2012/01/30

館山美味いものめぐり。

 昨日・今日は、連休でした。

 
 今朝起きると目の痛みは、ほとんど感じなくなっていましたが右目に比べるとだいぶ充血していたので念のため眼科に行ってきました。


 診断は、角膜に少し傷があるようで昨日こすった時に傷つけたようです。


 そんなわけでコンタクトレンズの装用は、2~3日ひかえるように注意され化膿止めの点眼剤をもらってきました。


 今週の半ばごろまでは、寒い日が続くようなのでちょうどよい目の休養にして練習は、控えたいと思います。


 皆さま、ご心配をおかけいたしました。


 帰宅後、かみさんと義母の3人で恒例の美味いものを食べよう&日帰り温泉へ出かけて来ました。


 館山方面へは、館山道を使えば2時間弱で行けるのでとても便利です。


 今日向かった先は、館山道の終点(富浦IC)からほど近い南房総市の「ばんごや本店」さん。

 
 海鮮丼と焼き物が名物のこのお店は、フジテレビ(もしもツアーズ)にも取り上げられたりしているので土・日は、昼時外までお客で一杯になるようです。


 今回、初めて行ったのですが到着したのは、12時少し前で3組くらいしかいなかったのに間もなくするとあっという間に満席になりました。


 もう10分ほど遅くついたら並ばなければ行かなかったのでラッキーでした。


 自分は、「うに・いくら・まぐろ丼」、かみさんが「ばんごや丼」、義母は、「スペシャル丼」をそれぞれ注文しその他漁師汁。


 焼き物にハマグリ、サザエ、ホタテを注文。


 待ち時間もそれほどなく頼んだ品々が出てきました。

CIMG7926.jpg
(※ キャロ助の「うに・いくら・まぐろ丼」



 これ見て下さい!


 ネタで覆い尽くされてるって感じでしょう!?



 想像以上のネタの多さにびっくり。

 
 食べても食べてもなかなかシャリ(ご飯)が、出て来ません。


 ネタが多すぎてご飯と変わらないくらいの量なので男の人は、ご飯が少し足りないくらいかもしれません。


 それくらいネタは、てんこもりで当たり前ですが新鮮で美味いです。


 焼き物は、というとサザエは普通の大きさですが、ホタテハマグリは、かなりデカイ。


CIMG7933.jpg
(※ キャロ助のこぶしと比べて!)


 ほどなく焼くとパカッと貝が開いて醤油をたらっと垂らしたそのスープは、絶品でした。

CIMG7923.jpg



 かみさんも義母もかなり気に入ったようで良かったぁ。


 腹いっぱい食った後は、甘いものが食べたくなります。


 この地方は、枇杷の産地なのですが、寒いのをこらえながら枇杷ソフトを頂きました。


CIMG7934.jpg



 冬に食べるアイスは、美味いと言いますが、やはり夏の方が、美味しいと個人的には思います。


 この後は、鮮魚などの生鮮品を扱っている市場のようなショッピングセンターで刺身や干物を買ってさらに館山方面へ向かいます。


 着いた先は、かみさんが事前に調べた国民宿舎にある日帰り温泉「花見の湯」


 もちろん天然温泉なのですが、眺望が最高!


 海に面した景色の良い宿舎なので夏には、沢山の宿泊客で一杯になるようです。


 この時期の平日なので客は、疎らでゆっくりと天然温泉を楽しむことが出来ました。


 露天風呂は、海が見渡せる絶景なのですが首までつかっていないと寒いのなんのってたまりません。


CIMG7948.jpg
(※ 露天風呂から見える海が、最高なんですけど寒いので風邪をひかないように。)

 体があったまると海風に当たり体を冷やしまた、寒くなると首まで浸かってを何回か繰り返して体は、ホカホカ。

 
 寒い時期は、美味い物を食って温泉と言う方が楽しい気がしますね。


 

 


 
スポンサーサイト
2012/01/29

無念のリタイア。

 本日、ホームコースの月例に参加してきました。


 朝からかなりの冷え込みで外の気温は、2度。


 多分ゴルフ場は、もっと気温は低いので先日買ったオーバーパンツは、役に立ちそうです。


 車中、外の木々がかなり揺れているのが見えたので河川敷のホームコースは、かなり厳しいコンディションでのラウンドとなるのは必至の様相。


 ゴルフ場に付いて早く体を温めようとストレッチをしたりトライワンで素振りをしていても体は、温まらず鼻水が出るだけ。


 アプローチ練習場で5分ほどピッチショットの練習をしましたが指先が冷たくと言うか痛くなってきたので止めました。


 下は、ツンドラ地帯の凍土のようにクラブヘッドをガツガツ跳ね返すくらい凍っていました。


 皆スタートハウスからなかなか出ようとせずぼやきがあちらこちらで聞かれました。


 確かにオーバーパンツは、役に立ちましたが私の心中は、こんな感じです。

samuiyo.jpg



それでも気持ちを奮い立たせてアウトコースからスタート


1番(PAR4)ティーショットは、フォローの風の中、真芯を喰った当たりでサブグリーンのすぐ手前まで飛んでました。多分今までこのホールの最長飛距離だと思います。・・・40ヤードほどのアプローチを3mに乗せて2パットのパー。


2番(PAR5) 相当左を狙って打ったティーショットは、左からの風に流されて右のラフ。・・・セカンドUTで低く打ってレイアップ。・・・残り60ヤードを1.5mに付けましたが、ボールが揺れていてバーディーパットは入らずパー。


3番(PAR4)もうこの頃になると風が唸りをあげて猛烈に吹きつけてきました。それでもティーショットは、ナイスショットして左サイドのフェアウェイをキープ。・・・モロアゲの中、残り150ヤードを3UTで低く打って右のカラー。・・・パターで寄せて1パットのパー。


