2014/04/29

何とかなるさ。

昨日一昨日と連休でした。

両日ともラウンドの予定だったのですが、背筋痛が再発したのでラウンドを中止にして治療に専念。

通っている接骨院も休みだったので傷めた箇所を朝から晩までひたすら氷で冷して寝る前に湿布をして過ごしました。

教わったように筋肉の怪我には、氷で冷すのが一番良いと思いますが1時間、2時間ではなく出来れば10時間以上やれば軽い怪我ならかなり軽減されますね。

ゴールデンウィーク後半は、パブ選の地区決勝の予定だったので軽くて済んで良かったです。

とは言っても予選の時もそうでしたが、思ったようなラウンドも練習も出来なかったので少しでもラウンド回数を増やしたかったのですが、思わぬ再発でそれも適わなくなりました。

先週の美浦GCがパブ選地区決勝前の最後のラウンドなので、だいぶ間が空いてしまいますが、もう後1週間しかないので焦っても仕方ないし、今出来ることだけボチボチやろうと思います。

開催コース用に最適なセッティングをチョイスして後は、パターとアプローチにかけるしかありません。


201404012.jpg
スポンサーサイト
2014/04/27

休養

今日は、最高の天気ですね。


ホントならラウンドの予定があったのですが、背筋痛が再発したので止めにしました。


またかよって感じですが今回のは、さほど酷くないので2~3日静養すれば治りそうなので良かったです。


何度もやっているので怪我の程度は、だいたい分かります。


パブ選ブロック決勝の前じゃなかったのが幸いでした。


暇だったので朝からテレビを見て過ごすことに。


今週のPGAツアー(チューリッヒオープン)は、松山選手も石川選手も出ていませんが「つるやオープン」に石川選手が出ています。


石川選手ですがPGAの試合では、だいぶ上り調子になって来たのになんでつるやオープンにこの時期出場するのか理解できません。


頑張って第5のメジャーと言われるザ・プレーヤーズチャンピオンシップを目指して欲しかったです。


優勝争いは、韓国のノ・スンヨルがトップで明日の最終日を迎えます。

CIMG0510.jpg



このフィールドに石川選手もいたら優勝争いに絡んでいたかもしれないと思うのですが?


どうでも良い話ですがノ・スンヨルと一緒に回っている選手の名前。


アンドリュー・スボボダ

CIMG0512.jpg


スボボダってちょっと変わった名前のように日本人の私は、聞こえますが。


何でも、バンカーショットが苦手だとか。

スボボダ → スダボだってね。

バンカーに入れるとスダボになるんでしょうか?

スダボの意味が分からない外人さんで良かったですね。
2014/04/25

もったいないって?


同じホームコースに所属しているKさんと久々に練習場で会いました。

最近私は、あまりホームコースでプレーしていないので機会が減ってしまいましたが、数年前にクラブの競技会で一緒になりKさんの会社の後輩も加わって時々一緒にラウンドしていました。

先日行われたパブ選にも参加されたそうですが、残念ながら2ST足りず予選を突破することが出来なかったそうです。

これで6~7回連続で予選落ちと言っていました。

その方のHDCは、現在10で私が記憶していた時は、11だったのでひとつ減ったということですがその方は、かなりのショットメーカー。

アイアンなんか私よりも全然良いボールを打つので羨ましい限りです。

ただドライバーの安定性が今ひとつなんですが飛距離にすごく拘っています。

クラブやシャフトを頻繁に変えては、いつも悩んでいる様子で飛ばしに情熱をかけ過ぎの様な気がしていました。

距離的は、私と同じくらいなのでアベレージ230前後だと思いますが一度ラウンド中にこんなやり取りがありました。

Kさん:「この前、○○競技会の予選で回った人の飛距離は、自分よりも30ヤード以上も飛ぶんだよね。飛距離は、プロ並だったよ。」

キャロ助:「へぇ~それでその人メダリストでも獲ったの?」

Kさん:「いや~、それが1打足りずに予選落ち。」、「プロ球打ってたんだけどなぁ~。」

キャロ助:「・・・・・・。」

「プロ球打っていて予選落ちとはね。」とは言いませんでしたが、色んな競技会に出るとホントに一発一発は、素晴らしいボールを打つ人は沢山います。

私自身、何人もそういう人を見てきましたが、一緒に予選ラウンドで回って突破した人のほうが、はるかに少ないという印象があります。

中には、ドライバーが飛んで曲がらずその他のショット、アプローチ、パットまで上手くて上位で予選を通り後で聞いたらどっかのクラチャンだったり有名なトップアマだったということもありました。

話を元に戻しますが練習場で久々にあったKさん、ドライバーをパブ選の前に新調したそうで試合当日ドライバーが良くなかったのが予選落ちの原因だったそうです。

でもOBを打ったのは、1発だけで右や左に曲がってフェアウェイにほとんど行かず大分苦労した内容をこと細かく教えてくれました。

別の日に別のゴルフ場ですが、私もパブ選に出場して当日のドライバーは、ここ最近には記憶にないくらい暴れまくりました。

何せ暫定球を5回も打ったくらいですからね。

Kさんは、私よりもショット力は優れていると思いますがアプローチが劣っているということに未だ気づいていない様子。

私の考え方と違うので押し付ける気は、さらさらありませんがショット力でスコアを出そうとするので嵌れば70台で十分回ってくる力もありますが、ちょっと悪いと90も行ってしまうゴルフになります。

