2014/12/29

年末、年始は、寝正月決定!

一昨日は、久しぶりにホームコースでのラウンドだったのですが、アプローチウェッジと九番アイアンを忘れてしまい、12本でのプレーとなりました。

そんなこともありクラブ選択と攻め方を工夫しながらのラウンドは、普段やらないので面白かったです。

結局、このラウンドが、今年の打ち納めとなりました。

本当は、明日が打ち納めだったですが、昨日から熱が出て病院で検査した結果インフルエンザA型にかかってしまいました。

どんどん熱が上がって来て頭が割れそうです。

数日、お休みいたします。

スポンサーサイト
2014/12/27

やっぱ困るわぁ~?!

一昨日は、運転中の携帯電話で反則金を払う羽目となりました。

今朝は、借りてる駐車場に向かうため自転車を出すと何と後輪がパンクしとりました。

自宅の敷地内には、車庫が1台分しかなく今日は、そちらの車をかみさんが用事で使うということだったのでゴルフに行くという立場的に弱いキャロ助が、仕方なく歩いて取りに行くことにしました。

借りてる駐車場まで歩いても5分くらいなのですが予期してなかったのでね。

タイヤは、結局交換することになり4500円也。

それでもって今朝から喉の調子が悪くモヤモヤした感じで、一度咳が出ると止まらなくなってしまう症状の風邪をひいたようです。

熱も無いので大したことは、ありませんが何だかついてないなぁ~って感じです。

色々ありましたが今日の天気は、快晴微風の絶好のコンディションいそいそと久々のホームコースへ向かいました。

少し早目についてのでアプローチの練習をしようと思ったらアプローチウェッジがな~~~~い。???

何で?

あら~と思ってあっちこっちバッグの中を探しますがクラブだもん、ポケットなんかに入るわけもなく・・・。

他にもないものはないかと確認すると9番アイアンもなかとです。

結局パトカーにとっ捕まった日に練習場に行って忘れて来てしまったようですぐさま練習場に電話すると。

あったのでとりあえずホッとしました。

預かってある私のクラブにメモ書きで(多分、キャロ助さんのクラブ)と書いてあったそうです。

だったら電話してよ。と思いましたがとりあえず確認できたので良かったです。

でも考えてみるとさて、困ったな。

9番アイアンは、仕方ないにしてもアプローチウェッジが無いと自分のゴルフは成り立たなくなる訳で・・・。

むっむっ~どうしましょう。

そうだ、そのくらいの距離を残さないようにすれば良いんだぁ~と思ってみたもののスタートホールのセカンドショットでいきなり9番アイアンの距離が残ってしまいました。爆

201412271.jpg
(※ 1番ミドルホールのセカンドでいきなり9番の距離が残りました。)

201412272.jpg
(※ 1番、2番のロングに続き3番のこちらでもティーが前だったのでセカンドで9番の距離が残っちゃいました。)

残り126ヤードだったのですが仕方ないので8番アイアンでスリークォーターショットで打ってみると、少し足りずにグリーンをショート。

3打目は、アプローチウェッジなら何なくパーセーブ出来る所に寄せられそうな距離とライでしたが、これもないのでPWで代用するとわずかにオーバーしましたが何とかパーセーブ。

続く2番のロングホールもティーショット、セカンドショットと繋いで3打目地点に行ってみると何とまた124ヤードという9番アイアンの距離が残ってしまいました。

少しフォローで夏場ならPWを少し被せてガツンと打てば何とか届きそうですが今の時期は、無理。

先ほどと同じ8番アイアンで打つことにしましたが、前のホールでは少しショートだったので今度は、少しバックスィングを大きめに取って打ったショットは、ピン筋に飛んで行きましたが少し凍って硬くなっているグリーンだったので今度は、オーバーしてしまいました。

下りの微妙なタッチが必要なんですが、PWでワンクッション入れてからグリーンに乗せるアプローチで行くことにしました。

今度は、上手くボールの勢いを殺してカップにダラダラと寄って行きまたしてもパーセーブ。

たまたまパーセーブが2ホール続くとMさんもHさんも「あってもなくても大丈夫じゃない。」なんて他人事だから適当な事を言ってくれてます。

グリーン周りのランニングは、PWで上げるアプローチは、SWを代用にあまり慣れていないのでピッタリは寄りませんが何とかワンパット圏内に寄せてパーセーブを重ねて終わってみれば前半のアウトコースは、+3の39STで終了。

一度55ヤードの距離が残りましたがこの距離をサンドウェッジでワンピンに付けてパーセーブ出来たのは、大きかったです。

後半も同じように50~60ヤードの距離を残す場面が、2度ありましたがサンドウェッジでワンピンに付けて全て1パットだったのは、マグレのようなものでした。

201412274.jpg
(※ 池の向こうの14番ホールのティーショットをOB)

結局後半は、14番のミドルホールでチーピンのOBを打ったりアイアンで想定外のミスショットが2回ほどあり41STで終了。

トータル80STでしたが今日は、パットにだいぶ助けられた感があり、少し入らなかったら83~84STといった内容かな?

