2013/09/26

暫くお休みします。

心配していた台風20号は、東寄りのコースを取ったので関東地方も大きな影響は、受けずに済みそうです。


明日は、成田で業務終了後、羽田に移動して夕方の便に乗る予定でしたので欠航にならずに良かったです。


この台風のあとは、また気温が下がって秋が深まりそうですね。


201309186.jpg
(※ たった1週間前は、夏でしたけどね。)


遅い夏休みで1週間ほどは、羽を伸ばしてくるのでブログの更新も暫くお休みします。


それでは、Bis bald!

おっと「ゴルフ侍」録画するのを忘れてた~。


スポンサーサイト
2013/09/24

ヴァーサ2ボールでラウンド

台風20号が近づいて来ています。


木曜日頃には、関東地方に接近するかもしれません。


もし、この日欠航になると予定があるので非常に困るんです。


東よりのルートで海に行ってくれないかなぁ~。


まだ、台風の影響ではなかったと思いますが連休最後の昨日は、強風が吹き荒れる中ホームコースに行って来ました。

201309233.jpg


グリーン周りのアプローチショットやグリーン上でも影響があるくらいの強風でした。


そんなコンディションでもショット好調でスタートホールから5連続パーでしたが、6番ミドルホールのセカンドショットをハザードに打ち込みダボ。


次のロングホールホールは、パーオンならずしかも下りを意識し過ぎてパーパットが1mショート、ボギーパットも外れて連続ダブルボギー。


距離があり難しい8番のショートホールでもボギー。


最終ミドルホールは、パーとして41ST(17PAT)で終了。


本日初めて使ったヴァーサ2ボールの感想ですがラインが出しやすく方向もターゲットに対して構えやすかったです。


201309232.jpg



ただもう少しヘッドを重くした方が良いと思いました。


家の練習マットでは、ちょうど良さそうな感じでしたがコースのグリーン上で転がしてみるとやはり感覚が違うものですね。


もっとも家では、距離のあるロングパットは出来ないので仕方ありませんがもうあと2ポイントくらい重くしようと思います。


インパクトの時のフィーリングは、ヴァーサのインサートが柔らかい素材なのか分かりませんがすごくソフトで自分好みでした。


春頃に購入したメタルXは、硬く感じてなじめませんでしたがヴァーサのインサーとは、非常にソフトです。


ソフトな打感が好きな人は、多分好感触だと思います。


後半のインコースも相変わらず強風が吹きショットをコントロールするのが難しい状況でした。


ティーショットは、余計なスピンがかからないようインパクトを強くしないように心掛けて打っていたのでトラブルになるような事はなくまずまずのショットが打てていました。


後半10番ミドルホールは、セカンドショットが4mについてヴァーサで初のバーディーを決めました。


続く11番、12番は、連続ボギーとしましたがその後は、16番までパーセーブ。


この風を考えると崩れそうで何とか堪えているゴルフが出来ていました。

17番のショートホールでは、ティーショットがグリーン右の木の真後ろに止まってしまいボギーでしたが最終ロングホールは、パーセーブして後半38ST(16PAT)。


トータル79STでしたが難しかったコンディションを考えると納得のラウンドだと思います。


ラウンド中の景色もだいぶ秋が進んでいるように感じました。


201309231.jpg



2013/09/21

シャフト考


このところシャフトメーカーが新製品を発表してゴルフ雑誌をにぎわしています。

プロゴルファーは、クラブヘッドを変えてもシャフトは、あまり変えないと言う人もいるんですが新製品によってシャフトのロゴやカラーが変わるのでカラーリングは、新しくしているみたいです。

