2013/11/30

16.5度で大丈夫だぁ~。

明日から12月で今年もいよいよ1ヶ月となりました。


これからもっと寒くなってくると当然ながら飛距離が落ちてきます。


気温が下がり空気が重くなったり重ね着しているので体の動きも鈍くなるので仕方ありません。


飛距離低下に徐々に慣れていって番手ごとのキャリーを把握していけば問題はないのですが、ゴルフ場の芝の状態も薄芝やディボット跡から打つ場面も増えて行きます。


ティーショットは、関係ありませんが長いミドルのセカンドショットやロングホールのセカンドショットで狙うポジションが狭かったりするとボールのライしだいでは、FWでのショットを諦める状況になることがあります。


もちろんどんなライからでもFWを使いこなせる人は、関係ありませんが私の場合3Wは、少々苦手なのでそれに変わる5WやUTはすごく役に立っているのですが、残り220ヤードを超えるとどうしても役不足。


450ヤードクラスの長いミドルホールや嫌らしいロングのセカンドが厳しい状況になってしまいます。


距離から考えると3Wを使いたい状況なのに悪いライから無理くり使って失敗 → 大叩き → 落ち込み こういうことになりかねません。


現在使用中のFWは、キャロウェイのRAZR HAWKの3Wと5Wで購入後1年くらいです。


実際使い始めたのは、今年の春からですが可もなく不可もなく打感も柔らかく使いやすいクラブだと思います。


3Wは、ティーアップして打つ以外は、ライが良くて届きそうな距離が残らない限りあまり使うことはなく1ラウンドでの使用回数は、他のクラブに比べるとかなり少ないと思います。


冬場は、飛ばなくなるのに飛距離に有利な3Wの出番が少なくなのは、もったいないのですが・・・。


そこでもう少しロフトのある4Wで良さ気なクラブを探してみました。


昔と違ってバフィーと呼ばれる4Wは、種類も数も15度や18度に比べると弾がありません。


その中でもテーラーの初代VスチールPINGのG20がヒット。


Vスチールは、今は使っていませんが5Wと7Wを保有しているのでその良さは、承知済みなのですが如何せん古いクラブなので上物は、ほとんどなくましてロフト16.5度で探すのは至難でした。


結局PINGのG20の4W(16.5度)で探したら程度の良いクラブが見つかりました。

G20.jpg



ティーアップして打てば3Wより距離が落ちるのは、当然ですが使用回数を考えると4Wを入れた方が自分のヘッドスピード(44前後)程度のゴルファーには、賢明な選択なのかもしれません。


だって3Wを持ってビシビシ打てる人を今まで数人しか見たことがないですからね。(※ キャリーで220ヤード以上を60%以上の確立で打てる人)








スポンサーサイト
2013/11/27

助けて~

あぁ~・・・


                 ご主人様



早く、草むらから助け出してくださいなぁ~


20131127.jpg




ついでにゴルフの神様、キャロ助もお助け下さい。

201311261.jpg
2013/11/26

平日研修会

前日の夜は、嵐のような天気で風が強くて何回か目が覚めてしまいました。

雨もかなり降っていたようです。

そんな嵐も朝には、通り過ぎて風も収まり絶好のゴルフ日和となりました。

今日は、朝の渋滞が激しく2時間も掛かってしまいましたが月に一度開催している平日研修会で市原GCにやってきました。

最初は、薄手のセーターを着ていましたがかなり気温も上がってきたようでスタート前には、脱いでこの通り。

201311263.jpg
(※ ご機嫌のキャロ助君)

今年の夏にクラブに入会してスコアカード10枚の提出が終了して、来年から月例参加予定のMさんが中コースをまだ回ったことがないということで今回は、中コースよりスタート。

ちなみにもう1人は、いつものOさんとのスリーサム。

嵐の次の日だったので強風は、残ると覚悟していたのにほとんど無風で気温も高く実に気持ちが良い天候の中ティーショットを右の崖下に打ち込みボギースタート。

続く2番のショートホールも奥のピンに対して薄い当りでピンまで12mショート。

結局ワンオン3パットで連続ボギー、先週強速だった東筑波CCのイメージが抜け切れていません。

3番ミドルホールでは、パーオンなのに今度はファーストパットを1.5mもオーバーして返しも外して3連続ボギー。

だんだんやる気が失せそうになって来ましたが、ふと見渡した紅葉を見てリフレッシュ。

201311267.jpg
(紅葉1)
201311266.jpg
(紅葉2)

続くロングホールでは、ティーショットがややフックして一瞬OBを心配しましたがそれほど悪くないラフに止まっていてセカンドも遮るものもなく池の手前に刻んで3打目を3mに乗せてやっとパーセーブ。

ここから3ホール連続でパーセーブ迎えた8番のミドルホールでは、パーオンを逃してエッジから3mの位置からのアプローチがハーフトップしてカップをオーバーしてボギー。

最終ロングホールもセカンドショットがグリーン手前100ヤードのところにある大木の真裏に行ってしまい完全にスタイミー。

ここから10ヤード以上曲げるフックを打ったスーパーショットでグリーンを捕らえましたが2段グリーンの下にあるピンに対して上からのパットが3mオーバーして返しが惜しくもカップを舐めてボギー。

絶好のコンディションの中、癒しのコースなのに41STで午前を終了。


後半の西コースは、ロングホールからですがティーショットがフェアウェイのセンターへナイスショット。

2オンできる距離だったのでグリーンが空くのを待っているのですが前は、3組くらいのコンペの最終組でスリーサムなのにプレーもグリーンを空けるのもめちゃくちゃ遅い。

普段、のんびりしているOさんがイライラするくらいなのでかなりのスロープレー。

201311262.jpg
(※ イライラしたせいでパットを外すOさん)

201311265.jpg
(※ Mさんのパットもカップを覗いていましたが、音はせず。残念!)