ショットなんてその日によって違うので、その日の自分のショット力で組立てながらスコアを作っていくしかないんです。

修正ポイントが途中で分かればよいのですが、それさえすらダメな時だってあるのがゴルフ。

組立てようがないくらいどうにもならない時もありますが、悪いながらも堪えて良いスコアを出せた時の方がより満足感が大きいような気がします。

パブ選の中の話でもKさん、グリーンを外したときにあれがもったいなかったとかこれももったいなかったとかいう話が、すごく多いんです。

グリーンを外してしまった時にパーセーブする確立が少ないのは、アプローチ力が足りないということを実感として受け止めていないからだと思います。

パットも悪かったのかもしれませんが、簡単なアプローチショットだったのにと言っているのに寄せきれずボギーの山。

全部もったいなかったという表現で終わらせていますがいつももったいないで終わるのは、逆にもったいないと思うのは私だけでしょうか?

pab.jpg
2014/04/23

美浦ゴルフクラブ

本日は、快晴微風の絶好のコンディションの中、美浦ゴルフクラブでのラウンドでした。


昨年からトーナメントが開催されているHEIWA―PGM チャンピオンシップの舞台となっています。


201404234.jpg
(※ ゴルフ場に到着)

ラウンドはしたことありませんが、以前ゴルフダイジェストの取材のためこちらのゴルフ場の練習場に来たことがあります。


その時は、マーク金井さんが機材を持ち込みもう一人のテスターの方と各メーカーのドライバーとボールの組合せのテストを行いました。


練習場だけだったのでそのうちプレーしたいと思っていたのですが一度は、台風の為中止となり今までお預けとなっていました。


201404232.jpg
(※ とても広くて伸び伸び打てる良い練習場です。ちょっとなつかしい!)

今日のメンバーは、競技ゴルフ奮闘記の管理人さんのともさん、ともさんの友人Hさんと私のゴルフ仲間Mさんの4人。


ともさんとは、年に何回かご一緒させていただいていましたが諸事情もあって約1年ぶりのラウンドとなりました。


ともさんは、今季絶好調で千葉オープンや先日の関東アマの予選もクリアしているので色々と勉強させて頂く良い機会となりました。


201404231.jpg



怪我の方も今日初めて途中からサポーターを外せるまで回復してきているんですが、やはりどこかで怖がっているのか良いショットと悪いショットが交互に出てしまうここ最近のラウンドが今日も出てしまいました。


スタートホールのティーショットは、軽いドローボールでフェアウェイ左サイドを捕えましたがセカンドショット引っ掛かりグリーン手前のラフに打ち込みピンチ。


アプローチショットは、奇跡的に50cmについてパーセーブ。


1日を通して先日のパブ選よりは、ドライバーショットが複調して来ていますが今日は、前回の記憶を引きずってか左を怖がり右へのミスが3発位出てしまいました。


救いは、HDC1の長いパー4でドライバーが芯を喰いパーオンできたことくらい。


ここのゴルフ場は、ティーグランドから見るとグリーンが見えないホールが結構あったりOBゾーンがかなり近いところもありました。


グリーンを狙うショットもグリーンのアンジュレーションが大きいので2、3回プレーしないと私程度のレベルでは、良いスコアを出すことが難しいですね。


鹿島の杜CCも5、6回プレーしてようやく慣れてきてそこそこのスコアを出せるようになったので、ここも何度かプレーすれば少しは、攻略できる気がします。


今日は、距離のあるバンカーやダウンヒルのライからのバンカーなど絶対に寄せきれないような難易度の高いバンカーに4回も入れてしまってスコアを崩す要因となりました。

パッティングもワンピン位の距離が、少しずつ外れてしまい良いとこなしで終了したので悔しさだけが残るラウンドなりました。

スコアも末広がりの88ST(36パット)で危うく90叩いてしまうところでした。


ラウンド終了後、バンカーとパターを1時間ほど練習しました。

201404233.jpg
(※ 最終18番ロングホール)


そういえば今日初めて使ったPINGアンサーハイブリッドですが、4回使う機会があり最初の一発目は、トップしてバンカー。


2回目は、7番ショートホールでグリーンには乗りませんでしたがまずまずのショット。


3回目は、15番のショートホールで右からのフック風の中、引っ張ってしまいグリーン左サイドの池に捕まりました。


最後は、最終ロングホールのセカンドショットでナイスショットでした。


ただ届かないと思ったグリーン右手前の中途半端な距離のバンカーに入ってしまいましたけどね。


最後のショットは、手応えがあったのでこれから慣らし運転をしばらく続けて行こうと思います。
2014/04/22

5Iと23度ハイブリッド

前回ラウンド(パブ選)のセッティングは、一週前の鹿島の杜CCと同じセッティングでラウンドしました。

ウッド ドライバー、3W、4W
U T  3UT(19度)、4UT(22度)、5UT(25度)コブラバフラーRAIL・H
アイアン 6I~PW
ウェッジ 52度、58度
パター
 

今回もまだ体調が万全ではなかったのでしっかり振れない5Iを外して楽な5UTを使いました。

競技会場の市原GCは、西コース8番ショートホールと東コース7番のショートホールで使用する番手が5Iの距離(175前後)。

風向きやカップの位置にもよりますが、5UTだと少し大きく6番アイアンだと少し足りない。

やっかいなのが西コース8番(PAR3)

