2012/06/30

牛肉イタダキ!

 今日は、会社のコンペに行ってきました。


 朝は、曇り空で気温も低めでしたが時間が経つごとに気温も上がり快晴になりました。


 これで今月のラウンドは、全て快晴ということでパーフェクトでした。(6R)



 今月は、いつもの月より2回くらい多くしかも梅雨時期ということを考えればキャロ助=晴れ男ということでしょうか。



 ホームのクラブ選手権の予選マッチ一回戦成田東セントラルNEWコースジェイゴルフ、そして今日のコンペで行ったtako.jpg(タコカントリークラブ)→ 多古CC



 2年くらい前にラウンドしたことがあるんですが、トリッキーなホールが多くフェアウェイが狭いので良い印象は、ありません。



 その時は、会社のM君が予約を取ったので誘われていったのですが誘ったM君は、大叩きをして「もう、二度と来ない。」と言っていたのを思い出しました。


 
 なぜか会社のコンペは、狭くてトリッキーなコースが多いんです。



 前回が、アヴァイディングゴルフ、その前が小御門CCその前は、どこだか忘れましたがとにかく狭いゴルフ場が多いんです。



 あんまり書くとこれを見ている関係者がいるとまずいのでこれくらいにしておきます。



 幹事さんお疲れまでした。



 内容とかスコアの方も今日は、ちょっと伏せておきますので結果だけ。



 優勝!


 賞品は、和牛1000gとドラコンを頂きました。



CIMG8673.jpg


 有難うございます。


 家族と美味しく頂きます。


 内容は、書かないのでゴルフ場の綺麗な写真を何枚か掲載しておきます。


201206306.jpg



201206305.jpg



201206301.jpg



201206304.jpg



 
スポンサーサイト
2012/06/26

ジェイゴルフ霞ヶ浦

 自分で言うのは何なんですが、かなりの晴れ男です。


 今月のゴルフの予定は、今のところ全部晴れでした。



 ゴルフの予定がない日は、大雨が降りました。



 そして本日のゴルフも午前中は、北風が強く気温は、低めでしたが快晴でした。



 先週よりグリップを直して違和感バリバリで特訓中だったのですが、最近こんなに球を打っていないんでちょっと体が重かったっす。



 今日プレーするジェイゴルフ霞ヶ浦は、今年の2月か3月の寒い日にラウンドして久々でしたが、その時の枯れた芝と違って一面緑の芝となり全く違うイメージでした。


201206261.jpg




 大きな池が配置されて景観が美しく大きなワングリーンでコースレイアウトも良いのですが、鳥かごの練習場しかないのがちょっと残念ですよね。



 なので途中の広い練習場で50発ほど打ってからコースに向かいました。



 今日は、遅いスタートだったのでコース到着後は、バンカーとアプローチの練習後にパターの練習が十分にできました。



 今日のメンバーは、クラブ好きのメンバーが揃いました。



 先月のギックリ腰で久々にラウンドした大多喜城CC以来のHさんMさんと知人のKさんと私の4人です。



 Hさんは、EPONのドライバーにバルドのハーフキャビティーアイアンと完全なオタク系セット。



 それと目に留まったのがMさんの白いドライバー1カ月前は、確かタイトリストのドライバー(910D2)だったのに今日は、テーラーメードのRBZにフジクラのランバックスタイプXの挿さったニュードラを使っていました。



 今日が、初おろしと言っていましたがどうなる事やら。



 アウトコースからスタートしてオナーは、自分からでした。


 ティーグランドに立つと案の定グリップが気になりどこに飛んでいくのか不安になったもののとりあえずフェアウェイ右サイドをキープ。


 セカンドショットは、きっちり捕えていましたが左からのアゲインストが思ったよりきつく右手前にショートしてアプローチも2m程残してしまいパーパットを決め切れずボギー。



 2番のミドルホールも3パットのボギーとしましたが、3番ロングホールでは、やっとパーセーブ。



 だいぶグリップの違和感も取れてきてさあこれからという時に続く4番のミドルホールで欲張ったショットをしてしまってダボ



 フェアウェイバンカーのアゴに近いところからギリギリ届くクラブを選択してクリーンにとらえたショットでしたが、土手に当たって戻ってしまい最悪の半目玉状態になり5オン1パットのダボという内容でした。



 続く5番長めのショートホールは、ワンオンに成功するもののロングパットが残ってしまい今日二回目の3パットでボギー。


 
 5ホール終わって5オーバーのボギーペースで波に乗れません。


 6番のミドルホールは、フォローの風に乗ってティーショットはビッグドライブでセカンドショットもガッツリ芯を喰ってピン筋に飛び良い感じでボールを見てたらスッーとボールが見えなくなりました。


 まさかと思ってグリーンに近寄ってもボールがないのでイーグルかと思ったら奥の下り傾斜のエッジよりさらに奥のラフまで行ってました。


 ピッチマークを見るとピン筋でしたが7~8m先に落ちてました。


 ここのゴルフ場のグリーンは、グリーンが大きいので距離感が難しく乗せた場所によっては、難易度の高いパットが要求されます。


 しかし左足下がりの難しいアプローチを1.5mに寄せてパーとすると調子が出て来て残りホール全てパーセーブで終了。


 8番のロングホールは、絶好のバーディーチャンスでしたが惜しくも入りませんでした。


 結局午前のハーフは、5オーバーの41STで終了。



201206262.jpg


 


 食事休憩が終わってインコースへ向かう頃は、だいぶ気温が上がってきてやっと肌寒さがなくなってきました。


 
 10番ホールは、左サイドはグリーンまで池が続くので右狙いのショットが、カート道路を突き抜けて右のラフでしたがライが良くセカンドで乗せて2パットのパー。


 グリーンのタッチも合ってきて長いパットが残っても「お先に。」の距離まで寄ってくれるので気持ち的に楽な展開となり16番終わって1バーディー1ボギーのイーブン。


 17番のセカンドショットが、ピン真っ直ぐに行ってバーディーチャンスにつくのかと思いましたが1ヤード足らず手前のバンカーへ入りボギー。



 最終のロングホールのティーショットを力んでしまい左の池に捕まり連続ボギーとしたのは、いただけなかったものの2オーバーの38STで後半終了。



 強風の中トータル79STは、グリップの気持ち悪さを考えればまずまずだったと思います。



 梅雨の中休みとは、いえ天気に恵まれ楽しいゴルフができました。



 今週末の土曜日は、会社のコンペ(多古CC)に参加しますが、この日が晴れというか曇り以上であれば今月は、パーフェクト達成です。




201206263.jpg



2012/06/25

手が痛かとです。

 昨日も練習行って来ました。


 のように打ってます。


 家に帰ってもクラブのグリップを握ったり離したりしてテレビ見ながらでもやってます。


 手が痛くても泣きながらやってます。


naki.jpg



 これからまた、練習。


 明日は、3時起きで500発の打ち込み予定その後にラウンド。(ジェイクラブ霞ヶ浦)


 ラウンド後も1000発の打ち込み予定です。



 早く3000発クリアせんばいかんとです。




 ・・・・・


 ・・・・・


 ・・・・・


 ・・・・・


 ・・・・・


 ・・・・・








 ・・・・・予定は、未定ですから。
2012/06/24

今さらどうしよう?

