買いあさっていたこと事態今は、信じられませんね。



そういう私も最初に購入した霞ヶ丘のときは、純粋にゴルフをしたかっただけでした。



でもいつしか投資目的になってしまい酷い目にも合いました。


その後、気分転換に大型バイクに乗ったのをきっかけにバイクにはまってゴルフは、止めてしまいました。



ひょんなきっかけからちょうど6年前にゴルフにリターンし現在のニッソーCCに再入会しました。



バブルの時買ったニッソーCCは、400万円だったのに今回の購入時は、たったの25万円でした。



名義書換え料も当時は、50万円だったのが現在は、25万円と半額に。



私がゴルフをやらなかった10年くらいの間に自分が過去に買ったゴルフ場は、ほとんど潰れて現在は、アコーディアやPGMの傘下に入りキャディーなしの乗用カート主体のセルフプレーになるなど大きく様変わりして営業を続けています。



昔は、メンバーの方に予約を取ってもらうか同伴してもらうかしないとゴルフ出来なかったので菓子おりもってお願いに行ったことも度々ありました。



ネットでの予約なんて考えられない時代だったのに比べ今は、安くて便利になってプレーしやすくなりました。



それを考えれば良い時代になったような気がします。



と同時にゴルフ場側もこういう時代になったおかげで昔に比べると集客するのに苦労しているようです。



今週号のパーゴルフに全国のゴルフ場の人気ランキングが掲載されていました。



いろんな項目を加味してゴルファーが選ぶ人気のゴルフ場ということでしたが自分のコースが、上位にランキングされると嬉しいものですね。



pargolf2.jpg




pargolf1.jpg
2011/12/23

ゴルフになりゃせんわい。

 今日は、会社関係の人とホームの研修会のYさんと寒中ゴルフに行って来ました。




o0320018010894904314.jpg

 
 出来るだけ遅いスタートにしたんですがそんなことは、無意味でした。



 1日を通して気温は、体感で2~3度ってところでしょうか?


 
 予報では、晴れと言うことでしたがずっと曇り空で今にも雪が降りそうでした。


 
 池が凍ってとりどりのボールが、氷の上でこごえていました。


 10日前に参加した従業員親睦コンペの時は、まだ耐えられる寒さでしたが、今日の寒さは、冬のラウンドの限界。


 体が、うまく動かない。

 ボールは、飛ばない。

 風に遊ばれる。

 タッチが出ない。

 おしっこが近くなる。

 熱いコーヒーを飲んだら火傷した。

 逆さまつ毛が、目に入って開けられない。



 その他、色々ありましてスコアは、大叩きの84ストロークで撃沈でした。


 肩と背中が、凍りついたので風呂入って溶かして早く寝まーす。


 ちょっと早いけどメリークリスマス!

 

 
2011/12/20

今年最後の公式戦

 今年最後のPGS競技(千葉よみうりCC)に参加してきました。


 前日の記事にも書いたように今年の夏パブリックミッドアマを戦ったコースです。


 あの暑かった日から5カ月経ち季節は、真冬のゴルフ場。



20111220yomiuri.jpg



 午前の5ホールは霜で真っ白になっているコンディションのゴルフでした。


 当然、ボールを見つけにくくすぐそこにあるのにわかりません。


 キャロ助は、イエローを使っていたので大丈夫でした。


 日陰になっているグリーンは、コチコチでダイレクトに落ちるとカート道路に落ちたかのようにすっ飛んで行きました。


 ティーも刺さらず今年初の穴を開ける釘のついている重い棒を使いました。


 
 パブミッドと同じインコースからスタートでしたが、グリーンがBグリーンとなり前回のAグリーンとは逆サイド。



10番(PAR5) 
打ち下ろしのロングホールの第1打は、完璧のショット。・・・セカンド地点は、フェアウェイがカチコチできつい左足下がり。上手く打てばグリーンの近くまで行きそうでしたが、薄い当たりでグリーンまで残り50ヤード地点。・・・直接グリーンに落とすとどこまでも行っちゃいそうだったのでカラーに落としますが、それでも10m残してしまいました。・・・真っ白く凍っているグリーンでのパットは、スケートリンクでパットしているような嫌な感じでしたが、無難に2パットでパー発進。


11番(PAR4)
短いミドルホール。前回は、右のカートに跳ねてOBにしたホール。今回は、そのイメージが残っていて引っかけてしまいバンカーに入ったと思ったらバンカーを越えてハザード杭の中の傾斜に止まっていました。・・・右打ちは、無理だったので左打ちで打ったらダフってしまいボールは、50cm動いただけ。
3打目も左打ちでしたが今度は、グリーンを狙えるところまで運びました。・・・4打目の80ヤードのショットは、ピン側に付いてナイスボギー。


12番(PAR4)
ティーショットは、少し右目に出て浅いラフ。・・・ライの状態は、よくグリーンを狙いましたが当たりの割に10ヤードもショートしてしまい完全にジャッジミス。・・・ここのグリーンは、日陰でカチカチだったのでアプローチをビビってピンに突っ込めず2mほどショート。・・・パーパットは、カップを覗きますが1cm足りずボギー。