この風の中、同伴者は、大叩きをしているの知り目に出だしの3ホールを全てパーとして上々の滑り出しでした。


4番、5番でボギーとして迎えた6番は、ティーショットが、右に相当流されて行ってみるとすぐ前方の木が邪魔をしてピン方向へ打てず100ヤード地点にレイアップ。


残り100ヤードを8番で会心のショットを打ちましたが吹き上げられ手前バンカーに捕まり4オン。・・・2パットのダボ。


今日のこの風であればダボの2つ3つは仕方ないと思いつつ何とか我慢のゴルフをしようと思いましたが続く7番のロングホールでは、セカンドショットが、大きく風に流されハザードに捕まり3パットなどもあってトリ。


結局午前のスコアは、好調なスタートに思えましたが上がってみると44ストローク。


3人の同伴者もビッグイニングが、それぞれあり50を切った人はいませんでした。


こんな調子なので後半、我慢して頑張っていけば入賞のチャンスは、まだありそうなコンディションであることに違いありません。


気を取り直して昼休憩。


後半へ続く

 

続きを読む

2012/01/28

もー、寒すぎ。

 今週は、雪も降りましたがとにかく寒い。


 寒すぎ!



 このくらいで寒いなんてって怒られそうですが私にとっては、凄く寒いです。


 気持ち的には、こんな感じ! ↓


凍える2



 天気予報では、毎日「この冬一番の冷え込みとなるでしょう。」って言ってます。


 元々寒いのが一番苦手なので毎日憂鬱でたまりません。


 寒い地方の人には、申し訳ないですが関東より寒いところにはとても住めません。


 そして来月は、1年でも一番嫌いな月です。


 嫌いな順番・・・。


 2月、1月、12月、3月 ← 以外ならOK


 冬ゴルフも沢山着込めばかなり凌げるもののあまり着込むとプレーするのに妨げになっちゃいますよね。


 
 上は、機能下着、長袖シャツ、中綿入りベスト、セーター、ネックウォーマー、耳あて

 
 下は、ハイソックス、膝までの防寒下着、ズボンなのですが、機能下着のタイツは、気持ち悪くては着ません。


 
 何だか圧迫感があり靴下に引っ張られてズレ落ちて来ると気持ち悪いんです。


 
 昨年までは、寒くてもこれで我慢してましたが今年は、あまりにも耐えられない寒さのため我慢できずにウィンドパンツを購入しました。


 
 撥水性能は、期待できませんがレインウェアのように裾が絞らていないので脱着が楽。



 明日は、ホームの月例ですが最高気温が4度なんて言ってました。



 風が吹くと体感温度は、もっと低くなるので早速明日使ってみようと思います。


 
 そうそうGDOのStyle GOLDに面白い記事が、載っていました。



 時間があったら見てください。


http://www.golfdigest.co.jp/golfstyle/style-gold/default.asp?MV=0301201251545&0

bpatter.jpg









 
2012/01/25

ベリーパターは、基本がぎっしり。

前回の記事で少し書いたのですが、昨日のラウンド前に中尺パター(ベリーパター)を使ってみました。


もっとも実際のラウンドでは、まだ自信がなく使用しませんでしたがゴルフ場のパッティンググリーンで試してみて思ったことを少し書いてみようと思います。


普通のパターと違ってパターの総重量がかなり重くなるのでストロークするときに下半身、特に膝を安定させる必要があります。


パター自体もかなり長いので姿勢を良くした高い構えとなるので下半身を安定させないとストローク中に体の芯がぶれてしまいます。


グリップエンドをへそより少し上(みぞおち)辺りに当てがいここを始点にしてゆっくりストロークするのですが、まず感じるのが自然と腹筋を使って膝と共に体の芯がぶれないようにしていること。


kiji2.jpg



今まで普通の長さのパターを使っていて腹筋がどうのこうのなんて感じたことは、ありませんでした。


それと手先や手首を使えないので両肩のストロークでヘッドを動かす感覚が非常に分かりやすいです。


両肩を使ってストロークをしているのが意識できるので通常の長さのパターに握り替えてもこの動きは、とても参考になるような気がします。


実戦投入は、もう少し先になりそうですが練習で下半身をしっかり安定させて両肩のストロークで打つ動作は、通常の長さのパターにも十分取り入れるべきドリルだと認識しました。


米国レギュラーツアーで数を増やした使用者ですが、今年も増えるんでしょうか?


kiji1.jpg



2012/01/24

こんな日にゴルフですか?

昨晩は、予報通り関東地方も雪となりました。


夜9時ころから積もり始めていたので翌日のゴルフは中止だなと思って夜更かしをして床に付く前に外を眺めると雪は止んでましたが、一面真っ白。


とりあえず2度寝の体制で目覚ましをかけて就寝。


朝起きると思ったほどの積雪は無く道路は、普通に走れる状態でした。


一緒に行く予定のTさんは、今回のゴルフのあとは2ヶ月くらい行けなくなるのでクローズでなければ行きたいということだったのでゴルフ場と連絡が取れ次第決定すると言うことにしました。


しばらくするとゴルフ場の方から連絡があり「10時すぎにプレーできる状態なので時間をずらして来ていただけるのでしたらご来場お待ちします。」と言うことだったので行くことに決定。


自宅近くは、そうでもなかったのですが郊外を抜けると一面真っ白の銀世界になりました。


201201241.jpg

「これで本当にゴルフできるんだろうか?」と心配になりながらも目的地の成田東CCに向かいます。


途中道路が、凍結していて荷物を掲載していないトラックは横滑りをしながら坂を上っているのを見てビビリの慎重な運転で倍の時間がかかりながらも無事到着しました。


ちょっとしたら自分たちだけかもしれないねと言ってたんですが、好き物は我々意外にも結構いたんですね。


結局10組前後でしたけど。


結局ゴルフ場についてコースを見渡すとこんな状態。  ↓↓↓

201201244.jpg

これじゃゴルフできないじゃないのと思ってとりあえず待機していると11時からスタートさせるとのこと。


他のメンバーは、練習場に行きましたがキャロ助は、じっくりベリーパターの練習をすることにしました。


今日はじめて持ち込んだベリーパターですが、パッティンググリーンに上がるまでは、ロングパットと1m前後のショートパットに不安を感じていました。


結果は、すこぶる転がりが良く直進性に優れていてロングパットの距離感は、すぐに慣れて問題なく使えそうでした。


でも、ショートパットと下りのデリケートなラインでタッチを出して打つのには、難しいですね。


直進性が良くかなり重量があるのでオートマチックに打つパットは、ショートすることなく打てると思います。


今回だけではなくあと何回か練習してはみようと思いますが、出番は今のところなさそうですね。


その後は、普通のパターに戻して練習したら元の感触を取り戻すのに一苦労。


やたら短く感じて距離感も方向性も全く合わずに練習グリーンで悪戦苦闘。


そうしているうちにスタート時間になりました。


今日は、久々(十数年ぶり)の成田東カントリークラブ(以前来たときは、成田スプリングスCCと言う名称でした。)アウトコースからでしたが、まだまだ沢山雪が残っていてボール1ダースあっても足りなさそうな状態でスタート。


