2014/11/29

915D3コースデビュー

昨日は、同僚と取引先の方を交えたPVゴルフに行って来ました。

最近ちょくちょくラウンドしている霞南GC多分ホームコースよりプレーしているんじゃないでしょうか。

201411062.jpg


前にも書きましたがグリーンも含めコースメンテが俄然よくなりカート導入でプレースタイルも変わったせいか客足も順調に伸びているようです。

この辺りは、良質なゴルフ場も多く圏央道も開通し便利になったのでゴルファーの評判は大きく左右されると思います。

今日のグリーンコンディションもスティンプメーターで10フィートとなっていましたのでグリーンも大きくアンジュレーションもあるグリーンでは下りのパットは、要注意。

練習グリーンも良い早さに仕上がっていました。

今回一緒したSさんは、赴任先の海外でも全英オープン開催コースなどでのプレー経験も豊富ですが、今年の春先に霞南GCでプレーしてそれ以来だったのでその変わり様には、かなり驚いていました。

1年半ぶりに一緒した女性のKさんがどれだけ上手くなったかもちょっと楽しみでした。

201411285.jpg
(※ 13番ショートホールのティーグランドに向かうKさん。)

アウトコースからスタートしての915D3の記念の第1打は、しょぼい当たりの悪いスライスボールでフェアウェイ左サイド。

左の林OBの上に飛びだしたボールは、スライスして戻って来て助かりました。

セカンドショットでピンの左手前5mにナイスオン。

上りのパットでしたが、左サイドがかなり高いので同じラインから先に打ったSさんのパッティングが参考になり50cmくらい切れると読んで打ったパッティングは、ジャストタッチでオハヨーバーディー発進。

あやうくOBのはずがバーディー発進となりしょぼいティーショットを忘れることが出来ました。

続く2番は、打ち下ろしの長いミドルホールですがここは、引っ掛けショットで左サイドのラフセカンドショットがハーフシャンクとなりグリーン手前の池ギリギリで助かりました。

ピンが一番奥目で3打目を突っ込み切れずボギーとして早くも貯金を使っちゃいました。

3番ロングホールのティーショットがやっと納得の当たりが出てこのホールと次の4番ショートホールは、パー。

ショートホールは、1.5mに付けましたが決め切れずちょっと残念。

テニスは、毎年社会人の大会で全日本まで行っているKさん(女性)のティーショットは、素晴らしく4人の中で一番安定していました。

推定200ヤード近くいつも飛ばしているのでレディースティーとは言えオーバードライブされてさえない表情のO君。

アイアンショットもまずまずなのですがFWやUTなどのロングショットが上手く打てずグリーン上でも苦労していましたがその辺が上手くなればゴルフの世界でもかなりいけそうな気がします。

その後のキャロ助ですが5番のミドルホールで早いのを意識しすぎてファーストパットをかなりショートして3パットのボギー。

続く6番のロングホールの3打目がバンカーのあごに近い目玉状態から出すには、出しましたが寄せきれず連続ボギー。

7番のショートホールも難しいパッティングが残りましたが何とか2パットで収めてパー。

8番のミドルホールは、すっぽ抜けのドライーショットで右のラフでしたがセカンドショットでスタートホールと同じような距離とラインに乗せて何とここもバーディーとは、ビックリでした。

午前最終ホールは、セカンドショットを左に外し下りの早そうなアプローチをショートして1.5mのスライスラインを決め切れずボギーとして午前のプレーは、38ST(17PAT)で終了。

お昼は、人気の親子丼を美味しく頂きました。

午後のインコースのスタートホールは、ティーショットをひっかけて左のラフ。

セカンドショットも左に外しますがアプローチを上りの1mに付けてナイスパー。

11番の緩い左ドッグレッグでは、この日初めての会心のドライーバーショットが打てました。

推定250ヤードのドライブでここもパー。

そして次の12番のロングホールで今日一番のスーパーショットが生まれました。

ティーショットは、少し右目に出て右サイドのグラスバンカーのマウンド群の中に突っ込みラフは、もうこの時期なので枯れてしまってありませんがディボット跡に近い状態のところでボールのすぐ先は、マウンドがあり一番低い所からスライスを打たないとマウンドに当たりそうな状況でした。

最初7番アイアンで確実に出そうと思いましたがユーティリティー(910H)に持ち替えスタンスを左に取りフェイスをかなり開いて振りぬいたショットは、マウンドの土手をクリアしてゆるいスライス回転でグリーン方向へ気持ち良い弾道で飛んで行きました。

一部始終を近くて見ていたO君も歓喜の声で「すげぇ~。ナイスショットです。」と言ってくれました。

かなり冒険でしたが、多少マウンドに当たってもある程度前には、飛ぶだろうという判断からでしたが前回のセントラルGC西コースでインテンショナルフックも上手くいきトラブルで活躍してくれた910Hは、これからも良い武器になりそうな気配です。

打ち下ろしの13番ショートホールは、手前に広がる池も気になりますが池を嫌がりグリーンの右に落とすと厄介なグラスバンカーが待ち受けています。

ここは、何とかグリーンに噛り付き2パットのパーで次から始まる難所の霞南GCのアーメンコーナーへ向かいます。

14番から16番は、距離もありティーショットだけではなくセカンドショットもグリーンもタフホールが続きますが技術がないので3ホール連続ボギー。

次の17番ショートホールは、御神木がグリーンを遮るタフなショートホールで最後の18番がやや短いロングホールのため2組待っていてここで20分近く待たされることになりましたが、逆に3連続ボギーの嫌な気分をクールダウン出来て良かったです。

17番の難しいショートホールをパーとして今日のショートホールは、全てパー。

最終ホールの18番ロングホールは、やや大きなスライスボールでしたが距離は、まずまず出ていたのでセカンドショットでグリーンを狙える距離なので前の組がグリーンを終えるまで待ちました。

ただグリーン手前100ヤード地点からグリーンの左奥までぐるりと池に囲まれているので右サイドから攻めるしかありません。

kanan18.jpg
(※ グリーン手前に刻んで3打目勝負のO君)

失敗しても右というセオリー通りのセカンドショットでグリーンの右花道近くに運びアプローチショットを1mに付けて最後は、バーディーで終了。

後半も3ボギー1バーディーの38STで今日のプレーが終わりました。(トータル76ST

肝心の915D3の感想ですが自分自身のショットの調子が悪かったせいか逆にミスをある程度カバーしてくれているんじゃないかという感想を持ちました。

多分ナイスショットすれば910だろうが913だろうが、別のドライバーであろうが飛距離が格段に違うことはそれほどないと思っています。

もちろんシャフトやヘッドのロフトが合っていると仮定しての話ですけどね。

そういう意味では、915D3だって特別飛ぶクラブではありませんが昨日は、明らかに芯をかなり外したと思われる手応えのショットが何回もありましたが大きく距離をロスしてしまったりとんでもなく曲がったりするような結果となったショットはありませんでした。