ともかくアプローチウェッジがあるのとないのでは、全然ディフェンス力が違うということを痛感。

9番アイアンの距離も4~5回あったし使用頻度の高い2本のクラブが無い割には、何とか健闘した方だと思います。

2本無くても二人には、勝ったしね。

201412276.jpg
(※ だいぶ陽も傾き逆光が眩しくショットしたボールの行方が気になります。)

2014年12月27日 ホームコースのラウンドにて使用したセッティング
1W タイトリスト915D3(DIAMANA B60S)
3W キャロウェイ X HOT(DIAMANA B60S)
UT タイトリストVG 3U、910H、RC BBDツアーVS
アイアン RC BBD 705V Forged(5I~PW)※モーダス3
ウェッジ クリーブランドF1 58度
パター テーラーメード ゴーストマンタ
ボール ツアーステージV10


にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
2014/12/25

痛い(ノ_・。)

今日は、クリスマスですね。
我が家は、一昨日クリスマスパーティーを済ませました。

そんなんで夜勤前に先日の閃きを確認すべく打ちっぱに行ってきました。

いつもの練習場に向かう道すがら、いつもの道を走っている途中である事を思いだし悪い事とは、知りつつも携帯を取り出してダイヤルすると「もしもし・・・。」と相手の声が聞こえたのですが・・・・・・・・・・。

何も言わずブチっと切っちゃいました。

ちょうど信号待ちだったのですが、ふと右を向くとパトカーが止まっていて目と目が合っちゃ行って思わず会釈。

パトカーの警官:「運転手さん、左によって止まってください。」

そっ  捕まっちゃいました。

反則金6000円也

電話した相手から着信がありましたが出るに出られず後ほど事情を説明。

高い練習場代となってしまいました。

あ~あぁ~   ついてないやぁ~。

201412153.jpg


にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
2014/12/23

今年のゴルフとクラブについて

今日は、天皇誕生日で明日は、クリスマスイブと今年も残り1週間となりました。

ラウンドの予定は、土曜日にホームコースでプレーするのが今年最後となりそうですが暇なので天気次第では、30日にもう1回行くかもしれません。

年末・年始は、ずっと仕事が入っているので1月5日が初打ちです。(市原GC)

今年のゴルフを振り返ると春先に痛めた腰痛と背筋痛を夏の初めころまでずっと引きずり前半は、ほとんど棒に振った気がします。

まともな練習も出来ずでしたからね。

夏本番を迎えた頃ようやく怪我から立ち直り練習できるようになってから調子もいくらか上向きになりました。

でも最近は、怪我はなくても下降気味でしたので1年を通じると浮き沈みがあるのは、仕方ないことだと思っています。

ただ悩んでいた不調から少し光が見え始めたのでこの寒い時期に怪我をしない程度に打ち込んで調子を取り戻したいと思っています。

その手助けをしてくれるのが自分に合ったクラブなんですが今年は、現在使用しているクラブがサンドウェッジ以外は、年初からすべて替わりました。

ドライバーは、最近替えたばかりなのですが秋以降に替えたタイトリストVG3のユーティリティーとシャフト交換したアプローチウェッジ(クリーブランドCG17)は、調子悪い現在においても頼れるクラブとなっています。

5月に新調したアイアン(RC705Vフォージド)もこれまで使用したアイアンの中では、3本の指に入るくらいお気に入りのアイアンとなり人生初のセンターシャフトのパターも7月から使い始めて最初は、違和感バリバリでした今となっては、他を使いたくないくらい気に入ってしまいました。

強いて言えばFWのみが固定されていませんが今のところキャロウェイのX-HOTに落ち着いています。

唯一今年も替えなかったサンドウェッジ(クリーブランドCG-F1)ですが、もう3年半近く使っています。

他にもサンドウェッジを4本くらい所有していますがほとんど使っていないので新品同様なのにエースのサンドウェッジは、ソールのセンターからヒールにかけてのメッキが剥げてサビが浮いています。

これまでだいぶピンチを助けてもらっている相棒ですが、昨日のラウンドでもインコースの12番ショートホールで左のバンカーに捕まりピンチでしたが、下り傾斜のかなり右に曲がるラインからフワッと上げたバンカーショットがそのままチップインしてバーディー。

アゴが高くて入るところは、見えませんでしたがグリーン上で同伴者が「おぉ~、入る~入る・・・入ったぁ~。」という歓声が聞こえたので小さくガッツポーズが思わずでてしまいました。

良い感じで打てたので寄ったと思いましたが、まさか入るとは思っていなかったので久々のチップインは、気持ちが良いものです。

ウェッジに関しては、使用頻度も高くフィーリングを大切にしたいのでよほど傷みが激しくならない限りは、長く大事に使いたいものです。

前使っていたアプローチウェッジ(タイトリスト ボーケイ・スピンミルド)から今のウェッジに替えたのもサンドウェッジよりも使っている分傷みも激しかったのと反射が眩しく構えづらいことが、何度かあったのでブラックサテン仕様のCG17に交換しました。

現在は、お気に入りのクラブで固めているので当面は今のセッティングで行けそうな気がします。

201310set.jpg
(※ 去年の暮のセッティングは、こちらでした。)

にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


2014/12/22

ラウンド前の練習で閃いたんだけど。

今日は、先週に引き続きPVコンペ2連荘でした。

先週も今週も成田近郊のゴルフ場だったのですが先週の芝山GCも今日の神崎CCもフェアウェイが狭く左右OBが多いのでショットを曲げるとやっかいなゴルフ場です。

成田近辺は、どちらかと言うと狭いゴルフ場が多いような気がします。

天気は、快晴で昨日に引き続きこの時期としては、気温は高めですがやはり寒いのは、寒い。

201412221.jpg
(※ 雲一つない快晴。)