13番(PAR4)
ティーショットは、完璧。・・・セカンドショットは、ちょっと捕まり過ぎてグリーン左サイド。・・・ランニングで1mに寄せますが、右カップに蹴られてボギー。


14番(PAR4)
谷越えで右は池、左はOBの打ちにくいホールでしたが、ティーショットは、完璧。・・・セカンドショットは、PWでナイスショットと思ったらグリーンオーバー。・・・アプローチは、80cmに付けますが、同じラインから先に打った人が右に切れたのを見て少し左に打ったらそのまま左を通過してボギー。

完璧なアプローチをしているのにショートパットがことごとく外れて3連続ボギーでいやーなムードに。


15番(PAR3)
177ヤードの打ち下ろしのショートホールで風は、強めのアゲインスト。6アイアンで打ったショットは、完璧な手ごたえでしたが、ややオーバーしてグリーン右奥のバンカー。・・・ピンまで下りで落とし所の狭い所を狙ったバンカーショットは、あと50cm足りずカラーの深いラフ。・・・ここからもまた下りの早いアプローチが残りましたが、アキラのウェッジが仕事をしてくれました。・・・50cmに寄せてナイスボギー。このボギーは、価値があります。


16番(PAR4)
ティーショット完璧。・・・セカンドも完璧に打ちましたが、思ったより風が強くグリーンに落ちたもののバックスピンでこぼれてしまいアプローチパットも2mショートしてボギー。


17番(PAR5)
ティーショット完璧。・・・セカンドの4Wも完璧。・・・3打目のアプローチも同じ段に乗せて2パットのパー。
久々のパーがめちゃくちゃうれしい!


18番(PAR3)
いよいよお待ちかねの最終の難関ショートホール。ピンが、9ヤード奥だったので231ヤードで強烈なアゲインスト。・・・チョイスしたのは、もちろんドライバーですが、1インチほど短く持って打ったショットは、完璧にボールを捕らえ右のピンに対してグリーンの左サイドにナイスオン。・・・スネークの下りのパットでどこに打ち出していいのか分からずに打ったファーストパットは、フックしてスライスしてコブを過ぎたらどんどん転がってファーストパットより遠くなってしまいました。・・・今度は、上りのパットだったのでしっかり打ちますが、それでも40cmショート。・・・「お先に。」と打ったボギーパットがカップを1周して出てしまい4パットのダボ。


乗せるのも難しいですが、グリーンも難しいのでパーを取るのは大変です。でも
また、挑戦してみたいと思います。


結局、夏にもうろうとしながら我慢してラウンドした時のスコアとあまり変わらず44ストロークで終了。
グリーンが、凍っていて難しいとはいえ、アイアンの距離感・方向性が全くダメアプローチでカバーしているのに肝心なパットで決められないのが情けないですね。


I N -△△ △△△ △-□ 44ストローク
後半へ続く


 

続きを読む

2011/12/19

明日は、今年の最終戦@千葉よみうりCC

今朝も冷え込みましたがこういう時は、暖かいものが欲しくなりますよね。


皆さんは、紅茶党ですか?


それともコーヒー党?