けっこうミスをカバーしてくれている印象があるのでその辺は、今後何度かラウンドで試してみる必要がありそうです。


201411292.jpg

2014年11月28日 霞南GCのラウンドにて使用したセッティング
1W タイトリスト915D3(DIAMANA B60S)
3W キャロウェイ X HOT(DIAMANA B60S)
4W キャロウェイ X HOT(DIAMANA B60S)
UT タイトリストVG(3U)、910H、RC BBDツアーVS(4U)
アイアン RC BBD 705V Forged(5I~PW)※モーダス3
ウェッジ CG17フォージド52度、クリーブランドF1 58度
パター テーラーメード ゴーストマンタ
ボール スリクソンZスター



にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2014/11/27

915D3打ってみました。

今週注文したタイトリスト915D3ですが28日に届く予定が1日早く届いたので遅く帰ってきたにもかかわらず50球だけ打って来ました。

レンジに行く前に今まで913D3に装着していたエースシャフトのディアマナBを915D3に予備シャフトのディアマナRを913D3に装着して打ち比べてみました。

この数カ月は、913D3とディアマナBの組合せだったのでシャフトの特性は、分かっているのでヘッドが915D3に装着してどうなるのか楽しみでした。

アプローチ・アイアン・UTと20発程度打ってからいよいよ915D3の登場。

構えた感じは、913D3とヘッド形状が似ているので全く違和感はありませんがヘッド上部のマークは以前の方が良かった気がします。

201411271.jpg
(※ ソールのデザインは、だいぶ変わり一番特徴的になった溝のついた915D3)

201411272.jpg
(※ 左915D3、右913D3)

素振りを2~3回していよいよ1発目を打ってみることにしました。

どのクラブでもそうですが1発目というのは、練習場でもなかなか緊張感があるものです。

期待と不安が入り混じるからなのかもしれませんがこれから暫くは、相棒として良い働きをしてくれるかどうか占う上のでの大事な一打なんですよね。

練習場での1発目とコースでデビューさせた時の1発目両方ともに同じ気持ちにさせられます。

さてその1発目は、ホッとするナイスショットでした。

アドレスした方向へ真っ直ぐの中弾道でネットの中段まで飛んで行きました。

まずは、良く出来ましたというところでしょうか。

続けて5~6球打ってみましたが許容範囲の中に収まるショットでとりあえず評価点は、高い点数が取れて良かったです。

打った手応えは、夏に打つのと寒い時期に打つのとでは、全く違った感触になるので分からないというのが本音です。

アイアンで打ってももうだいぶ寒くなって来ているので夏打っていたようなボールの柔らかい感触は、ないですからね。

打球音に関しては、「カコン」というような乾いた音はあまり好きとは言い難い気がします。

910D3が打球音も打った手応えも一番良かったと思います。

913D3に持ち替えて打ってみましたが最近打っていないシャフト(ディアマナR)だったので違うクラブと打ち比べているようで参考にはなりませんでした。

こちらの方が、シャフトも長くバランスもやや重めなので振った感じが全く違いました。

結局913D3を打つのは、5発程度にして残りは全部915D3を打って終了。

915D3は、ある程度ヘッドスピードが無いとドロップしてしまうのでロフト角を間違えないようにというような評価をネットで目にしていたのですがその辺は、9.5度で問題なさそうでした。

明日、コースで実際に試してみようと思います。

にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
2014/11/26

我慢しきれずに・・・・ウッ !?

今年は、もうないと思っていたんですけどね・・・・w

我慢しきれずに買っちゃいました。

タイトリストのニュードライバー915D3

振り返ると2年前のこの時期だったと思いますが当時使っていた910D3わりと気にいってました。

ちょうどR.マキロイがタイトリスト契約で全米オープンでブッちり優勝して使っていたのが913ということで予約発売されて即決でした。

それから早いものでもう2年経つんですね。

タイトリストは、テーラーメードやキャロウェイに比べればニューモデル発売のサイクルは、それほど早くありません。

2年というのは、そろそろ飽きが来るという年月としたらちょうど良い年数かもしれません。

910から913に変更した時も別に910がダメになったとかではなく913は、910より飛距離が出るという宣伝文句にまんまと引っ掛かったわけです。

頭の中では、そんなことはないと分かっていたんですが、もしや???と思っちゃうんですね。

川村プロが、15ヤード以上伸びたなんて言ってましたからね。

妄想もあるんですが、やっぱり2年から3年というのが買い替えの目安なのかもしれません。

さて913の後継モデルは、915シリーズ。

915d3.jpg


頭の9は、タイトリストのウッド系の番号で残りの2ケタは、年度なのですが次の2年後の名称は、917シリーズとなるんだと思います。

ところで購入したのは、915D3ということでずっとD3を使っているので今回もD3 にしました。

D2は、D3に比べると若干シャローで投影面積も大きく好みが分かれるところ。

d2d3.jpg
(※ こうやってみるとずいぶん違いますよね。借用写真です。アリガト)

910D3を使う前は、スリクソンのドライバーを使っていたのでヘッドのデザインの流れとして必然的にD2よりもD3の方が、移行しやすかったですね。

今回、前シリーズと何が変わったのかというとソールのフェィス寄りの溝。

溝に関しては、テーラーのRBXやナイキ、アダムスゴルフなどが先取りしてましたがタイトリストも後発ながら採用したということは、やっぱり飛距離に関して大きな意味があるのだと思います。

その辺の事は、タイトリストのHPにビデオ入りの説明がありました。

明後日あたりに届く予定なのでまだ打ってはいませんが、飛距離に関しては前回の件もあるのであまり期待は、していません。

913の時は、910より飛距離性能が大きく変わったということで心踊らされ即買いでしたが期待したほどの飛距離の伸びは、感じられませんでした。

打感に関しても910より硬く感じたので正直がっかりしたのが本音でしたね。

今回も飛距離性能を謳っていますがそれほど変わることはないと思うのですが、今回気になったのがヒールヒットに強いというコメントが多く目に止まりました。

自分のヒットポジションがヒール気味というのが比較的多く酷い時は、1日中ヒールで打っているので極端に距離が落ちてしまうことが前々回の潮来CCでもありました。

これから冬に入りボールの飛びもだいぶ落ちるのでヒールに当たってもそこそこ今より距離が出れば御の字というくらいの気持ちで今回は、替えることにしました。

シャフトは、現在使用中のディアマナBを使うつもりだったのでどうせ使うこともないオリジナルシャフトが付いているドライバーを購入。

今夜と明日は、ちょっと用事があって練習に行けず明後日のラウンドにも間に合わないので、ちょっと残念ですが週明けにでも試打して感想を書いてみようと思います。

にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
2014/11/25

効果が出たのか?