もちろんゴルフで飯食っているので色んなメーカーのシャフトを試しまくって現在自分に一番合うと思うシャフトと比較することに関しては、どん欲のようです。


フィーリングが今と変わらず今よりも数ヤードでも飛ぶシャフトがあればすぐに使いたくなるのは、当然ですがそれは、アマチュアも同じこと。

現在、三菱レーヨン、フジクラ、グラファイトデザインの3社が主流でそれに続くのがUSTマミヤと言ったところでしょうか。

トップアマに人気のあったクレージーは、社長さんが事件を起こしたこともあり一時の人気は、なくなったようです。

最近良く耳にするのが、バシレウスというメーカーさんですが自分は、使ったことがありません。

他にも多くのメーカーがそれぞれのコンセプトで独自のシャフトを展開していますがそれをすべて試してみるということは、お金と時間がかかりすぎて不可能に近いですよね。

個人的には、使用者の口コミなどを見てファイヤーエクスプレスバシレウスのフィアマなんていうシャフトは、使ってみたいような気がします。

今年、ドライバーのシャフトを2年近く使ったグラファイトデザインのDJから三菱レーヨンのフブキKにチェンジしました。

無風状態での飛距離差は、感じられませんがフブキKの方が、若干スピン量が少なく強いボールが出るような気がします。

先日新しく手に入れたATTAS4Uですが現在のところフブキKと比べて即変えたくなるという衝動には至りませんでした。

ゴルフを再開して7年近く経ちますが試したシャフトは、覚えている範囲で三菱レーヨンがディアマナS、ディアマナ・カイリ、フブキα、フブキKの4種類。

フジクラは、ランバックスX、ランバックスF、モトーレVC1、ランバックスタイプXの4種類。

グラファイトデザインが、ツアーAD-M63、AD-MD、ADクアトロテック、AD-DI、AD-DJ、AD-BB、AD-GTの7種類。

USTマミヤが、初代ATTASとATTAS4Uの2種類です。

この中には、試打して数十発で手放しているものも沢山ありました。

数ヶ月以上継続して使ったというのは、スリクソンW404(ディアマナS)、キャロウェイ・ハイパーERC(ランバックスX)、スリクソンZR800(初代ATTAS)、タイトリスト910D3(AD-DJ)、それと現在のタイトリスト913D3(フブキK)の5本といったところでしょうか。

比較すると私の中で一番飛んでいたのは、キャロウェイ・ハイパーERCで一番安定していたのは、スリクソンZR800(初代ATTAS)では、ないかと思っています。

クラブってその時の流で自分の好みとマッチしたものを使っているわけで絶対これが、ベストと言うのは、まずありえません。

今後も使うクラブは、変わっていくと思いますが性能はほとんどどれも大差ないのを分かっていながら変えていくのがゴルファーの性なんでしょうね。


201308241.jpg


2013/09/20

休日

大利根CCでの競技が終わり昨日は、海鮮料理を食べに館山道を走ってきました。

富津市にある「漁師料理かなや」さんは、旅番組でちょくちょく紹介されているのでご存知の方は、多いと思います。

kanaya.jpg

201309191.jpg



このところ鮨を食べる機会が多かったので今回は、アナゴを食べてみましたが身が柔らかくてめちゃ美味しかったです。

201309193.jpg


201309196.jpg


201309195.jpg


201309194.jpg


その他定番の金目の煮つけや海老なんかも新鮮で美味しくいただきました。

食事をしながら見る海の景色も遠くまでキラキラ輝きの絶景で爽やかな風は、もう完全に秋を感じます。

201309192.jpg


その後は、隣接するかけ流しの温泉にのんびりと浸り買い物をして夕方には帰宅。

うっかり忘れていた歯医者の予約の思い出し慌てて向かいましたが2~3週間に1回だとどうしても忘れそうになります。

夕食後は、競技も終わったことだし次回から使おうと思っていたパターのチューンアップ。

オリジナルのグリップを取り外し自分のしっくり来るお決まりの長さ(33.5インチ)にシャフトをカットしてグリップ(スーパーストローク)を装着。

軽くなったバランスを元のバランスに近づけながら最後の2ポイント分は、微調整しながら鉛を増やしつつちょうど良い重さでストップ。

元のバランスD9よりは、若干軽いバランスがちょうど良いヘッドの効き具合に感じ測ってみるとD7.5ほどでした。

201309201.jpg


最後の仕上げは、ライン引きなんですがこれが以外と難しくて仮のラインを引きながらノギスで測っては、ボールにセットしてみるんですが1mm狂っているとラインが真っ直ぐじゃないことに気づきます。

3度の引き直しでようやく本ラインを入れることが出来ました。

201309202.jpg


次回23日にホームコースで試してみようと思います。
2013/09/19

毎日杯決勝@大利根CC

昨日の続き(キャロ助のスコアは、前半40STで後半へ)


同伴プレーヤーの方々は、ショット、アプローチ、パットで隙が無くさすがと思わせるプレーぶりで二人が37ST38STでした。(一人は、崩れてしまいましたが・・・。)


201309187.jpg



何とか二人に離されないようなゴルフをすることを心掛けて後半のアウトコースへ向かいます。


今日のパッティングの内容は、前半スリーパットが1度ありましたがタッチは、合っていたのでグリーンのスピードも数字ほどには速いとは、感じませんでした。


P1010345.jpg


ただこのコース特有のフェアウェイの圧迫感からティーショットが伸び伸び振れずグリーンを狙えるところにボールが飛んで行きません。


アウトコースの方が、より圧迫感があり邪魔な大木がグリーンをガードしているうえ5番ホールまでずっと左サイドは、OBとなるのでより正確なティーショットが、必要となります。