自分が、最近気に入っているのがこれ↓

紅茶



ノーマルな「紅茶花伝」よりもミルキーっぽい味が、気に入って最近こればっか飲んでます。


ちょっと甘めかも知れませんが、まろやかで美味しいですよ。


今度試してみてください。


ところで明日は、PGSのスポンサー杯に行ってきます。


今年は、これが最後の公式戦となりますが大手メーカーが協賛して関東各地域で開催されているアンダーハンディ競技です。


年間を通じて開催されているので昨年までは、近場の会場で2~3試合出ていたのですが今年は、これが初戦。


会場は、千葉よみうりカントリークラブ


今年のパブリックミッドアマ予選を戦ったコースで最終の18番ショートホールが、東京読売CCの名物18番ショートホールをそっくりそのまま作って評判になりました。


インスタートだったのですが7月1日は、物凄い猛暑日で朝から気温も急上昇して脱水症寸前となりながら最終の名物18番ホールをプレーしたのを覚えています。


頭痛がひどくて午前中で棄権も考えましたが、薬をもらい氷で頭を冷しながらクーラーをガンガンに効かせた車で休憩した後、午後のプレーを続けたのは記憶に新しいです。


今考えるとよく最後までやったなぁーと感心するやら呆れるやら・・・。


とにかく今年は、7月が特に暑かったですよね。


この日は、数名の人が暑さで熱中症になりリタイアしていました。


この記事は、以前書いているのでここでは、詳しく書きませんが午前中は、フラフラになりながら考えられないようなミスを連発して46ストローク。


予選落ちは、確定しちゃっているし体調も悪いので普通なら棄権するところなんでしょうがお馬鹿なキャロ助は、棄権しませんでした。


一番辛かった頭痛が治って後半は、1バーディー、1ボギーの36ストローク。


大波賞は、もちろんありませんがそんなラウンドでした。


季節は、変わって冬になりましたが寒さにめげずに頑張って来まーす。

2011/12/18

今年のゴルフ総評

今年も残すところ半月となりました。


そして今年のゴルフの予定は、あと3回。


12月は、「打ち収めゴルフ」やら「忘年ゴルフ」と言う名目で寒い時期としては、意外と多いんですよね。


月別で見ると今年の1月2月は、平年並みだったラウンド数が、3月4月5月は、震災の影響で減ってしまいました。


震災直後は、被災地のことを考えると誰しもゴルフをやる気持ちになれなかったので仕方のないことだと思います。


ゴルフの内容は、2月から春先まで調子が出ずに70台のスコアよりも80台後半のスコアが続出して自信を無くしてしまいました。


少し経って気持ちも落ち着いた5月2年ほど使ったドライバーを現在のタイトリスト910D3に変更。


気分転換の意味もあって変えたのが功を奏しスコアが出るようになって5月6月は、アベレージでも80を切るようになりました。



それと春先、バッグに入れたコブラのUTに大分慣れて来たのも好結果に繋がったと思います。



具体的に言うとUTを使い始めて180~210ヤードのミスの範囲が小さくなったこと。



クラブを変えてもスコアは、変わらないとは、言われますが80前後でラウンドしているようなHDC7~11くらいまでのゴルファーは、その日のラウンドでキモになる堪え所で踏ん張れることが出来れば好スコアに繋がったりするんですよね。


自分の例を挙げて説明すると夏場のラウンドで420ヤードを越えるような長いミドルのティーショットを曲げてしまい傾斜のあるラフで残り170~180ヤード。


傾斜の具合やラフの深さにもよりますが、まず2オンという可能性は、非常に低くなりアイアンを選択しているのにもかかわらず距離を欲張ってミスの上塗りをしてしまいダボ・トリを打って終わってみるとスコアは、81とか82なんていうもったいないゴルフが多々ありました。


ところがFWよりも短くアイアンのように振れるUTを入れたことにより多少の傾斜や沈んでいるようなラフからでもグリーンの近くまで運ぶ確立が高くなり下手すれば転がってグリーンに乗っていくようなこともあったので攻め方がガラッと変わりました。


片手シングル以上の上手いプレーヤーと比べて普通のライから打つのはそれほど変わらないと思いますが、180~200前後の距離を傾斜のあるところやラフから打つというとその差が歴然と現れます。


UTを使うようになってこの差が、縮まったような気がします


乗らなくてもグリーンの傍までは持っていけばアプローチとパッティングでカバーすることができるのでパーセーブ率が昨年よりかなり上がりました。


下手すればダボ・トリになっていたのが、パーやボギーで逃げられるようになるとその後のプレーに大きく影響しますからね。


もう一つは、ドライバーの飛距離が少し伸びたのと以前より方向性が安定してOBの数が減ったのも大きい点。


このところ親戚で元日本アマに出ていたY君とラウンドしても以前より置いていかれる距離も少なくなりY君からも打ち方が良くなったと言われるようになりました。


練習場の回数と球数を少し減らしてその分素振り用の重いクラブで素振りしたり1球に賭ける真剣さを大事にしで打つ練習を始めた効果が少なからず出てきたのかもしれません。


後は、アプローチの精度と入れごろ、外しごろのパットを決められるような技術と精神力、これに尽きると思います。


寒い冬場になりましたが、寒さにめげずこの練習を続けていって春以降のラウンドで更なる成果が出るように頑張りたいです。


cobra1.jpg

2011/12/14

今日は、寒かった。

 今日は、朝から雨で予報通りでも午後から晴れると言ってましたが、曇りのまま気温も上がらず最高気温が、9度と寒い1日でした。


 
 昨日今日と連休だったのですが今日は、会社の同僚とのゴルフ。


 
 今年3回目の麻生CCでラウンドしてきました。


201112141.jpg



 
 麻生カントリーは、練習場も打ちやすくアプローチやバンカーの練習場も充実しているので早めに行って練習しておきたかったのですが、生憎の雨でスタート時間ギリギリまで待機していましたが止みそうもないのでバンカーやアプローチとパターの練習は、中止。


 
 せっかく早めに来たのに残念でした。



 
 今日の内容は、内輪のゴルフなので詳しく書きませんが、昨日の暖かさから一転して寒いせいかリズムも掴めず多分早くなっていたような気がします。



 ドライバーは、そこそこ当たっていましたが昨日のようなピンがらみのアイアンショットの切れは、全くなくグリーンに乗らずボギーの山。


 
 ゴルフって難しいですね。


 
 1日寝ただけでこんなに変わるんですから・・・。


 
 それでも本日のバーディーは、3つ。


 
 7番ロングホールの3打目が入りそうになりまたイーグルかと思いましたがイーグルならず15cmをタップインしてバーディー。


 
 9番のショートホールで10mの下からのロングパットが、入ってバーディー。


 
 3つ目は、後半の14番ミドルホールのセカンドが、2mにつきこれを入れてバーディー。


 
 合計3つのバーディーがありましたが他は、冴えないゴルフで終了。


 
 好調を持続するのが難しいのがゴルフ、また出直しです。


OUT -□△ △-△ ○△○ 40
I N △△△ △○△ △△- 42 トータル82
 
2011/12/13

またもイーグル。そして優勝!