10分近く待ってやっと打ったセカンドショットは、少しヒールに当ってグリーンをショート。

エッジまで5ヤードでそこからピンは、10mのところでライは、最高。

ガッツいてバーディーを取りに言ったアプローチは、見事なザックリでグリーンにチョロっと乗っただけでただのパー。

ショット自体は、このところ好調なのにアプローチとパットが不調なのでせっかく寄せてもボギーとなりバーディーチャンスもパー留まり。

8番まで3オーバーで向かえた最終ホールは、ティーショットの距離もまずまず出ていたのですが右のラフだったのでグリーンを狙うには、右の林が気になったのでレイアップ。

3打目を残り70ヤード地点に運びバーディーチャンスにつけたかったのですがクラブが突っかかってピンの左5mにオン。

右にかなり切れそうですが途中にコブがあるので少し迷いましたがラインを薄めにして打ったパットは、カップの淵で止まりタップインパー。

バーディーを取って80を切りたかったのですが結局後半は、39STトータル80STで終了。

ここ数ラウンドは、バーディー数が極端に少なくタイトル通りのゴルフが続いています。

パットの調子がかなり深刻な状態ですが、めげずに頑張ります。



2013/11/24

最近の定番

だいぶ寒くなってきたのでゴルフ場の行き帰りで飲むコーヒーもホットになってきました。


以前、記事でセブンイレブンのオリジナル缶コーヒー(微糖)気に入っていると言う内容のものを書いたと思います。


甘さと苦さが私にとっては、一番合っていると感じてます。


なので夏場は、よく飲んでいたのですが寒くなってきた今月の中旬のこと会社の子がセブンイレブンのドリップコーヒーは、美味しいと言う話をしていたので試しに飲んでみることにしました。


自動販売機で売っているように紙コップが備え付けてあるのかなと思って探していると店員さんが声をかけてくれました。


先払いで専用のカップをもらってから飲みたいものを選択してしばし待つ。


こんな感じで1杯づつドリップするので少々時間は、掛かりますがなかなか美味しいと思いました。


他のコンビニでもコーヒーに力を入れているようですが、聞いた話だとセブンのコーヒーが一番美味しいとの評判のようで。


保守的な僕は、この言葉を信じて他のコンビニには、ゴルフ場の行き帰りには、立ち寄らなくなりました。

711.jpg
2013/11/22

試してみたかったので。

昨日のラウンドは、今年最後の予選会でしたが今年のワーストスコアを叩いてしまいました。

参加人数が少なかったおかげで次のブロック決勝に駒を進めることが出来たので龍ヶ崎CC(ブロック決勝)でプレー出来ることは嬉しく思います。

このところ3年は、違う競技の予選として龍ヶ崎CCでプレーしていましたが今年は、まだプレーしていませんでした。

ところで昨日のラウンドに付いて反省しつつ何故叩いてしまったのかを自分なりに分析してみました。

そこで思い当たるのが負の連鎖

スタートホールでティーに立った中コースの1番ミドルホールは、冬の逆光のせいで凄く打ちづらい状況でした。

オナーの方は、まずまずのティーショットを放ちフェアウェイをキープ。

2番手の私は、少しプッシュして右のバンカー方向へ飛び出しましたが当たりは良かったのですがティーグランドからは、確認できませんでした。(※ 結果は、バンカーを越えて右のラフ)

3番手、4番手の方は、同じく右へプッシュして林の中。

一人のボールは、右バンカー手前のラフにありましたがもう一人のボールが見つかりません。

結局、ロストボールとなりティーグランドに戻り打ち直しということでいきなりの大叩きとなり前の組と少し空いてしまいました。

続く2番のロングホールでも同じ人が同じようなボールを打ち今度は、暫定球を打ちますがまたも同じようなボールで2度目の暫定球を打ちました。

冬場の陽は低く反射するので見づらいのですが加えて枯葉が多くなおさらですよね。


このボールもなかなか見つかりませんでしたが私が、見つけて何とか1球目でプレーできたのですがさらに遅れてしまいマーシャルから注意を受けてしまいました。

誰しもあることなので仕方ありませんがここら辺から皆ナーバスになりティーショットに神経を使うような雰囲気になりました。


私自身も何だか自分のリズムを掴み切れず早く前の組に追い着きたいと知らず知らずのうちにペースアップしてしまっていたようです。

オナーで打ったホールでは、雑というか安易に打ったティーショットが、昨日OBを打った4発の内3発もありました。

落ち着いた雰囲気でプレーできている時は、使うクラブとOBの出やすい方向をもう少し慎重にチェックするのですが昨日は、そのあたりに注意が全然できていませんでした。

それなのにHDCが1番高い457ヤードのミドルホール、2番目に高い6番のミドルホール、3番目に難しい3番のロングホールなどは、パーをセーブしていました。

昨日よりもショットが悪くても、何とかスコアを纏めることが出来ることが多々あるのですが逆に昨日は、ショットがそれほど悪くありませんでした。

ショートホールでも4つ全てワンオンしています。
(※ ただし2つは、上に付けてしまい3パット)