最近はと言うとショットの不調がずっと続いているので狭いコースは、さらに自信が無くなってしまいます。

今日のゴルフ場は、鳥かごの練習場しかないというので途中のレンジで練習してから行くことにしました。

不安を少しでも無くすために寄ったのにひっかけかダフリばっかりでまともに当たらず諦めムードが漂い出した頃に閃きが・・・。

ラスト20発の出来事でした。

これだと思うことが見つかったんです。

スィングの動きの中での修正では、ないのですがそれをやることによって今までと違う動きになるので打ちにくくて仕方ありません。

気になっていた悪い動きが抑えられ打ったボール自体もかなり良くなったのですが、練習では出来てもコースでは気持ち悪くて出来ないだろうと思っていました。

でもこのところずっとダメだったので今日のラウンドでは、活かしきれなくても明日からの練習で慣れていけば必ず良くなるという実感が湧いて来たのでラスト20発での閃きは、大きかったです。

さて本番のコンペの内容ですがショットは、ボールがどっちにも曲がってしまい四苦八苦。

201412222.jpg
(※ フェアウェイよりもこの時期は、ラフの方が打ちやすいですよね。)

201412223.jpg
(※ 左右OBに池の絡む狭いコースが特徴。)

OB2発1ぺナ1回と予想通りの内容ですがその他のホールは、手堅くまとめてベスグロとニアピンをゲット。

やはり狭いコースなので皆さんそれぞれ大叩きをやっちゃたようです。

ベスグロと言っても恥ずかしいスコア(81ST)なので喜び半分、それよりもラウンド前の練習での閃きの方が自分にとっては、嬉しかったです。

帰りに練習場に立ち寄り復習をしましたが、やはり良さ気な感じだったので次回は、ビデオで確認してみたいと思います。

201412224.jpg
(※ ゴルフ場の帰りに遠く富士山が見えていました。)

2014年12月22日 神崎CCのラウンドにて使用したセッティング
1W タイトリスト915D3(DIAMANA B60S)
3W キャロウェイ X HOT(DIAMANA B60S)
UT タイトリストVG 3U、910H、RC BBDツアーVS
アイアン RC BBD 705V Forged(5I~PW)※モーダス3
ウェッジ CG17フォージド52度、クリーブランドF1 58度
パター テーラーメード ゴーストマンタ
ボール タイトリストプロV1


にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村










2014/12/21

グリップ交換後打ちっぱへ。

昨晩は、けっこう雨降りましたね。

でも今日は、朝から晴れて気温も高くゴルフには最高の一日でした。

夜勤明けだったのでゴルフの予定は、入れてなかったのですがちょっともったいなかったです。

こんな暖かくて風のない日は、めったにないので前々からやろうと思っていたアイアンのグリップ交換をすることにしました。

グリップ交換も1本ならすぐにやっちゃうんですけどセットになるとなかなか面倒なのでつい億劫になっちゃいます。

今年の5月に購入してまだそれほど経過してなかったんですがイオミックは、けっこう摩耗が早いのかもしれません。

ただ雨の日に滑らないという点では、めちゃ優れものだと実感してからは次替える時もイオミックだと思っていました。

それまでは、ツアーベルベットラバーのバックライン無をセットで使っていたのですがロイコレのアイアン(BBD'S 705Vフォージド)には、バックラインが入ったXグリップが装着されていました。

グリップした感触は、柔らかくバックラインのテーパーも緩くてバックラインが入っていることをあまり感じません。

人によっては、これバックラインが入っているか分からない人もいました。

自分は、手が小さいので今回イオミックでも細めのスティッキー ブラックアーマー1.8を装着。

20141221.jpg


グリップの重量をそれぞれ測ってみると47.0~47.2gと精度の高さはかなりハイレベル。

そして今回は、交換溶液にブレーキクリーナーを使用してみましたがこれは、なかなかの優れものでした。

今までは、ホワイトガソリンや灯油などを使用していましたが冬乾燥している時には、静電気が起きやすくホワイトガソリンは、ちょっぴり危険だし灯油は、引火性は低くても臭いがきついのが難点。

それに比べるとブレーキクリーナーは、臭いもほとんどなく安全だし揮発もグリップ交換をする時間としては、割とゆっくりなので慌てて調整することもなく自分でやる人には、お勧めしたいと思いました。

後は、グリップが硬化して使用可能になるのを待つだけだったので、これも暖かい日にしかやらない洗車ワックスをすることにしました。

どうせ暮れにやらなきゃいけないので前倒しと言うことでね。

車もグリップもきれいになったところで昼食を取りさっそくレンジでボールを打って来ました。

今日は、練習にもってこいの日なのでいつもより混んでいましたが、待ち時間もなくすぐに練習開始。

グリップの感触は、やっぱ今までより若干細めに感じますね。

そのせいかどうか分かりませんが、いつもよりアイアンが捕まり過ぎて左に行くことが多かったのは気のせいでしょうか?