 本日、ホームコースの従業員交流コンペに親戚のY君と参加してきました。


090123.jpg



 天気は、快晴微風で最高のコンディション。


 1チームに従業員さん1人が入って4人1チームの新ぺリア方式で上位3人のネット合計で争うチーム戦です。


 
 従業員さんというからには、プロやその繋がりでトップアマも参加して15チーム60名での戦いとなりました。


 
 私は、Y君と交流のある従業員のHさん・Eさんの組に入り最終組でスタートしました。



スタートはアウトコースから


1番(PAR4)ティーショットは、ナイスショットでフェアウェイ右サイド。・・・セカンドショットは、ちょっと捕まり過ぎてピンの左10mにオン。・・・軽くスライスするラインを読み切りいきなりバーディー発進

※ 親戚のY君は、ベタピンショットで同じくバーディー。


2番(PAR5)前回イーグルを取ったロングホールですが、ティーショットは、少しこすって右の浅いラフ。・・・セカンドは、前上がりの左足下がりでUT4を短く持ってレイアップ。・・・思ったよりアゲインストが強く130ヤード残しましたが、ピン手前に乗せて手堅く2パットのパー。



3番(PAR4)このティーショットで大ミスをやらかし池にぶち込み3打目でピン手前130ヤード地点にレイアップ。・・・4打目は、グリーンを少しショートカラー。・・・パターで寄せて1パットのダボ。


4番(PAR3)170ヤードのショートホール、6番アイアンが、完璧な当たりで50cmに付けるスーパーショット。・・・難なく沈めて2つ目のバーディー。


5番(PAR4)ティーショットは、ナイスショット。・・・セカンドショットが、これまたベタピンで80cmに付けて連続バーディー。


6番(PAR4)ティーショットが少しフックして左のバンカー。・・・足場が悪く立ちづらい位置からトップ気味でグリーンには乗りましたが、早い下りのパットを2mオーバーして3パットのボギー。


7番(PAR5)ティーショットは、低めのドローでナイスショット。・・・セカンドは、少しヒール気味でしたがフェアウェイ左サイドへ。・・・残り60ヤードで手前に乗せますがカップを過ぎると急激な下りを分かっていながらオーバーして連続3パットのボギー。


8番(PAR3)アゲインストで距離が、175ヤードを4UTでナイスショットでしたが、グリーンの左へ流されて乗らず。・・・マウンドを越えないと戻ってくるような難しいアプローチでしたが、1ピンに寄せて1パットのパー。


9番(PAR4)今日イチのナイスショット。・・・ウェッジで打ったセカンドショットは、ピンの右3mにナイスオン。・・・ラインが、難しく寄せて入ればラッキーでしたが、入らずタップインパー。


18ホールスループレーなのでインコースへ向かいます。


アウトのチーム成績、キャロ助37 親戚のY君は、-2で34 Eさんが、40 従業員のUさんが、45

後半へ
 

続きを読む

2011/12/12

やさしいクラブって。

 ゴルファーにとってやさしいクラブって何でしょうか?


 万人に合うやさしいクラブなんてないと思うのですが・・・。



 でも私なりに考えて


1.スィングリズム・スィング軌道にあったフェイス角とライ角

2.ヘッドスピードに合ったシャフト硬度・重量それとキックポイント

3.構えた時、視覚的に見て違和感を感じないクラブ


 以上3つの条件を満たしていればその人にとってやさしいクラブなのではないでしょうか?


 
 ちまたで初心者用のクラブとか中・上級者用のクラブとかいう表現をしますが、何を根拠にそういうすみわけをするのか私には理解できません。


 
 スクラッチプレーヤーと言われる上級者でも同じクラブを使っていると言うことはありませんよね。



 先日も練習場で会ったAさんに「キャロ助、最近チーピンばっかでるんだけど何かやさしいクラブないか?」と聞かれました。



 
 ドライバーを打っているのを見ると確かにチーピンばかり。



 Aさんの使っているドライバーを見せてもらうととてもチーピンが頻発するようなクラブヘッドでもないし柔なシャフトでもありません。


 
 フェイスがスクェアからややオープン気味でロフト表示は、9.5でシャフトは、ATTAS T2Xシャフト


 
 過去Aさんとは、同じコンペに出ていたこともあり何回か一緒にラウンドしましたが、高めのほとんどストレートボールで飛距離は、240ヤード位でしょうか?