スコアは、散々でしたが大きな収穫と思えることがあったのが昨日の救いと言えば救いかもしれません。

スィングの事って個人の中での感覚の話なので文章としては、表現できませんが次回の練習で試してみたいと思っていたので今日、一カゴだけですが試してみました。

もう少し慣れが必要ですがちょっと掴めたような気がします。

いつもの錯覚かもしれませんけどね。


201310set.jpg








2013/11/22

冬ゴルフの代償

冬になると湿度が10%台になり乾燥肌の私にとっては、憂鬱な時期を過ごさなければなりません。

練習中、右手の親指と人差し指の皮膚がパックリ割れることもあるので予防のためにバンドエイドが欠かせません。

つい忘れて練習に熱が入り気が付くとパックリ行ってしまうこともあります。


ホカロンを使って手を温めて1日ラウンドすると手の油分がなくなってしまうのか右手のグリップが当らない部分でも刃物で切ったようにきれいに裂け目が入ったりもします。

昨日のラウンドでは、ホカロンはまだ使いませんでしたがこのところの乾燥で今年初めてひび割れしてしまいました。

痛いです。

hibiware.jpg
(※ 左手は、この通り大丈夫。)

同じ経験をされた方は、分かると思いますがこれが痛いんですよぉ~。

ハンドクリームを塗ったりもしますが油分の少ないサラッと目のクリームを使っています。

左手は、グローブをしているので割ときれいで比べてみると一目瞭然。

夏は、紫外線を浴びて冬は、乾燥した中でラウンドしているのでグローブで保護している左手とダメージを受けっぱなしの右手とでは、全然違ってくるんだと思います。

今までは、使ったことがなかった右手のグローブを試しに買ってみました。

米ツアーには、トミー・ゲイニーというプロが両手袋をしていますが試してみて違和感がさほどなければ、冬場だけでも使ってみようかと思っています。

右手グローブは、違和感あるでしょうが、我慢して慣れればひび割れするよりは、ましですかね。
2013/11/21

東筑波CC

今日は、今年最後の予選競技のあるラウンドにて東筑波CCに行って来ました。

201111212.jpg


天気は、最高だったんですがスタートが7時半だった上に昨日は、用事で遅くなりほとんど寝ずに出発。


気がかりだったのは、過去2度プレーした時は、いずれもキャディー付きだったのですが今回は、規定が変更となりキャディーが付かなくなってしまいました。


グリーンのアンジュレーションと速さが半端なく間違ったところに乗せてしまうと3パットは、当たり前なのでいると居ないのでは、大違いなんです。


当初キャディー付だったのに何故付かなくなったのか分かりませんが難しいコースなので付いてくれると思っていたのでかなり不安。


過去、東筑波CCでプレーした時のスコアは、いずれも80前後だったので良いイメージがあったのですが今年のワーストスコアを叩いてしまいました。


OB4発、ロスト1発、3Pが3回では、話になりません。


2発のOBは、ドッグレッグのホールでカート道路にキャリーしたボールがOB杭を越えてしまうという完全に狙う方向と番手ミス。


アンラッキーもありますが、ドライバーでナイスショットするとダメだったんですね。


ロストボールもちょっとだけラフに入ったのが枯葉に紛れ見つかりませんでした。


ショットは、スコアほど悪くなかったので91STも打ったような気はしないのですが打ったのは事実なのでド下手と言うしかありません。


次回は、キャディー付でプレーしてリベンジしたいと思います。


結果ですが参加人数が少なかったこともありますが2位タイで予選通過。


一緒に回った方も過去に1、2度プレーしただけでコースは、覚えていなかったと言ってましたが皆バタバタしてしまい負の連鎖が蔓延していたような気がします。


やっぱここは、隠れた池や浅いOBがあるので、逃げ道であるセーフティーゾーンをよく知っている人かキャディーがいないと思ってもみないビッグスコアが出る可能性のあるホールが結構あります。


東筑波CCは、好きなコースだったしブロック決勝の龍ヶ崎CCでもプレーしたかったのですがブロック決勝では、こんな恥ずかしいスコアを打たないようにしないとね。


201311211.jpg




2013/11/20

また、疑惑の判定?