リシャフトした2本(クリブラCG17アプローチウェッジとRC BBD’SツアーVS UT)の試打を兼ねて昨夜、練習に行ってきました。

リシャフト効果が大きかったのは、想像と違いアプローチウェッジの方でした。

シャフト内には、バランス調整用の錘が込められていたせいか重心位置がネック寄りの高い位置にずれるので芯で捉えた感触があまりなく、ボールの飛び方とも一致していなかったように感じます。

今回は、バランス調整を重心位置の真裏に鉛を張って調整したので、打った手応えとボールの飛び出し方が全く変わりしっかり捉えたと思った時は、狙い通りの球筋で飛んでくれました。

重量的には、軽くなりましたが良い意味でその差以上に軽く感じるのは何故なんでしょうか?

何だか別物のウェッジに生まれ変わったようでいつも以上にアプローチショットに時間と球数を費やしてしまいました。

練習場では、なかなか良い感触を摑みましたがフィーリングが変わってしまったのでコースでどうなのか一抹の不安を感じます。

一番使う回数が多いクラブなのでラウンドを重ねて慣れるしかありませんね。

一方ロイコレのツアーVSユーティリティーは、重量的に重くなっているのにそれほど重くなったような感触がありませんでした。

シャフトのバット径が細くなった分グリップが、細くなりそう感じるかもしれませんが・・・それともただ鈍感なだけかもしれません。

弾道の高さは、少し低くなったような気がしますが以前のように吹き上がってしまうことが押さえられシャフト自体の腰折れ感はなくなり振りやすくなりました。

それほど大きな効果や違いは、感じませんがこちらも実際のコースで試さないと何とも言えません。

今週は、市原GCの月例で使用するつもりでしたが急な事情が出来てしまい参加できなくなってしまいました。

振り替え休みが金曜日に取れそうなのでそこで使ってみるつもりです。


201411216.jpg


にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
2014/11/23

リシャフト完成。

一度は、バックから抜いたロイコレのBBD'S TOUR VSのUTをお倉入りせずにコースにより他のクラブと使い分けることにしました。

ただシャフトがいまいち好きになれないNS950だったため、他のアイアンと同じモーダスⅢにリシャフトしました。

1本も2本もリシャフトの手間は、変わらないので6月から使用中のアプローチウェッジ(CG17)も同じモーダスⅢへりシャフト。

昨日は、シャフト抜き、ソケット装着と接着作業を終わらせ、硬化待ちで終了。

本日帰宅してからシャフトをカットしてグリップを装着しました。

TOUR VSには、イオミックが入っていたので同じイオミックのブラックアーマーを入れてみました。

ロイコレのアイアンセット(705Vフォージド)にイオミックが装着されていたのではじめて使いましたが、とにかく雨の日に使っても滑られないのが素晴らしいと言う印象です。

アプローチウェッジは、サンドウェッジ同様ツアーベルベットラバーのバックライン無し。

ウェッジは、ずっとこのグリップを装着していますが在庫が無くなり次第雨に強いイオミックに変えていこうと思います。

抜いたヘッドをきれいにクリーニングして重量を測ってみるとさすがロイコレ、ヘッド重量が245.5gとしっかりありバランス調整用の錘など入ってなかったのでグリップ装着後にバランスを測ったらD1.7でした。

これなら完璧です。

アプローチウェッジ(クリブラCG17)は、294.2g(ウェッジとしては、軽め)でシャフト内にバランス調整用の錘が入っていたのでそのままシャフトを挿すとC9と少し軽いバランスに仕上がりました。

2gで1ポイント増えるので厚めの鉛をスポットの真裏に貼ってD1に調整。

これでボケ感がなるなればやった甲斐があるというもの。

バランスが軽ければ軽いでいいからシャフトに錘を入れるのは、勘弁してほしいですよね。

明日帰宅してから夜錬で試打の予定。

201411076.jpg

にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
2014/11/22

セントラルGC西コース

昨日は、会社の同僚とセントラルGCに行ってきました。

先月も1度プレーしているのですがその時は、東コースで今回は、西コースです。

201411211.jpg


201411213.jpg


天候は、前日の雨がうそのように快晴で気温も17度くらいまで上がり2ホールくらいでセーターを脱ぎました。

現在の難易度は、東も西も同じくらいだと思いますが以前は、個人的に東コースの方が好きだったのでラウンドした回数は東コースが圧倒的に多いです。

でも今年になりコースを9ホール入れ替えたことで趣が変わり東、西どちらをラウンドしても良いかなと思えるようになりました。

軽く練習してからアウトコース1番からスタートして5番まですべてパー。

4番ロングホールの3打目をバンカーに入れてピンチでしたがそのバンカーショットを1mに寄せてパーセーブしたのは大きかったです。

6番ミドルホールは、アゲインストの中ティーショットを失敗して長い距離のセカンドショットが残りUT(VG3)でナイスショットしましたがグリーンの左に外れて逆目のアプローチを寄せきれず初ボギー。

7番ミドルは、グリーンの右に切ってあるピンに対してセカンドを引っかけて左に乗ってしまい3パットのボギー。

8番ショートホールは、ティーショットを左のバンカーに入れて1.5mに寄せてパー。

9番ミドルホールは、ティーショットを左に曲げて前方の木が邪魔で横に出して3打目で乗せられずアプローチも寄らずダボで午前を終了。

前半良いプレーが出来ていたのに上がりでバタついてしまい4オーバーは、情けない。

後半のインコースは、難しい17番でボギーでしたがその他は、全てパー。

17番のパーパットは、登りの1.5mで打った瞬間入ったと思ったら半周して飛び出てしまったのは残念でした。

ショット的には、ミスもずいぶんやっちゃったんですがアプローチパットの距離感が良かったので助かりました。

本日のベストショットは、2番ロングホールのセカンドショットでした。

ティーショットは、捕まったフックボールで左のラフ。

あと10ヤード右であれば狙い所のポジションが見通せるところだったのですが・・・前方には、高い木々があるので斜め右に出すだけなら100ヤードがせいぜいでそれ以上距離を欲張るとカート道路を突き抜けて右のOBという場面。

前方高い木の右からフックが打てれば最高の場面なのですが、幸にも順目のライでボール半分くらい沈んでいましたがここで910H UT を使ってみました。

VG3よりロフトがある分フックをかけるのに少し被せてもボールが浮きやすくラフに当り負けしないだけのシャフト重量があるのでこの場面では有効だと判断して910Hをチョイスしました。