さすがに名匠「井上誠一氏」のコースは、難コースが多いのですが歴史のある大利根CCは、林が深くて木々が大きいです。


201309188.jpg


・・・と言うことが分かっていながらのスタートの1番では、当たりは良いものの右のセミラフに行ってしまったティーショットは、左グリーンなら問題ないのですが・・・。


今日の右グリーンに対してガードする林越えのセカンドショットが残ってしまいました。


左のグリーンの右端を狙って大きなスライスを打つか高い木々を越えるショットを打つしかありませんが両方失敗しそうなので、一番木の低い左の木に方向を取りフェイスを少し開いて打つことにしました。


残り距離が、170ヤードで持っているクラブが6アイアンなので木を越すには、ギリギリ上手く行けばグリーンの近くまでは行くはずなのですが・・・。


手応え十分で木の上を抜けて飛んで行ったボールは、ほぼ思ったところまで行ってくれました。


グリーンの左ラフからの20ヤードのアプローチは、2mにつけましたが惜しくも外れてボギー発進。

2番の左ドッグレッグのミドルホールでは、ティーショットに3W を選択してナイスショット、セカンドショットもナイスショットでしたがクラブ選択ミスでグリーンをショート。

アプローチは、グリーンの奥に向かって急な傾斜があるのを怖がりすぎて突っ込めず2m残してしまいました。

このパーパット、打った瞬間入ったと思ったら右のカップ数センチ手前から急激に右に曲がってカップの反対側で止まってしまいボギー。

何ともこんなことがあるのかという不運なワンストロークでした。


1番、2番と連続ボギーとして次のショートホールへ向かいます。


それでも今日好調のショートホールでは、ピンの左4mに乗せてパー。


続く4番のロングホールでは、ティーショットが左のバンカーでここに入れると例のごとく前方の高い木が邪魔をしてウェッジで木を越すか右からフックを打つかしかありませんが、右の林までの距離が無いので失敗すればダボ以上は確定。


アゴも近いので仕方なくPWでフェアウェイにレイアップして3打目勝負。


距離は、まだ180ヤード近く残っていましたが好調な6番アイアンでナイッショ!


ピンハイに付けてバーディーパットは惜しくも入りませんでしたがタップインパー。


今日は、この3打目が一番気持ちの良いショットでした。


その後は、5番の長いミドルホールでボギーを打ちますが6番、7番とパーとしてここまで3オーバー。


迎えた8番のミドルホール(434ヤード)が今日の反省すべきセカンドショットを打ったホールとなりました。


ティーショットは、ドライバーで今日初めて狙ったポジションへ打てたショットでフェアウェイは、右傾斜となっているのでライは、前下がりのライとなります。


残り175ヤードを6番アイアンで打ち急いでしまいハーフシャンクのようなボールが飛びだし右の林方向へ飛び木に当たり下に落ちたボールは、木の根っこ。


横に出すしかなくこのホール痛恨のダボ


6番アイアンが使うことがこの日は、多くずっと好調だったのでピンを意識し過ぎて悪い癖が土壇場で出てしまいました。


最終のロングホールは、レクサス選手権でもプロが曲げると苦労する名物ホールですが、前のホールのダボを忘れて冷静に3Wでティーショット。


プロがよく当てる左サイドフェアウェイの大木の左フェアウェイをキープしてセカンドショットも狙ったところへ。


最後は、バーディーが欲しい場面でしたがパーで終わり後半は、41STトータル81STで競技終了となりました。


同伴者に対しては、逆転までは行きませんでしたが詰め寄ることができました。


優勝者のスコアは、68STと別格で2位のSさんは、先日の日刊アマの優勝者。


やはり上位は、トップアマが独占していましたが中には、クラチャンクラスの人が90オーバーを打ったりしていました。


私の順位は、コースを後にする時点では、36位タイ(約90名アテスト時点)でした。


最終順位は、今日のスポニチ(毎日新聞)で分かると思います。


前半にトリプルボギーと後半のダブルボギーが一つづつ打って致命的なミスとなりましたが、何年やってもこういったミスをやらかすキャロ助は、もう競技引退をした方が良いのかもしれません。








2013/09/18

神様お願い@大利根CC

今日は、毎日新聞杯アマチュアゴルフ選手権の決勝戦に参加して来ました。(参加者136名)