左グリーンであれば何でもないのですが右グリーンを使うパブ選では、要注意

この時期左からのアゲインストが吹いていることが多くティーグランドからグリーンは、打ち下ろしということもあり風の影響を受けやすくグリーンから右に出たボールは、グリーン右にある大きな池に捕まってしまいます。

ハザード扱いではなくてOBとなるのでここまでまずまずのスコアで来ていてやっちゃった人を何人も見ています。

ボギーは、仕方ないけどOBを打つとダボ以上が確定なのでグリーンの左サイドを狙って絶対に右回転の出ない打ち方で左バンカーに捕まり計算通りのボギーを確定させました。

ここを無事に乗り切れるかどうかが前半の山でした。


その後も5Iが必要な場面がありましたが、ないものは仕方ないので6Iで代用しましたが東の8番は、ぶつけた木の幹までの距離があっただけに6Iでは、やはりボールが上がってしまいました。


強風が吹くホームコースはもちろんコースによっては、5Iは外せないので23度のUTを新規導入することにしました。


現在、所有するUTが、19度、22度、25度で19度と22度を使用することが常でした。


23度を探してみましたがこの度数は、割と少なくヘッド形状の繋がりもあり今回入手したのは、PING アンサーのハイブリッド


CIMG0484.jpg


オリジナルシャフト(TFC800H)のSが差さっていますが、トルクが2.8で重量も83gとかなりハードなスペックです。


ヘッド形状も出っ刃なのでコブラのバフラーと同じですがトップラインの曲線がゆるく感じます。


ミケルソンスネデガーが、契約外だったにもかかわらずバッグに入れたモデル。


人気があったようですがPING社は、アンサーシリーズは終了するようで生産中止となったようです。


明日、コース(美浦GC)で使用してみたいと思います。


※ おぁおあっ~ ・・・記事とは、まったくかんけいありまぜんが  横峯さくらさっんんがげっこんするんだってぇ~
2014/04/20

グリップ交換

昨日は、夜勤明けの為今日は、9時間ぐっすり寝てました。


最近夜勤が多くて生活リズムが狂います。


それでも早く寝ちゃったので7:30には、すっきり目が覚めました。


朝食を済ませてから練習場へ行こうと思ったら結構寒くて先日、しまったばかりの長袖シャツをまた、引っ張り出しました。


何だか冬に逆戻りしたみたい。


今日の課題は、先週のパブ選で荒れまくったドライバーを修正しようと思ったんですが、・・・


う~ん・・・いまひとつでした。


FWは、ちょっとだけヒントを掴んだんですがドライバーには結びつかず最後は、アプローチショットに戻って終了。


帰宅してからアイアンのグリップを交換。


もちろん自分で交換しちゃいます。


まだ5カ月くらいしか使っていなかったのでそれほど摩耗していなかったのですが、最近使い始めたFW(X HOT)に装着されていたグリップが、良いのです。


ただしキャロウェイのオリジナルなので全く同じものは、市販されていません。


製造しているのは、ゴルフプライドだと思うのですが、ほぼこれに近いニューディケイドマルチコンパウンドのブラックを裏挿しで装着しました。


201404202.jpg



このところずっと同社のツアーベルベットラバーを使っていたんですがしばらくぶりにコード入りグリップです。


自分の場合は、乾燥肌なのであまり硬いコード入りだと手荒れから来るひび割れが痛いので使っていませんでした。


あ~でも今年は、冬の間ずっと右手用のグローブをしていたのでひび割れは、ありませんでした。


そろそろ暖かくなってきますしソフトコードなので大丈夫かな?


グリップを替えただけなんですが、気分が変わって良いものです。


それにしてもドライバー、何とかならんかな?


ねぇ~、おはなちゃん。

201404201.jpg
(※ 「お前、へたくそだからなぁ~。」)
2014/04/18

パブ選で5回も暫定球

昨日は、ヨレヨレながらパブリック選手権の予選を通過することが出来ました。

何せティーショットが荒れ狂い暫定球を5回も打ってしまいました。

OBを懸念しての暫定球は、1回だけでしたが他の4回は、ロストボールの可能性があるために打ちました。

もし見つからなかった場合、ティーグランドに戻って来て打つのは心理的に大きなダメージを受けますからね。

まぁ~それだけ曲がったということなんですが、あれだけ悪いとゴルフのプランが立てられません。

ちょっとラフとか当たりが悪くていつもより飛んでいないというのであれば何とかなりますがフェアウェイにいったティーショットは、2回だけ。

西コースでは、1番、5番 東コースは、2番、6番、8番の合計5回の暫定球を打つはめになりました。

林の中にあったのは、西の1番と東の8番で他は、ラフまで出ていました。。

パーを拾えたのは、そのうち2ホールで他の3ホールは、ボギー、ボギー、ダボ。(※ 3パットのボギーが1つ)

先週の鹿島の杜カントリークラブの時は、ドライバーが好調だっただけに別人のようなショットとなってしまってつくづくゴルフの難しさが身に沁みました

その代り助けてくれたのが、アプローチパットを含めてのパッティング

朝のスタートホールでは、下の段から2段グリーンの上に切ってあるカップに対して15m近いロングパットからいきなり3パットをやっちゃいましたがミスといえるパットはそれだけ。