昨日、韓国で行われた亀田の防衛戦の結果は、亀田が2-1で判定勝ちだったようです。

試合を見ていなかったので内容は、分かりませんが見た人に聞くと、どうひいき目に見ても亀田の負けは、明らかだったようです。

ましてダウンまで取られたんだって。

何度となく八百長と言われてきた亀田の試合ですが2006年ランダエタ戦もダウンを奪われ全く良いとこなしで王座を獲得した時は、誰が見ても負け試合。

ゴルフには、判定での勝ち負けはありませんがボクシングも疑惑と思われるような判定は、今後なくしたほうが良いのではないでしょうか。


そうじゃないとボクシングファンを失うことになりかねません。

だってこの顔だけ見ても負けは、明らかでしょう。


kameda.jpg
(※ これっ・・・誰???)
2013/11/18

久々のホームコースは?

休みだった昨日の日曜日は、久しぶりにホームコースでラウンドして来ました。

201311172.jpg


前回のゴルフ(霞台CC)は、極寒ラウンドでしたがこの日は、気温が20度くらいあって暑いと感じるくらいでした。


201311171.jpg


この時期、一雨ごとに気温が下がり冬が足早に進んでいくのに昨日は、どうしちゃったんだろう?と言うくらいの暖かさ。

もう今年は、半袖ゴルフは出来ないと思っていたんですが、これが多分最後の半袖でのラウンドだと思います。

いつものOさんは、予報を聞いてこなかったらしく完全防寒対策してダウンベストを着ていましたが他に用意していなかったので暑さを我慢してプレーしていました。


午前中は、風もなく快晴微風の最高のコンディションでショットは、好調でパットは、不調というラウンド。

何でもない距離から3パットが3回もありせっかく寄せたアプローチも決め切れずスコアは、82ST

風が出てきた後半のアウトコースでは、パットのタッチは、少しだけ合ってきましたが前回のラウンドから続いているアドレスした時のフェイスの向きが少し被って見える症状は、緩和されず。

この症状が出た時は、気分転換の意味で無理をせず違うパターを使うことにしています。

次回からは、ヴァーサ2ボールを使うことになりそうです。

2013/11/17

今年は、9コース。

今年も初めてプレーしたゴルフ場がありました。

これまで行ったゴルフ場の数は、把握していませんが毎年少しずつ増えていき今年は、下の9つのゴルフ場がお初のラウンドとなりました。

江戸崎CC(東コース、南コース)
セゴビアGC・インチヨダ
白帆CC
静ヒルズCC
成田フェアフィールドGC
新君津ベルグリーンCC
霞台CC(筑波コース、霞コース)
ロックヒルGC
浅見CC



江戸崎CCと霞台CCは、コースがそれぞれ二つあり両方今年行ったので実際は、11コースが初ということになります。

印象的なコースと言うことであればやはり静ヒルズCCだと思います。

201304112.jpg


チャンピオンコースとして素晴らしいコースだと思いました。

春先の茨城県オープンの決勝だったのですがプロとのラウンドは、楽しかったしグリーンのセッティングもトーナメント仕様だったので硬くて速く自分の技術には、とても歯が立ちませんでした。

江戸崎CCの東コースは、林間コースとして伝統がありチャンピオンコースとして距離もあり難しいコースでした。


201303086.jpg


いずれも競技会の会場となっていたのですが何度でも挑戦したくなるコースだと思います。

趣の変わったコースとしては、ロックヒルGCと新君津ベルグリーンCCの二つですが剥き出した大きな岩々と大きな池が点在しその景観は、日本のコースとは見違えてしまうようなゴルフ場でした。

コースは、共に正確なショットが打てないと大きくスコアを崩しかねないブラインドホールもあり練習ラウンドを2~3回プレーしないとダメなコースかもしれません。

たまたまロックヒルGCは、ショットの調子が良かったのでそれなりのスコアを出せましたが新君津ベルグリーンCCは、OBを量産して大きくスコアを崩してしまいました。

いつかまた、リベンジしたいコースの一つです。

自分が苦手だと感じたコースは、セゴビアGC・インチヨダと白帆CCで共通するのは、全体的にフェアウェイの幅が細く左サイドのOBが浅いのでフックのミスが出る私には、とても狭く感じるコースでした。

でも苦手だと感じるコースで良いスコアを出せないと実力がついていかないので機会があればまた行きたいですね。


今年は、現時点で初めて行くゴルフ場に行く予定は、ありませんが来年は、またいくつ増えるのか楽しみです。
2013/11/15

BS/TBSの放送

昨日から始まった三井住友VISA太平洋マスターズは、石川選手、松山選手が揃い踏みでギャラリー数もかなり多そうですね。


VISA.jpg


初日は、好天に恵まれ石川選手が好スコアをマークして松山選手は、背筋痛から復帰したばかりとは言えオーバーパーにはしない底力を見せて終了。

先月首都圏で開催(茨城GC)だったにもかかわらず入場者数が全日1万人を下回った日本オープンゴルフ選手権よりもはるかに多い入場者が御殿場を訪れることだと思います。

日本オープンゴルフの入場者数 カッコ内は、昨年沖縄で開催された同トーナメント
1日1586人 (2589人)
2日1874人 (2930人)
3日3282人 (4095人)
4日1430人 (7015人)
5日967人 
 ※前日の雨でプレーオフが順延合計9139人 (16629人)