 カムイ(TP-05S)のドライバーをまだまだ試したかったので金曜日に続いて土曜日も練習に行ってきました。



 アプローチの練習をして9番アイアンに持ち変えて打っていると久しぶりにTプロが私に気づいて声をかけてくれました。



Tプロ;「調子は、どう?」


私;「好不調の並が大きくて相変わらず下手糞です。」


Tプロ;「ちょっと打って見てよ。」


 6番アイアンを手にして打ち始めると良いボールも出るんですが、強いフックも出ると言うここ最近の練習場での球筋。


 暫く打っているのを見てTプロ。


Tプロ;「打ち方は、そんなに悪くないけど。右肩が、少し出ているかな。」



 と言いながらアドレスでの右肩の向きとボールの位置を治してくれました。



    「それと、グリップを見せて。」


 
 グリップを見せるとそれが大本の原因だったようで、治してもらったのはよいのですがとても打てる気がせず・・・。



私;「グリップを変えたら違和感があって打てませんよ~。」



Tプロ;「気にせずにちょっと50ヤードくらいのアプローチを打って見て。」



 かなり違和感があってやりづらかったのですが、かまわずにそのまま打ってみるとあら不思議!球の高さがやたらと高く小気味の良いボールが連発で打てるのでビックリ!!」



 別に上げようと思っていないのですが何故、ボールの高さがこんなに変わるのか分かりません。




Tプロ;「じゃー、9番アイアンを打って見て。」




 やはり握りづらく違和感バリバリなので恐々打ってみると・・・何じゃこれと言うようにヘッドが勝手に仕事しているかのごとくスパッと抜けるように動いてくれて気持ちの良い弾道で飛んでいきます。


  

 ニッコリ笑いながら


  
Tプロ;「ほぉー良いんじゃない、それで。6番か7番あたりで2000~3000発くらい打ち込めばだいぶ慣れるから。」と言って帰って行きました。



私;「ゲッ、2000~3000発ですか?  あざぁーす。暫くやってみます。」



 とは言うもののその後、6番アイアンに持ち変えて打ってみてもスパッと切れのある手ごたえの良いボールが打てるので自分でもホントびっくり。




 ただ何時くらいから悪くなったのか分かりませんが、知らず知らずのうちに悪くなっていたグリップを修正されたので握って構えてもしっくりせず当たる気がしないんです。




 グリップを修正してひっかけ球の出る確率がぐっと減り良いボールが出るようになったのは、嬉しいのですがグリップに慣れるのって時間がかかるんじゃないですか。



 とても2000~3000発なんて短期間に打てるものではないですからね。


 
 数日後には、競技が続くのでこの時期修正しない方が良かったのかなとも思うのですが・・・?




 とりあえず早く慣れたかったので言われたとおりのグリップで沢山ボールを打ったら指に豆が出来てしまいました。



 最近、打っても100発くらいだったのに300発近く打ったのでグローブと指がこすれてしまいました。(痛ッ)




 多分この勢いで球を打ったら豆は、3回くらい潰れて腰は、立たなくなってしまいます。



 疲れたところで最後に残った5発をドライバーで打ったらドライバーは、ドプッシュの連発でどうにもならず不安になりましたが、お替りのボールを打つ体力の余裕もなく終了。




 カムイのドライバーを打ちたくて練習に来たのに嬉しいような困ったようなことになっちゃいました。



 
 今さら元のグリップには戻れないしなぁー。



 
 201206seting.jpg

 

 
2012/06/22

カムイ試打感想。

 今朝の雨は、凄かったですね。


 せっかくの休みだったので朝寝したかったのですが、雨音がすごくて目が覚めてしまいました。


 午前中には、ほとんど止んでしまいましたが最近は、異常な雨量の雨が降ります。


 異常気象なんでしょうが梅雨が、早く明けないかな。


 午後からは、完全に雨がやんだので今日届いたばかりのカムイのドライバー(TP-05S)をレンジで打ってきました。


 カムイのTPシリーズは、TP-03が初代でこのモデルは、改良版も出ていますが2代目、現在は、TP-07となっているようです。


 ただ03と現07は、見たことはありませんが、かなりのディープフェイスでハードヒッター向けということでそれなりの人が使えば威力を発揮しそう。


 自分は、無難に05Sをチョイスしました。


 05も実は、ソールにSの文字が入っている05S(Sは、ソフトインパクト)は、ノーマル05とは若干異なるカップフェイス構造ということで打感が、非常に柔らかくなっているらしいです。



 溶接部分をなくしてあるそうですが、そのメリットは打ってみても多分わからないかも?



 実際に打ち比べてみていないので分かりませんが?


 そして05SバージョンⅡというモデルもあってこちらは、もう高反発ギリギリの線まで削っているそうでスピンの量が極端に少ないそうです。


 こちらも打ったことは、ないのですがこれもやはりかなりのハードヒッターでないと逆にスピンの量が少なすぎて距離は、ロスするかもしれませんね。


 スピン量が多くて吹け上がるのも困りますが、スピン量が少なくてもドロップし過ぎるのは、もっと困ります。


 ロフトも大手メーカーの表示ロフトと違ってリアルロフトに近いので10度表示のものを購入しました。


 今使っているタイトリスト910D3の表示は、9.5度ですが構えた感じカムイのロフトの方が、ロフトが少ないように感じます。



 カムイは、容量460ccに対して910D3は、445ccなんですがカムイの方が、構えると若干小さく見えます。



 バックフェイスのボリュームが、見た目倍くらい厚いのでその分投影面積が小さいのでしょう。



tp05s1.jpg
(左が、カムイTP-05S、右が910D3)




 アプローチとアイアンで100発ほど打ってから先にカムイを打ってみました。


 一発目は、完全なプッシュアウト



 フェイスの向きが開いているのとシャフトが、910D3より半インチ長いのが原因かもしれません。




 続けて打って行くうちにタイミングが合いはじめストレート系から軽いフェードボールが、飛んで行くようになりました。


 今回のシャフトは、前から使ってみたかったフブキα60をチョイスしてみましたがDJ-6Sに比べるとシャフトの先端部の撓りが少ないように感じます。



 全体が、シャープに鋭く戻る感じでインパクトの直前までしっかりタイミングを合わせられれば後は、シャフトがボールを弾いてくれるようなそんなシャフトだと感じました。



 続いて910D3を打ってみましたが、やはり慣れのせいもあるのでしょうがどちらかと言えば910D3の方が楽に捕まる感じがします。



 その後は、交互に打ち比べてみました。






 そして驚くべき結果が!!!!








 あっそうそう、その前にこの練習場は、奥のネットまでが240ヤードとなっています。





そして驚くべき結果が!!!!
 



 
 距離測定器で測ってみました。



 
 そして驚くべき結果が!!!!






 もったいぶってすみません。






 実に240ヤードと表示されている奥のネットまで200ヤード弱しかありませんでした。


 



 そして肝心なカムイの飛距離ですが・・・





 驚愕の事実がぁ~!!!!