パットの上手い人からすればもっと決めることが出来るのかもしれませんが、自分の今の技術から考えると上出来だった方だと思います。

西コースが、12パット東コースが17パットで合計29パット。

グリーンの外から打ったアプリーチやカラーから打ったアプローチパットの距離感が良かったのですが、それもいつも寄るわけではありませんから3mくらいのパットが3~4回入れられたのは大きかったです。

その日によってスライスラインが良かったりフックライが良かったりということがありますが昨日は、両方共に沈めることが出来ました。

怪我のため練習できず家でパットの練習をちょこちょこやっていたのが良かったのかもしれません。

ビッグドライブも1打ですが30cmのパットも1打であることを再認識した競技会だったことは言うまでもありません。


pat.jpg


101.jpg
(※ 初日101打ったこの方、リッキー・ファウラーがこの格好見たらどう思うだろう?)
2014/04/17

パブリック選手権

本日、自分にとって今年の初戦であるパブリック選手権の予選に参加して来ました。


pab.jpg


全国各地で予選の始まった全国規模のアマチュアゴルファーの春の祭典と言ったところでしょうか?

CIMG0455.jpg
(※ 今年の参加賞は、こちらのキャップ)


毎年マスターズが終わるとそろそろゴルフシーズンという雰囲気がしてきますが、競技ゴルファーにとっても通称“パブ選“が、競技シーズンの幕開けと言う位置付けかもしれません。


私の場合ここ数年は、パブリック選手権の前に3月から競技が始まっていましたが今年は、茨城県オープンゴルフ県アマオープン予選もエントリーしていながら怪我の為出場を辞退していました。


今回のパブリック選手権もつい10日ほど前までは、出られるかどうか怪我と相談して決めるような状態でしたが、何とか出られそうだったので予選落ち覚悟の出場でした。


私が出場したのは、市原ゴルフクラブ(市原コース)。

ichihara.jpg
(※ 写真は、夏の市原GCですがまだ芝も薄くディボットが、沢山あって難しいコンディションです。)


天気は、晴れで気温も高く初夏を思わせる絶好のコンディションだけにラウンド不足、練習不足で試合からもずいぶん離れてしまっている自分にとっては、良い条件とは言えません。


久々だったので緊張してしまって朝の練習場でも全然良いショットが打てなくて帰りたくなりました。


西ロングホールからのスタートで私が、オナー。


練習場からドライバーが、ここ最近になくもうテンデンバラバラ、酷い状態でしたが案の定左の山の中に一直線。


しかもカート道路にカチンと当たる音がしたのでいきなりの暫定球を打ちました。


完全に浮き足立っている自分がいて暫定球は、ヒョーロク球で左のラフ。


セカンド地点に行って探すと林の中にボールが、見つかり運良く前方に1mほどの隙間があったので6番アイアンで低く打ちだして脱出成功。


3打目は、少し距離がありましたが何とかパーオンに成功したのですが、2段グリーンの上に切っているカップに対して下の段でずいぶん距離のあるパットが残りました。


15mくらいの段を上るパットを2mもショートして3パットのボギースタートとなりましたが先は、長いと言い聞かせ次のショートホールへ向かいます。


2番は、163ヤードのショートホールでティーショットを引っ掛けて左のバンカーへナイスイン。


ところがこのバンカーショットが、マグレのような完璧なショットで30cmにつけてパーセーブ。


気分を良くして3番の打ち下ろしのミドルホールへ向かいます。


このホールは、50ヤード近くの打ち下ろし右も左のOBがあるので、ボールが落下するまで気が気では、ありません。


しかも朝のティーショットを打ったら完全にアウト。


自信が無いのでスプーンで打ったんですがまずまずのショットでセカンドショットもナイスショットでグリーンを捕え2パットのパー。


続く4番のミドルホールは、セカンド地点からグリーンに対して打ち上げとなりセカンドショットの距離感が難しいホールです。


距離も長く左には、OBがないのでこのホールは、ドライバーを手にしましたがまたチーピンのようなショットで左の斜面に当たってラフまで出て来ました。


ミスショットで距離も出ておらずセカンドショットは、前下がりがきつくとても届くクラブでは、打てなかったので6番アイアンでレイアップ。


このショットは、ナイスショットとなり残り35ヤード地点まで行ったので上手く寄せればパーもあると思っていたのですが、悪夢が・・・。


行ってみるとディボット跡。


ディボット跡で残り35ヤードは、非常に難しい場面ですがボールを上げようとしゃくっての大ダフリが出やすくそれを警戒し過ぎてハーフトップしたボールは、どんどん転がりグリーンオーバー。


早くも予選落ちの予感が頭をよぎりました。


4打目も左足下がりの薄芝の上でやっと止まっていてソールするとボールが動きそうだったのでソールせずに打ったアプローチショットは、上手く打てましたが奥のカップだったので3mオーバーして上りのボギーパットが残りました。