最近3年に限って言えば昨年は、石川選手が優勝その前が、松山選手(アマ)、石川選手とこの二人が勝っているので今年も優勝争いをすれば盛り上がる大会になると思います。

さて初日のプレーをBS・TBSで放送されていたのを録画で夜見ました。

最終18番ロングホールのみの1ホールですが、7組21名のティーショットからホールアウトまでのプレーを放送していました。

過去に見たことがない放送の仕方で面白いと感じました。

通常は、決勝ラウンドの優勝争いをしている数名のプロをホールごとにテレビカメラが切り替わり追っかけるといった放送になることは仕方ないとは思いますが、ゴルフ中継でこのような映像は見た記憶がないのですごく興味深く観てしまいました。

同じホールをほぼ同じ条件でティーショットからホールアウトまでを映していたのでプロの飛距離の差や攻め方が一目瞭然。

飛距離に関しては、そのショットがしっかり当ったかどうかは、分かりませんが目安となる左右のバンカーを基準にある程度の飛距離を推し量ることができるシーンでした。

ご存知のように最終ホールは、軽い左ドッグでティーショット次第で2オンを狙えるロングホールですがグリーン手前に池が広がる優勝争いをしている選手にとっても見ている側にもスリリングなホールです。

出場選手全員を見たわけではありませんが、見た中では石川選手のキャリーは他を圧倒して左のバンカーをキャリーで越えてきました。

セカンドショットは、6Iと言ってました。(※ 松山選手は、7Iで2段グリーンの下)

その次が松山選手だと思いますがやや右目だったので正確ではないものの同じ組で飛ばし屋の小田孔明選手と藤本選手が左バンカーのほぼ並びだったことを考えると飛んでいると思います。

ちなみに池田選手、小山内選手が左バンカーでもっと短い右バンカーには、手島選手、宮本選手(※ 明らかにミスショットでしたけど)が捕まっていました。

深堀選手、山下選手は、他の選手から比べると飛距離は、落ちますがそれでもFWやUTで2オンして来るのでアイアンで2オンを狙える選手は、イーグルチャンスに付けたいところでしょうか・

2年前にベタピンイーグルで優勝したアマ時代の松山選手は、8番アイアンだったとか。

あのショットは、思い出してもすごかったなぁ~。

明日は、雨の予報ですが週末の優勝争いが楽しみです。

やっぱり石川選手、松山選手がいるのといないのでは、全然違うんですね。
2013/11/14

何だかなぁ~。

連休だった昨日は、この時期には珍しい寒波の影響で極寒ゴルフでした。

極寒とまでは行かない気温だと思いますが、まだ11月の中旬にもなっていないことを考えると極寒と感じるには、十分すぎるほどの寒さでした。

ショットがボロボロながら前半は、パッティングで耐えに耐えて1バーディー2ボギーの37st(13パット)、後半は、ショット・パットともに修正出来ず3パットが3回で43st(20パット)トータル80stで終了。

極寒のコンディションを考慮すればスコアは、悪くないと思いますが90叩いてもおかしくないショットの内容でした。

先週もそうですが、前半と後半の凸凹が激しく安定しないゴルフばっかりでどうにかしないと。

そんな気持ちだけで修正箇所が見つからないのに本日は、肘の痛みに耐えながら280発の打ち込みを敢行。

結局、無駄とは言いませんが開眼などという喜ばしい結果もなくそのほとんどが、運動というただのカロリー消化で終わりました。

帰宅後は、さっさと風呂に入って部屋にこもってDVD鑑賞。

今年公開された「ウルヴァリン・SAMURAI」「X-MEN ファースト・ジェネレーション」(2011年公開)の2本を観ました。

マニアではありませんがX-MENシリーズは、好きなので適当に観てきましたが「ウルヴァリン・SAMURAI」は、最低で100点満点中30点以下。

samurai.jpg


それに対し「ファースト・ジェネレーション」 自分的には、なかなか面白く点数にすると85点くらいでしょうか。

X-MENFirst.jpg


ウルヴァリン役のヒュー・ジャックマンは、好きな役者さんなんですが日本を舞台にしたこの映画、戦いの内容があまりにも酷い。

敵役のヤクザと忍者が入り乱れて戦うのですが、戦い方が空中を飛んだり屋根を走り回るカンフー映画そのまんま。

そんなヤクザがいたら可笑しいでしょう。

悪役の日本人に真田広之が出演してましたが剣道のシーンでも半分は、カンフー。

バック宙やる剣道なんて笑っちゃいます。

あとは、逃亡先の長崎から車で脱出するシーンもありましたが東京まで飛ばしてすぐのような描写は、如何なものか?

とにかく日本人の忍者役のしゃべりもおかしな日本語だしつまらない映画でした。

それに引き換え「ファースト・ジェネレーション」は、時間を忘れるくらい面白い内容で続編を見たくなりました。

来年続編「X-MEN フューチャー&パスト」が公開されるようですがこちらは、楽しみです。

つまらない映画と楽しい映画を2本観ましたが、出来不出来の激しい私のゴルフのようでした。
2013/11/12

今日は、冬だった。

11月もまだ中旬にもなってないのにこの寒さ。


暖ったかアンダーウェアにシャツ・セーターでも寒く感じました。


激しく寒い!