 しつこくてすみません。






 何と910D3と打ち比べた結果、


 



 結果・・・

 



 何とほとんど・・・・


 



 
 変わりませんでした。






 
 ネットに当たっちゃうのではっきりとは分かりませんが、ほぼ同じような弾道で同じ位置に当たっていました。





 
 実際コースで打ってみないことには、ホントに同じ距離かどうか分かりませんが練習場で打ち比べた結果は、引き分けと言ったところでしょうか。




 
 
 それほど曲がらずに明らかに飛んでいるとか方向性が、格段に良いということであれば今月2回予定しているラウンドで試してみて7月にエントリーしている競技で使おうと思っていましたがそれほどでもなかったのでもう少し練習場で打ってみてから考えることにしました。



 

 さほど日数に余裕がないのでラウンドで使うのは、もう少し先になりそうです。




 
 でも打った手応えと打球音は、かなりのレベルだと思います。





 選んだスペックもオーバーでもアンダー過ぎることもないので無難な選択だったようです。



201206seting.jpg


 


 

 


 

 

 
2012/06/21

ドラドラ・・・

現在のエースドライバーは、タイトリスト91D3(DJ-6S)で昨年の4月から使っています。


今のところ全く不満は、ありませんが1年以上使っているとそろそろ他のドライバーに目移りしちゃいますよね。


時期的に910Dシリーズの後継モデルがそろそろ発売されてもおかしくないと思うのですが、910Dシリーズは、今も売れているらしいです。


テーラーメイドやキャロウェイは、次から次へとニューモデルが出るので何が何だかよく分かりませんが・・・。


特にテーラーなんか白いヘッドのドラが沢山あって良く分からんです。


私の場合は、今までエース的に使っていたドライバーから違うドライバーにエース交代となるとよほどのことがない限り元のエースドライバーには、戻りません。


結局使わなくなってほとんど処分しちゃうんですが今、他に所有しているドライバーは、910D3の前のエースドライバーだったスリクソンZR800(ATTAS-6S)とr7リミテッドエディションですが、いまさら引っ張り出して打つこともなく2本並んで古いバッグで余生を送っています。


知り合いの中には、コースによってドライバーを2、3本使い分けるという人がいますが自分は、不器用なので現在、慣れ親しんでいるドライバー以外を使うことはありません。


もちろん良かれと思って購入したドライバーを暫く使用してダメだった場合のこともあるのでいきなり手放したりはしませんけどね。


今回、それほど交換の必要性を感じたことはなかったのですが、最近よくご一緒するようになったKさんとHさんがクラブ好きで地クラブと言われるものを頻繁に使用しているのを見て感化されたきらいはあるのですが、ドライバーを一本新調しました。


CIMG8487.jpg



地クラブメーカーとしては、昔から有名なカムイのTP-05Sというドライバーです。


シャフトは、フブキαに決定。


大手メーカーがなかなか手を出せない高反発ギリギリに削って飛ばすと言う手法を使えるのは、やはり地クラブメーカーならではと思います。


それほど期待はしていませんが、心のどこかではワクワクしているはずです。


BALDOやEPON、JBEAMなんかも値段は、張りますが人気のクラブですよね。


明日届くので試打の感想は、後日にでも書こうと思います。


tp05ssole1.jpg


2012/06/18

ゴルフって?

 今日は、梅雨の谷間で晴れ。 晴れ。 晴れ。


 明日からは、梅雨前線と台風の影響もあり当分雨模様。


 先週のゴルフは、今年と言うかここ2年でワーストスコア(91ST)を記録してしまいました。


 しかも天候も良く体調も普通の状態で・・・。


 今日は、家の用事をする予定だったのですが何としても前回のゴルフを払しょくしたかったので予定を変更し急遽ラウンドを入れることに。


 先日、今日のゴルフをお断りしたKさんに連絡すると一人キャンセルが出たので入れるよということでセントラルGCニューコースへ行ってきました。




201206new3.jpg



 セントラルGCニューコースは、2か月ぶりでKさんたちとゴルフするのは、1月の霞ヶ浦以来なので5カ月ぶりでした。


 コンペでは、ありませんが2組なのでニアピンだけやろうということで前の組がスタートしていきました。



 アウトスタートのティーショットは、前回のアサイチOBがあったのでちょっとばかり不安でしたがフェアウェイ右サイドにナイスショットでセカンドショットは少し前下がりのライでしたが、無難なショットで3打目で乗せて2パットのパー発進。


 ちょっと気持ちが落ち着きましたが、前回の呪縛からまだ逃れられません。


 続く2番のミドルホールは、ティーショット完璧な当たりでフェアウェイ左サイドをヒット。


 ディボット跡からでしたが、9番アイアンでナイスオンで5mのパットを入れて幸先良くバーディー。


 前回は、バーディーどころかパーオンがほとんどありませんでしたから。


 3番ショートホールもピンの下5mに乗せてパー。


 ここまで来たら前回の悪夢は、完全に忘れ去られ良い調子でホールを消化して6番のショートホールで3パットしてボギーとしたものの午前のハーフは、パープレーの36ST


 昼食休憩は、1時間半近くあってアプローチの練習が十分できました。



201206new7.jpg



 後半もドライバーが絶好調で狙ったポジションをキープしてアイアンもキレキレ。



 13番ロングホールのセカンドショットでグリーンを狙ったショットが、フックして左の池に捕まってボギーにしたのと16番ミドルのセカンドでピンをギリギリ狙ってバンカーに捕まりボギーにしましたが納得できるショットだったので気になりませんでした。


 終わってみれば後半もこの二つのボギーがあるものの後半38ST。
 パットがもう少し入っていればアンダーが出てもおかしくない内容でした。


 今日は、レギュラーティーだったもののトータル74STは、今期ベストスコアタイという結果に前回のゴルフは、何だったんだろうと・・・?


 先週ワーストスコア、今週ベストスコア????

 
 やっているのはどちらも同じ人間なので両方実力ということでとりあえず悪いイメージを払しょく出来て良かったです。



 ポイントは、昨日久しぶりに練習場でビデオを撮ったら良い時のリズムからかなり速くなっているのが分かりました。



 今日は、スタート前から切り返しのリズムだけ気をつけることだけ考えてプレーしました。



 人間の体なんて1日寝れば変わっちゃうので何とも言えませんがしばらくこのポイントを着実に守る練習を繰り返しやろうと思います。


 ニアピンも後半の2つのショートホールで取れたので気分良くゴルフ場を後にしました。


 
2012/06/16

予選落ちか。

 全米オープンゴルフは、タイガーがトップで2日目を終え復活をかけた明日からの決勝が楽しみになってきました。



 世界ランクトップと2位のルーク・ドナルドとローリー・マッキロイは共に予選落ち。




 日本選手は、今年好調な藤田選手が唯一予選を通過明日から少しでも上にいけるよう頑張って欲しいものです。



 初日、上位で頑張った石川選手は、よもやの予選落ち。



 1日違うとこうも変わってしまうのが、ゴルフの怖いところ。



 このところ80切で安定していたので調子に乗っていたのかもしれませんが、下手糞な自分が、ちょっと調子を崩すと叩いてしまうのは当然のごとく起こりうる結果として気を緩めずに練習したいと思います。