インパクト前に伸び上がらないよう気をつけて打ったショットは、思ったとおりの弾道でナイスショット。

木の右を抜けていったボールは、軽いドローがかかりセカンドポジションを示す黄色い旗を越えて最高のポジションを捉えることに成功しました。

このショットは、狙ったところに狙ったショットが打てて気持ち良かったです。

このショットでスタメン決定です。

逆にスタメンを外れそうなのが5W。

実は、前日3Wと4Wをバッグに入れたつもりが4Wと5Wが入っていました。

セントラルGCは、ロングホールが5つあるので必然的にUTよりも飛距離のでるFWを使う場面もありそうですが中途半端な距離が残るのであればUTで50~80ヤード残した方がピンによる確立が高くなります。

夏場と違い今の時期は、30ヤード前後残してしまうと薄芝で砂が多いライからボールを拾うのが難しくなるからです。

昨日5つのロングホールのセカンドショットでFWを使用したのが1度だけでした。(※ 他では7番のティーショットで使用。)

5番ストレートなロングホールのセカンドショットで4Wを使ってみたのですが久々に使った割には、完璧な手応えで多分打ち損なったティーショットより距離が出ていたかもしれません。

この場面は、ティーショットが飛んでなかった分セカンドショットで距離が欲しかったのですが5WだとVG3のUTと距離が変わらないので選択肢がありませんでした。

前回の潮来CCでも5Wの出番はなくスタメン落ちとなりました。

考えてみるとコブラでは、夏場でも200ヤード前後の距離が届かなかったので5Wを入れていたのですがVG3を入れることにより今後も使う場面がなさそうです。

次回からは、5Wの変わりに4Wを入れ3W、4Wの2本でセッティングする時は、ロイコレTOUR VSを外しFW1本で行く時は、TOUR VSをバッグに入れるセッティングになりそうです。

2014年11月21日 セントラルGCで使用したクラブセッティング

1W タイトリスト913D3(DIAMANA B60S)
4W キャロウェイ X HOT(DIAMANA B60S)
5W キャロウェイFTオプテフォース(DIAMANA +62S)
UT タイトリストVG(3U)、910H、RC BBDツアーVS(4U)
アイアン RC BBD 705V Forged(5I~PW)※モーダス3
ウェッジ CG17フォージド52度、クリーブランドF1 58度
パター テーラーメード ゴーストマンタ
ボール スリクソンZスター

にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
2014/11/21

やっぱり捨てがたい?

タイトリストのUT(VG3)は、ラウンドで3回使って練習場でもかなり打っているので大分馴染んで来ました。

やはりコブラのUTよりは、10ヤード近く距離が出ます。

一方910Hは、前回のラウンドで1度しか使う機会がありませんでしたがまずまずのショットが打てました。

VG3と比べるとライ角が少しフラットな感じがするので1段階アップライトに調整してレンジで打ってみたら良い感じになりました。

UTの2本は、これでスタメン入りが確定となりましたがVG3の距離が少し伸びた関係で逆に浮いたクラブが、5W(FTオプティフォース)何球かずつ打ち比べてみても距離においてほとんど差が無いように感じます。

これだったらコースにもよりますが、5Wを抜いて4W(キャロウェイ XHOTプロ17度)を入れるかフェアウェイウッドを3Wか4W一本にしてUTを2本とロイコレ TOUR VS UTを復活させて使い分けしようかと思案中。

先日までは、ロイコレをお倉入りにしようかと思いましたが飛ばないけど確実性があるので何とも捨てがたい。

先日の潮来CCでもバッグに入れていたので使ったら完璧なショットとなりグリーンをキャッチ。

レーザーでは、173ヤードでしたがアゲインストと打上げを入れると実質180ヤード以上
は、あったと思います。

最初は、5番アイアンを持っていましたが傾斜がきつくボールもある程度上げなければならないのでTOUR VS UTを使ったらビシッと当たりナイスオン。

これから芝が無くなり霜が融けた後のぬかるんだウェットなライから5番アイアンでしっかり打ち込むのは難しいですからね。
5番アイアンよりもソールが広く中空構造のTOUR VSの方が、ボールを拾うのは確実にやさしく感じます。

ということでTOUR VSには、アイアンと同じシャフトを(モーダスⅢ)にリシャフトすることにしました。


201411216.jpg

にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
2014/11/17

一気に来た!

昨日夜勤明けで疲れが取れないまま本日は、潮来CCでのラウンドとなりました。

先週に引き続き予報が、雨だったのですが今日も晴れに変わりました。

晴れ男も良いのですが今日は、正直ゆっくりしたいところでしたが昨日は、早めに寝たので疲れも取れてスッキリと目が覚めました。

朝は、結構冷え込んでいて着る物が迷いますよね。

曇ったり晴れたりだったせいか気温も上がらず、今年初のセーターを着てのプレーとなりました。

昨日のゴルフの録画を見ましたが御殿場は、相当寒かったようでプロは、手袋をしたりダウンジャケットを羽織っていましたがそろそろそういう時期なんですね。

考えたら今年は、もう7週間しか残ってないんだ

潮来CCと言えば最後に行ったのは、もうだいぶ前だったので手帳を見返したら4年(2010/6)も前でした。。

月日が経つのは、早いものです。

その時のスコアは、77STだったのですがSOUTHコースの方から周っているので今日とは、ラウンドするコースがハーフ違ってました。

今日は、アウトコースからスタートしてスタートのロングは、パー続く長めのミドルもパーとまずまずの滑り出しだったのですが、ドライバーがヒールの擦りスライスばかりで全然飛びません。

201411171.jpg


201411172.jpg


寒さもあるんでしょうが、230ヤードの旗を越すことがありませんでした。

アイアンも1番手半くらい飛ばない事もあって寄せワン寄せワンの連続で前半をボギー4つで凌ぎ切りました。

後半のインコースは、少しマシにはなったもののいつもの当たりには、程遠く何がどうなっているのか分からなくなりました。

201411175.jpg


201411174.jpg


201411173.jpg

いつも一緒にやっている連中に置いていかれてばかりでだんだん力みも出て来たのか途中からは、俺ってスライサーだったっけ?