それにしても今日は、ホント暖かい。

10発くらい打つとすぐに暑くなってセーターを脱いで打ち始めると後ろの方で打っていた人は、何と半袖で打ってました。

今夜からは、また気温が下がりそうですが束の間の暖かい1日を有意義に過ごせた休日でした。

明日は、今年最後のPVコンペに参加予定です。

201412151.jpg


にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村


2014/12/18

近所を散策

昨日、今日と連休でした。

昨日は、暴風の中寒い寒いラウンドをしてきたのですが、風の中のラウンドと言うのは、普段のラウンドに比べるとかなり疲れました。

それと風に煽られてキャップが飛ばされ慌てて斜面を下りた際に濡れ芝で滑ってしまい左肩と腕を強打して今朝の具合を心配していましたが、どうやら大丈夫のようでホッとしました。

見事なくらいずっこけ方が激しかったのですが、打撲というよりも酷い筋肉痛のような感じです。

ずっこける際に危険を察知した筋肉が一瞬にして硬くなったそんな感じでしょうか。

今日も強風が吹いているし大事を取って練習に行くのは止めることにしました。

午前中は、録画して見ていなかった映画(戦火の馬)を見たのですが長い映画の割には、退屈することもなくかなり感動する映画でした。

その後は、遅い昼食を食べ過ぎてしまったので運動がてら近所の近隣公園を一周しようとウォーキングに出かけました。

距離にして6kmをジョギングと早歩きで約1時間でしたが軽く汗をかくくらいの良い運動でした。

201412181.jpg
(※ 家から2kmくらいのところにある近隣公園の中心には、大きな池があります。)

201412183.jpg
(※ 君たちは、寒くないの?)

201412187.jpg


201412184.jpg
(※ 森の中は、マイナスイオンが一杯。)

201412185.jpg
(※ 落ち葉が一杯で靴がすっぽり埋まってしまいます。)

201412186.jpg
(※ もぐらロードの日蔭は、霜が降りていました。)


2014/12/17

嵐のラウンドは、でんぐり返し!?

今日は、爆弾低気圧の影響で北海道や北陸では猛吹雪で九州までも雪となりました。

南関東は、晴れていましたが暴風が吹きとても寒い一日でした。

あまり行きたくなかったのですがコンペ参加のため成田空港の近くにある芝山GCまで行って来ました。

以前に一度プレーしたことがあったのですかなり狭いコースでOBと池が多くかなり苦手なコースと言えるのですが、さらに今日の強風ではどうなることやら。

10番ホールのミドルホールは、左のOBが浅く右は、池でフェアウェイはとても狭くおまけに右からの風が強くかなりプレッシャーのかかるティーショットとなりました。

201412172.jpg
(※ スタートホールもこんなに狭くてプレッシャーがかかる嫌なホールでした。)

201412173.jpg
(※ 午前最終ホールもティーグランドから見ると思わずせま~。)

体も上手く動かない中まずまずのティーショットでしたが、推定飛距離200ヤード。飛ばん

セカンドショットは、165ヤードでしたが完全にクラブ選択ミス。

ナイスショットと思ったらグリーンに全く届かずに20ヤードもショート。

アプローチも上手く寄せきれず2mのパーパットも入らずボギー発進。

ショットもダメでしたが、今日一番ダメだったのがアプローチとパットでしたね。

指先の感覚が寒さのため距離感もタッチも出せないまま終了してしまいました。

ゴルフやる上で指先の感覚ってつくづく大事なんですねぇ~。

11番もセカンドショットが風に流されてグリーンを捕えることが出来ず、早いグリーンにも翻弄されて連続ボギー。

12番ショートホールでは、ピンの左2mに付けましたがバーディーパットは、決め切れずパー。

その後は、寒さと暴風の中プレーを続けるのが、やっとでボギーを取るのが精一杯で午前は、43ST。

後半もさらに風が強くなり上空を飛び交う旅客機が、揺れながら飛んでいるのが見えました。

そして事件が起こりました。

午後のスタートをボギー、パー、ボギーとしてこの頃は、もう早く終わって風呂で温まりたいと思えるくらい寒くティーグランドで待つ時間が苦痛で仕方ありませんでした。

4番のティーグランドに立つと前の組がプレーイング4のティーから全員が打ち直していました。

距離的に届く距離なのでホカロンを入れたポケットに手を入れて待っていると強風が、吹きキャップとキャップにかけていたサングラスが飛ばされてティーグランドから池に向かって転がって行きました。

慌てて斜面を下りて行くと帽子は、もう池に落っこちて風で流されて行きそうになっていたので急いで追っかけると昨日の雨でぬれた枯れ芝に足が滑ってもんどりうって転げてしまいました。

そのはずみで左肩と左腕を強打してしばらく腕が、上がらなくなりプレー続行無理かと思ったくらいです。

痛いのもめちゃ痛かったのですが、セーターが泥でベッタリ汚れてしまいかなりショック~。

痛みをこらえるのとセーターの汚れをふき取るのに他の人に先に打ってもらって、とりあえず素振りしたら少し傷み残っていますが、何とかボールを打てそうだったのでプレーを続けました。

もう完全に戦意喪失でプレーどころではなく早く終わることだけを願いつつ最終ホールのロングホールを迎えた時は、心からホッとしました。

後半もこの暴風と痛めた肩と腕を庇いながらもダボを打つことなくパーが3つボギー6つの42STで終了。

トータル85STでした。

風呂に入って体を温めて帰宅後すぐに湿布を貼ったのは言うまでもありません。

明日、左腕が上がらなかったらどうしよう?