 
 ゴルフを舐めているわけではないんですけどね・・・。



 話は、変わって明日は、父の日


 
 娘が、手作りケーキを作ってくれました。



cake.jpg



 
 食べ過ぎないように気をつけないといけません。


 
2012/06/15

呆れたゴルフ。

 全米オープンゴルフが、はじまりまた寝不足な数日が続きそうですが関東地方は、梅雨に入り来週は、晴れマークがありません。



tiger.jpg



 そんな梅雨の合間をぬってゴルフに行ってきました。



 同じホームのメンバーとなった同僚のOさん、久々のforestさんとお友達のSさんと成田東CCでのラウンドでした。



成田東



 天気は、最高。


 
 体調も多少の寝不足くらいでいたって良好だったのにここ3年くらいの中では、最悪のゴルフの内容とスコア(91St)でした。



 練習場で球を打っているときは、普通のような気がしたんですがコースでは、アドレスに自信がなく立てませんでした。



 腰も足も浮き足立っているような気がして打ちたい方向へ構えているつもりでも何かピシッとしたいつもの状態になっていないような・・・?



 そんな状態でフワフワ浮いているようなアドレスからスィングしたボールは、いきなり右へのOB。



 3番でもひっかけてOB。



 ハーフで2発OBなんて今のドライバーにしてから記憶がありません。



 ティーショットがダメならアイアンもアプローチもダメ。



 パターも時々ライン読みが全く逆読みしてヒドイ。



 スィング自体もリキミまくって打ち急ぎを修正できません。



 そんなに失くすようなコースでもないのにボールを4個も失くしてしまいました。



 ホームコースでやっていたら1ダースくらい失くしていたかも知れません。



 何だかよく分かりませんが、人のパターを持っていったり物をよく落としたりしてこの日は、もうろくジジイになったようなゴルフでした。



 最近のゴルフの調子自体は、そんなに悪くなかったので自分でもビックリしましたがそういうことも起こり得るというのがゴルフ。



 真摯に受け止めつつもさっぱり忘れてしまおうと思います。

 
 
2012/06/10

1回戦敗退

 この時間に記事を書いていることでお分かりかと思いますが、ハイ!? 負けちゃいました。


 そう今日は、ホームコースのクラブ選手権マッチプレー1回戦に参加してきました。


 勝てば、2回戦も続けて行われるのですが、残念ながら一回戦敗退という結果で今年のクラチャンは終了。


 対戦相手は、前述より書いているとおりプライベートでもお手合わせ頂いている研修会のYさん。


201206103.jpg



 まず、ボギーを叩かないステディーなゴルフをする方です。


 天気は、前日の雨がウソのように夏の日差しが降り注ぎ暑くなりそう。


 トップの組から順次スタートしていきますが、程良い緊張感がたまりません。


 前の組がセカンドショットを打ちいよいよマッチのスタートとなりました。


1番(402ヤード PAR4)

オナーのYさんのティーショットは、よもやのプッシュアウトOB。

※ ここでYさんが、OBしたのは初めて見ました。

 そうなると自分は、お付き合いしてOBを打つ訳にはいかず手堅く左サイドにティーショットを打って左のラフからセカンドをナイスショットでパーオンしてこのホールを取りました。(1UP)

2番(580ヤード PAR5)

ここも右サイドのOBが浅いので手堅く左サイドを狙ったティーショットは、左のラフへ。→ セカンド・サードとミスしてパーオンならずでボギー。 → 手堅くパーとしたYさんに対してこのホールをロスト。(イーブン)


3番ホールは、分け。(イーブン)


4番(193ヤード PAR3)

両者ともに1オンせずアプローチ勝負となりましたが、自分のアプローチはファーストバウンドが低く飛び出し3.5mオーバー。 → Yさんも2mオーバーしますが、私が打ったパーパットが一筋違いボギーとしたのを見てYさんは、しぶとくパーパットを入れて来たのはさすがです。(1DOWN)


5番(372ヤード PAR4)

両者ドライバーナイスショット。 → セカンドショットを先に打ったYさんは、グリーン手前にオンしたのに対し自分のショットは、3ヤード足らず右手前のバンカー。  → 雨で硬くなった砂を意識しすぎてグリーンに乗っただけパーパットも入らず。手堅く2パットのYさんに対して連続で落としてしまいました。(2DOWN)


6番ホールは、両者ともにパーオンして2パットのパーで2DOWN変わらず。


7番(578ヤード PAR5)

両者ともにセカンドショットまでは、ナイスショットで100ヤード前後の3打目勝負となりました。  → 先に打ったYさんは、グリーンエッジ右サイドに外しますが、乗ったも同然。 → 少し前下がりのライだったのですが、ピッタリ寄せようと思ったのかスィングが早くなり擦ってしまいグリーン右のラフ。 → アプローチを寄せきれずボギーとしたのに対して手堅くパーとしたYさんにこのホールも取られてしまいました。(3DOWN)


※ 今日は、簡単そうなアプローチの距離感が悪く強めに入ってしまい苦しいゴルフでした。

8番(226ヤード PAR3)

201206101.jpg


距離が、226ヤードと長いショートホールで左からのアゲインストなので実質240ヤード以上打たないとピンハイに届きません。 → 先に打ったYさんが3Wでドロー気味のナイスショットでしたがショートしたように見えたのでドライバーを短く持って8割程度のスィングで打ったショットは、ピンの左5mにナイスオン。  → グリーンの近くまで行ってみるとYさんボールは、やはりかなり手前だったのでドライバーで打ったのは正解でした。 → ボギーとしたYさんに対してバーディーパットは惜しくも入らずパーでこのホールを取りました。(2DOWN)


9番ホールは、分けて折り返しの10番ホールまで迎えに来てくれた椿プロの運転するワゴンで向かいました。(2DOWN)


10番ホールに到着するとクラブ選手権のマッチをパスさせるために5~6組のゴルファーが待ちくたびれたように最終組である我々の組を行き過ぎるのを待っていました。



申し訳ないなと思いつつもギャラーと化した大勢の目の前で打つティーショットは、かなりプレッシャーがありましたがフェアウェイ右サイドにナイスショットを打てました。



201206104.jpg


10番ホールは、引き分け。(2DOWN)


11番(377ヤード PAR4)

ティーショットは、両者ともにナイスショット。 セカンド勝負となりましたが、ピンハイ4m左に乗せた自分が、バーディーを決めてこのホールを取りました。(1DOWN)


12番(194ヤード PAR3)

クラブ選択に少し迷いましたが、4アイアンを選択して打ったティーショットは、軽いドローでピンハイ5m。 → UTで打ったYさんのティーショットは、左手前のバンカーの土手に目玉となり1回で出ずにギブアップしてこのホールを取りました。(イーブン)


※ 最大3ダウンしていたのをイーブンに戻したのは大きかったです。


13番は、引き分け。(イーブン)


14番(374ヤード PAR4)