「どうしちゃったの。」と言われる始末。

「こういう時もあるさ。」と顔では笑っていましたが心中は、かなり凹んでました。

それでも大きくグリーンを外すこともなく少し届かないだけなので大叩きになることはなく後半、バーディーが1つ来て39ST

トータル79STなのでスコア的には、十分なんですがこれだけ飛ばないと情けなくなっちゃいます。

救いは、UTだけはミスなくそつのないショットが打てましたが今日初めて持ち込んだタイト910H UTも2回使ってみましたが良いショットが打てました。

VG3よりは、高い弾道で距離的にもVG3よりキャリーが落ちるのが確認できたのでロフトの設定は、このままで良さそうですがライ角を少しアップライトにした方が良さそうです。

今日の事は、もう忘れて泥のように眠りにつこう。

2014年11月17日 潮来CCで使用したクラブセッティング
1W タイトリスト913D3(DIAMANA B60S)
3W キャロウェイ X HOT(DIAMANA B60S)
5W キャロウェイFTオプテフォース(DIAMANA +62S)
UT タイトリストVG(3U)、910H、RC BBDツアーVS(4U)
アイアン RC BBD 705V Forged(5I~PW)※モーダス3
ウェッジ CG17フォージド52度、クリーブランドF1 58度
パター テーラーメード ゴーストマンタ
ボール タイトリストV1


にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
2014/11/16

グリーン上の仕切り屋

前回書いた記事「飛距離の妄想」に登場したMさんの話の続き。

Mさんショット力は、かなりもので大きなミスショットはほとんどありません。

ちょっとヒールを食った距離の出ないドライバーショットが何発かありましたが、OBになったりハザードに打ち込んだりはありません。

年齢の割には、しっかりとしたスィングなのでそれなりに練習を積んだのだと思います。

とにかくおしゃべりで他の人が打つギリギリまでしゃべっています。

話す内容も意識的なのかどうかわかりませんが、ロングホールで2オンを狙っている時に「ライが良いからきっと2オンできるよ。」とか「池越えだけどキャリーで180もあれば楽勝、楽勝!」とか言って来るのでウザったくて仕方ありませんでした。

何せ飛距離には、拘わりがあるようでその会話の内容は、前の記事に書いたとおりです。

それとは、別にグリーン上で仕切るのが困ったものでした。

数ホール消化すると、Mさんパッティングに関して苦手意識があるのが見て取れました。

ショットに比べると構えてから打つまでが長くインパクトの時にボールを追うように体が動きます。

顕著なのがワンピン以内のパッティング。

2組のPVラウンドでしたがコンペでもなく和気藹々のゴルフだったのでワングリップくらいは、OKと言う気でいたのですがグリーン上になるとMさんが何かと仕切りたがるんです。

自分のパッティングでは、真横や上からの70~80cmは、誰もOKと言っていないのに「頂きま~す。」と言ってパターでボールを掻き寄せ拾い上げてしまうのに他の人がもっと短い距離を残しても

「短くてもそれは、ちょっと難しいからOKは、やれないね。」だって。

最初に言われた時にキャロ助は、「はい、わかりました。」と言って強めにコンと打って入れてから「自分は、OKなしで良いですよ。」と答えました。

そうかと思えば20~30cmくらいの目をつぶっても入るようなパッティングが残った時は、「OKです。」と言っているのに「いやいや、こういうのも外す時があるから。」と言ってきっちりマークして慎重にカップインするんです。

他の人は、困惑した様子で完全にMさんペースに嵌ってしまいました。

午後の何番かのホールでMさんが、スライスラインの80cmくらいのパットを残した時にライン上だったので「お先にどうぞ。」と言ったら先に打って外してしまいました。

カッとなったのか無造作に打った返しの50cmくらいのパットもカップでくるっと回って外してしまいそれからパットがメロメロ。

その後は、80cmが残っても無言でサッサと拾い上げていました。

その代りかどうか分かりませんが、他の人にも1m近いパットにOKを出していました。笑

やれやれという感じの人でしたね。

201411063.jpg


にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


2014/11/15

910H UT打ってみました。

201410192.jpg


タイトリストの910H UTを打ってみました。

実は、数日前も1度夜練で打ったのですがその時は、霧のため落下地点が全く見えず距離の比較ができませんでした。

今日は、快晴で昼間のうちに練習したので落下地点もはっきり見ることが出来ました。

ロフト表示は、標準のA1ポジションで21度なのでロフトを0.75増やして21.75度にしてVG3とのロフト差が3度弱とりあえずこれで試打してみました。

A1ポジション(21度)では、打っていないのですがVG3と比べると明らかに球道もたかく落下地点も違うのが目視できました。

VG3の3UTは、以前のコブラより少し距離が出る分910Hとのピッチの差が開かずちょうど良い感じです。

打つ前は、重量が370g近いので振り切れるかどうか懸念してましたが、全く問題ありませんでした。

アイアンの延長と考えれば適度な重さを感じて振りやすかったです。

打感は、ちょっと硬めに感じましたが気温が低くなって来たのも多少影響があるかもしれません。

今日は、左からのアゲインスト気味の風が吹いていましたが吹き上がる訳でもなくドロップする訳でもなく強い弾道が打てるのでさっそくコースで試してみたくなりました。

先日のツアーVSの件もあるので実際のラウンドのいろんな場面で打ってみないと確かな情報が得られませんからね。

距離的には、今の時期であれば190ヤード前後打てればオッケーです。

ところで今日は、ババ・ワトソンがハーフ42も打ってましたがマスターズチャンプもそんなに打つだんとあらためてゴルフの難しさを感じました。

流れが悪いと世界のトップでも修正が難しいんですね。

babaw.jpg


にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
2014/11/13

飛距離の妄想

ここ数ラウンドは、幸運にもこの時期にしては、暖かいラウンドが続いていますがそろそろ寒くなりセーターやジャケットを着てプレーするような季節になってきました。

夏に比べると飛距離が、落ちてくるのでセカンドショットを打つ景色が違ってきますよね。

先日ご一緒したMさんも例外ではなく「夏に来た時は、この辺まで来てたんだよなぁ~。」とボヤキのようなことを言ってました。

だいぶサバ読んでるなと思いましたが・・・?

「そうなんですか。」とさらりと答えました。

このやり取りは、先日霞南GCでご一緒した時のことですが、Mさんとラウンドするのは、この日が初めてのことでした。

数ホール消化すればその方の、スィングやヘッドスピードでその人の飛距離は、同じ条件でやっているわけですからだいたい分かりますよね。

当日は、レギュラーティーからのプレーだったので大体のホールでは、ティーから230ヤード地点に黄色い旗が立っているのですがMさんは、ナイスショットしても旗の20ヤード手前が精一杯。

それなのに夏に来た時は、その旗から30~40ヤード先の地点を指して前は、この辺りまで来たとおっしゃるわけで???