今日は、従業員の方がセカンド地点に待機してフォアキャディーをしてくれていました。


そのおかげもありそれほどロストボールは、ありませんでしたが広いゴルフ場で一人のフォアキャディーでは、すべてボールを追いきるのは、無理。



キャロ助も最初のハーフは、2個のロストボールがありました。


それも黄色のボールを使ったのでまだ良かったのですが、白だとすぐ目の前にあっても分かんなくてまいちゃいました。


太陽の力は、やはり凄い。


5~6ホール行ったときには、日が当たっているフェアウェイは、あれほど白く残っていた雪もほとんど融けてなくなってしまいました。


気温も高かったのでホカロンも要らなかったですね。


まぁー今日は、そんな状態でのゴルフで上手く行くはずもなく・・・。


ナイスショットしたボールが、無くなったり雪の固まったところから打つショットで転ばないようになんて考えながらでは上手く打てるわけも無く午前中は、44ストロークで終了。


昼は当然のように30分の休憩しかなくあわただしくスタートとなりました。


後半へ続く


続きを読む

2012/01/22

今日も雨

 乾燥注意報の連続日数も過去3位となった翌日からずっと雨。


 3日も続くとさすがにうんざりします。


 しかも冷たい雨なのでレンジには行かず家の中で短いクラブで素振り。


 それと先日完成したベリーパターで転がしています。


 大分打ち方は、分かってきたのですが始動がどうもうまくいきません。


 というのも始動のきっかけ。


 自分は、グリップエンドを打つ方向に少し出してからバックスィングに入るフォワードプレスを取り入れているのですがベリーパターだとグリップエンドが体に触れているのでフォワードプレスが上手く出来ません。


 フォローを出すにもグリップエンドがミゾオチ辺りに触れているのでヘッドを低く長く出せないので左足の少し手前からフェイスが上を向くようなフォローになりヘッドが出て行かなくなります。


 この打ち方で良いのかどうか分かりませんが、長い距離のパッティングの時に距離感が合うのか今ひとつ心配な気がします。


 パターマットだとワンピンくらいの距離なので問題はありませんが、15mを超えるパットだとどうなんだろう?


 とりあえず使うかどうか分かりませんが、明後日のラウンドの時練習グリーンでロングパットと1m以内のパットを重点的にやってみて使うかどうか決めたいと思います。


 来週は、もう2月になるので競技の調整を考えるとクラブやシャフトの試用期間は、そう長くないですからね。


 パブリックの方も、24年度の競技日程が発表され県アマの日程も昨日封書で送られてきました。


 予定では、3月初旬が公式戦のスタートになりそうなのでそろそろ来週辺りから日程繰りを調整して行こうと思っています。


 そのためにもクラブセッティングをしっかり決めて2月の中盤以降はホンチャンに近いラウンドをしていくつもりです。


 CIMG7705.jpg
2012/01/21

結局分からない。

 今週末は、天気が悪く憂鬱な雨が降っています。



 昨日は、関東地方も初積雪が、あったそうですが千葉県は、パラついたくらいで積雪はありませんでした。


 まぁー今が一番寒い季節ですから仕方ないと言えば仕方ないのですが、それにしても冬って長く感じませんか?



 関東地方に住んでいても夏より冬の方が、そうとう長く感じますから寒い地方の方は、もっと長く感じるんでしょうね。



 今日の雨も雪にならなければ良いんですけどね。


 ところで先日、初めてタイトの910D3にフジクラのニューシャフト(ランバックス・TypeX)をさしてラウンドしてみました。(かすみがうらOGM)


 このところプチスィング改造をやっているせいか練習場でも当たりが来ていないので分からないちゃ分からないのですが・・・。


 エースシャフトのツアーAD DJ-6Sでも当たっていませんから???


 そんなんでシャフトの評価なんて出来ない状態でのインプレッションなので参考にはなりませんが。


 全体の総重量は、ほぼ同じなのに若干軽く感じました。(※ DJ-6Sとの比較です。)


 ヘッドバランスは、TypeXの方が少し出ていますが、ヘッドの方ではなく総重量が何故か軽く感じました。


 今日に限ってかもしれませんが。


 この日は、初心者同伴でのお遊びラウンドだったのでドッグレッグだろうがOBや池が、浅かろうがショートホール以外は、無理無理ですがすべてドライバーを使ってみました。



 軽く感じるのが良いのか悪いのか分かりませんが、寒いこの時期はシャープに振れる印象はありますが夏の時期になるともう少し全体を感じながら振れるシャフトのほうが良いのかもしれません。


 結果の方ですがフェアウェイヒットが、40%くらいで曲がるのは左右両方に曲がりました。


 OBも1発今季第1号を東のスタートホールでやっちゃいました。


 これは、自分の完全な不注意なので致し方ありません。


 午前の中コースは、苦手な右ドッグレッグばかりで気持ちよく振れません。


 このコースは、フェードヒッターには比較的打ちやすいコースだと思いますよ。


 中コース、最終のロングホールは、真っ直ぐな打ち下ろしのホールだったのでここだけは、上手く振り抜けました。


 打ち下ろしとフォローの風に乗って距離が出ていたので残りをアイアンで2オンを狙いに行きエッジに外しイージーバーディー。
 

 距離的に飛ぶシャフトかどうかは、正直分からなかったので近いうちにホームコースに行って判断したいと思います。


 でも、次に行くのは1月の月例なので次の出番は、大分先かなぁー。



 ベリーパターもね。


nisso.jpg


 
 