それにしてもアウトコースは、かなり狭くて難しいですね。

コースを云々言うような腕でもないしデズモンド・ミュアヘッドさんには、悪いけど苦手だなこのコース。


201412174.jpg
(※ 池に浮かぶこのバンカーの形は、何?)

201412171.jpg
(※ まだ3時前なのにこの暗い空は、見るからに寒そうでしょ。)

2014年12月17日 芝山GCのラウンドにて使用したセッティング
1W タイトリスト915D3(DIAMANA B60S)
3W キャロウェイ X HOT(DIAMANA B60S)
UT タイトリストVG 3U、910H、RC BBDツアーVS
アイアン RC BBD 705V Forged(5I~PW)※モーダス3
ウェッジ CG17フォージド52度、クリーブランドF1 58度
パター テーラーメード ゴーストマンタ
ボール タイトリストV1


にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村




2014/12/15

雪は、勘弁してね。

明日は、全国的に荒れ模様の天気になりそうです。

関東地方も気温が下がれば雪になる可能性もあるということでちょっぴり心配ですね。

さて夜勤前の昼間練習に行ってきました。

201412153.jpg


最近は、夜帰宅してから練習に行くのは寒さが厳しいのでなるべく昼間に行くようにしています。

先日追加購入したタイトリストのUT(VG3)の22度を練習場で試すことなく先日のラウンド(セベ・バレステロスGC)での使用が先になり練習の方が後になってしまいました。

といってもコースで使用したのは、1度だけで15番ロングホールのセカンドショットで使ってみました。

このショットは、レイアップするショットだったので特に何の問題もないナイスチョットでした。

もっとも同じモデルの19度は、3~4ラウンド前から何度も使っているので不安は、ありませんが910Hとの違いを見る上でも練習場で打ち比べてみることにしました。

今日は、風が一定せずにすぐに変わってしまうのと自分自身の調子が悪く球が散らばりとても評価云々というものではありませんでした。

何を打ってもダメだったので早々に引き上げてきました。

ゴルフってつくづく難しいです。

明後日は、一度行って嫌いな印象だった芝山ゴルフクラブのコンペに参加予定なのですが確か狭くてけっこうトリッキーだったような気がします。

確かここは、デズモンド・ミュアヘッドだったかな~?


201412151.jpg

にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
2014/12/13

実力なりのティーグランド

昨日は、2週間ぶりのゴルフで楽しかったです。

プレーしたセベ・バレステロスGCは、以前メンバーだったこともありコースのレイアウトは頭の中に入っているのですが、だからと言ってその通りに打てる実力はありません。

たまたま昨日は、大叩きになりそうな場面でパットが入ってくれて気分良くラウンドできて好スコアに繋げることができました。

全体を通してのショットは、何回かミスがありましたが想定範囲のミスで収まりダボ以上は、一度もありませんでした。

セベGCにいったことのある方であればお分かりかと思いますが、ちょっとしたミスが大叩きに繋がるホールがいくつかありパーの数のわりに85打っちゃったなんて事にもなりかねません。

昨日は、フルバックからではありませんでしたがそれでも難易度は、高くレギュラーティーからでも侮れないのである程度のショットメーカーには面白いとコースだと思います。

ところで前を回っていたメンバーと思しき3人組は、超スロープレーでとおまけに実力に伴っていない黒ティー(フルバック)からプレーしていました。

積んであるキャディーバッグとクラブは、プロ仕様なのでどんなティーショットをするのかと思ってみていたらルーティーンと素振りを見てダメだこりゃ。

多分前の組とは、1ホール半くらい空いてしまっていたと思います。

ずっと待たされていたうちの組は、前の3人のプレーを見ているので段取りの悪さと進行の遅さにだんだん腹がたって来ました。

ドライバーの飛距離は、ティーマークからレーザーで測ってもせいぜい200ヤード前後のくせに球は、散らばりセカンドショットもダフダフ・・・ポキンポキンとミスショットを連発。

グリーン周りでもバンカーから出ないわグリーン上でも遅いわでイライラ、やっと全員がホールアウトしてピンを立てて次のホールに向かう動作も牛のようにのろくカートに乗ってお互いのスコアを書いているようでなかなか移動しない始末。

4人でプレーしている自分達がこれだけ待っているんだからと急ぐ様子もなく最悪の3人組。

おまけにウェッジを2本忘れて行ってしまい次のホールのティーグランドに来た時に取りに来たクソオヤジが、「ありがとう。」とか「すみません。」とか言うのかと思ったら「だいぶ先まで行ってたから疲れちゃったよ。」しか言わずのっそりと戻っていきました。

あれっ~。お礼も言わないのかよ。

これには、さすがに切れ掛かりましたが可哀想な馬鹿オヤジだと思って多めに見てやりました。

皆、マナーも常識もないクソオヤジどもにに腹立つどころがだんだん呆れてしまいました。

向こうは、飛ばないメンバーでフルバックからやっていてこちらは、バックティーなので一度打ち込むまでは行きませんでしたが転がって近くまで行ったらしくずっとこちらを振り返っている時がありました。