何度か同じようなこと繰り返し言うので段々面倒くさくなっちゃいました。

こっちがナイスショットしてMさんがあまり良い当りでなかったりするとキャロ助との差が50ヤード近く開いてしまうと

「ずいぶん飛んだね。280ヤード近く行ったんじゃない。」

「いえいえ(黄色い旗を指差しながら)その旗が、230ヤードですからそれを10ヤードくらい越えただけなので240が一杯ですよ。」と返すと不満げな顔で無言になりました。

それから換算すると自分のボールが200ヤードも飛んでいないことになっちゃいますから不機嫌になったようで。

それでも昼食の時に自分の飛距離は、だいたい230ヤードくらいだからキャロ助さんは、260~270ヤード出ていたと他の人に言ってましたがこっちが恥ずかしくなっちゃいました。

「230ヤードの旗を一度も越していないのに230ヤードは、ないでしょう。」とも言えず困った困った。笑

その人に限らずネットでクラブのインプレなんかを見ていると評価者の平均飛距離が270~280ヤードと言うのをザラに見かけますが自分の知る限り普通のアマチュアでそれだけの飛距離を持っている人は、インプレで見るほどの数はいませんね。

なので平均飛距離280ヤードでAVスコアが95~105って言っている人のクラブのインプレって悪いですけど読み飛ばしてしまいます。

それよりも平均飛距離が220~240ヤードで平均80前後の人のインプレは、参考にさせてもらっています。

今週VISA太平洋マスターズに出場するババ・ワトソンの平均飛距離が315ヤード前後ですから多くのゴルファーは、妄想に過ぎないのが現実なんですね。


babaw.jpg

にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
2014/11/11

910H UT

ゴルフクラブの買い替えが、大好きな先輩Tさんからシャフトの挿し替えを頼まれたお礼に使う予定がないタイトリスト910H UTを頂きました。

先輩のTさんゴルフギアには、やたら関心が高く何かしらクラブをあれこれと取っ替えるのが生き甲斐のような人なんです。

単品のドライバーは、もちろんですが一番替えるのがパター。

ラウンドは、年に数回しか一緒しませんがだいたいいつも違うパターを使っています。

最近ミズノの養老工場にアイアンをオーダーしたので長く使うと言ってましたが、いつまで使うことやら?

知ってる限りでは、ちょっと前までブリヂストンのクラブを使ってましたがツアステブランドが無くなり嫌気がさしたようでその後ヤマハを使っていたのは、数カ月前だったような気がしますが。

スリクソンも使っていましたが1ヶ月持たなかったと思います。

ところで戴きものの910H UTも1年使っていないので比較的きれいでした。

ロフトが21度なのですがドライバー同様シュアフィットシステムによりライ角とロフト角を変えられるのでロフトは、最大22.5度まで変更可能。

VG3が19度なので21.75度で使うか22.5度で使うか練習場でピッチの差を見て決めたいと思います。

並べてみてVG3と比べるとネックがボッテリしているのがやっぱ気になります。

今月には、タイトのニューモデル(915シリーズ)が発売されるのに今さら910とは、思いますが913を差し置いて910UTを使っているプロもいるようなので使ってみる価値は、ありそうです。

何よりも頂きものなので文句は、言えません。

910Hを使ってみて良ければそのうち915に乗り換えれば良いだけの話ですから。

201411111.jpg
(※右910H 左 VG3)

201411112.jpg
(※ ソファーの上でくつろいでいるのは、オハナちゃん。)

総重量368gでフジクラの80g台のシャフトは、かなりハードかもしれませんがスチールに比べれば軽いので何とかなるでしょう。

さっそく打ちたい気もしましたが、体に張りがあるので明日にでも試打してみようと思います。

にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
2014/11/10

紅葉狩りラウンド

今日の天気予報は、数日前まで雨予報だったのに昨日になって一転して晴れとなりました。

基本的に晴れの確率がかなり高いキャロ助ですが、今日のラウンドも最高の天気になりました。

先週の予定では、夜勤明けだった昨日は、「ゴルフ侍見参!」を見たりしてゆっくり休み今日は、雨の予報でしたが予報が変わることも考慮して念のために予約を入れていたのが大正解。

雨の程度にもよりますがパラパラ程度ならラウンド決行それ以上降りそうなら練習するつもりでした。

今朝の天気は、自宅周辺では青空が出ていたのに郊外に出ると霧が立ち込め30m先が良く見えないくらいの視界で安全運転でゴルフ場に向かいました。

ホームコースの近くまで来るとだんだん視界も良くなって来てスタートする直前には、ゴルフ出来るくらい霧も無くなって来ました。

スタートホールだけ逆光もあり凄く見づらかったのですが2ホール目からは、問題なくプレーできるようになりました。

ホームコースでプレーするのは、ずいぶん久々となりますが先日よりバッグに入れたUT2本を試すには、ホームコースが一番分かりやすいですからね。

今日は、メンバーのEさんと行ったので違うメンバーさん二人組とのラウンドです。

アウトのミドルホールからですが前述したように凄く見えにくくショットの時は、よほどの事が無い限りサングラスをしないのですがさすがにサングラスをかけてティーショットを打ちました。

201411101.jpg
(※ 霧は大分晴れましたが逆光が眩しくてボールが見えません。)

サングラスをして打つとボールが少し大きく感じてボールとの距離が少し変わって見えるので嫌なんです。

サングラスは、あくまでも目を紫外線から守るためにしています。

そんなティーショットは、ボールの行方が気になり右に出てしまってOBが気になりましたが何とかセーフ。

全く見えなかったのは、セカンドショットで打った瞬間視界から消えました。

手応えとスィングからグリーンの右に出た感じがしたのでグリーン右のバンカーの方に行ってみるとバンカー内のボールは、Eさんのボールでした。

一瞬ロストボールが頭をよぎりましたがバンカーの土手のラフに半分埋まった状態で見つかりました。

素振りをすると逆目のライでヘッドの抜けが悪く、距離感を出すの難しいアプローチショットでしたが勇気を持ってカップをオーバーするくらいの気持ちで打ったらピンの下1.5mについて何とかパーセーブ。

次のホールからは、霧も全くなくなり視界良好で空一面が青空に覆われて来ました。

201411104.jpg
(※ 快晴微風の最高のコンディションでした。)

201411105.jpg
(※ メンテは最高なので芝の状態も良くまるで緑の絨毯のようです。)

気分良くパーセーブした次のホールでタイトのVG33UTをさっそく使ってみましたが、ロングのセカンドとして打ったショットは、完璧な当たりで距離も十分出ていてレイアップとしては、最高のショットとなりました。

当然このホールバーディーチャンスに付けたかったのですが3打目が少し噛んでしまってピンの左奥5mに乗っただけでパー。

次に使ったのは、6番ミドルホールのティーショットに使用してこれまたナイスショットでフェアウェイセンターをキープしてセカンドショットもピンハイに付けてパー。

3回目が後半15番のロングホールのセカンドショットで使用してこれは、他のみんなが褒めてくれるようなナイスショットでした。

前回は、1回しか使う場面がありませんでしたが今日は、ロングホールのセカンドで2回とティーショットで使ってみて今後は、かなり使えるという手ごたえを得ることが出来ました。