2012/01/19

ベリーパター完成

 ベリーパター完成しました。


 長さは、39.25インチでバランスは、計測不能でした。(E10以上)


 元の長さでのバランスよりもかなり大きくなりましたが、ヘッド形状が同じでも違うパターに変身したのでバランス云々というのは、関係なくなりました。


 33.25インチと比べるとこんなに違います。



 CIMG7894.jpg



 パターマットで転がしてみましたが、慣れるのに少し時間はかかりそうですがヘッドがぶれずに真っ直ぐ出しやすく感じました。


 実際にグリーン上で距離感が出せるかどうかは、使ってみないと何とも言えません。


 遊びのラウンドで何回か使って実戦投入を考えてみようかと思います。
2012/01/15

遅い初詣

 家族の都合がなかなか合わずに昨日、やっと成田山(新勝寺)に初詣してきました。


 2週目というのにまだまだ初詣客が多く参拝するのも大変です。


20120114.jpg



 天気は、良いものの前日と違って風が冷たくサブゥー。(泣)



 参道を歩いていてもなかなか体が温まりませんでした。


 帰りの参道で飲んだ「成田夢牧場」の暖かいココアの美味しいこと。


 娘は、ミルクのマシュマロ(ウシマロ)をカミサンが、甘栗などいつもの買い物をして夕方前に帰宅しました。


 練習に行くか迷いましたが、前日の月例でいっしょにラウンドした人の中尺パター(ベリーパター)がどうにも気になりネット検索しているうちに行きそびれてしまいました。



 昨年よりベリーパターの使用者がUSPGAツアーでは、爆発的に急増。



 ベリーパターで大活躍してルーク・ドナルドと賞金王を争ったW・シンプソン全米プロを制したキーガン・ブラッドリーマット・クーチャー、ビル・ハースなどなど。


 セルシオ・ガルシアも使っていたような?


 昨年は、一時的にフィル・ミケルソンまでもが使用して注目度が俄然アップしたように思います。


patter.jpg



 月例でいっしょしたHさんは、1年以上前から使っているらしく使っているパターは、テーラーメードのスパイダーで長さが、40インチ。


 
 このパターでワンピンくらいのパットをボコボコ入れてました。


 ちょっと借りて素振りをさせてもらいましたが、おへその辺りにグリップエンドをあてがい肩でストロークするとヘッドが真っ直ぐ素直に出るイメージです。


 長尺パターも以前使っている人から借りてみましたが、通常のパターと比べると構えもグリップ方法も全く違うのですぐには使えそうにないように感じました。


 でもベリーパターは、グリップエンドが体に固定されるだけでストロークやグリップ方法などは、変わらないので違和感は全くありませんでした。


 通常のパターは、グリップエンドが宙に浮いているのでプレッシャーがかかった場面で上手く動かすことが出来なくなることがあります。


 肝心要のグリップエンドの軌道が外れてしまうとヘッドも軌道から外れてしまいますが、ベリーパターは、固定されている分通常のパターに比べるとぶれにくいのではないでしょうか。


 
 実際に使ったことは、ありませんがどうにも試してみたくなりました。


 
 今まで触れる機会がなかったので興味は、ありましたが実際手にした感想は、かなり良さそうです。



 今使っているエースパターは、バックストライク2ボールなのですがこのシリーズには、中尺がなく色々探して見て良さそうなのは、テーラーならゴーストスパイダー、オデッセイなら2ボールダーツ


 でも今使っているバックストライクを使いたいので今のエースは、そのままにもう一本、同じものを手に入れて中尺パターに改造することに決定しました。



 市販品は、ほとんどUS逆輸入なので41インチか43インチ。


 身長が、180cm以上もある人ならそれで問題ないのでしょうが170cm以下の自分は、39インチがベストのようです。



 余っているシャフトは、家に転がっているので長くするのは簡単。


 後は、中尺用のパターグリップを手に入れるだけ。


 今月中に手配してバックストライク2ボール中尺パターの作成をしようと思っています。


 長い分を帳消しにするくらいグリップが重そうなのでバランスが出るかどうかがちょっと心配。
2012/01/14

冬ゴルフの難しさ

 昨日は、PGSホームコースでの月例競技でした。


 シングルハンディが15人くらいいましたが、ネットスコアで10位以内の入賞は、私だけ。


 やはりこの時期、ハンディが15くらいの人の方がショット力を持っているだけに有利なようです。


 つい先日もこのコースでPGSのスポンサー杯が、行われたようですがその時のベスグロが81だったそうです。


 スポンサー杯となれば他所属の人も大勢参加してくるので季節の良い時は、ベスグロが81と言うのはよほどのことがない限りあり得ないスコアです。


 当日は、風が結構強かったということなのでピンの切ってある場所によっては厳しかったのかもしれません。


 冬ゴルフが難しいのは、寒さで体がうまく動かないこと。


 先日何かのゴルフ雑誌で人間が、運動能力を発揮できるのが14度以上と書いてありました。


 真夏の炎天下では、また条件は変わると思いますが寒いよりは暖かい方が、動きが軽やかになるのは言うまでもありません。


 冬ゴルフで10度以下、着膨れして寒さに震えながら手が悴みながらでは、ナイスショットや絶妙なタッチは、出せなくて当然なんでしょうね。


 それとコース自体の条件が、難しくなります。

 
 午前中の数ホールは、霜が降りてティーグランドもティーが刺さらないことがしばしば。


 昨日もこういうことがありました。


 立ちにくいホールで右のOBが、浅く広い左サイドを使いたいのでティーマークの右にティーアップしたかったのですが、日陰でティーが刺さらない。


 穴を開ける器具も置いてなかったので仕方なくティーの刺さる左サイドにティーアップしました。


 凄く構えづく嫌な気持ちのまま打ったティーショットは、案の定プッシュ気味でしたが傾斜に当たってラフで止まりましたが、あと10ヤード右だったらOBになっていました。


 他にも芝が枯れてしまってほとんどベアグランドで薄芝となっているグラスバンカーなんていうのも夏と違いショットの難易度が何倍も跳ね上がりますよね。


 大体グラスバンカーから打つショットは、グリーンに対して打ちあげになっていますが夏場ならサンドウェッジで上げることは何でもありません。


 芝の状態にもよりますが、距離感が難しくなるだけなのですが、この時期のグラスバンカーは、同じ傾斜をボールが転がり落ちるのでその周辺はベアグランド状態になっています。