 
 察するに多少オーバースペックなんだと思います。


 
 クラブを変えたのは、夏だそうです。


 
 前は、キャロウェイのドライバーに青マナのSシャフトだったとか。


 友人とラウンドした時、ドライバーが気持ちよく振れて他の人たちをいつもオーバードライブしていたそうですが、プッシュしたりチーピンが出たりでOBを何発か打ったそうです。


 その時ラウンドした友人にドライバーが軟過ぎるんじゃないかと言われ少し飽きも来ていたので次の日にショップで今のドライバーに替えたのだそうです。


 夏場だし体も切れるので買った当初はそれなりに良かったみたいですが、段々捕まらなくなりだしたので鉛を貼ったりして使っていたんだとか。



 1年ちょっと前に練習場でに見た時とスィングは、明らかに変わっていました。



 私「ずいぶんスィングが、早くなりましたね。」


 Aさん「そうかい?自分では、そういうつもりは無いんだけど。」


 自分では、気づかないのかもしれませんが極端に言うと倍くらい早くなっているように見えました。



 すごく早いバックスィングでインサイドから巻き込むように打ちに行くのでタイミングが狂うとチーピン早く起きるとプッシュアウトになっていました。



 
 それでも時々ナイスショットが、出るので始末に終えない。




 練習場なら何発も続けて打つのでミスも出ますがナイスショットも出ます。



 しかしコースだと一発勝負なのでそうはいかない。

 
 
 そこへいつもお世話になっている歯医者のSさんがやってきました。



 Sさんの使っているドライバーは、テーラーのR9(10.5)シャフトはオリジナルのモトーレでRシャフト


 それを借りてAさんに打ってみてと渡しました。


 Aさんは、ワッグルするなり「こりゃ、クニャクニャだな。しかも軽いし。」と言ってました。


 
 当然今のスィングで打てばもっとチーピンが出るかもしれませんが、まず打ってもらいました。


 
 私「捕まりすぎると思うからゆっくりとしたリズムで逃がすように打ってみて。」


 
 最初の2,3発は、前のままのスィングなのでドチーピンテンプラのようなボールになったのでスローモーションのようにゆっくりしたリズムでスライスを打つようにとアドバイスすると高めのストレートボールが連発。


 先ほどまで眉毛を下げて情けない顔だったのが久々に会心のショットが打てたのかドヤ顔になっていました。


 見ていても惚れ惚れするようなボールが、ネットの中段に飛んでいきました。



 それでもまた、だんだんスィングリズムが早くなりミスが出ると「また、早くなったよ。」と指摘するとまたナイスショットが出るようになります。


 本人は、相当遅くしているつもりで「こんなに遅くて大丈夫」みたいなことを言いますが、それでもまだ早いくらいといっても信じられないようだったのでカメラを撮って見せてあげると納得。


 「自分では、分からないものだな。」と言ってました。


 結局、オーバースペックのドライバーを使い始め調子が落ちてきたのをきっかけに捕まえるためのアドレス、捕まえるためのボールの位置、捕まえるためのスィング軌道に知らず知らず時間をかけて現在に至ったようです。



 AさんのHDCは、11なので調子良ければ70台も出せる実力がありますが、夏前にちょくちょく出ていた70台が、このところ全くでなくなったと言う話をしていました。


 やはりドライバーでのミスショットが、3~4発出てしまうと他がよほど上手く行かなければ70台は、無理だと思います。


 お借りしたSさんのドライバーは、ちょっと極端にしてももう少しスペックを落として楽に打てるドライバーに変えると言って帰っていきました。


 1週間後Aさんから電話があってキャロウェイレガシー・エイペックスDJ-6Sにしたら大分良くなったと言ってました。
  

 次に会ったときどうなっているのかちょっと楽しみです。




20110709.jpg
(こんな夏空の中ゴルフがしたいっす。)
2011/12/11

スプーン活躍してますか?

 一昨日は、東京都下でも雪が降ったということでしたが寒かったですよね。


 これからもっと寒くなると朝が辛くなるので寒さにめっぽう弱いキャロ助は、冬眠したくなります。



 それでも降雪が無い限りは、ゴルフに行くんですよね。


 冬の時期のゴルフのスタート時間は、9:30くらいがベストでしょうか。


 今週は、連荘ゴルフの予定ですが、2日目の予報は、曇り。


 気温は、それほど低くなさそうですが、雨が降ったら中止にしようと言ってます。



 年末に風邪でも引いたら嫌ですからね。


 さて今日のテーマですが、先月からバッグに入れた4W(バフィー)コースで3ラウンド使ってみました。


 
 練習場でも行くと必ず10発程度は、打っています。


 
 感想はと言うと「正解」でした。


 
 練習場で打つショットは、ミスショットと言うほどのミスは、まず出ない。



 コースでは、ティーアップした時は3Wよりも短いので安心感がある。


 
 多少飛距離は、落ちますがボールを拾ってくれてミスの度合いが少ない分、平均するとそれほど変わらないかもしれません。



 
 下からのショットは、時期的なこともありますが薄芝状態が続く春先までは4Wに軍配が上がります。



 私自身もティーアップして使うショット以外は、よほどライが良い時か失敗覚悟のチャレンジする時以外は、3Wの冬の出番がありません。



 コースが、狭かったりドッグレッグが多くドライバーが使えないホールが多いと3Wが有利だと思っていましたが、そういうホールが多いゴルフ場ってセカンド以降も同じようにトリッキーだったり狭かったりしますからね。