寒いの嫌い!


・・・・大嫌いだぁ~


今日は、お初のコース霞台CC(霞コース)へ行って来ました。


201311122.jpg



筑波コースは、2回ラウンドしたことありますがこちらは、距離はないけどグリーンが2段グリーンや逆受けグリーンが多くて知ってないとダメ。


それよりもいきなりこの寒さでは、体が付いていきませでした。


そう言うことにしておきましょうか、クラブの距離感も冬用にしていかないとね。


スコアは、80STでした。

201311121.jpg
2013/11/10

冬に備えて。

季節はずれの猛烈台風30号が上陸したフィリッピンは、大変な被害が出ているようですが、週末の日本列島も荒れ模様の天気となりました。


悪天候で中止の心配があった国内のトーナメントは、男女とも無事日程を終了。


女子は、テレサ・ルー(台湾)が初優勝。


このところずっと優勝争いをしながらも優勝には届かなかったので嬉しい初優勝となりました。


男子は、ゴ・アジュン(中国)が2度目の優勝。


優作君は、またもお約束の最終日の急降下。


なんだかなぁ~。


いずれにしても天気は、何とか持ちました。


明日からは、天気は回復するものの気温は、低く寒くなりそうです。


火曜日は、ラウンド予定が入っていて気温12度位の予想が出ています。


半袖でゴルフするのは、さすがに厳しいでしょうね。


寒いのが苦手なのでこれからのゴルフは、段々と気が滅入ってしまいます。


それでもラウンドするので防寒対策が必要です。


昨年使っていた防寒用具をそろそろ出そうと思って探したら右手用の毛糸のウォーマーが見つかりません。


無くしたと思っていたら指に止める毛糸が切れたので捨てたことを思い出しました。


シーズンの最後の方だったのでまた、シーズンが始まったら買おうと思っていたのをすっかり忘れていたんです。


10ヶ月しか経ってないのに忘れるなんてボケが始まってますね。


早めに替わりのものを何か見つけておこうとネットで探してたら、以前使っていたのよりも良さそうなのがあったので


以前のものは、手の甲だけで指先は寒さを凌げなかったのですが今回のは、手の甲だけでなく指先までしっかりガードしてくれるので重宝しそうです。


ボールを打つときは、指先の部分を折りたたんで甲側にマジックテープで止められるのでとても便利です。


これは、良い買い物をしたと思いましたがやっぱりこんなものを使わずにゴルフが出来る季節が良いですね。

201311101.jpg


201311102.jpg
2013/11/09

困ったもんだ。

先週、中国で行われたHSBC世界選手権の録画を昨日みているとギャラリーのマナーの悪さに選手も呆れているシーンも何度となく映像の中に出て来ました。


ところ構わず携帯のカメラで選手を写して注意を受けているにもかかわらず、お構いなしなので選手は、やりにくかったと思います。


最終組のI・ポールターは、同じ組のD・ジョンソン、G・マクドェルと優勝を争っている中、アドレスに入った瞬間、カメラを向けられるとアドレスを解き「シェイ、シェイ」と言って笑いを取っていましたが心中は、腹が立っていたのかもしれません。


日本人にもダメだと言われても携帯の着信音が鳴ったり写真を取ったりする不届き者が、たまにいますが中国は、酷いものです。


空気も悪いしね。


試合の結果は、途中までは三つ巴の様相でしたが、16番でチップインイーグルでD・ジョンソンが抜け出して優勝。


20アンダー超える、ハイレベルなバーディー合戦となり見ていて楽しかったのですが、度々目にするギャラリーのマナーの悪さは、何とかならないものでしょうか。

ill-mannered Chinese
2013/11/08

雨天ラウンド

2日前までは、晴れの予報だったのに予報が急変して久々に雨のラウンドなりました。

前日の日光ドライブは、好天に恵まれ艶やかな紅葉を見れたんですが1日違いのこの雨には、ちょっとがっかり。

月に一度の研修会なのでこれくらいの雨では、中止とは言えず成田にある千葉桜の里CCへ向かいました。

今年の5月に一度来たので今回、2回目のコースなのですがバックティーからは、距離もあり正確なティーショットがスコアメークの鍵となるコースです。

途中雨脚が強くなった時間帯もありましたが、ゴルフ場に着くと雨は、止みレンジでボールを打ってスタートできました。

今日は、アウトからのスタートでしたが曇天で少し霧がかかっていたのでボールが見難くピンまでの距離が遠く感じました。

ティーショットは、ドロー気味のナイスショットで少しラフにかかっていましたがセカンドの距離は、128ヤードを9Iでグリーンをキャッチして2パットのパー発進。

続く2番のティーショットも完璧で前半のドライバーショットは、好調をキープ。

途中雨が強くなり傘の出番となりましたが、集中したプレーで2オーバー(1バーディー3ボギー)で迎えた午前最終のミドルホールでセカンドショットを曲げてボギーを打ち39ST。