何も言わず行っちゃっいましたが何かとムカつく3人組。

文句でも言って来たら「フルバックなんて百万年はぇーよ。」と言ってやるんだけどなと元ヤンキーで喧嘩が大好きな仲買のNちゃん。

どう見たって110近く打っているゴルファーがフルバックからプレーしてるんじゃ流れは、遅くなりますわね。

フルバックティーからプレーするのがカッコいいとでも思っている人がたまにいるようですが、それは逆ですよね・・・。

昔、師匠に言われたことがありました。

師匠:「ゴルフは、フルバックティー(バックティー)からやななければ上手くならないぞ。」

当時のキャロ助(HDC14くらい):「でも実力がないのでもうちょっと上手くなってからでいいですぅ~。」

師匠:「全員下手だと無理だけど上手い人の中でやる時は、一緒にバックからやらせてもらえ。」

    「その代わりミスショットしたら走れ~。」でした。

それは、もう言われたとおり走りましたよ。

皆さんも経験があると思いますが慣れてない頃、前の組がつっかえて後に2組くらい来ちゃっている中バックティーからチョロなんて打った日には、冷や汗もので恥ずかしくて猛ダッシュしたものです。

逆にナイスショットした時は、嬉しかったですね。

なのでフルバックでもバックでもある程度の実力ならプレーしても差し支えないと思いますが、プレー自体とカートの移動などの段取りをすばやくして欲しいと思います。

nemuinya.jpg
(※ ??????????)

にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
2014/12/12

今日のラウンド。

今日は、茨木県でも難コースとして有名なセベ・バレステロスGCに行って来ました。


201412121.jpg
(※ 午前中は、少し晴れ間も見えて来たんですがその後は、曇ったままでした。)

2週間ぶりのゴルフだったのですが冬モード全開のラウンドでした。

それでもホカロンも使わず風もほとんどなかったので気温ほどは、寒さを感じることもなく良かったです。

新しく使いはじめた915D3も今日で2回目ですが、少し間が空いてしまっていたのでちょっぴり不安でしたが練習場でまずまずのショットが打てていたので一安心しました。

インコースのティーショットも朝イチとしては、100点に近いショットでしたがセカンドショットをミスしてバンカー。

バンカーから3mにしか寄せきれずボギー発進。

続く11番のミドルホールのティーショットも良かったのですが、セカンドショットのライがねぇ~。

昨日の雨でウェットな薄芝で砂地のようなところ、ダフリを意識しすぎてトップしてしまい連続のバンカーイン。

前のホールのバンカーのつもりで打ったんですが、このバンカー見た目と違って砂が入ってなぁーい。

足場は、少し入っていたので騙されてしまいました。

奥のピンに対してグリーンオーバー、超左足下がりのぬかるんだ最悪のライでした。

しかもボールには、泥がべっとり。

難易度の非常に高いアプローチショットが残ってしまいダボは、仕方ないのですがサンドウェッジでカラーにギリギリ落とせばカップの近くに止まるだろうという予想は、あるものの少しでも強いとボールは、止まらないという思いが交錯してインパクトが緩んでしまいました。

思った所より50cm手前に落ちてしまいピンまで3mくらいの超速い下りのパットが残ってしまいました。

3カップ左に切れると読んだパットは、打った瞬間強いと思いましたがラインに乗り1パットのボギーで切り抜けられました。

入らなければ2段グリーンの下もしくは、加速してグリーンを出てしまったかもしれません。

これで気分を良くして12番から15番までパーセーブ。

16番のショートホールは、グリーンの左に外して次打のアプローチは、完璧に打ったつもりでしたがボールがダラダラと転がり続け3mオーバー。

これを見ていた同伴者もビックリ。

結局ボギーとなり次のロングホールは、パーセーブするも難関の18番ミドルホールで再びボギーとして午前のインコースを40ST(16パット)で終了。

でも11番ミドルホールでダボ以上打ちそうなところをボギーで抑えたのは、今日一日に繋がる大きなボギーでした。

短めの昼食の後は、苦手なアウトコース。

201412122.jpg
(※ 苦手なアウトコースですが1番ロングホールは、パーセーブ)

とくに2番、3番、4番のミドルホールは、難しいんですぅ~。

ところがこの難関の3ホールをボギー1つで切り抜けたのは、大きかった。

ドライバーが、思ったより飛んでいるように感じ曲がりも913より少ないのは、確実ですね。

芯を外してヒットしたショットも思ったよりも行ってるのでこの10ヤードは、大きいです。

今日は、パッティングもまずまずで距離感は、合っていたのに比較的易しい8番のショートホールをボギーにしたのは、もったいないのですが後半、苦手なアウトを2オーバーで纏めたのは嬉しい誤算でした。

トータル78ST(32パット)は、難関セベを考えれば上出来なラウンドでした。

ここでは、ちょっとしたミスがダボ・トリに繋がるのに一つもなかったのは、初めてかもしれません。

201412123.jpg



2014年12月12日 セベ・バレステロスGCのラウンドにて使用したセッティング
1W タイトリスト915D3(DIAMANA B60S)
3W キャロウェイ X HOT(DIAMANA B60S)
UT タイトリストVG(3U、4U)、910H、RC BBDツアーVS
アイアン RC BBD 705V Forged(5I~PW)※モーダス3
ウェッジ CG17フォージド52度、クリーブランドF1 58度
パター テーラーメード ゴーストマンタ
ボール スリクソンZスター


にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村






2014/12/11

今年の競技総括

今年の競技を振り返って。

今年の1月は、例年よりもラウンドの回数も多く春先の競技に備えて順調に来ていたのですが、2月の大雪と長引いた怪我(広背筋痛・腰痛)の為に3月の県アマと県オープンは、エントリー済みでしたがキャンセル。