両者ともにティーショットは、ナイスショット。 → Yさんピンの下1.5mにナイスオンに対して自分のセカンドショットは、少し被って入り左のバンカー。  カップに対して下っているので寄せるのは厳しい状況からボギーとしてこのホールを落としました。(1DOWN)


15番(524ヤード PAR5)

ティーショットを打つ寸前にボールにモンシロチョウが止まりそうになりビックリしてプッシュしてしまい200ヤード先にある高いユーカリの木に当たりポトリと落ち距離をロスしてしまいました。 → アプローチ勝負となり池の手前100ヤードからの4打目は、パーが狙えるライン3mにオン。 → しっかり打ったつもりですが、右カップを覗いて入らずボギーとしてこのホールをロスト。(2DOWN)


16番(421ヤード PAR4)

オナーのYさんティーショットが右のバンカー。自分は、ややヒール気味のボールで左のラフから少しスライスとなりフェアウェイ左サイドをキープ。 → Yさんのセカンドショットは、前方の木に当たりグリーンに届かず。  → 残り180ヤードから5番アイアンで今日一番のアイアンショットが打てました。ピンハイ4mにナイスオン。 → パーを逃したYさんに対してOKパーとしてこのホールを取り再び1DOWNに戻しました。(1DOWN)


17番(211ヤード PAR3)

今日は、フルバックなのでショートホールがとにかく長いです。今日実戦配備した白いレスキューで打ったティーショットは、完璧な当たりでホールインワンしそうなショットでしたが硬くなったグリーンで止まらず15mオーバー。 → やはりUTで打ったYさんは、グリーンを20ヤードショートしましたが、さすがのアプローチで60cmの距離。 → 真下だったらOKなんですが真横だったのでマークしてもらいました。 → 自分のバーディーパットですがアドレスして打とうとした瞬間にシャフト、小さなカナブンのような虫が止まり仕切り直し。 → パターを揺すってもしぶとく逃げないので指ではじき飛ばして再度アドレスしてボールを打とうとした時、ホントにインパクトの直前また、別の小さな虫がボールのしかもパターのヘッドが当たる近くに止まり「あっと」思った瞬間だったので止めることができませんでした。 →  このパットは、パンチの入ったインパクトなりカップを3mオーバー。 → 返しのパーパットも外して万事休すとなりここで力尽きました。  最終のマッチ(2&1)


※ このホールのティーショットを打った段階では、このホール取れそうだったので虫のいたずらには、正直参りました。この時期黄色いウェアは、要注意でしょうか?



取って取られての手に汗握るマッチプレーでしたが、普段なかなかマッチプレーの機会ってないので面白かったです。



また来年もこの舞台に立てるように頑張りたいですね。



2回戦進出のYさん昨年は、ベスト4で散ったので今年は、もっと上に行けるように応援しています。

 
※ 先ほどメールが来てYさんの2回戦の結果は、4&2で比較的にホールを残して楽に勝利したそうです。さすがです。
2012/06/09

レスキュー打ってみました。

 先日購入したレスキューですが、シャフトが合わなかったので交換用のシャフトを組んでみました。


 USTマミヤの2012年モデルで他のUTとほぼ同じくらいのスペックでプロフォースVTSシルバー


 トルクだけが少し易しいミドルトルクにしたのは、UTにしてはロフトがかなり少なめの16度だからです。


 その他キックポイントは、中調子ですがもう少しハードなブラックとよりやさしいレッドがラインアップされています。


 オリジナルよりもグリップキャップの分短くカットして40.85インチでバランスは、D3.7になりました。



 さっそくヘッドを取り付けてみました。


CIMG8561.jpg



 ついていたシャフトは、軽くて硬くヘッドを感じにくかったのですがワッグルしてもヘッドを感じながら適度にシャフトが撓ります。



 前のアルディラRIPは、打ち始めはハーフトップのようなボールが出ましたがVTSシルバーは、いきなり1発目からナイスショット。




 続けて打ってみると安定して伸びのある高めの良いボールが照明の中に消えていきます。



 全く違ったクラブに生まれ変わりました。



CIMG8554.jpg


 UTとしては、ロフトが16度しかないのでUTと言えどもやさしくはなく同じロフトであれば慣性モーメントが多い分FWの方が断然やさしいと思います。



 最初についていたシャフトで打った時は、失敗かなと思いましたがこのシャフトに変えたらそんなイメージは、何だったんだ?と思えるくらい違います。



 ハードなヘッドに易し目のシャフトの組合せで自分に合ったクラブとなりました。



 4Wと代わる代わる打ち比べてみましたが200ヤード先は、照明が暗いのではっきり分かりませんがナイスショットの確率は、UTに軍配が上がります。



 曲がりもUTの方が、少ないので距離が短く狭いコースでは威力を発揮できそうです。



 19度のUTとも打ち比べてみましたが、距離は明らかにレスキューの方が飛んでますね。


 
 ホームコースは、全ホール池が絡むレイアウトとなっていて距離よりも方向性が勝負の決め手となるので即、実戦で使うことにしました。


 吉と出るやら凶と出るやら結果が楽しみです。


 


 


 


 
2012/06/08

のんびりドライブ。

 そろそろ入梅しそうですが昨日は、良い天気でした。


 休みだったので家族とドライブに行ってきました。


 6月というと館山方面は、かみさんの大好物の「枇杷」が最盛期なんです。


 かみさんのご希望で道の駅富浦「枇杷クラブ」は、外せないのですが食事の方も娘の要望で洋食が良いと言うので海鮮と両方のメニューのある東京湾フェリーのある金谷の「ザ・フィッシュ」で昼食。

201206071.jpg



私と義母は、海鮮ちらしを娘とかみさんは、パスタを注文しました。



 和食とイタリアンが、同じテーブルに並ぶのはちょっとイメージがわかないかもしれませんね。



2012kaisen.jpg


201206kinme.jpg



201206pasta.jpg



 食事を美味しく頂いた後は、同じ館内に入っているバウムクーヘンが美味しいと言う評判のお店で買い物をした後に再び高速に乗って館山道の終点である富浦に向かいました。


 富浦に来た目的は、道の駅富浦「枇杷クラブ」で枇杷ソフトを食べるのと旬な枇杷を買うのが目的でした。



 さっぱりした枇杷の味が、上品な甘さとマッチしてすごく美味しいです。


 
 残念ながら写真を撮る前に食べちゃいました。(笑)



 ソフトを食べた後、子供のこぶし位ある大粒の枇杷を買って満足したかみさんでした。



biwa.jpg



 この道の駅の周りは、自然が豊かでとても癒される綺麗な庭園があります。


tomiura1.jpg



tomiura2.jpg



 その後は、いつも立ち寄る魚介を売っているお店に向かいました。



 館山方面に来るときは、いつも保冷の効く発泡スチロールの箱を持参するので新鮮な魚介を箱一杯買って帰りますが今日は、昼過ぎに着いたせいかお目当てのものが売り切れでした。