4番ホールでセカンドショットを右手前のバンカーに入れてピンチでしたが、砲台の打ち上げで30ヤード近くあるバンカーショットを1mに寄せてパーをセーブしたのと7番ロングホールでバーディーを取ったのが大きかったです。

午後は、急速に天気が回復して晴れ間が出てきましたが風が吹きはじめゴルフのコンディションは、難しくなりました。

午後は、10番からでティーショットが当たり損ないの200ヤードショット。

セカンドショット地点に行くと前下がりの薄いディボット跡にあり右のマウンドがせり出してグリーンは、見えず残り距離は、200ヤード以上残っていたので左バンカー手前に7Iでレイアップ。

サードショットでワンピンに付けてパーセーブしたまでは良かったんですがその後は、ショットが乱れ始めパットのフィーリングも最悪。

天気が急速に回復したのとは、逆にゴルフは、急速に悪くなりました。

12番では、ティーショットをプッシュして隣のホールに打ちこみ1ペナと3パットが重なったりしてトリプル。

その後もショット・パットともに修復できずボギーペースを超える46ST(20パット)でトータル85STでした。

前回来た5月のラウンドは、インコースが良くてアウトで叩きましたが今回は、逆のスコアとなりました。

前日、550kmも車で走ったので疲れが出たのかなぁ~?

相変わらず下手くそです。

201305154.jpg


2013/11/06

日光・沼田ドライブ

3連休は、しっかりと仕事してました。


今日・明日は、連休と言うことで日光・沼田方面にドライブに行って来ました。


紅葉シーズンと言うこともありゴルフよりも早く起きて出発です。


圏央道 → 常磐道 → 東北道(宇都宮IC)で下車して日光・中禅寺湖・戦場ヶ原への続く道は、紅葉に染まって最高でした。


201311061.jpg


201311064.jpg


201311062.jpg


201311063.jpg


連休中は、渋滞で大変だったようですが今日は、平日で時間も早かったと言うこともあり「いろは坂」は、渋滞に合わずに通過できました。


あちらこちらで紅葉を楽しみながらロマンチック街道を群馬県側に下りて来るとお腹もペコペコ。


このへんだったら当然、お昼は・・・。


お蕎麦でしょう。


hanasaku_top.jpg


新蕎麦の麦とろ御膳を頂きましたが、写真を取るのを忘れてしまうほど美味しかったです。


露天風呂もあるので真っ青な空を見上げながらゆっくりと浸かってストレス解消。


ついでに痛めていた右ひじの具合も風呂上がりには、少し良くなったような気がします。


帰りぎわに寄った道の駅 「川場田園プラザ」は、「今日は、休日ですか?」と言うくらいの混みようで臨時駐車場まで一杯でした。


今まで立ち寄った道の駅では、規模も面積も最大でビックリ。


ビール工房やパン工房、レストランいろんな施設がありその場で食べられるというので受けているのでしょうか。


ハムやソーセージを使った「山賊焼き」には、長い行列が出来ていました。


沼田方面にゴルフに行った帰りにでも寄ってみて下さい。

http://www.mapple.net/spots/G01000019801.htm
2013/11/04

昨日のスポーツ

連休中日の昨日は、日本一を決める日本シリーズ最終戦が熱かった。


星野監督率いる楽天が最後は、マー君が締めて胴上げ投手となり創設9年目での日本一。


星野監督自身初の日本一で幕を閉じました。

rakuten.jpg



野球は、ホント暇な時くらいしか見たことがありませんが今年は、連勝記録継続中ということでマー君の投球に興味があり時々見ていました。


マー君が投げた第2戦は、見ませんでしたが第6戦は、敗戦投手となりながらも9回160球を投げ抜きました。


最後まで気迫のこもった投球をして格好良かった。


別に楽天球団のファンでもなくマー君のファンでもありませんが、気持ちが乗っかってるボールは、テレビで見ていてとても小気味良く感じました。


来年は、メジャーに行くようですがあの気迫のこもったボールであれば屈強なメジャーリーガーもそうそう打てないのではないでしょうか。


ダルに続いて活躍してもらいたいと願うばかりです。


さてゴルフの方でも、選手会長の池田選手が優勝。


こちらは、録画を見ました。


16番のパーセーブは、見事でしたが17番をボギーとして迎えた最終ホールでも痛恨のボギー。


セカンドショットが、惜しくも池を越えることができませんでした。


特にミスショットをしたようには、見えませんでしたがクラブ選択のミスだったのかは、分かりません。


プレーオフとなった同じ18番ホールでは、S・K ホ選手が打ったティーショットがバンカーに捕まり最悪の場所に止まってしまいました。


あれは、タイガーでも無理なアンラッキーな場所に行ってしまいセカンドショットでは、バンカーから脱出できませんでした。


3打目もグリーンに乗せることが出来ずこの時点では、パーセーブがやっとと言う状況でした。


池田選手のティーショットはフェアウェイを捕らえましたがセカンドショットは、画面を通しても分かるくらいの左足下がりのライ。


雨も降っていたし少しでも当りが悪かったりすれば、本戦で池に入れたようにミスの可能性がある嫌なショットだったと思います。


そんなマイナスな気持ちを微塵も感じさせず振り抜いたショットは、グリーンを捕らえ勝負あり。


多分、あの場面であればセカンドショットでグリーンを狙わないプロがいるかどうかわかりませんが安全に3オンで行くと言うのもありなのかなぁー?