 
 4Wならそういうところでも危険のあるラインだけ気をつければ逆サイドにある程度保険をかけて打っていけますが、3Wをそういう気持ちで打っていけるほどの技術がありません。



 結局ドライバーが、使えないホールがあるだけのために3Wを入れるよりもセカンド以降でも使える4Wの方が、使える回数も多く失敗も少ない。



 しかも5WやUTよりも飛距離が出るので思ったよりも重宝しそうな気がします。


 
 FWというか3Wに絶対の自信がある人なら別ですが、芝が良くなってくるまでの期間だけでもバッグに入れると何かと重宝する4W「考える価値有り。」です。



 
 平均90を切れないレベルの人だったら3Wよりも4Wの方が、飛距離はおろかスコアアップにも貢献するかもしれないと思います。



CIMG7705.jpg
2011/12/07

ピッタシ距離感

 今年最後のPGS月例競技に参加してきました。(市原GC柿の木台コース


DVC00031.jpg



 昨晩の土砂降りがウソのような良い天気で微風のコンディション。


 少しウェット気味でしたが12月にこれだけ暖かい中でゴルフできれば最高です。


 スコアは、別として今日は、1年に1回あるかないかの最高の距離感でゴルフをすることが出来ました。


 というのは、セカンド地点でボールの近くに立ちピンを見た時にヤーデージを見なくても持つクラブの番手が分かる1日でした。


 パッと見た瞬間、7番アイアンとか8番でピッタリだというように勘が異様に冴えるのですが、距離ではなくてピッタリの番手のイメージが涌くんです。


 一応距離の確認はしますが、自分の勘を大事にして打ちます。


 今日は、インコースからスタート

10番(PAR4) 
ティーショットは、フェアウェイの右サイド・・・セカンド地点に来てピンを見た時6番でピッタリだと思い距離を確認しましたがヤーデージから判断すると170弱。今の季節だと距離も出ないし朝の気温と空気の重さを考えると通常だったら5番なんですが、ためらわず6番で打ちピンの右5mにナイスオン。・・・きっちり2パットでパー発進。


11番(PAR5)
ティーショットは、正面のバンカーを警戒しやや右のラフ。・・・セカンドショットは、3打目を100yd残して打つつもりだったので5UTでレイアップ。・・・95ヤードをPWでスリークォーターショットでナイスオン。・・・ファーストパットがややオーバーしますが、2パットのパー。


12番(PAR3)
204ヤードの距離のあるショートホールですが、ややアゲ気味だったので3UTで強めのボールが出るようにフェイスの少し先にセットして打ったショットは、思った通りのスピンが少なめでバーディーチャンスにつきました。・・・そろそろ欲しいところでしたが、一筋違い2パットのパー。


13番(PAR4)
ティーショットは、まずまずの当たりでフェアウェイの右サイド。・・・ピンを見て一番奥目でしたが、8番でピッタリと思い距離もざっとしか見ずに打ったショットは、ピン挿しショット。・・・ワンピンでしたが、カップの淵に止まってタップインしてパー。


14番(PAR5)
ティーショットは、フェアウェイセンター。・・・セカンドショットが、引っ掛かり左ラフの前下がりのきつい傾斜の所で止まりました。・・・残り80ヤードでPWを選択しましたが、インパクトが緩み右のバンカー。・・・バンカーからのショットは、3mオーバー。・・・ここから何と3パットのダボ。


15番(PAR3)
152ヤードの打ち下ろしのショートホールでピンを見た時、8番でピッタリと思い迷わず打ったショットは、ナイスショットでピンの左奥3mにナイスオン。・・・左からのファーストパットが、止まりそうで止まらずダラダラと転がり1mオーバー。パーパットは、完全にミスヒットしてしまい連続3パットでボギー。


16番(PAR4)
嫌な流れでしたが、ティーショットは、右フェアウェイをキープ。・・・2段グリーンの左奥に切ってあったピンに対して見た目でまたも8番を選択して打ったショットは、距離はピッタリでピンの左4mにナイスオン。・・・3パットの不安が残っているのか50cmショートしてお先に入れてパー。



17番(PAR4)
ティーショットは、右がOBなので左目を狙って少しフックがかかりややラフ。・・・セカンドショット地点からは、林越えの打ち上げでピンは、見えないので同距離で見える所まで来て7番で行けると思いそのまま勘を信じて打ったらピン手前2mにナイスオン。・・・カップに届きましたが、ボール1個分左を通過してまたもパー。


18番(PAR4)
午前の最終ホールですが、打ち下ろしの右ドッグレッグのホールここは、ドラが真っ直ぐ行くと突きぬけてしまうので先日新調したバフィーでナイスショット。・・・セカンド地点に行くとまたも8番アイアンの距離だと思って距離も確認せずに打ったショットは、またも1ピンにナイスオン。・・・今度は、打った瞬間入ったと思いましたが、右カップに蹴られタップインパー。


午前中、グリーンを外したのは1回だけでしたが、3パットが2回で3オーバーの39とショット好調なのにスコアが出ませんが、クラブを選択する勘が抜群でした。

凄く不思議なんですが、この勘の良さは体調とかから来るんでしょうか?