このパットを強気で入れに行ったら一度カップに沈んだのにクルッと回って出て来やがって痛恨のダボ


かなり厳しい状況となり次の5番ミドルホールへ向かいます。


もう完全にドライバーショットに自信が無くなっていたのでビビりながら打ったショットは、完全にフックボールで木に当たって隣のホールまで行ってました。


高い木越えのショットとなりましたが自分としては助かりました。


80点のショットさえ打てればグリーンの近くまで持って行くことが出来たのでラッキー。


全く見えないところから打ったショットは、グリーン右手前まで持って行くことに成功。


40ヤードのアプローチをワンピンに寄せてパーセーブ出来たのは大きかったです。


6番右ドッグレッグのミドルホールでやっとまともなドライバーが打てて、セカンドショットもグリーンを捕え本日唯一のバーディーで2オーバーに戻しました。


その後は、8番のショートホールをまた引っ掛けてバンカーに入れてボギーにしますが、何とか午前の西コースを39STで持ち堪え後半に希望が。

西コース △-- +2-〇 -△- 39ST


後半へ続く


続きを読む

2014/04/15

ピンクドライバー

2014マスターズゴルフは、B・ワトソンが2度目の優勝で幕を閉じました。

自分の予想は、外れましたが二十歳のJ・スピースが初出場でよもやの優勝を予感させるところまで行きました。

前半、M・クーチャーもトップに並んだ時は、ひょっとしたらと思ったんですがその後の4パットで沈んでしまいました。

B・ワトソンは、三日目にパッティングの距離感が狂ってしまいショートばかりでビッグドライブのアドバンテージを生かすことが出来ずじまいでした。

それでもトップタイで最終組には入れたのは、大きかったかもしれません。

最終日も前半は、J・スピースに押されてましたがしぶとくクラッチパットを入れて堪えると徐々にB・ワトソンのペースになり勝利を引き寄せた感がありました。

マスターズ2勝目は、今後のB・ワトソンにとって大きな勲章となることでしょう。

テレビ中継を見ていてつくづくゴルフの難しさというか不思議さを感じました。

また、ピンクドライバーが売れるんでしょうね。


bwatson.jpg
2014/04/13

グリーンジャケットを着るのは?

マスターズゴルフの予選ラウンドが終わり決勝ラウンドの初日も終わりました。

残念なことに松山選手は、予選の初日思いもよらぬ大叩きで二日目は、何とか1アンダーでしたが初日の80が響いて予選落ちとなりました。

mat.jpg


ティーショットが、完璧だっただけにもったいないような気がしますがやはり怪我の影響が一番大きかったんだと思います。

じゃなければ1ヶ月近くも試合から離れるようなことはしないはず。

怪我がある程度治ってもティーアップして打つドライバーと違って地べたにあるアイアンを打ち込む恐怖は、すぐには消えないと思います。

自分も怪我をして1ヵ月半が経ち何とかラウンドできるまでになりましたが、まだヒヤヒヤしながら打っている状態で思い切って振り切れないでいます。

一流プロともなれば良いドクターやトレーナーが付いているでしょうが怪我の状態が、完治しない限り不安は、暫く残ると思います。

次のメジャーは、全米オープンですがそれまでには何とか完治して不安のない形で戦ってもらいたいと思います。

他にもフィル・ミケルソン、アーニー・エルス、セルシオ・ガルシアや去年優勝したアダム・スコットとプレーオフで敗れたアンヘル・カブレラも予選カットとなりました。

タイガーがいないだけに他のスター選手が予選落ちするのは、少し寂しいですね。

決勝ラウンド初日は、ババ・ワトソンがスコアを落としながらも何とか堪えてトップタイで最終日を迎えますがトップが-5なので全く分かりません。


bbw.jpg


ヒメネスおじさんが今日爆発しているので、最終日大きく伸ばす選手がいてもおかしくありませんからね。

数日前の予想で私が、ブログに書いたようにアメリカの若手が来るかもしれません。




2014/04/11

モンスターコースに挑戦

本日、平日研修会の面々と茨城の難コース「鹿島の杜CC」でラウンドして来ました。


全長7730ヤードパー72でコースレートが、何と76.4の怪物コースです。


ゴルフ場のホームページにもこんな注意告示がありました。

kashimamori.jpg



もちろんフルバックティーからのラウンド。


バックティーからでも十分難しい(コースレート73.6)コースなんですが、一度フルバックティーからプレーしてこてんこてんにやられていますのでリベンジしたいとは、思うものの内心は、無理。


このティーからだと90超えの確立が非常に高くまだ今年は、90超えがないので気乗りしませんが、
「え~い勝負じゃ~70台で回ってやるぜ。」 笑


「いくぜ野郎ども。3桁行くなよ、皆ナンチャってシングルなんだからさ~。」アホか・・・。


フルバックティーの旗は、白と黒の格子状の旗でレーシングフラッグのようです。


201404112.jpg



朝は、少し肌寒かったのですがスタートする頃はだいぶ気温も上がって来ました。


練習場では、ドライバーの調子が良かったので力みさえ出なければ良いんですが距離が長いだけにねぇ~。


ついつい力んじゃいますよね。


インコースは、4020ヤードだって。


その長いインコースからのスタートとなりました。


スタートは、383ヤードとここにしては、短いミドルホールなんですがティーショットは、そこそこの当たりで残り140ヤード。


左足下がりのライから打ったセカンドショットは、ラフから打った分グリーンに落ちて止まらず奥にこぼれてしまいました。


左足下がりでベアグランドのような難しいライに止まっていましたがそこから上手く寄せてパー発進。


続く11番のミドルホールの距離は、何と505ヤード


「思わずフルバックやめない?」と言いそうになりました。


ミドルで “ゴッ!? 505ヤード”ってマスターズじゃないんだから。


だってオーガスタナショナルの最終ホールだって465ヤードよ!