 ボールは、傾斜の一番低いところに止まりみんながそこから打つのでライは、最悪で日蔭だとカチコチ、日が当っているとウェットの状態。



 そんなライからフワッと浮かせるなんてプロでも厳しいショットですよね。


 ティーショットが、ナイスショット

 
 セカンドも右サイドに切ってあるピンに対してショット的にはナイスショットだったのに少し右に出て硬いグリーンのアンラッキーなバウンドで右に跳ねてこんなグラスバンカーに入ったらガックリ。


 しかもアプローチショットで上手くタッチを出そうとしてトップしたりちょっと噛んでもう1回同じ所より酷いところから打つなんてなったらそれこそプッツンです。


 
 昨日キャロ助も西コースの6番でこんな場面に出くわしました。


 このホールまでパープレーできていたのですが、この状況となってしまい考えました。


 ライを見ると上げるのが難しい状況でしたが、柔らかいウェット状態だったので手前の土ごとバンカーショットのように行こうかとも思いましたが、スィングが大きくなるショットなのでミスすればダボ以上が確定するので止めました。


 とにかくグリーンに乗せること優先でボギーを確保に切り替えました。


 その通りボギーでしたが、夏場であれば間違いなくパーを取りに行くショットをしています。


 後は、強風。


 これが、一番厄介。

 風速1m上がるごとに「体感温度は、1度下がる」と言われていますがそれ以上にボールのコントロールが難しくなります。


 ゴォーと言う風に惑わされてスィングも早くなったりするしちょっとでも横回転が加わるととんでもないところまで持って行かれるので後は笑うしかありません。


 まだまだ冬ゴルフが、難しくなる条件は沢山ありますが夏よりもプッツンする条件が多いのも冬ゴルフ。


 私ごときでは、OBもないのにすぐにダボが出てしまう冬ゴルフなのでハーフでダボ1つは仕方ないと思ってやっています。


 後2~3か月は、こんな状況が続く冬ゴルフですが年間アベレージスコアを考えて安全確実なショットに徹したいと思います。



20111220yomiuri.jpg
2012/01/13

今年初の月例競技

 今年初の月例競技に参加してきました。(市原GC市原コース


 天気は、最高で風もなく穏やかな1日でした。


 今日のセッティングは、4番アイアンを抜いて3Wを投入。



20120131.jpg



 市原コースをラウンドする時は、ティーショットで3Wを使うホールが4ホールあるのでさすがに外せません。(西3、西7、東5、東9



 4Wを代役にしようか悩みましたが、距離が15ヤード違うので結局ウッドを3本、UTを2本にしてセットを組みました。



 ロングホールは、ティーショットが当たると2ホールは、ツーオン出来るのでライの悪いこの時期4Wも外せず苦肉のウッド3本体制としました。


西コースからスタート

西1(PAR5)
ティーショットは、芯を喰いましたが少しプッシュ気味で右のラフ。・・・結構きついアップヒルのライだったので大振りせず3打目勝負で100ヤード地点にレイアップ。・・・少し凍ったフェアウェイからPWでナイスショット。・・・一番奥目に切ってあったピンにくっつきいきなりバーディー発進。


西2(PAR3)
163ヤードのショートホールでティーショットは、薄い当たりでグリーンの手前に30cmほどショート。・・・パターで寄せてパー。


西3(PAR4)
50ヤード近い打ち下ろしのミドルホールで左右OBなので曲げるとティーショットが落ちるまで不安なんですが、3Wでフェアウェイをキープ。・・・セカンドショットを右手前のバーディーチャンスに付けるましたが入らずパー。


西4(PAR4)
400ヤード打ち上げのミドルホールのティーショットは、まずまずの当たりでフェアウェイをキープ。・・・セカンドを6アイアンで乗せて2パットのパー。


西5(PAR4)
池越えの短いミドルホールでドラは、少し引っ掛かり左ギリギリでフェアウェイキープ。・・・セカンドでピンの手前7mに乗せて2パットのパー。


西6(PAR4)
ティーショット、今日イチショット炸裂。・・・ビタッとくっつけようと思ったショートアイアンのショットが擦ってしまいバウンドも悪く右に転がり落ちてディボットだらけの枯れたグラスバンカー。・・・ライは、最悪なのでとりあえず転がしてグリーンに乗せて2パットのボギー。

今日初のボギーですが、とりあえずここまでパープレー。


西7(PAR4)
ここは、左右OBがめちゃ浅いのでティーショットは、3Wでフェアウェイキープ。・・・セカンドは、ディボット跡でしたが右目に乗せて2パットのパー。



西8(PAR3)
打ち下ろし175ヤードのショートホールのティーショットは、右のバンカー。・・・バンカーショットは、思ったより砂が薄くてクリーン気味に当たってしまいグリーンを少しオーバー。・・・3打目は、1mに寄せましたが難しいラインに付いてボギーパットも入らず痛恨のダボ。


西9(PAR5)
最終のロングホールのティーショットは、ナイスショット。・・・残り230ヤードなので狙いたくなりますが、右に吹かすとOBが浅く前のホールのダボを取り返そうとするとドツボに嵌るのでグリーン左のバンカー手前に4UTでレイアップ。・・・残り50ヤードを3m位に付けますが、入らずパー。


午前中を38ストロークで終了。


もう一人シングルハンディのYさんがいたので良い意味で競ったプレーが出来ました。

 