 やはり人気のある品物は、早めに来ないと売り切れちゃいますね。


 ちょっと残念。



 そして最後の目的地「海辺の湯」に向かいました。



umibenoyu.jpg



 いわずと知れた海が目の前の温泉。


 昆布ダシのような茶褐色の程よい温度の温泉で海の匂いのする湯でした。


 出来てまだ新しいので施設もきれいで眺めも最高でした。


 さてさて日曜日は、クラブ選手権の1、2回戦なんですが良い気分転換となりました。
 
2012/06/07

白いUT

 今さらなんて思われるでしょうが、UTの良さを知って1年が経ち今では、なくてはならない武器となっています。



 昨年までは、買ってはみるもののピンと来るものがなく数回使っては処分していたUTですが、昨年春に導入したコブラのバフラーRAIL-Hに嵌ってその後は、ショートウッドを抜いてしまいました。



 現在は、4アイアンをバッグに入れてますが、そろそろラフも深くなってきたので4アイアンと同等の距離を稼げる25度のUTを入れようか迷っている今日この頃です。



 ホームコースでプレーするときは、風が強い日が多いので4アイアンは1年中外せないのですが他のコースに行った時は、ラフ対策として5UTがバッグに入ります。



 ボールがすっぽり埋まった状態のラフからのショットは、アイアンを使うとなるとせいぜい7番アイアン、でも5UTなら7番アイアン以上の距離を稼げるので強い武器となります。



 だからと言うわけでもないのですが、最近巷で流行っている白いヘッドのクラブを1本何か使ってみたくて白いUT(テーラーメイド レスキュー)を手に入れました。

CIMG8547.jpg



 
 自分は、3Wがへたくそでティーアップした平らなところでは、問題ないのですがちょっとライが悪いと当たりにバラつきが多く右にも左にも行っちゃんです。



 その下は、ウッドを入れていないためUTを使うことになるんですが、距離がもう少し欲しい。



 そうなると4Wと言う選択肢があるんですがもし同じ距離が打てるんだったらロフトが15~16度のUTの方が、長く持ったり短く持ったりして距離の調整も出来るし操作性が良いんじゃないという考えから探してみました。



 
 当然コブラでも探してみたんですが、17度までしかないので他を探してみた結果レスキューをチョイス。



 コブラに比べるとちょっと面長ですがネックの付き方ヘッド形状もコブラのUTとの流れも良さそうだったので決めました。


 付いていたシャフトは、アルディラRIP(S)シャフトですが、このシャフト軽くて硬くフィーリングが全く出ません。



USPGAでは、このプロトタイプが評価が高いらしいのですが、自分には合いません。


 他のUTと同じシャフトが良かったのです、レスキューは、370チップ(9.4mm)なので径が合わずダメ。


 そこで同じUSTマミヤのシャフトで重量・トルクが近いものを探してみました。


 するとヒットしたのがプロフォースの新作でVTSハイブリッドのシルバー(2012)。


CIMG8548.jpg



 シルバーがスタンダード、ブラックがハード、レッドが少し柔らかめの設定になっています。



 さっそくシャフトと一緒にレスキュー用のFCTスリーブと専用ソケットを注文して本日届きました。



 いつもは、シャフトにソケットをつけてからヘッドと接着するのですが、FCTスリーブの組立は初めてだったので少々戸惑いましたがほどなく完成。



CIMG8550.jpg

(※ 右の赤い方がテーラーメイド純正)

 
 グリップも裏挿しで取り付けしたので接着剤の硬化に1日置いて明日は、試打ができる予定です。


 4Wとの方向性・距離を比べてみて試合で使うかどうか判断したいと思います。


 レンチ一本で交換できるのが便利ですが、白いヘッドって汚れそうですね。
 
2012/06/05

マッチプレー組合せ

 来週のクラブ選手権マッチプレーの組合せが先ほど郵送で届きました。



 1回戦の相手は、予選の帰り際「来週対戦するので宜しく。」と言われていたので知っていたのですが、夕方用事があり他の人の結果は見ないでゴルフ場を後にしたので知りませんでした。



 本日、コースのホームページにも予選通過者のメンツがアップされていたので予選の結果を知ることができました。


 メダリストは、昨年のクラチャンのKさんで予選のスコアが-2、2位がやはり歴代で複数回クラチャンになったTさんで+2そのあとは、79STのマッチングとなり16名までが予選通過となりました。



 私の順位は、78STで11位となりいつもお世話になっている6位(予選77ST)のYさんとの対戦になりました。



 それにしても18ホールの勝負は、何が起こるか分かりません。


 
 全てのホールで大小さまざまなが絡んでいるので、ひとつのホールで打ったミスショットが命取りになりかねないので1R勝負だと波乱が起きてしまいます。




0904232.jpg



 歴戦の強豪が予選カットで姿を消してしまいました。



 運良く最終ホールのバーディーでこの舞台に残った自分ですが、1回戦の相手は3年連続予選を通っているYさん。



 昨年は、準決勝まで駒を進めたステディーなゴルフをする実力者です。


 
 そんなYさんとは、入会当時から仲良くさせて頂きプライベートでも一緒に回っていたので勝負できるので楽しみです。



 運よく1回戦を勝てたとしても次は、来週の関東アマ決勝に出場するうちのクラブの4人のうちの一人とこれまた強豪のベテランアスリートさんとの勝者。


 
 大利根CC東コースのブロック決勝でも上位で突破しているのでまず勝ち目はありません。




 まぁーどの道、誰と当たっても自分よりは、強い人ばかりなので気楽に楽しんでやってこようと思います。
 


 
2012/06/04

100円の古本とイエローボール。

 20120603.jpg






昨日のクラブ選手権の予選は、完全に崖っぷちからの予選通過という意味では自分のゴルフにわずかばかり粘りが出てきたような気がします。



 ショットは、怪我のための練習不足とややかばった動きをするので良くはありませんしアプローチもパッとも前半は60点くらいの出来だったと思います。



 スコアが、41STだったのでそれくらいの点数が妥当な線でしょう。



 後半のインコースも10番、11番、12番と連続ボギーとして予選通過は、完全に厳しい状況。


 今日ここまでの12ホールで8オーバーしている人間が残り6ホールをパープレー以下でラウンドすると言うのは、可能性がないわけでありませんが同じ人間が同じ日にやれるほどゴルフは、易しくはありません。



 技術的に急に上手くなれることもないわけで・・・。



 そんな絶望的な状況で13番のティーショットを打つまで前の組が詰まっていたのでちょっと考える時間がありました。


 
 後半のスタートする前は、何とかしなければと自分を追い詰めてスコアのことばかり考えていたんですが、13番からは、1打1打に集中することに気持ちを切り替えました。



 よくプロの言葉として聞くことはありますが、自分も心の底からやりきろうと本気で思うことにしたんです。



 それと気分転換にそれまで使っていたスリクソンの白いボールからイエローのツアステに交換してもう一度ショットに集中することを確認。




 その後は、余計なことが頭をよぎると頭を空っぽにして「ショットに集中。ショットの集中。」と念仏のように唱えるようにしました。



 人に見られたり聞こえたりしないようにしてましたが、傍から見ると完全に馬鹿です。(笑)