後半へ続く

続きを読む

2011/12/05

防寒対策

こんばんは。


12月のゴルフは、日によって暖かい日もありますがさすがに半袖というわけにもいきません


寒気が入ってくれば気温は、最高気温が5~6度になりゴルフをやるには限界の気温でしょうか。。


着るものに関しては、インナーウェアーも持ってはいるんですが身につけるのは、上だけでストッキングは、あの締め付け感と密着感がどうも嫌いなのではきません。


その代わりハイソックスをはいたり風が強いとウインドパンツを上からはいたりします。


でもフェアウェイやグリーンが、霜で真っ白になることは着る物だけでは、限界がありますからいろんな防寒アイテムを用意すると思います。


私もそろそろ必要かと思いタンスから出して用意しました。


豹のハンドウォーマー、ニット帽、ネックウォーマー、イヤーウォーマー、ジッポのハンディウォーマー以上が、私の防寒アイテムです。


なかでもお勧めなのが、ジッポのハンディウォーマーです。


私は、タバコは吸いませんがオイルライターのジッポ製でライターと同じようにオイルを入れて使うカイロです。


布製のカバーに入れないとアッチッチとなるくらい熱くなるのでズボンのポケットに入れておくと指先が冷たくならずに良いですよ。


寒がりなのでこれは、というものがあったら教えて下さい。


boukan.jpg






 
2011/12/04

強風の中のイーグル奪取

 朝起きると地震と間違うように雨戸がガタガタと音を立てて凄まじい風が吹いていました。



 スタート時間も早いので今日のラウンドは、止めにしようかと思いましたが、天気は晴れ気温も高いという予報だったので渋々行くことにしました。


 
 ホームコースに着くと風が強いせいか予報よりも寒く感じます。


 
 一緒に回るT川さんは、この風の中1時間以上前に早く到着してアプローチの練習をしていたそうですが、朝日が眩しく慣れないサングラスをしてアプローチの練習をすると違和感があってミスショットばかりで気分が悪くなります。



 アウトのスタートホールに行くと前の組が、ティーショットを打つところだったのでセカンド地点に行くまでストレッチ。



 打順のくじ引きは、オナー。




sun.jpg
(※ 眩しすぎるって。)




1番(PAR4)ティーグランドに立つと太陽と池の反射でボールは、ほとんど見えにくい状態ながらもフェアウェイセンターへナイスショット・・・セカンドは、フォローの風に対して警戒し過ぎてショート・・・アプローチは、逆にオーバーして下りのパットを残してしまいました。・・・触っただけのパットでしたが、2mオーバー・・・返しを何とか入れてボギー。




2番(PAR5)左からのフォローの風でフェアウェイセンターに打ったボールは、風に流されて右サイドのフェアウェイ・・・2オン狙いは、やはり右に流されグリーンの手前右ラフ・・・残り42ヤードをアプローチウェッジで柔らかく打てたという感触がありました。


ピンの1m手前に落ちて何と、そのままカップに吸い込まれイーグル!



3番(PAR4)今度は、超アゲの中のティーショットは、左に流されながらもまずまずの当たり・・・残り160ヤードを3UTでグリーンの左サイドへ・・・アプローチショットは、思った所に落としましたがアゲの風のせいで落ちたところからほとんど転がらず2mショート・・・1カップスライスと読んだパーパットは、カップのど真ん中から入りナイスパー。



でも健闘したのは、このホールまで次の4番も想定外の風のためアプローチが、寄ったと思ったら風に押されてグリーンから出てしまいボギー。



その後は、風に苦しめられてだんだんと我慢できなくなり午前のスコアは、イーグルがあったにもかかわらず41ストローク。



後半は、ボギーばかりでパーよりもダボが先行するような疲れるラウンドで終わってしまいました。



後半、トホホの46ストローク。



1ラウンドが、1.5ラウンドやったような疲れるラウンドでこの冬最初の風との対決は、風さんの勝利でキャロ助の負けという結果となりました。



T川さんたちもアップダウンの激しいゴルフとなり今日のゴルフは、なかったことにすると言ってました。



キャロ助もなかったことにしたかったのですが、イーグルがあったのでなかったことはなかったことにして記事をかきました。



日本シリーズは、藤田選手の連覇となりシーズンが終了。



谷口選手の18番のパーパットは、よもやのミスパットとなりましたがあれだけのプロが、やるんだからヘボな私は、何をやっても仕方ないんだと思いました。





 
2011/12/03

練習場の顔ぶれ

 今朝の地震は、久々にデカカッタ!