 


 


 

続きを読む

2012/01/12

ランバックス タイプX

フジクラ ランバックス Type-X打ってみました。



さすがに「ベクトラン」を採用しただけあって今までより37ヤード飛んじゃいました。



いやぁー、驚愕の飛び














・・・・・・うそです。



そんなわけありませんが、まずまず振りやすく私ごときのヘッドスピードでも十分打てるような癖のないシャフトであることは間違いありません。



キャロ助は、鈍いので撓りがどうしたとか、手元が捩じれるとかいうフィーリングは、あまり感じないのですが適度な重量で振りやすいか振りにくいかを重視しています。


ただ、今日の練習は、寒さが身にしみて体がうまく動かず調子も最悪。



シャフトが、うんぬん言うような次元ではありませんでした。



このシャフトが、発売されたのが1月5日なのでちょうど1週間前です。



別候補のツアーAD BBは、発売されてから数ヶ月経過しているのでそれなりに参考になるインプレッションも多々ありました。



対抗馬のランバックス タイプXを試した人の感想も知りたかったのですがネットで探してみてもほとんどありませんでした。



有識者の意見は、それなりに参考にはなりますが概ねメーカーの宣伝文句を言葉を変えて語っているだけで購入意欲は、それほど湧きません。



最近グルメ関連のやらせの口コミが、話題になっていましたがやはり口コミと言うのは、誰しも少なからず参考にすると思います。



私自身もクラブを欲しいと思ったら友人・知人の感想やネット上の口コミは、ある程度参考にするようにしています。



ただし参考にさせていただくのは、ある程度の腕前とゴルフ歴、ラウンド回数を判断材料とするのでヘッドスピード50以上でアベレージ110なんていう人のインプレは、申し訳ありませんが無視。


なかには、文章がうまくて有識者やトップアマのようなインプレを書いている人もいて


「ふーん。なるほど、なるほど。」購入意欲が、ヒシヒシと湧いてくる。


「そうか、それは、いいかも。」と思って買う気満々になる。



最後にその方のプローフィールを拝見。


ヘッドスピード50   ・・・凄い、さすが!

平均飛距離280ヤード ・・・やはり、只者ではない!

アベレージスコア110 ・・・なんじゃ。そりぁー!
なんて最後にがっかりすることもあります。


今回は、事前のインプレを参考にすることが出来なかったので以前使っていたランバックス 6X07が自分には振りやすかったという経験から購入を決定しました。



練習場で打ったボールは、DJに比べてさほどの違いは感じられませんがとりあえずもう少し練習して19日のかすみがうらOGMでデビュー予定。



どうせ冬の時期なので明日の月例でぶっつけ本番で使ってみようとも考えましたが、やっぱやめにしました。



CIMG7853.jpg


2012/01/11

めちゃ早いやん。

 一昨日発注したフジクラのニューシャフト(ランバックス タイプX)納期が2~3週間かかるかもって言ってたのに明日届くらしい。



typeX.jpg



 遅くなるより早いほうが良いに決まっているんですが、それにしてもめちゃはやっ。


 そうなると13日の月例で使えるには使えるんだけど・・・。


 どうしようかなぁー。


 13日は、金曜日だから止めとくか。


 こういう時は、ネジでスリーブを固定するだけのクラブだとシャフトをセットしてダメならまたすぐ戻せるから良いですよね。


 とりあえず明日の練習で様子見て決めることにします。


2012/01/09

PING G15 4W練習してきました。

 今日も昨日に引き続き暖かい1日でした。


 こんな天気だとゴルフに行っても苦にならずに楽しいですよね。


 そんなゴルフ日和でしたが今日は、ゴルフには行かずに暮れにやろうと思っていたけど寒くて出来なかった洗車をしました。


 モコモコに着こんで洗車していると暑いくらいでした。


 昼近くになりお腹がすいてきたのでかみさんと義母を誘ってちょっと前に聞いていた鰻のお店に出かました。


 行った先は、車で30分くらい走った新川の近くにある「川五郎」さん。(せんごろうと読みます。)


 お味の方は、身が柔らかくまずまずの鰻でしたが味付けが少々薄味なので好みは、分かれるところでしょうか。


201201091.jpg



 食事の後は、道の駅「八千代」に立ち寄りました。


 
 ここは、産地直送の新鮮な農産物や魚介類を買えるということで休日ともなればお客さんでごった返しています。


 キャロ助は、買い物が終わるまでの間、牧場から届いたしぼりたてのミルクで作られたラムレーズンのジェラートアイスを堪能。


201201092.jpg



 ほんのり香るラムと甘酸っぱいレーズンのマッチィングが絶妙でこれは、大人の味。

 小童どもには、わかるまい。


 そう言えば、昔はレーズン嫌いだったのに最近は好きになったのは、つくづくオヤジになったんだなぁー。


 ラムレーズンのジェラートも絶妙なマッチィングでしたが、数年前に使ったキャロウェイハイパーERCのヘッドとキンランバ(ランバックスX)も良い組合せだったなぁーなんて思い出していたら先日ランバックス タイプXなるものが発売されましたよね。


 何でも人気のあったランバックスXの後継モデルだそうです。


 自分もランバックスXは、癖のない振りやすいシャフトだったと思います。


 ジェラートを食べながら今使っているタイトリストの910D3ランバックス タイプXを入れたら最高なんじゃないかと思いをめぐらせ帰宅して早速注文。


 
 納期は、3週間くらいかかりそうですがこのくそ寒い憂鬱な冬に楽しみが一つ増えました。


 
 それから先日近所に引っ越してきたばかりのホームコース仲間のYさんといつもの練習場へ。


 昨日、リシャフト後コースデビューが、先になってしまったPING G15の4Wを打ち込んでみました。


 結果は、飛距離はあまり出ない。


 ライナー気味で高く上がらない。


 左右のブレが少ない。

 