県オープンは、昨年江戸崎CC(東コース)で予選通過して4月の決勝(静ヒルズ)まで行ったのでぜひ出場したかっただけにとても残念でした。

4月になりようやく70%くらい回復した頃には、パブ選の予選が始まりギリギリまで微妙な状態でしたが、何とか出場にこぎつけ市原GCにて予選をギリギリ通過できました。

pab.jpg


ただこの後、無理がたたって2週間後の東日本ブロック決勝では、腰痛が再発して2日目をキャンセルしてまた10日間くらいクラブが振れない状態に逆戻りしてしまいました。

治っては、ぶり返す怪我に悩まされ再発を恐れて思い切ったスィングが出来ずその間1ヶ月くらいは、全くスコアが出せず落ち込む日々でした。

6月に入っても怪我の恐怖心から開放されずクラブ選手権は、あえなく敗退県アマも最終の予選会にエントリーしましたがこちらも予選敗退となりました。

それでもこの2試合で競技勘を取り戻せたのと怪我の恐怖から少しずつ立ち直れたおかげで6月下旬に開催されたパブリックミッドアマチュア選手権の予選を通過することが出来ました。

ama.jpg


気づけばもう夏となり怪我もようやく治ったという実感がありました。

7月下旬のパブリックミッドアマの東日本決勝は、梅雨明けしたばかりの忘れもしない猛暑との戦いでした。

休みが1日しか取れず夜勤直行となった2日目は、猛暑と疲労で何にも出来ず全国大会は、夢と散りました。

201407243.jpg
(※ それにしても暑い暑い2日間でした。)

そして今年の最終戦となった毎日新聞社主催の毎日杯アマチュアオープンゴルフ選手権は、昨年の県オープン決勝の舞台となった静ヒルズでエントリーして無事予選通過。

201407282.jpg


9月に行われる茨城ゴルフクラブ東コースでの決勝を迎えることとなりました。

昨年の大利根CCでの決勝よりも良い成績を目標に出場しましたが、ショット不調でコースに滅多打ちに合い撃沈。

201409194.jpg
(※ 下手を実感した1日でした。)

情けないほどの焦燥感のまま今年の競技を終了。

まだまだ満足できる結果を残せずに残念な結果となりましたがこれが、実力なんだから仕方ありません。

もっと他にもエントリーしたい競技があるんですが日程的に2日休み以上は、無理なのでエントリーできませんが仕事優先なので来年も今年同様のエントリーの範囲で頑張ろうと思います。

ただパブ選のブロック決勝は、ジュニアの大会に場違いなオッサン数名が、混じっているような錯覚になるのでどうしようかと迷っています。

にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
2014/12/10

防寒対策

今年も残り3週間余りとなりました。

先月末にラウンドした時は、まだ暖かくて厚着しなくてもプレーできましたがこのところは、めっきり冷え込んできたのでそれなりに暖かいウェアが必要となってきました。

先日のトーナメント(カシオワールドオープン)では、半袖でプレーしていたプロも先週の最終戦では(JTカップ日本シリーズ)それぞれ防寒対策を施したウェアを着込んでプレーしていました。

プロの冬のウェアを見るとほとんどのプロは、セーター派が多いように感じます。

雨以外では、ウェインドブレーカーのようなジャケットを着ているのはあまり見かけません。

特に下は、レインウェアを着ても上はそのままでプレーしているプロの方が多いですよね。

やはりシャカシャカ感が嫌なのかもしれません。

自分もどちらかと言えばセーターの方が好きなのですが、スィングする時の妨げになりにくい気がします。

ウィンドブレーカーは、風は通しにくいのですが強風の時バタバタと靡くのが嫌なんです。

昔のウェインドブレーカーと違い最近のウェアは、それほどバタバタとはしませんがセーターの方が体にフィットして動きやすい気がします。

逆に強風の時セーターだとウール系などの温かいものを着ていても多少は、風を通すのでその下にかぜを通さない素材を合わせるようにしています。

下は、機能性下着やモモヒキを履いた上にパンツを履くというのが一般的なんですが自分は、どうしても嫌なのでハイソックスで我慢しています。

それ以上に寒い場合は、ウィンドパンツを履けば、かなりの防寒対策となるので1月~3月の寒い日は、ウェインドパンツが欠かせません。

他の防寒対策としては、右手に指だけが普通に使える防寒手袋を昨年試してみましたが、ポケットに手を入れる時に出し入れしにくいので止めました。

手の甲だけを被せる毛糸の手袋の方が、良さそうです。

あとは、ネックウォーマーとホカロンと暖かドリンクを用意すれば完璧なんですがそれ以上にあまり寒い日は、ゴルフやりたくないというのが本音ですけどね。

でもそんな気持ちとは裏腹にやらずにはいられないというのも本音です。

というか冬は、「大嫌いだぁ~。」

samuiyo.jpg


にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
2014/12/09

これでファイナル?

昨日、無事に父の一周忌を終えて帰宅しました。

4日間の滞在でしたが冷え込みが強く時折ミゾレが混じるような寒い数日間を過ごしました。

2時過ぎに羽田に到着しリムジンバスで最寄り駅までの移動は、時間的に空いていて40分で到着しました。

夕食まで時間があったので、4日ぶりに近所の練習場で100球ほど打ってきたんですが手に残る感触が硬く感じるのは、やはりボールが冷えているからなんでしょうか?