ここ数回、練習場で打ち比べて感じたことと同様にコブラのバフラーより弾道がやや低く強弾道で距離も少し出ているように感じました。

いや感じるのではなく事実トータルの距離は、5~10ヤードくらい飛んでいると思います。

逆に評価が下がったのがロイコレツアーVS UT

こちらは、フェアウェイや芝の少ないベアグランドのような所からは難なく打てますがラフに入るとやはりネックがひっかかってミスになりやすいということが判りました。

アウトの4番ショートホール(190ヤード)でワンオンに成功しましたが風もあまりなかったので高弾道でも問題はありませんが今日みたいな微風の日は、めったにないのであれだけ高いとちょっと使えないですね。

アウトの8番ショートホールも同じ距離だったので使ってみましたが右からの風に戻されてグリーンをショート。

最後にインコースの17番ショートホールでも使ってみました。

今度は、ややプッシュしてグリーンの右に外したものの寄せワンでパーセーブしましたがボールが高過ぎて不安が残りました。

ティーショット以外では、7番ロングホールのティーショットがフックして左のラフに行ってしまい前方が空いていたので使ってみたら上手く抜けずにまたしても左のラフに突っ込みこのホールをボギー。

前回のラウンド同様ラフからのショットで感じたことは、ネックが長めでフェイスの高さが短いアイアン型のUTは、ボールコンタクトが少しでも狂うと距離のバラつきが激しく飛んだり飛ばなかったりするのとラフに負けてしまい引っ掛かりやすいのが難点だと感じました。

練習場のマットから打つ分には、高弾道のナイスショットが連発できるので気分は、良いんですけどね。

ボールの弾道をコントロール出来る上級者やアイアンが好きでどうしてもウッド型UTが苦手だと感じる人には良いかもしれません。

今時期のラフは、夏場のラフに比べてそれほど強くはないのにこれだけやられるとなるとアイアン型UTは、自分にはちょっと無理のような気がします。

今日で3回使ってみましたがラフには、どうしても入れてしまうのでラフから使えないとなると入れる意味もなくお倉入りが濃厚となりそうです。

シャフト交換も考えましたがロフトが、23度しかない少し広めのロングアイアンと考えればラフから打てないのは、当然なのでシャフト交換も止めることにしました。

それにしても今日は、暑いくらいの陽気で3ホール目からは、半袖1枚でプレーしましたがコース内の木々は紅葉がずいぶん進んでいました。

もう2週間もすれば紅葉も終わりでいよいよ冬到来となるんでしょうね。

201411103.jpg
(※ 落ち葉の黄色や赤に映えてフェアウェイの緑とのコントラストがとてもきれいです。)

201411102.jpg
(※ 半袖一枚のラウンドも今年は、今日が最後かもしれません。)

最後にスコアですが、テストラウンドということもあり色々試していたら余裕が無くなりいつの間にか82STになってしまいました。

2014年11月10日 ホームコースでのラウンドで使用したクラブセッティング
1W タイトリスト913D3(DIAMANA B60S)
3W キャロウェイ X HOT(DIAMANA B60S)
5W キャロウェイFTオプテフォース(DIAMANA +62S)
UT タイトリストVG(3U)、RC BBDツアーVS(4U)
アイアン RC BBD 705V Forged(5I~PW)※モーダス3
ウェッジ CG17フォージド52度、クリーブランドF1 58度
パター テーラーメード ゴーストマンタ
ボール タイトリストV1




にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
2014/11/07

UTの感想

昨日は、予報が変わってまずまずのコンディションでラウンドが出来ました。(霞南GC)

201411062.jpg


以前とは、比べ物にならないくらいグリーンが改善されて良いスピードが出ていました。

でも以前の超重グリーンのイメージが残っているので打ち過ぎて返しを外してしまう3パットが3回もありました。

タッチを合わせられなかった自分が、悪いんですけどね。

グリーンの面積もアンジュレーションも結構大きいだけにグリーンのスピードがあればプレーして楽しいゴルフ場に生まれ変わりそうです。

さて昨日初めて使ったタイトリストのVG3(3UT)とラウンド使用2回目のロイコレ ツアーVS 4UT(アイアン型)についてのお話。

201411076.jpg


とはいっても使用したのは、1回ずつでした。

5番ミドルホールは、やや打ち下ろしで池まで200ヤード足らずの地点に刻みセカンドショットは、池を越えて砲台グリーンを狙うホールなのですがアゲインストだったので軽めのショットでツアーVSを使いました。

肝心な下が止まって引っ掛け気味のショットとなり池まで転がるかとヒヤッとしましたが何とかラフで止まっていました。

でもセカンドショットのライが最悪。

フェアウェイ左サイドにある凸凹のマウンドの中で超前下がり&左足下がりのライからでしたが完璧なショットでグリーンオン。

まぁーそれは、どうでも良い話で使ったのは、これ一回だけのショットなのでもう少しデータが欲しいところです。

内緒の話ですが朝のレンジの端っこのラフから3発だけ4UTで打ってみました。

当然これは、内緒の感想ですから聞かなかったことにしてください。(笑)

どうやらラフからは、ウッド型の方に分がありそうです。

UT(アイアン型)とは言ってもソールがアイアンより少し広めで中空で出来たロングアイアンのようなものなのでラフからは、ウッド型に比べて抜けが悪くミスショットが出やすいかもしれません。