 風の強いホームコースには、最高の結果となりました。


 何故だかよく分かりませんが、今使っている3W(PING i15ATTAS7S)とほとんど高さが変わりません。


 ヘッドは、上がりやすい形状でロフトも17.5度なのでやはりシャフトによるところが大きいんでしょうね。


 冬の間は、活躍してくれそうなので13日の月例も楽しみ。

  
 
 
2012/01/08

今年の2回目のホームコース

 いやー今日は、最高の天気でした。


 風も穏やかでポカポカ陽気となり後半の4ホール目からはセーターを脱いでのラウンドなんてこの時期ちょっと考えられません。


 シャフト交換したPING G15の4Wも4回使ってミスショットなし。


 練習なしでいきなり使ったのでちょっと不安でしたがシャフト交換は、とりあえず成功。


 後先逆になりましたが、練習場でじっくり打ってみるつもりです。


 インプレは、その後にまた書きたいと思います。



201201081.jpg


 さて、ラウンドの内容ですが、コンディションが良かったのでとりあえず今年のベストスコア。(まだ2回目ですが・・・。)


 今日は、細かく内容は、書きませんが出だしの10番で1ピンくらいのパーパットが入ったのが大きかったと思います。


 11番、12番は、ショット的には良かったのですが連続ボギー。


 特に12番182ヤードのショートホールは、右目からのアゲインストを4アイアンで完璧なショット。


 ピンに真っ直ぐに飛んで行きましたが、1ピンくらい手前に落ちてカップの3cmにバウンドしてグリーンオーバー。


 自分の所からは、当然見えないので前組の人が教えてくれましたが、ホールインワンかと思ったそうです。


 残念・・・。


 で、ボギーとは??


 その他は、17番ショートホールのパーパットが、カップに蹴られてボギーとしますが、他をパーに纏めて39ストローク。


 お昼休憩の後のアウトコースは、どう言う訳かピタッと風が収まり前の組もそれほど詰まることもなくスムーズなラウンドでした。


 9時半近くのスタートだったのに3時半にはラウンド終了して明るいうちに帰宅できました。


 ひところに比べるとだいぶ陽も伸びたような気がします。


 後半のアウトコースは、1番、4番がボギーで8番のショートホールで2メートルのパーパットを外しさらにはボギーパットまで外してダブルボギー。


 残り6ホールは、すべてパーとして後半は、40ストローク。


 今日は、ショートホールだけで+5と相性が悪かったようです。


 2回目のラウンドで未だバーディーは、ありませんが、とりあえず79ストロークで終了です。


 今週の金曜日は、今年初の競技(市原GCの月例)なので良い練習になりました。


 また、今日のような天気だったら良いのですが、そう甘くはないか?


20120103.jpg



 
2012/01/07

リシャフト終了

 正月休みにシャフトを抜いたPING G15(4W)のシャフトが届いたので組立てをやりました。


 シャフトのチップ径(シャフトの先端)が、335チップ(8.5mm)なのでPINGのヘッドにはそのまま入れるとスカスカなんです。


 
 国産メーカーの場合は、ほとんど335チップなのでホーゼルの長さにあわせてシャフトの塗装を研磨すれば接着できるんですが今回は、それは無理。


 工房さんでも使っているシーム菅をシャフトに被せて335を350にサイズアップ。



  私は、シーム管とシャフトの接着をしてからヘッドとシャフトの接着をやるので2回の作業をやっています。


 いっぺんにやっちゃうところもありますが私は、硬化する時間の違う2種類の接着剤を使って2度行っています。



201201061.jpg



 コンマミリ単位なのであまりギリギリだとガラスビーズを接着剤に混ぜると入らなくなったりするので調整が微妙なんです。


 シーム菅もサンドペーパーで傷を入れるようにすると接着力が、アップしますよ。


 ヘッド側もホーゼルキャップを接着。


 これをやらないとボールを打っているうちに接着剤の粕がヘッド内に入って来て「シャカシャカ」とマラカスのような音を出すような羽目になってしまうので忘れずに。


201201062.jpg



 こんな感じで作業終了しました。


201201063.jpg


 後は、接着剤の硬化が完了したらシャフトのバット側をカットしてグリップを挿入。


 仕上げは、ソケットとホーゼルのサイズがピッタリ合うように研磨してアセトンで仕上げます。


 最後にバランスを調整して終了。


 明日のラウンドで使ってみようと思います。




 
2012/01/05

何で?

先日のラウンドのこと。

8日が、初ラウンドのつもりだったのですが、あまりにもだったので急遽行くことにして遅いスタートの予約を入れました。

私ともうお一方が二人の組に入れていただく形でフォーサムの組合わせとなりました。

スタート前の挨拶をすると

二人組の一人(Aさん)が

:「今日は、ご迷惑をお掛けしますが、なるべく皆さんの足を引っ張らないように頑張りますので宜しくお願いします。」というような挨拶をされました。

一人で来てた方(Hさん)も普通に挨拶して

:「私は、バックティーからプレーしたいので宜しくお願いします。」とおっしゃいました。


私は、一人で来た時は他の方に合わせるようにしていますが、できればバックティーからプレーしたいので


:「了解しました。」と言ってオナーだったのでバックティーにティーアップして2012年緊張の1打目を打ちました。


その後、他の3人もバックティーから順番に打っていきその日のプレーが、スタート。


ところがバックティーからプレーすると挨拶のとき宣言されたHさんどうも調子が悪いのかスタートホールからバタバタのラウンドとなってしまいました。


逆に「皆さんの足を引っ張らないよう・・・」なんて言っていたAさんは、スタートからパーを重ねて行きます。


謙遜した挨拶の割りに上手なのでバッグを覗くとアイアンとウエッジがフォーティーン・ドライバーもフブキの刺さったレーザー ツアー



たまにはプロモデルのゴツイいバッグでクラブもアスリート系、でも100を切れないと言う人もいますが、こんなクラブを使っていて「足を引っ張らないように・・・」なんてよく言うなぁー。