朝から快晴、微風の好コンディションで家を出る時に真っ青な空に1本の飛行機雲がどこまでも続いていました。


CIMG6042.jpg


スタート時間が9時ころだったので通勤時間帯と言うこともあり余裕を持って家を出たつもりでしたが、それでも渋滞にはまりギリギリの到着となってしまいました。


それでも練習は、バタバタですが一応こなすことが出来ました。


決勝の舞台は、過去メジャートーナメントや3年前までザ・チャンピオンシップ・バイ・レクサスが開催されていた茨城の名門大利根カントリークラブ東コースです。


201309183.jpg



過去に2度競技でプレーしたコースですがフェアウェイの幅以上に狭く感じるホールが多く苦手なコースです。


フェアウェイを捕えてもスタイミーとなる大木や林がグリーンを狙うショットをことごとくゴールキーパーのように邪魔をしてくれます。


今日は、インコースからのスタート


まぐれで予選会を勝ち上がったキャロ助と違ってみんな雰囲気からしてうまそうな雰囲気。

201309182.jpg


201309181.jpg



オナーは、私で同伴メンバーや後続組が見守る中ティーショットとしては、まずまずのショットでしたがフェアウェイ右サイドだったのでせり出した木を越えて行かなければならないタフなセカンドショットが残りました。


木を越すギリギリのクラブで打ったセカンドショットは、芯に当たりましたが2ヤードグリーンに届かず右手前のバンカー。


同じバンカーに入れたYさんは、見事なバンカーショットでほぼOKに寄せました。


後から打つ私は、そこまで寄せきれなかったものの1.5mにオン。


これを沈めてパー発進で一息つけました。


続く11番のミドルホールは、ティーショットがフックして少しせり出した高い松の木に当たり左に跳ねて林の奥へ。


グリーン方向は、全く出せず斜め前に出しましたがまだグリーンまでは、140ヤード残っていました。


そこからの3打目をピンの左3mに乗せましたがパーパットを外してボギー。


12番ホールは、本日お初のロングホールで左サイドはずっとクリークが流れていてグリーンの手前100ヤード地点まで続いています。


ティーショットは、ナイスショットでしたが少しドロー気味で左ラフ。

ライは、問題なしなんですが前方20ヤード地点の高い木がまたも行く手を邪魔をしていて右から回すにも失敗して突き抜けるとトラブルだしチョイ出しだと3打目が残ってしまいます。


ホントは、チョイ出しが正解だったかもしれませんが一度だけ「神様、お願い。上手く枝の下を抜かせてちょうだい。」とばかり枝の下を低くドローで狙うショットにチャレンジ。


3UTで打ったショットは、上っ面に当たるミスショットで枝に当たりそのまま真下の深いラフ。


クラブを変えて打てばよいのにどうせグリーン手前のクリークに届かない距離を打つだけと思って同じクラブを使ったらミス。


次打でやっとクリーク手前に刻み5オンで入れに行ったボギーパットが思ったよりも走ってしまい返しも外してトリプルボギー。


神様は、願いを聞いてはくれませんでした。


3ホール終わってすでに4オーバー。


これでは、最下位もあるかもしれないとここから反撃を開始。(全員の順位が、スポニチに載ると言われビビり)


続く208ヤードのショートホールをパーで切り抜けた後は、すぐにまたボギーが来て迎えた15番のショートホールで会心のショットを放ち慎重にこれを沈めてバーディー。


16番のミドルホールでもバーディーを奪い3つまで戻しました。


17番でも惜しいバーディーパットでしたが入らずパー。


最終18番では、1.5mのパーパットがカップに蹴られてボギーで終了。


午前のインコースは、何とか40STで終了。


後半に続く


2013/09/17

台風一過

台風一過の今日は、澄んだ空気で気持ちの良い快晴でした。

kaisei.jpg


明日は、大利根CC(東コース)毎日杯アマの決勝に参加する予定ですが曇マークもなく快晴のようです。

大利根CCは、過去何度か試合でラウンドしていますがはっきり言って苦手なコースです。

一番厄介なのがスタイミーとなる巨木が多くせっかくフェアウェイに行ったのに普通にグリーンを狙えない状況になることが他のコースより多いんです。

ボールを曲げて打ったり高さをコントロールしたりインテンショナルなボールが要求されるので技術のない私には、対応できません。

インテンショナルプッシュかインテンショナルチーピンなら何とか打てるんですけどね。(笑)