ラフの深さにもよりますがボールが半分くらい見えていないと順目以外は、自分の場合は、技術がないので使わない方が無難かもしれません。

ダメじゃないんですけどシャフトがNS950(S)なので他のアイアンと同じモーダスに変更した方が良いかななんて迷っています。

そして今回が、初下ろしとなったタイトのVG3ですがこちらも1回だけ使いました。

18番ロングホールのセカンドショットだったのですがフォローの風に乗ってティーショットが飛んでいたので残りピンまで210ヤードを狙ってみました。

このホールは、グリーン手前100ヤードくらいからずっと池が続いているので引っかけなどのミスは、NG。

少し左足下がりのライからですが池を越すのには、190ちょいで越せるので気楽でもありませんが少しドロー気味で狙いました。

結果は、ドローせずに真っ直ぐグリーンの少し右に着弾しましたが距離的には、十分届いていました。

花道に止まっていたので15ヤードほどのアプローチを寄せてバーディー。

これ1回だけだったのですが練習場も含めて打った感想は、コブラのバフラーと比べるとロフトが同じなのに球筋が低めでスピン量は、少ないようです。

ヘッド形状は、構えた感じ同じタイトの913に酷似しています。

コブラに比べるとウッド型に近くトゥ側のボリュームがあってヘッドも大きめなので同じ長さでも少し短く感じます。

201411071.jpg


201411072.jpg


フェイスの厚みは、コブラに比べるとシャローでフェイス面も大きめですが下の写真と比べると一目瞭然ですね。

201411073.jpg


レンジで打ち比べてみましたがトータルの距離は、ランが多い分コブラより距離が出るように感じます。

ファーストバウンドが前に低めに飛んでいるように見えました。

コブラは、長年(3年半)使ってきたので信頼度は、上ですがこれからテストラウンドを重ねてどちらを使うか検討しようと思います。

当面、フェアウェイウッドはコースによって3、4,5を入れ替えて使う予定ですがその他は、このセッティングで決まりです。

201411075.jpg

にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
2014/11/06

何てツイているんだろう。

今日は、二組でのPVラウンドでした。

曇り空で今にも降りそうな空を見上げながら家を出るとポツポツ降って来ました。

ただ救いは、予報よりも気温が高く風もそれほどありませんでした。

まぁ~しゃーないなと思いながらゴルフ場に向かっていると「あれっ。」何と晴れ間が出て来ました。

ゴルフ場に着く頃はピーカンとなり予報は、ハイ外れ~。

今日プレーした霞南ゴルフクラブです。

201411061.jpg
(※ 練習してスタートホールに戻る頃は、こんなに晴れてました。)

先月プレーした時は、数ホールのグリーンに砂が入り今一つのグリーンコンディションでしたが今日は、見違えるように良くなっていたのでビックリ。

以前に比べるとメンテナンスが凄く良くなっていました。


昨年は、グリーンもフェアウェイも酷い状態で閑古鳥が鳴いていましたが経営も変わり企業努力によってコースも見違えるように良くなりゴルファーも順調に増えているようです。

プレーフィーは、上がっているのに今日は駐車場も一杯でした。

コースの素材が良いだけに今後も努力してもらいたいものです。

アウトコースからスタートする頃は、今日の予報は何だったんだというくらいの青空のもとスタート。

201411063.jpg


ナイスショット連発で順調にホールを重ねてパーセーブしていましたが、7番ショートホールでクラブ選択のミスでグリーンを大オーバー。

風の計算を間違っていたのとガッツリ当たり過ぎてしまいました。

逆目のアプローチショットは、ピンの向こうに池があるのが目に入り大ショート。

上って下って最後は、右に大きく切れる難しいラインのパットが残り痛恨の3パットでダボ。

それでも8、9番をパーで締めて2オーバーの38STで終了。

後半もティーショット、セカンドショットともにまずまずでしたがアウトより早く感じたインコースのグリーンは、ファーストパットが嫌な距離をオーバーして返しを外すミスが続いたり16番でラフに入ったボールがロストボールになったりで40ST

トータル78STで本日のプレーを終了。

後半は、曇り空となりましたがプレー終了まで雨に遭うことは、ありませんでした。

3時ちょっとすぎに風呂に入り4時前にゴルフ場を出るとまたポツポツと降り出し雨は、本降りとなりました。

何てツイているんだろうと思いながらに立ち寄りコーヒーを飲みながらのんびりと帰りました。


2014年11月6日 霞南GCで使用したクラブセッティング

1W タイトリスト913D3(DIAMANA B60S)
3W キャロウェイ X HOT(DIAMANA B60S)
5W キャロウェイFTオプテフォース(DIAMANA +62S)
UT タイトリストVG(3U)、RC BBDツアーVS(4U)
アイアン RC BBD 705V Forged(5I~PW)※モーダス3
ウェッジ CG17フォージド52度、クリーブランドF1 58度
パター テーラーメード ゴーストマンタ
ボール ブリヂストン貰いもののファイズ




にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
2014/11/04

雨のラウンドって。

北海道は、大荒れだったようですが関東地方の3連休は、予報とは違って最終日は良い天気でした。

今週から気温もぐっと下がり紅葉も一気に進みそうです。

キャロ助も先週辺りから飲むコーヒーが、アイスよりもホットが多くなりゴルフの行きがけに飲むのホットコーヒーの季節がやって来ました。

今週は、思いもよらぬ台風20号が接近してきているので木曜日のラウンド予定も怪しくなってきました。

2組のPVラウンドなので小雨程度ならやる予定ですが雨のプレーって面倒なのでやりたくないですよね。

グリップを拭いたり傘を差したりレインウェアを脱いだり着たり特にこの時期は、気温の変動もあるので寒さ・暑さの対策も考えると超面倒で嫌。

競技ならそんなことも言ってられませんが、不思議なことにキャロ助の雨中ゴルフのスコアって自分で言うのも変ですが割と良いんですよ。

最初から雨が降っている時は、覚悟して我慢が大事と言い聞かせてプレーすることにしているのでミスの許容範囲を広げるのが良いのかもしれません。

他には、雨量にもよりますがちょっとでも滑ると感じたらすぐにグローブを交換するようにしています。

雨天は、余分にグローブを用意しているので3~4枚交換して使いますが宣伝通りでホントに滑らないのであれば、こいつを試してみようかと思っています。

portwikk.jpg


雨天ゴルフは、やりたくありませんが新しく入れたUT2本の雨天でのテストラウンドと考えて我慢我慢のラウンドして来ま~す。

にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
2014/11/01

ラウンド中止!

今朝起きると雨が降っていました。

やっぱ雨男のM君は、さすがです。

これでM君とのゴルフは、3連続で雨。

夜勤明けだったし疲れもあったのでちょうど良い休養になりました。

ゆっくり起床してから練習場でアプローチ中心に100球打ったら良い感触を得たので物足りない気もしましたが打ち過ぎると怪我をしそうなので止めました。

201409301.jpg


その帰りに練習用のグローブを買いにショップに寄ったらなかなか良い出物を見つけたのでお買い上げ。

先日買ったロイコレの4Uは、アイアン型ですが現在使用中の3Uは、もう3年以上も使っているコブラのバフラー

このUTは、とても気に入っているのでエースとしては、外せないクラブ。

今年の春に買ったPINGアンサーハイブリッドは、ソールした時に右を向くのが嫌で手放してしまいました。

その代りと言う訳では、ないのですがタイトリストVG3(2012)の同じロフトのクラブが新品でセール品となっていたので買っちゃいました。

2014年モデルは、カチャカチャ機能が付いていて少しぼってりして見えるのでスッキリ見えるこちらの方が、気に入りました。

自分は、ドライバーでさえカチャカチャしないのでUTには、なおさら要らないですね。

タイトリストのVG3シリーズは、ドライバーにしてもFWにしても910や913の陰に隠れてあまり目だ立たない存在ですが、かなり良いクラブだと思います。

初優勝までもう少しの菊池プロもウッド系は、913シリーズですがUTはVG3を使っているようです。

ここ3年以上、UTだけは変えていませんでしたけど飛距離・安定性が良いのであれば変えてみるしダメなら戻すただそれだけのこと。

帰宅してからは、レンタルDVD(キャプテン・アメリカ)を見てからゴルフを見てのんびりと過ごした1日でした。

にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。