ルーティーンやスィングを見ても場馴れしているシングルオヤジ。


一緒に来ていた人は、メンバーでAさんは、メンバーではないとのことですが何回かプレーしているのでコースは知っているとか。


何ホールか回って上手なくせに何であんな挨拶をするんだろうと何だか白々しく感じました。


余裕のプレーをしているので他の人のプレーも十分見れるはずなのに池に2~3発入れたりしてバタバタしているHさんに


:「私は、パーですが、Aさんボギーですか?」と・・・。


んなわけねぇーだろうと思いつつ見ているとHさん


:「いえ私は、9です。」と小さい声で寂しく答えていました。


本人は、嫌味だと思ってないかもしれませんがダブルパーだの9など打っている人にとって見れば嫌味だと思うのですが・・・。


通常競技でもなければ私は、人のスコアは付けません。


次のホールの打順を間違えると失礼なので分からないときだけ聞きますが、大体聞かなくても分かりますよね。


でもAさん他の3人にしつこいくらいスコアを聞くんです。


競技でもないのになぜそういう風に聞くのか私には、理解できません。


Aさん結局前半は、私と同じスコアで終了。


後半に入り14番で短いパーパットを外すと次の15番ロングの3打目をミスしてトリプルボギーを叩いた後は、ずるずると後退。


入っていたパットまで入らなくなり16、17、18番はボロボロとなってしまいました。


逆にHさん、後半段々と調子が上がり最後の3ホールは、対照的に連続パーで終了。


あれだけスコアを聞いていたAさん最後の3ホールは、自分のスコアも言わない代わりに人にも聞かなくなりました。


でもHさんは、Aさんにスコアを聞くことは、しませんでした。


CIMG7791.jpg
2012/01/03

シャフト交換しよう。

 今日で、正月休みも終了です。


 昨晩から強風が吹いていてとても寒く初打ちは、昨日で良かったなぁ。


 とりあえず連休最終日は、家で過ごすことにしました。


 年末に5ラウンドほど使ったPING G15の4Wですが、やはりリシャフトすることにしました。


 クラブは、重量的には合っているのですが先でしなる感じが強く自分的には、もう少し手元でピュッと走るようなシャフトが好み。


 現在UTに入れているUSTマミアのプロフォースV2のニューバージョンを注文。


 業者が、5日まで休みなのでシャフトを挿すのは来週以降の予定。


 とりあえずシャフトだけ抜きとってホーゼル内の清掃と脱脂をしておきました。


 335(8.4mm)チップだと思っていたシャフトは、350(9mm)だったのでアルミのシーム管を噛ませる必要ありで削りも入れるとひと手間かかります。


 13日の月例には、間に合うように仕上げるつもりです。


 ping154w.jpg

(※ さすがにPINGホーゼルの外径は、均一でした。本当は、これが当たり前なんですがね。(笑) )
2012/01/02

初打ち行きました。

 新年明けましておめでとうございます。


 拙いブログですが、本年もよろしくお願いします。


 ということで5連休は、明日までそんなに寝てられないしテレビもつまらないし・・・。



 暇でしょうがなく初打ちは、8日の予定でしたが今日が、ホームコースにて初打ちとなりました。



 午後からは、いつものように風が強くなりましたが午前中は、風もそれほどなくて割と暖かく良い天気。


 2人組の所に入れてもらいもう一人入られてフォーサムでアウトからスタート。


 オナーは、キャロ助でしたが新年の1発目は、普段より少し緊張しますよね。


 新年早々いきなりOBを打つわけには、いきませんから。


201201021.jpg



1番(PAR4)

ティーショットは、まずまずの当たりでフェアウェイ右サイドをキープ。・・・セカンドショットは、少し吹かした当たりが風にも運ばれてバンカー。・・・半分足跡のようなライから2mにオン。・・・パーパット入らずボギースタート。


2番(PAR5)

ティーショットは、ヒールスライスで右のラフ。・・・前下がりのライからUT3でナイスショット。・・・残り106ヤードをグリーンの右サイドにオン。・・・ファーストパットは、1mショートしましたが、パーパットをきっちり入れて今年の初パー。


3番(PAR4)

ティーショット、セカンドショットときっちり繋いでパーオン。・・・2パットのパー。


4番(PAR3)

今日のピンまでは、180ヤード右からのアゲインスト。
暮れのゴルフから散々やられているので風対策として今日は、5UTを抜いて4Iを入れてきました。
これが、成功して4Iでナイスショットしてグリーンの左サイドカラーまで運びパターで寄せてパー。


201201022.jpg



5番(PAR4)

ティーショットは、少しプッシュ気味でしたが右の浅いラフ。・・・セカンドは、8番できっちりパーオン。・・・2パットのパー。


6番(PAR4)

ティーショットは、フェアウェイの左サイド。・・・セカンドショットは、ダフリ気味のフックになってしまい運悪く木に当たり大きく左に跳ねてウォーターハザード。・・・気分を取り直し4打目の110ヤードを1ピンに付けますが、これを決め切れずダボ。


7番(PAR5)

ティーショットは、ヒールスライスで推定距離180ヤードのミスショット。・・・飛んでないティーショットに加えアゲインストだったのでセカンドを失敗すると池に入る距離でしたが、刻みは快しとせず勝負。90点のショットでかろうじて池は越えました。・・・3打目は、完璧に打ったのですが風に負けてグリーンをショート。・・・15ヤードほどの簡単なアプローチでしたが、バックスィングに入ったところで同伴者のクシャミでザックリやって乗っただけ。・・・「すみません。」  「いえ、気にしないでください。」・・・2パットのボギー。


8番(PAR3)

ティーショットは、少し引っかけ気味でグリーンの左カラー。・・・寄せのアプローチパットを打ち過ぎて1.5mオーバー。・・・パーパットは、ボール1個分左を抜けてボギー。


9番(PAR4)

今日は、ドライバーのミスが多かったので少しゆっくり目にバックスィング。ここもアゲインスト気味でしたが、やっとナイスショット。・・・セカンドショットは、146ヤードでしたが6Iでしっかり打って6mにオン。・・・バーディーパット入らずパー。


今年は、ダボを極力打たないようにしようと思いましたが、バーディーより先にダボを打ってしまいました。


とりあえず昼休憩。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。