普段やったことのないことをすると失敗するのでたとえフェアウェイでも場合によっては、3打目で狙えるところにレイアップする作戦で行こうかと・・・。

でも誘惑に負けて狙っちゃうんだろうなぁ~。


ba1.jpg
2013/09/16

欲しくなって

昨日は、親戚の結婚式に出席してきました。

夕方からの式だったので台風18号が心配でしたけど途中インターに入る直前にザッと来ただけで無事お台場に到着。

渋滞を見越して早めに出ましたが台風接近と言うこともあり車は、少なめで1時間も掛かりませんでした。

CIMG0089.jpg
(※ 湾岸線もこのとおりガラガラこの雲の先には、台風18号が上陸目前。)

式の間も晴れ間があったりして雨は、全く降らずおかげで良い結婚式となりました。
20130915.jpg
(※ 屋外のパーティーも雨なし。)

帰りも50分で家に到着できました。

帰宅後、録画していた女子ツアーのメジャー戦を見ようと思ったら中止になったようで3日目までトップタイだったイ・ボミ選手比嘉選手のプレーオフとなりました。


今週は、ビジュアル的にも良かったのですが何より巨漢対決ではありませんでしたね。(笑)

debu.jpg


ibomi.jpg



結果は、イ・ボミ選手の優勝となりましたが昨年は、3勝したのに今年は、パッとしなかったのでクラブを変えたせいなのかなと思っていたらやっと優勝。


今年からホンマ契約に変わったプロが男子ツアーの上井選手や小田選手、女子の笠選手など大勢いる割には、なかなか勝てずにいましたがやっと勝ったかという感じでしょうか。


ちなみにイ・ボミ選手は、昨年までは、遼君と同じヨネックスと使っていたのかな?


プロがクラブを変えると言うのは、スペックだけでは図りきれないものがあるようで海外選手を見てもR・マッキロイ、ニック・ワトニーなどタイトリストからナイキに変えて成績が出なくなったプロもいるみたいですからね。


私の現在のクラブですがドライバーは、タイトリスト913D3で昨年モデルチェンジの時に予約で購入して今使っています。


FWも昨年同様、キャロウェイのレイザー・ホークの3Wと5W。


UTは、コブラのバフラーを2年半使用していてこれは、なかなか変えられません。


アイアンは、今年の5月から使っているGTフォージド(ツアーイシュー)ですがシャフトをダイナミックゴールドXPへリシャフトしたのが良かったのか打感や飛距離性能ともに今のところ満足しています。


52度のアプローチウェッジと58度のサンドウェッジもシャフトをモーダス3に替えたりライ角を調整して2年近く使い込み慣れてきた所なので傷がだいぶ目立ちますがもう少し使うつもりです。


最後は、やはりスコアメークの鍵となるパターなんですが現在エースパターは、バックストライク2ボールでご存知のように廃盤となったモデル。


これは、2010年から使っているのでもう3年になります。


ただしずっと使い続けていると言うわけではなくこの間、違うパターを2~3本使ったりしているので正味1年半くらいかもしれません。


今年もメタルエックスの#7を購入して使ったり茨城県オープンの予選では、whiteホット2ボールを使ったりしていました。


クラブ選手権前にまた、バックストライクにスーパーストロークを入れて使い始めました。


するとバーディーを量産しましたがその後は、・・・?


パターって不思議なもので変えたばかりの時って何だか調子良くってまた、しばらく使っていると入らなくなったり・・・。


これは、プロゴルファーも同様でパターを変えたらいきなり優勝したなんてことも聞きますがずっとそのパターを使い続けると言うことはほとんどありません。


ゴルファーである以上、パッティングが入らなくなると腕ではなくパターのせいにして変えたくなる気持ちは痛いほど分かります。


ホントは、パターのせいではないことも十分分かっていながら気分転換の意味で変えるということなんですけどね。


先日、片山選手が面白いパターを使っていました。

TRI.jpg



ヨネックスから発売されたこのパターは、福岡大学の教授と共同開発されたということで1m以内は90%入るとのこと。


あまり興味は、ありませんが・・・。


それよりも最近ツアーで見かける白と黒のコントラストがはっきりしているオデッセイのVERSAパター


種類の多いこちらのVERSAシリーズが気になっていましたがVERSA 2BALLにスーパーストロークを入れたら何だか良さそうな気がしたので1本購入してみました。


versa.jpg


もともと2ボール系が好きで現在も数本所有していますが白と黒の色づかいで狙ったラインに合わせ易そう。


今後もパター遍歴は、終わらないだろうな。




2013/09/14

お腹減ったので。

今日は、朝から秋晴れ。


でも台風18号が接近中!