あのセカンドショットは、昨年のVISA大平洋マスターズの最終日で石川プロが5Wで打ったセカンドショットに匹敵するショットだったと思います。


マー君の投じた最後のストレートって感じでした。


いつもふてぶてしいイメージの池田選手も涙・・・。


ikeda.jpg


おめでとう。
2013/11/03

良いリズム

11月に入って最初のラウンドは、セントラルニューコースへ行ってきました。


201308225.jpg


連休は、パッとしない天気ですが気温も高く先日のセベGCに続いて半袖で気持ちよくプレーできました。

ゴルフ仲間2組でのプレーが決まっていたのですが1人キャンセルで空きが出たので急遽呼ばれての参加となりました。

私は、後の組に入ったんですが、ご一緒した方の中に女性が1人いらっしゃいました。


このお方、レディースティーからではなくてレギュラーティーからプレーすると言っていたのでけっこう上手なんだろうなと思っていたらめちゃくちゃ上手なプレーヤーでした。


ボールをティーアップしてから打つまでのルーティーンを見てもかなりの上級者でスィングもプロ並。


特に見ていて参考になったのがスィングのリズム。


どこにもリキミがなく素振りをするようなスィングリズムでしっかりとボールを捕らえていきます。


多少悪いライからでも平らなところから打っているかのような華麗なスィングで正直驚いてしまいました。


プロのトーナメントに行くとプロが練習しているスィングをみて非常に参考になることがあります。


しっかり瞼に焼き付けて帰りに練習場に行くとすごく良いリズムで打てるときがありますが、まさにそんな感じでした。


その方のリズムをイメージして力みのないスィングを心がけたおかげで、あまり大きなミスショットが出ることなく前半を38ST、後半も39stでトータル77stで回ることが出来ました。


それでも3パットが3回とOBが1発あったのでショットの内容は、すごく良かったと思います。


後で聞いたら競技ゴルフを30年以上続けていて過去に日本女子アマに3回も出た経験がおありで現在も女子のシニアに出場しているとのこと。


上手いはずです。


飛距離だって200近く飛んでいるしHDC15と20の男性は、力みまくっていつもオーバードライブされてました。


でも負けなくて良かったなぁ~。(笑)
2013/11/02

ファイト

今年の日本アマにも出場した同じクラブのH君が、プロのトーナメントでも頑張っています。


今週開催されているマイナビABCチャンピオンシップゴルフトーナメントに出場して見事予選を通過。


彼がまだ中学生の頃、大人に混じってホームコースでラウンドしていました。


土曜日限定で予定が合う時は、一緒にやろうと言うことで7、8回ラウンドしました。


中学生の頃から背も高く体も柔軟で270ヤードくらい飛んでいたので一緒にラウンドしていても楽しかった思い出があります。


当時は、まだ荒削りなゴルフだったのですがプロを目指して頑張ると言う目標があったのでどんどん伸びていってとうとう今年は、日本アマ出場。


今後は、プロのトーナメントにも出場して行って数年後にはプロになると思います。


いずれにせよ今日からの決勝ラウンドですが、一つでも上を目指して頑張ってくれることを祈っています。

20131101.jpg
2013/11/01

上か下かで大違い

昨日のラウンドは、ティーショットが安定せず右にも左にも曲がり大苦戦のゴルフを強いられました。

ただでさえ難しいコースなのにあれだけ曲がってしまっては、良いスコアなんて出るわけがありません。

201311014.jpg



そんなゴルフなのでライの悪いところからセカンドショットを打つことが多く無理せずにレイアップで3打目勝負の場面が何回かありました。

朝一番のティーショットも大きく右に曲げてセカンドは出すだけ。

3打目は、90ヤードくらいの距離からたまたま1mにつけてパーセーブできたのは、スタートホールとして考えると以降のホールに繋がる上々のサードショットでした。

ターゲットに対する正確性は、残りの距離が短くなるにつれて近くに乗せて行かなければならないのに昨日は、40~50ヤードの距離感が少し合っていませんでした。

方向性は、良くてピンに真っ直ぐでしたが距離が若干オーバー目。

同じような距離(45前後)のアプローチが3~4回ありましたが、いつもカップよりもワンピン以上奥に付いてしまい一度もカップに沈ませることが出来ず全てボギー。

ウェッジで打っているのでバックスピンで少し戻ってきているのですがそれでもキャリーで数ヤードの距離をオーバー。

この距離が、上からでなくて下からだったらもう少しパッティングで打てたんですけどね。

芝の状態の良い夏場と違い少し沈みがちとなって来たライからは、柔らかく運ぶような打ち方が出来ずついついインパクトでガツッと打っているので少し飛んじゃっているんだと思います。

練習場では、出来ても実戦で出来ないもどかしさ感じるラウンドでした。

もっと勇気を持って打たないとね。


201311013.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。