 今までのゴルフ人生でこんなことやったことありません。



 それともう一つ。



 数日前の事なんですが、腰を痛めて練習できなかったので何気に近所のブックオフに立ち寄り見つけた105円の古本「中部銀次郎のゴルフの流儀」の中に書いてあったことを思い出し実践してみることにしました。




 それは、パターの芯でボールを打ちぬくと言うことが書かれていたのですが、当日は、この本の存在すら忘れていたのですが13番の奥からのアプローチパットをする直前に何故か思い出したんです。




 セカンドショットを奥にこぼした3打目のアプローチパットは、良いタッチでカップに向かっていったのですがカップの右を通り過ぎ1.5mオーバー。



 強く打てればほとんどストレート緩めば最後は、右に切れるラインでした。



 1.5mの距離のパットを自分は、得意だし一番好きな距離だというゴルファーはなかなかいないと思いますが、自分としては一番嫌な距離です。



 実際、よく外します。



 余計なことは何も考えず芯に当てることだけに集中すると・・・



 「カッコーン」と入ってくれました。



 これだと思いましたね。



 その後のパッティングは、見違えるような良い転がりで残り4ホールすべて入りそうな惜しいパットの連続でそのうち2つのバーディーと言う結果となりました。

 

 また今後もそれと同じ心境で同じようなゴルフができるほどゴルフって易しくはありませんが、口では言い表せないような経験の出来たラウンドとなりました。



 いつも競技に出て思うことなんですが、こういう何かを得るってやはり遊びのゴルフからは、生まれませんね。



 競技ゴルフからのみ得られる上達のためのエキスだと確信しています。



 中部さん有難うございます。
2012/06/03

クラブ選手権後半戦!?

 


CIMG7160.jpg


午前のラウンドで41STと想定したカットラインからするともう残りの9ホールをワンオーバーで行くしかなくなってしまいました。



あまり窮屈に考えても仕方ないので1打1打を大事に行こうと気持ちを切り替えて午後をスタート。


インコース

10番(420ヤードPAR4)

ティーショットは、右からの風と池を警戒して左ラフ。  →  浅いラフからの190ヤードを4UTでプッシュアウト。  →  ラフからの3打目を手前3mにナイスオン。  →  一筋違って右を抜けボギー。

※ いよいよヤバい状況。

11番(377ヤードPAR4)

ティーショットが、フックして左のラフで木の真下。 →  低い枝がせり出していたので5アイアンを短く持って打ったショットは、草が絡み右の林へ。  →  ピン方向は、狙えず木の20cm右を通すぎりぎりのショットでグリーンエッジまで運びパターで寄せて1パットのボギー。

※ ナイスボギーセーブですが、もう終わりに近くなりました。


12番(178ヤードPAR3)

ややフォローの風でしたが、5番を短く持ったショットが芯を喰ってグリーンオーバー。  →  下りでマウンドがあるのでSWでロブショットしましたが、アゲインストの風で転がらず3mにしか寄らず。  →  パーパットは、無情にもカップをなめてボギー。

※ 3連続ボギーで完全にゲームオーバーという気持ち。

13番((415ヤードPAR4)

フォローの風に乗ってナイスショット。  →  残り150ヤードを8アイアンでナイスショットしましたが、グリーンが硬く奥にこぼれてしまいました。 →  パターで寄せてパーセーブ。


※ 出来ればバーディーが来れば気持ちが少し前向きになるんですが・・・。


14番(374ヤードPAR4)

ティーショット完璧。  →  セカンドショットも少し風の影響を受けて右に流されましたが、6mにナイスオン。  → 距離は、ありますがほとんど真っすぐのラインでしっかり打ったパットでしたがカップを覗いて止まり惜しくもパー。


15番(524ヤードPAR5)

ドライバーが当たってきてナイスショット。 → 行ってみるとフェアウェイを突き抜けて浅いラフへ。  → 安全に4UTで100ヤード地点にレイアップ。  →  右からの強い風に流されてピンの左で5mにナイスオン。  →  狙った所へうまく打てたパットでしたが、最後に切れずに惜しくも入らずパー。


16番(421ヤードPAR4)

ドライバーは、ナイスドライブ。  →  6アイアンのセカンドショットは、ピンをさしてナイスオン。  →  しっかり芯をヒットしたパットがカップに吸い込まれやっと来ました。「ナイスバーディー」

※ 2オーバーに戻したので残り2ホールでもう一つ取れれば予選通過が見えてきますし残りパープレーなら首の皮一枚繋がる展開へ。


17番(200ヤードPAR3)

右からの風を読んで少し右に打ちだしましたが、風と喧嘩する球となりグリーン右サイドのラフへ飛びグリーンに乗りませんでした。  →  アプローチショットは、ラフがきつく3mに乗せるの精一杯。 →  気持ちが乗ってきたので集中して打った軽くスライスするラインがカップの真ん中から決まってナイスパー。


18番(550ヤードPAR5)

ティーショットは、フックするとすぐにOBとなるので右のフェアウェイを狙ったショットは、うまくスィング出来ずヒールの薄い当たりで距離もあまり稼げず右のラフ。  →  今日は、大事なところでUTが活躍してくれていてこのセカンドショットもナイスショット。  →  残り120ヤードのアゲインストでグリーンの手前は池が広がっている難しい状況のショットでしたが、開き直って打ったショットは、ピン方向へ。  少し戻されましたが、上りのパットを残しました。  →  パターの芯で打とうと思ったパッティングは、気持ちよく転がり最終ホールをバーディーフィニッシュ。

※ このバーディーで1オーバーの37STトータル78STで想定したカットラインをクリアできました。


最終的には、今日の難しいコンディションのためか79STのマッティングとなりキャロ助は、めでたく予選を11位で通過できました。


後半の出だし3ホールで3オーバーして後が無くなった後、粘り強くパーを重ねて後半3ホールで2バーディー取れたて良かったです。



来週は、1回戦で研修会で友達のYさんと戦うことになりました。



腰が万全ではなく思ったような練習はできませんが、やれることをしっかりやって来週に臨みたいですね。


201105044.jpg



2012/06/03

クラブ選手権予選

 今日は、ホームコースのクラブ選手権の予選でした。



0904232.jpg



 本当なら先週の月例に出てグリーンの状況などを把握したかったのですがご存知のようにギックリ腰のおかげで月例をキャンセル。



 なので約1か月ぶりのホームコースのプレーがクラブ選手権の予選という厳しい状況でした。



 レンジで軽くアプローチメインに練習してからコースに入りました。


 
 ホームのクラブ選手権は、今週がストロークプレーで予選を行い上位16名が来週のマッチプレーに進出できるのですがやはり1ラウンドの一発勝負なので油断できません。


 
 例年78ST~79STがカットラインとなります。


 昨年は、カットラインが78STのマッチングでキャロ助は、79STで残念ながら1ストローク足りずカットとなりました。



 今年は、期するものがあったしギックリ腰になるまでは、調子も良かったのですがクラブ選手権の予選間近にこう言った怪我をするとは思ってもいませんでした。



 でも先週ではなく今週だったので練習不足は否めませんが、間に合って良かったです。


 
 今日のスタートは、アウトコースからで2名の研修会の方がたともう一人もいろんな競技に参加しているというバリバリのアスリートゴルファーの方でした。



 今日は、6月だというのに気温が寒く朝は、機能下着の上に半袖シャツを着てプレーしましたが風も強く難しいコンディションでした。



アウトコース

1番(402ヤードPAR4)