こんなに良い天気なのにね。


明日・明後日は、練習場に行けそうにないので今日のうちに打っておこうかな。


その前にこいつを食べてからにしよう。


写真をとる前にピンクの方は、食っちゃいました。

usa.jpg
2013/09/13

台風18号

3連休の後半は、台風接近で関東地方は、大荒れの天気となりそうです。

15日の夕方から16日かけては、風雨が強まるとの予想なのに15日の夕方は、結婚式に呼ばれているのでちょっと心配なんです。

家からお台場までは、渋滞がなければ車で1時間ほどだと思うんですが、少し早めに出ようかと。

先日のような大洪水が関東で起きたら被害も大きくなりますからね。

それと私のホームコースは、河川敷なので台風が直撃すると冠水してしまい数日間は、クローズになることもあります。

今月は、ホームコースに行く予定はありませんが、スタッフの皆さん漂流したごみや倒木の片付けなど荒れてしまったコースのメンテナンス作業が大変なので大きな被害にならないことを祈りたいですね。


taifu.jpg
2013/09/12

嬉しい報告。

今日は、嬉しい報告を頂きました。


ブログでこんなオッサンに色々とお気遣いのコメントを送って下さる
ブロ友の方が、初の100切りを達成されました。


ゴルフを始めて1年で目標だった100を切ることに成功!!


仕事の前の早朝から練習場に足を運びコツコツと練習を重ねてきた努力の結果だと思います。


とにかくおめでとうございます。


上手くいかない時も諦めずに一生懸命に練習をしている内容を読ませて頂き自分の励みにもなりました。


最近、ゴルフに対する情熱の浮き沈みのある自分にとってまた、良いきっかけになりそうです。


summer.jpg
2013/09/11

今日のラウンド@長太郎CC

肘の怪我もだいぶ良くなりサポーターでガードすれば大丈夫という判断から本日、成田にある長太郎CCへ行って来ました。


かなり昔、ここの平日会員権を購入して1度プレーしたことがありましたが全然使わないのですぐに売却。


それ一度っきりだったのでコースレイアウトなんて全く覚えていませんでした。


現在は、PGMのコースとなったようです。


肘の具合を見ながらのリハビリラウンドのつもりでメンバーのSさんに入れてもらいました。


練習場もきれいになりグリーンもベントの2グリーンになったりして当時とは変わったようですがSさんに「良くなったでしょう。」と言われましたが、正直何も覚えておらず困っちゃいました。


今日は、怪我の事もありフロントティーでも良かったのですがフルバックティーからのプレーでアウトの1番は、いきなり462ヤードのミドルホール。


201309111.jpg
(※ ティーショット待ちの前の組は、フロントからですがそれでも428ヤード)


遠くの方のグリーンを見て、思わず「長っ」・・・これって短めのロングホールじゃん。


ティーショットは、フェアウェイの右サイドを捕えますが左のOBを嫌って右サイドに打ったので右の斜面の中腹を越えてキャリーで200ヤード打たなければならずピンも全く見えませんでした。


セカンドショットは、トップして斜面に当たらないように気を付けて打ったショットは、完璧な当たりでグリーンを捕えたと思いましたが少し左に外れてカラーに止まっていました。


そこからのアプローチは、恐ろしく早いグリーンで止まりかけのボールがダラダラと転がり1ピン下まで転がりやっと止まりました。


パーパットは、右カップに触って止まりボギー。


まずまずのショットを二つ続けてもパーセーブできずがっかりですがSさんとS藤さんは、グリーン手前から30ヤードのアプローチをきっちり寄せてパーセーブ。


2つでグリーンに届いても結果は、パーとボギーという結果となりました。


何となくですが、これでスイッチが入ったような気がします。


続く左ドッグレッグの難しいロングホールもセカンドのレイアップ地点が明確ではなかったのできっちり6番アイアンで刻んで3打目もアゲインストの中、同じ6番アイアンでバーディーチャンスに付けました。


結果は、惜しくも入らずパーでしたが、ここから流れが良くなり7番のミドルホールでボギーを打ったものの他は、全てパーにまとめアウトを+2の38STでホールアウト。


超長いミドルホールは、スタートの1番だけで他は、そうでもないのですがグリーンの状態は、最高でラインが狙いと合っているときれいな転がりでカップに吸い込まれます。


やっぱガサガサの重いグリーンは、苦手だけどこういうグリーンは、良いですね。


<後半へ>


続きを読む

2013/09/10

森三中か?