結局、距離の表示板を見てやっぱり力んでしまいました。


右の林にトーマス・ビヨ~ンとプッシュスライス。


このホールセカンドが、林から出すだけで3パットもあってトリプルボギー


続く12番のショートホールは、246ヤードでピンは左奥。

201404113.jpg


201404114.jpg



実質250ヤード以上なので持ったクラブは、ドライバー。


このショットが、5mのバーディーチャンスとなりますが入らずパーでもバーディーのような気分でした。


続く13番は、アイランドグリーンのミドルホールで距離が444ヤード。


セカンドショットは、アゲインストで沈んでいたので池の手前に刻み残り40ヤードほどのアプローチ勝負。


このショットを2mに付けましたが入らずボギー。


15番も470ヤードと距離のあるミドルホール。


距離の長さには、だいぶ慣れて来ましたが長いだけでなくホールの難易度も高いんです。


フルバックのティーグランドが右奥に引っ込んでいて、そのティーから見ると右の林が張り出しているので左からフェードボールで攻めないといけません。


グリーンの左サイドは、100ヤードくらい手前からクリークが続きグリーンの左サイドの池に繋がっています。


セカンドショットを左にミスすると手前から続くクリークやグリーンサイドの池に捕まり右に逃げるとダブルバンカーがガードしています。


自分のティーショットは、フェードがかからず左のラフで前下がりのウエットなライで残り距離は、測定しても届かない距離。


多分スプーンを持って100万回打っても無理なので4UTを持ってグリーンの右手前ににレイアップ。


3打目のアプローチを右手前ワンピンの絶好の位置に付けましたが引っ掛けて惜しくもボギーでした。


このパットは悔しかった。


その前のホールといいこういうのを入れていかないとダメなんですけどね。


15番は、602ヤードのロングホールで3打目を右のバンカーに入れて寄せきれずボギー。


16番のショートホールは、これがまた245ヤードでしたが距離測定器で測ると253ヤードもちろんドライバー。


これがまたナイスショットして5mほど奥に乗り下りの早いパットをきっちり寄せてパー。


ショートホールで2回ともドライバーを使って両ホールともパーは、大満足。


飛ばし屋の二人は、スプーンで打ちましたがやっぱり届きませんでした。


17番は、534ヤードとロングホールよりも長いミドルホールですがこのティーグランドは、少し前だったのでホッとしましたが、それでも距離表示は、497ヤード


ティーショットは、ナイスショットしたんですがセカンドがねぇ~。


ピンの位置は、グリーンの左端で深いバンカー越えの打ち上げプラス軽いアゲインストでキャリー230ヤード以上の高くて止まる球が必要。


どうあがいても乗るはずもないのに血管が切れるほど力んで痛恨のダボ。


最終のロングホールは、パーで44ST。(18パット)


やっぱり距離表示に負けて力みが出たりティーショットが上手く行ってもセカンドで力んだりと分かっていながらダボやトリを叩くのは、アホですね。


後半へ続く


続きを読む

2014/04/08

やっぱり治ったのかな?

日曜日のラウンドの後半、それまで大きなショットを打つと左腰の下側に引っかかるようなピリッとした痛みが走ったのが急になくなりました。


最初に痛めた時は(2月末)、とてもゴルフ出来るような状態ではなかったのですが接骨院に通うようになってから10日ほどで日常生活には、支障なくギックリ腰のような酷い痛みはなくなりました。


これならゴルフ出来るかと思ってボールを打つとフルショットは、痛くて無理で50ヤードのアプローチまで。


ギックリ腰の経験をお持ちの方は、分かると思いますが結局は、腰の筋肉の捻挫なので発症した時はめちゃくちゃ痛くて座ったり立ったりするのはもちろんのことくしゃみをしても最初の2~3日は、痛みます。


キャロ助もギックリ腰は、今までに何回か経験しているので今回の腰痛は、ちょっと違うような認識はあったんですがもちろん筋肉も傷めていたのでしょうが長引いていたのは、間接のズレか何かがあったのかもしれません。


この痛みは、もう1ヶ月以上続いていたのに引っかかるような感触がなくなった途端にピリッとした鈍い痛みがなくなりました。


何故だか分かりませんが治ってしまえばこっちのもの。


また、無理して再発しないようにセーブしつつ練習も本格的に再開できる目処が立ちました。


今日、夜勤前に練習場で確かめましたがやはりウッド系を打ってもあの嫌な痛みと言うか引っかかるような感触がありませんでした。


打ちたいのは、ヤマヤマでしたが大きなショットは、20球ほどにしてアプローチとショートアイアンの練習に費やしました。


練習不足とラウンド不足で来週のパブ選は、ダメだと思いますが出場できるだけで御の字かな。


201404012.jpg
2014/04/07

不思議なことに。

昨日のヤマハレディースオープンは、トン・ソンジュが優勝したんですね。


ゴルフから帰って来てテレビをつけるとトン吉田がガップリ四つに組んでいたので悪天候でプレーオフが出来ず相撲で決着をつけるのかと思ったらハグしてたんですね。


それにしても強風の葛城GCは、かなり難しそうでした。


海外メジャーは、いよいよマスターズウィークとなり今からワクワクしていますがタイガーが出場しないのは、私ならずとも誰もが残念に思っているでしょうね。

残念!

昨年の今頃は、すでに3勝してからオーガスタに乗り込んで来ていましたが世界ランキング1位もそろそろ陥落してしまうのかな?