風は、強烈は左から右の横風で右は、OB。 とりあえずOBを避けてフェアウェイ左サイドを狙いましたがフックして左のラフ。  →  残り165ヤードラフからのセカンドショットは、ピンをオーバーして12メートルにオン。→ 直角に曲がるような下りのフックラインを残してしまいました。  →  かなり右を狙いましたが、思った以上に手前から切れてしまい2mくらいのパーパットを残しました。  →  パーパットがカップにけられて1.5m行っちゃって危うくダボになりそうでしたが何とかボギーパットを決めて次のホールへ。 


2番(560ヤードPAR5)

もろアゲインストの中打ったティーショットは、またもフックして左ラフ。 →  3UTで低めのフックを打って距離を稼ぎましたが、それでも150ヤード残してしまいました。 → 6番アイアンを右の足の前に置いてかなり抑えましたが、グリーンの右手前ラフへ。  →  ライも悪くなくそれほど難しいアプローチではありませんでしたが、ファーストバウンドが、低く跳ねてしまい5mオーバー。  → 下りのパットでしたが、カップの左を通過して3mオーバー。  →  ボギーパットも外してしまい痛恨のダボ。

※ 連続3パットとなりましたが、練習グリーンと本グリーンのスピードが全く違っていたのと乗せたポジションが厳しかったということですね。

※ 2ホールで3オーバーといきなりピンチに立たされました。

3番(407ヤードPAR4)

今度は、フォローで池まで250ヤードのティーショットを池の手前のナイスポジションをキープ。  →  残り125ヤードをPWでナイスオン。  →  ここは、2パットでパーセーブ。


4番(190ヤードPAR3)

やや右目からのフォロー気味の風で5アイアンでナイスショット。  → 手堅く2パットのパー。


5番(372ヤードPAR4) 

左に池があるので警戒しつつフェアウェイセンターへナイスショット。  →  お椀形小さな砲台グリーンで置くは禁物でクラブ選択に迷いましたが、小さいクラブを選択してナイスショット。でしたが少し短くグリーンエッジ。  →  パターできっちり寄せてナイスパー。


6番(397ヤードPAR4)

やっとオナーが回ってきてドライバーは、ナイスショット。 →  風の向きが良く分からず8番でナイスショットでしたが、思った以上に風に戻され10ヤードショート。  →  アプローチは、4m手前に残してパーパット入らずボギー。

※ ちょっと痛いボギーでもうかなりヤバい状況。


7番(550ヤードPAR5)

ティーショットは、ナイスショット。  →  行ってみると浅いラフに入っていてフライヤーしそうなライから4UTで打ったショットは、思った通りフライヤーとなりかなり距離が出ました。  →  60ヤードほどのアプローチが少し噛んでグリーンに乗っただけ。  難しいカップに位置でしたが、何とか2パットに納めてパーセーブ。


8番(205ヤードPAR3)

4Wのティーショットは、フックしてグリーン左のラフで木の根っこに近いところ。 → やっと屈んでクラブが振れる深いラフから打ったアプローチは、6mオーバー。  →  難しいラインから寄せて1パットのボギー。



9番(407ヤードPAR4)

ティーショットは、フェアウェイ左サイドの高い木をかすめて左ラフ。  →  フォローとラフを計算して短めのクラブを選択しましたが、右のガードバンカー。  →  バンカーショットは、薄く入って4mオーバーしましたが、気合いで打ったパーパットが決まり午前中は、41STと厳しい状況のスコア。


※ うちの組は、Sさん39STで私とIさんが、41ST、ハンディ頭のOさんは、崩れて圏外となりました。








後半へ


2012/06/02

復帰しました。

なんだかんだと忙しくちょっと間が、空きました。


つい先日までは、靴下を履くのが苦痛でしたが、今はそれほど苦もなく履けるようになりました。


腰を痛めて10日が過ぎ、少し痛みは残っていましたが以前より予定に入っていた大多喜城ゴルフクラブに行ってきました。


このところ続いている突然の雷雨が心配でしたが、当日の朝は、快晴でうきうき気分でコースへ向かいました。


思ったよりも遠く長時間の運転で車から降りたときは、ちょっと腰が張ってましたが軽く屈伸をしてスパイクに履き替えた後は、レストランで朝食を頂きました。


和定食でしたが、ヘルシーなメニューで美味しかったです。


CIMG8480.jpg



その後は、レンジに向かい久々にウェッジ、ショートアイアン、ミドルアイアン、UT、ドライバーと打ってみても痛みはありませんがビビッて打っているので球筋は、安定せず距離も今ひとつ。


CIMG8482.jpg



それでも、ボールを打てるという嬉しさの方が大きく曲がるのも飛ばないのも大して気になりません。



その後、パッティング練習場で10分ほど転がしてスタートホールの中コースへ。



今日ご一緒するのは、4月の霞南GC以来のMさんHさんとMさんの友人と4サムでクラブ好きのMさん話題のRBZのフェアウェイウッドと発売されたばかりのS・キャメロンのパターを新調していました。



前の組がセカンドを打ったのでティーオフとなりました。



何か久々のような気がしてちょっと緊張するティーショットでしたが、先っぽに当たったフックボールで左のラフへ一直線。



距離は、そこそこ飛んでましたが前下がりのきついラフでした。



7番アイアンを選択しグリーンの左サイド手前を狙って少し転がってくれたらラッキーくらいの気持ちで打ちましたが、けっこうラフに食われてグリーンには届かず。



アプローチも突っ込みきれず3mショートしましたが、このパーパットをねじ込み幸先の良いスタートを切りました。



パーパットを入れたまではよかったのですが、急に雨が降り出しました。



Mさん「さっきまであれだけ晴れてたのにね。」



でも次のホールへ向かう途中ですぐに止んでまた、晴れ間が出てきたので一安心。



このまま雷雨じゃ参っちゃいますからね。



続く2番ロングホールは、完璧な当たりで下り傾斜に跳ねてビッグドライブとなりました。



セカンド・アプローチと上手く行きパー。



続くショートホールもピンの右に乗せてパーと調子よくホールを進めていきましたが、途中セカンドOBや3パットなどがあって前半41ストローク。



後半の西コースは、ドッグレッグが多くちょっとトリッキーなホールが多いのでナイスショットが、突き抜けたりアンラッキーなロストや3パットもあって後半も41ストローク。



トータル82ストロークでしたが、ギックリ腰の復帰戦としては、良いラウンドだったと思います。



やはり腰をかばって打っているのでとんでもないミスが出たりしますしティーアップやボールを拾い上げる時に辛いものがありました。



大事なときに怪我をしてしまったのは不運でしたがとりあえず復帰できたと言うことであまり無理しない程度に練習したいと思います。



CIMG8486.jpg








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。