先週痛めた肘の具合が、だいぶ良くなってきました。


氷で冷やして湿布を貼ってを繰り返しようやくボールも打てるようになり、アプローチを中心に50球だけ打ってみました。


最後にドライバーを4~5発打ってみても痛みは、ほとんどなく80%回復しました。


明日は、サポーターをきつくしてラウンド行って来ます。


良いスコアは、期待できませんけどね。


ところで先週のゴルフ5レディースの録画を見ていましたが最終組は、佐伯選手、吉田選手、アン・ソンジュとの巨漢対決(失礼)となりました。


やはり体重がある方が、飛距離がでるのか 佐伯、吉田、アンという順番でセカンドを打っていました。


佐伯選手のスィングは、以前から切れがあって好きなんですが飛距離は、完全に負けていましたね。


今週の女子ツアーは、メジャートーナメントで優勝賞金も高額なので現在トップの森田選手もうかうかしていると他の選手が迫ってきそうです。


そろそろほっそりした選手が頑張って優勝するシーンを見たいものです。


debu.jpg
(※ 森三中かと思っちゃいました。)





2013/09/08

男女ともプレーオフ。

先日痛めた肘の具合ですが、芳しくありません。

伸ばしたり曲げたりする時や指で掴む動きをすると痛みが走ります。

以前にも同じ症状になったことがあり接骨院にしばらく通ったことがあります。

その時、接骨院の先生に熱がある時期と痛みが出てきた最初は、とにかく氷で冷せというのを聞いていたのでひたすら冷した後に湿布をしています。

その時は、両肘だったし痛みも今回より酷かったので日常生活でも不自由していましたが今回は、それよりはマシなので接骨院も行かずに様子を見ます。

ところでこのところ韓国選手にやられっぱなしだった日本ツアーですが今週は、男女共に日本選手が優勝しました。

復帰戦を制した松山選手は、さすがと言う言葉以外見つからないですね。

谷原選手とナントかパクとのプレーオフとなりましたがここで負けないところがこれまでにいなかったタイプの日本選手だと思います。

それでも今年の10月からは、アメリカツアーに主戦場を移して戦うわけですがそうなると韓国選手に対抗できる日本選手が見当たらないのが寂しいですね。

毎週、キムとかパクとか言う名前の選手が優勝となれば、ますます試合数が減るんじゃないかと危惧する人は、多いのではないでしょうか?

昨年は、藤田選手や谷口選手が頑張りましたがやはり年齢のことを考えるとそろそろ限界。

松山選手とまでも行かないまでも韓国選手と五分で戦える若い選手が出てこないとゴルフ番組も減り週末が暇になってしまいますよね。


fujisankei.jpg


女子ツアーもパットが決まらないと仏頂面となる韓国選手に2週連続やられていましたが今週は、男子同様プレーオフで吉田選手が佐伯選手に勝ちました。

パットが決まらなくてもニコニコと明るい笑顔の吉田選手は、応援したくなるタイプの選手ですよね。

golf5.jpg


このところ夏場と言うこともありほっそりした人は、勝っていませんが日本人選手が勝ったことは、嬉しい限りです。
2013/09/05

ゴルフ肘

このところショットが不安定でビックリするような酷いミスショットが出てしまいます。

特に4~6番アイアンで打ったショットが、狙ったところよりも10ヤード近く右に出てしまうミス。

元々ヒール打ちなのですが、シャンクのような鈍い手応えではなくナイスショットのような手応えなのに「えっ」と言うような角度で右に飛び出るショット。

ネックには当たっていないのでフェイスが開いて当たっているんですね。

ビデオを見てもナイスショットとの違いが素人の自分には分かりません。

練習場でもミスが連発するかと思ったら急に鳴りを潜めて出なくなります。

昨日は、ラウンドの予定でしたが雷雨の予報だしこんな状態でラウンドするよりは練習して修正した方が良いという判断から中止して一昨日に引き続きレンジで打ちこみしました。

一昨日は、アプローチ中心に練習しましたがこの二日で500発近く打ち込みましたが、ミスの原因はわからないまま終了。

良い感じで打てる時とそうでない時の差が激しくイライラの連続でした。

結局、何も掴めないまま練習場を後にしましたが球数が多かったので肘の痛みが出てしまいました。

家に帰りアイシングをしましたが痛みが引きません。

日常生活には、さほど困りませんが練習は、少し控えた方が良さそうです。

ショットの調子も悪いし休養に充てようと思います。


art.jpg
2013/09/03

急な雷雨

昨日は、埼玉県や千葉県の野田市で竜巻が発生し多くの被害が出たというニュースがひっきりなしに流れていました。

映像を見ると積乱雲が発生した直後に空が真っ暗になり上空高く一本の筋のような竜巻が発生する様子が捕えられていました。


竜巻なんてアメリカで起きる自然現象だと思っていましたが、ここ数年日本でも時々こういう大きな竜巻のニュースを目にするようになりました。


今日は、仕事が休みだったので午前中に用事を済ませ午後からホームコースへアプローチの練習のあとハーフラウンドする予定でしたが、出かけてすぐに空が暗くなりヤバそうな状況となりました。