私の予想では、アメリカの若手か2年連続オーストラリア勢が優勝するような気がしています。

さて寒の戻りで肌寒かった昨日は、ホームコースにてラウンドして来ましたが予報通り午後3時前辺りから雷雨となりました。

タッチの差で雷雨にあわずにラウンド終了できて良かったです。

ところでいつもであればスタート前の練習はするんですが、前日が夜勤明けだったのと天気次第では止めるつもりだったので家を出るのがギリギリとなり練習なしにティーグランドに立ちました。

怪我をしてからアプローチを中心に2度ばかり練習していますが左腰の痛みと言うか違和感は、完治しておらずフルショットした時に電気が走るような感じがします。

昨日の朝一のショットでもピリッとした痛みがあったのでヒヤッとしました。

その後何回ともなく大きなクラブでショットをする時に似たような痛みが走りましたがストレッチをしながら午前のプレーを終了。

特に酷い痛みが発症することもなかったのでホッとしました。

昼食後のラウンド中も同じような痛みが何回となくありましたが4ホール終了したくらいから腰の違和感を感じなくなりました。

そのまま午後のラウンドを終えるまでティーショットを打っても感じることはありませんでした。

自分でも不思議だったのですが例えるならずっと中途半端にはまっていなかった関節が何かの拍子で元の鞘に収まったような感じでしょうか?

何だか自分でも不思議な気持ちで一杯です。

今日は、練習していないので次回練習場でボールを打ったときに痛みがなくなっていればめちゃくちゃ嬉しいですね。

そろそろ怪我の恐怖から逃れたいものです。


P1010535.jpg
2014/04/06

何とかセーフ

今朝方、雨音がしていたのは知っていたのですがウトウトとまた寝てしまいました。


目覚ましで起きた時は、雨は上がっていましたが予報を見ると午後3時前後から急な雷雨があるかも。


とりあえず家を出るとまたポツポツと降って来たと思ったらすぐに止んでいスタートする頃は、青空が出て絶好の天気となりました。


今日のホームコースでは、Bクラスの月例だったので最終組の後について他のメンバーさんとスリーサムのラウンドなりました。

201404061.jpg



アウトスタートで朝イチのティーショットは、完璧なショットが偶然出てしまいセカンドも偶然乗せて2パットのパースタート。


2番ロングホールもセカンドショットをミスした割には、3打目が良くて2パットのパー。


3番ミドルホールでボギーを打ったもののだんだんとショットが良くなり4番から7番までパーオンしてバーディーは、取れなかったのですがタップインしてパーが続きました。


8番186ヤードのショートホールでワンオンに失敗アプローチも打ちきれず今日二つ目のボギー。


午前最終の9番は、ティーショットもセカンドショットも納得のショットでパー。


午前のアウトコースは、38STで終了。


予報では、気温が低いということでしたが体感的にはそれほど寒くなく長袖シャツでちょうど良い位の気温となりました。


ここ数日の雨と強風で桜の花もだいぶ散ってしましたがコース内の桜もいくらか残っているもののあと数日で終わりのようですね。

201404063.jpg



後半も引き続き好天のままゴルフが進み16番が終わった時点で3オーバー。


201404064.jpg
(※ 上の写真は、16番ホールのティーショットなんですが写真でもまだこんなに青空だったんです。)


16番をホールアウトすると急に風が冷たくなったと思ったらあっという間に雷雲が発生。


前の組が17番のショートホールのグリーンをやっている時にポツポツと雨が降り出し遠くの空がピカッと光ったのが見えました。


急がないと本降りになりそうな気配。


焦って打った17番190ヤードショートホールでは、ティーショットがトップ気味でグリーンの右サイドに外しましたがアプローチで50cmに寄せてパー。


最終ホールもハイペース。


上がりの18番は、ダボとして41STトータル79STで終了。


何とか土砂降りにはならないうちにホールアウトすることが出来ました。


心配していた腰や右の背筋痛もひどくならずどうやら大分良くなって来たような気がします。
2014/04/05

急変

日曜日の天気は、金曜の予報では、曇り時々晴だったのに曇り時々雨、しかも所によっては雷雨に注意だって。

しかも気温が低い。

久々の日曜日せっかくホームコースに行く予定だったのに残念!

とりあえず明日起きてから行くかどうか決めようと思います。

気温が低いのに無理してプレーするとまた怪我が再発しそうで怖いんですよね。

最近やたらと怪我に対し注意深くなっていて、スピード違反で捕まってからしばらくは、黒カブに乗っているお巡りさんを見てもブレーキ踏んじゃうそんな気分です。


police2


2014/04/04

5UTのヘッドカバー


やっと雨が上がりました。


風はさほど強くなかったのでは、まだ散ってないようなので今週末がの見ごろとなり花見客で賑あうことでしょうね。


キャロ助は、行きませんが・・・。ラウンド予定なので道中見るかもしれません。


今日は、夜勤なのでゆっくりと起床してこれから少しボールを打って来ようと思っています。


さて、お蔵入りして2年半使うつもりのなかった5UTをコースや気象条件によって入れるかもしれないのでヘッドカバーを買いました。

他のヘッドカバーは、ウッド用とUTと同じもので揃えているので追加で同じものをと思いましたが全部キッチリ揃えるよりは、遊び心というかアクセントがあっても良いかなということでこんなものにしてみました。

201404041.jpg



私の地元であるフナッシーのカバーでも良かったんですけどね。


funashi.jpg
(※ こちらは、フナッシーのアイフォンカバーです。)