 今日は、早番だったので駅のホームのベンチで凍えながら電車を待ってたら駅舎が、ミシミシと音を立てて揺れだした。



 慣れたものでベンチから立ち上がることは、なかったが念のためケツは、浮かしておいた。


 
 震度3~4くらいだろうと思ったら揺れがおさまった。



 乗り換えの駅に着くと地震の影響で電車は遅れると言うアナウンスが流れていた。


 
 同じホームにキャディバッグとボストンバッグを持った中年のおじさんが、恨めしそうな顔をして電車を待っている。



 この天気でゴルフは、さぞ辛いだろうと思いながら電車を待つこと35分ようやく電車が到着した。



 今日の日本シリーズは、中止だそうだがこの雨と風の中あのおじさんは、スタートしたのだろうか?



 全く見ず知らずの人なのに何故か気になるキャロ助だった。



 見ず知らずと言えば、練習場って自分が打つ打席って大体決まっているように思う。


 
 私も1階の右奥で打つことが多く打つ打席も決まっているが、誰かが先に打っていると「そこは、私の打席だから、どきなさい。」とは言えないので仕方ないのでその近くで打っている。


 
 打つクラブの距離が、わかっているので同じ打席の方が、その日の調子が分かりやすい。



 具体的に言うと今日は、体が切れているとか振れてるとか・・・。



 話を練習場の打席に戻すと自分が打つ打席の近くって同じ顔ぶれが多い。



 そのうち使ってるキャディバッグまで覚えるのでバッグが変わったりすると「おっ!ニギリで勝ったのかな?」なんて勝手な想像なんかしちゃったりもする。



 練習に行く時間が大体決まっているのでその人たちと合うことが多いんだと思う。



 「今日もこの人来てる」って思うように相手もそう思っているんだろうけど。


 
 そんな変わらぬ面々の中に新人と言うかあまり見たことが無い人が、急に来るようになることがある。



 こっちは、毎日行っているわけではないが、いつ行ってもいるので頻繁に通っているんだろう。



 たまに手を休めて打っているのを見るとちゃんと当たっていない。



 当たらないと言うか自分がどんな姿で打っているのか教えてあげたいようなこともあった。



 もちろん教えたことなど一度も無いが。



 一人で来てた人もいた。


 
 数人できてたグループもいた。


 
 2ヶ月経ち、3ヶ月経ち長いと半年経ち少しずつ見る回数が減っていきそのうち全く見なくなる人が、これまで何人もいたような気がする。




 当然顔だって覚えていない。



 
 今そういう新人が、2人いるが来年の今頃も来ているんだろうか?



 私には、関係の無い話だが。



 来なくなった人たちは、ゴルフをやめたんだろうか?



 ちょっと気になる。



CIMG6928.jpg
2011/12/02

カラーボール

 ここ3、4年前あたりからカラーボールを使うプロが増えたのも影響して一般的になった感があります。



 自分は、なかなかなじめなくて使ったことがないのですが、一緒にラウンドする人でカラーボールを使う人がかなり増えました。



 使っているカラーは、イエローとオレンジが人気あるようなのですがイエローのボールって遠くからでも認識しやすく大きく見えるような気がします。



 白が、膨張色だと思っていましたがゴルフボールに限っては、イエローの方が大きく見えるような気がしますが、私だけでしょうか?



 ドライバーショットが、ちょっと曲がって大丈夫かなと不安なときにかなり遠いところからでもイエローのボールは、確認できるので心理的に有効かもしれません。



 セカンド地点に向かう途中でも自分のボールの位置が、早い段階で確認できれば戦略を考えられる分プラスになるのではないでしょうか。


 
 手持ちのボールが、無くなったらと思っていましたがとりあえず1ダース注文してみました。



 実際にボールを打つときのイメージもあると思うので試しに使ってみようと思います。



yellowball.jpg




 
2011/12/01

インテンショナル




今日から12月急に寒くなりました。

昨日と比べると10度以上も違うそうです。

風邪をひかないようにしてくださいね。

ところで今週の火曜日は、家から30分くらい離れた練習場でミドルアイアンを中心に練習してきました。

コースでインテンショナルを打ちたい時に練習していないと本番では、絶対無理なので練習はしているものの曲がりをコントロールできるところまでは行きません。

ドローを打とうとすると強めのフック

フェードは、ほとんど曲がらずストレートとあまり変わりません。

でも、この3つのショットは、まぐれだと思いますがうまくコントロールされたインテンショナルボールになりました。

この日は、フォローでの腕の抜き方を変えることで気持ちフェードするボールが出るようになりました。

ちょっとだけヒントをつかんだような気がします。

この冬は、スコアを気にせず失敗しても良いくらいの気持ちでフェードが打てるようにコースでも挑戦してみようと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。