それから間もなく  稲光と共に土砂降りの雨が降って来たのでホームコースに行くのは止めにしました。


天気予報を見てもこの雷雨は、そう長く続かないとは思いましたが、次々と雷雨が来そうな気配だったのでキャンセルしてたまに行くレンジで練習することにしました。


201309031.jpg



レンジに着くころは、また晴れ間も出て来ましたがまだ黒い雲もあちらこちらに広がっていたのでいつ来てもおかしくなさそうな感じです。


アプローチを中心に200発の練習をして今日の練習は、終了。


レンジの周辺は、長閑な風景が広がっているので新しいデジカメで風景写真を撮ってみました。


HDRアートで撮ると面白い写真になるので見比べてみて下さい。

201309032.jpg


201309033.jpg

201309034.jpg


201309035.jpg
2013/09/03

検査結果

先月末の話になりますが、胃腸の調子が良くなかったので病院に行って来ました。

胃の内視鏡検査を受けたんです。

鼻からカメラを挿入して胃の内部を検査するので口から入れる胃カメラよりは、全然平気でした。


やったことのある人なら分かると思いますが、「オェッオェッ」となるらしいです。


数年前にも鼻から入れる検査をしていたので今回は、ビビりもなく平静に受診することが出来ました。


結果は、軽い胃炎ということで猛暑の中、ラウンド中に冷たいものをガバガバ飲んだりして胃腸が、弱ったのかもしれません。


あれだけ暑いと1ラウンドで2L~3Lくらい水分を摂りますからね。


それとついでという訳ではありませんが、ここ数年テレビでよく見かける「ピロリ菌」の抗体検査も受けました。


pi.jpg



ご存知のようにこいつがいるとヤバいんですよね。


今年から保険適用となったということでしたので、いれば除菌しようと思っていたのですが、日本人の場合30歳以上は、かなりの確率でピロリ菌に感染しているらしく40歳以上になると8割近いというのでほぼいるだろうと思っていました。


会社の後輩でゴルフ仲間でもあるM君も数年前にピロリ菌を除菌したんですが、最初の薬では、除菌できず違う薬に変えてやっと除菌に成功したそうです。


彼は、まだ33歳。


除菌するために抗生物質やその他の薬を服用するそうですが、飲んだからといって全ての人が、除菌に成功することはないそうです。


とにかくしつこい奴らしいのですが大体酸のきつい胃の中で生きていること自体凄い奴ですよね。


先日の月例でいっしょになったTさんとFさんもピロリ菌がいてFさんは、2年前に除菌に成功したそうでTさんは、数週間前に薬を飲んであと1カ月のちに抗体検査をするとのことでした。


ラウンド中も私が、いろいろ聞くもんだからピロリ菌の話題でも盛り上がり検査の結果が出ていなかった私は、薬の副作用の話を聞いてちょっと嫌気がさしていました。


副作用は、けっこうきついらしく味覚障害や吐き気などといった症状の他、酷い人は血便まででるというのでかなりビビりが入っていました。


そして昨日、当然陽性だろうと決めつけて病院に行ったら何と陰性でした。


嬉しいことに私の胃の中には、ピロちゃんいませんでした。


絶対にいるとばかり思っていたので拍子抜けしましたが、とにかく薬の副作用に悩まされずにすみホッとしました。


受付の看護婦さんとの雑談の中で言ってたことですが、血液型がO型の人は、ピロリ菌の保菌者が多いそうですが確たるものは、ないと思います。(笑)

2013/09/01

新旧のデジカメ

先月末にデジカメが壊れましたが、その時撮った最後の写真です。


この後、10分ほど経って急におかしくなりました。


20130830.jpg
(※ 久々に行った河川敷の練習場での風景)




そして昨日、新しいカメラが届いたので試し撮りしてみました。


ohana.jpg
(※ 何かを期待したみたいですが、なにもも貰えず拗ねた様子で私を見てました。)


art.jpg
(※ アート風な写真を一枚)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。