UTのヘッドサイズに合っていたのでブカブカでもなく窮屈でもなくちょうど良い大きさでした。


色々替えたので管理人の名前もキャロッシーにでも替えますか。

2014/04/03

ゆる~いセッティング

昨日のゴルフは、人生初めての5鉄抜きのセッティングでプレーしました。


ウッドの構成をドライバー、スプーン、4W(17度)、5W(19度)の4本にしたのは、はじめて使用する4Wの飛距離と風の影響を5Wと比べたかったからなんです。


そうなると5Wのロフトと被る3UTは、不要なので4UTを入れて次が5鉄という流れなんですが一昨日の練習で打った5鉄は、腰をかばってのスィングではとてもとても5鉄本来のキャリーが出せませんでした。


現在のアイアンは、以前のアイアンのロフトよりも立っているので5鉄と言っても4鉄に近いロフトな訳で芯に当てられてもある程度のヘッドスピードがないとちゃんとしたキャリーは、出なくて当たり前。


そんな訳もあり5鉄を抜いたゆる~いセッティングとなりました。


でもね考えてみるとこの6鉄からのセッティングって現在女子プロの常識的なセッティングなんですよね。


ホームコースは、風が吹かないことがほとんどないので5鉄は、絶対外せませんがアップダウンのある丘陵コースでは打ち上げのホールなんかには5UTは、有効かもしれません。


いずれにせよ5鉄は、しっかり振れないと本来のキャリーがでないので腰の状態を見て今月は、5鉄抜きのセッティングで行く可能性大です。


ところで昨日5UTを使ったのは1度だけ。


5番のミドルホールのティーショットでグリーン手前の池まで200ヤードの場面でナイスショット。


高めの弾道で打ち出されたボールは、キャリーしたところからすぐのところに止まっていて推定飛距離190弱。


後半インコースの17番ショートホールで使おうかどうか迷いましたがここは、6鉄を使用。


ピンまで172ヤード砲台グリーンなのでキャリーで165ヤード近く打たないとグリーンには乗らないのですが、少しフォローに感じたので6鉄を使用してナイスショット結果バーディーに繋がりました。


もし5UTを使っていたら短く持ったとしてもキャリーが出すぎて多分こぼれていたと思います。


元々5UTを買ったのは、夏の深いラフではとても5鉄では打ち出せないような場面を想定して導入したもののほとんど使ったことはありませんでした。


でも5鉄よりは、やさしいのは明白なので今後は、コースによって使う場面も増えることもありそうです。


最後になりますがラウンド終了後にドッキリが一つありました。


はじめて昨日ご一緒したいただいたYさんからラウンド終了後に「キャロ助さんですよね。ブログ見ていますよ。」と言われたのでビックリしました。


最近替えたキャディーバッグと使っているクラブを見てお分かりになったそうですが、いやー悪いことはできませんよね。 笑


201404011.jpg



自分のブログを見てくださっている人と偶然ご一緒して声をかけられたのは、これが2度目ですが今後も普段からマナーとエチケットには気配りしながらプレーしないといけないなとつくづく思いました。
(※ 1度目は、競技でご一緒した方でした。)


コメントまで頂きました。


多分失礼なことはなかったと思いますが昨日は、有難うございました。
2014/04/02

アンビリーバボーなリハビリラウンド!

本日、久々のラウンドに行って来ました。

201404022.jpg


怪我が完全に治らず数日前までどうしようかと迷っていましたが無事18Hラウンドして参りました。

今日プレーしたのは、自分の好きなプレースタイルでキャディー付歩きが基本の霞南ゴルフクラブ

201404021.jpg


今年の寒い時期に一度プレーしているコースですがグリーンの状態が悪い時期でした。

今回のグリーンは、だいぶ修復されていたもののまだ時間がかかりそうです。

来月には、乗用カートに変更されるということで急ピッチの工事が行われていました。

201404025.jpg
(※ アウトコースは、カートのレールが80%位敷かれていました。)

また一つ歩きのプレーが基本のコースが減るのがちょっと寂しいですね。

練習不足で腰と背中をかばいながらのラウンドなのでビビりながらのラウンドでしたがティーショットは、叩けない分あまり曲がることもなく及第点を付けられる内容。

スコアは、期待なんてしていなかった割にはスタートから連続でパーが来て5番が終わった段階で1バーディー、1ボギーのパープレーだったのですがそう上手くいくはずもなく6番、7番でダボ・トリを叩いてしまいました。

8番と9番は、パーセーブして午前のアウトは、41STだったので練習不足の怪我人ということを考えれば十分過ぎるスコアでした。

普段あまり出ないような想定外のミスが今日4発位あったのは、仕方ないかなと割り切れる位今日プレーできたことの方が、嬉しく感じました。

タイトルのアンビリーバボーな出来事は、後半に起きました。

続く

続きを読む

2014/04/01

4月スタート

今日から4月、風も穏やかで最高の気分です。

春だぁ~ 春だぁ~ 

明日は、ゴルフの予定が入っていてギリギリまで悩んでいましたが予定通り行くことにしました。

あまり無理は出来ませんが、今朝素振りをしても痛みはなかったので先ほど練習場に行って来ました。

先々週に届いたX HOTプロ(17度)も今日初めて打ってみましたが調子悪くてコメントなんて言えません。

とりあえず明日は、天気も良さそうだしミスショットにも熱くならず18ホール出来れば嬉しいですね。


201404012.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。