もうこの時期になると軟鉄のMBアイアンの芯で打ってもボールの感触を柔らかいとは感じませんからね。

さて、このところの球打ちと言えば、シャフト交換したアプローチウェッジ(CG17)、ロイコレのユーティリティー(TOUR VS)と新調したドライバー(915D3)ばかり打っていたので久々にタイトリストのUT(VG3 2012)を打ってみたんですが、あらためて打ちやすさを実感しました。

VG3.jpg


このクラブも買ってまだ日が浅いのに今では、一番信用のあるクラブとなっています。

910Hよりも方向性が安定してミスショットの度合いも少なく今年買ったクラブでは、一番良かったと思えるクラブかもしれません。

VG3は、今年発売された新しいタイプのものは、カチャカチャ機能が付いていますが前作の2012年モデルには、ありません。

シャフト重量は、2012年モデルが新作より10gちょっと重いのでウッド系に繋がるクラブとしては、ちょうど良い重さなのかもしれません。

まぁー、軽ければカチャカチャは、レンチ1本でシャフトを変えられるので便利といえば便利なんですけどね。

910Hもコースで2回ほど使ってまずまずの働きをしてくれてその良さを実感しているところなのですが、それ以上にVG3が、良かったので結局欲しくなり22度も追加購入することにしました。

2012年モデルは、中古市場で人気があるようでまだけっこうな値段が付いていて在庫も思ったほどありませんが、ヘッドカバーが付属しない新古品が見つかり即ゲットしました。

ロフト的に910H と被ってしまったのでこちらの出番が、少なくなるかもしれません。

先日の記事で2014年ファイナルセッティングとしましたが、このUTを入れたセッティングが今年最後のファイナルセッティングになりそうです。

今年のラウンドは、あと3~4回行ければ良いんですけど雪や雨だとねぇ~。


にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村

2014/12/05

帰省

今日の東京地方は、晴れ。

気持ちの良い青空が広がっています。

昼頃に羽田空港を飛び立ち先程、故郷に到着しました。



天候は、曇り気温8度と関東地方(千葉) より寒いです。



2014/12/03

2014”ファイナルセッティング

昨年と比べると今年は、少し暖かいと思っていましたが12月に入り各地で初雪の知らせが届き始めました。

昨年の今頃、父親の容態がかなり悪くなり帰省した時は、かなり寒かったのを覚えています。

それから1週間で父が亡くなり早1年が過ぎて1周忌の法要を迎えます。

ゴルフは、上手くありませんでしたが研究熱心で金井清一プロのレッスンビデオを何度も見ては開眼しすぐに挫けての繰り返しをしながらも楽しそうにゴルフを続けていました。

足を悪くしてからだんだんとゴルフから遠ざかりながらも、テレビのトーナメントを観戦しながら「今のは、こうなったとかああなったとか。」ゴルフがわからないお袋に解説していたそうです。

父とは、5~6回一緒にラウンドしましたが逃げのゴルフは、一切せずすべてピンを狙うゴルフが身上でした。

ちまちま刻んだりするのが嫌いな性格だったので自分もあえて何も言わず好きなようにやらせていました。

たまに上手くいくと子供のような満面の笑みで「どうだ。凄いだろ~。」みたいなことを言ってました。

「そんなの たまたまだろ。」と言うと

「そんなことは、分かってるんだよ。」

「時々上手く行く時があるから楽しいんだよ。」と言っては、いつも100叩きのゴルフをやってました。

今になってもっと一緒にラウンドしておけばと思いますがそれも叶わぬ願いですね。

数日は、練習にいけないので今日雨が降る中練習に行ってきました。

今年の競技も終わったところでUTを含めた長いクラブを数本新しいものにチェンジしましたが、おおよその飛距離性能や番手間のつながりも把握できたので暫くは、固定の14本でラウンドをしてみようと思います。

沢山持っていくのも億劫ですからね。

1W   タイトリスト915D3 (ディアマナB)
3W   キャロウェイ X-HOT(ディアマナB)
UT   タイトリストVG3、タイトリスト910H(フジクラ)
アイアン RC 705V フォージド (※ 4のみTOUR VS 4UTモーダスⅢ)
AW   クリーブランドCG17(モーダスⅢ)
SW   クリーブランドCG F1(ダイナミックゴールド)
パター テーラーメード ゴースト・マンタ


201412042.jpg


今日で915D3の3回目の試打評価ですが、913D3よりもミスの幅が少ないような気がします。

合う合わないは、もちろんあると思いますが少なくとも、910から913に変えたときは、あまり感じませんでしたが915は、ミスの度合いが少なくなったことを感じます。

当然のことですが、ミスが最小で済めば平均的な距離も多少伸びるのではないでしょうか?

ラウンドがまだ1回だけなのでもう少しラウンドを重ねればはっきり答えが出そうです。

にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村




2014/12/02

さらに915D3を打ってみました。

休みだった昨日は、前日が夜勤明けで雨・・・ラウンド予定もなかったので9時過ぎまで寝てました。

朝食が遅かったので昼近くになってから近所の練習場で球打ち開始。

アプローチウェッジもモーダスⅢにリシャフトしてから日が浅いので50球以上打ったんですがやっぱいいっすね~。

ラウンドも前回の一度だけなんですがリシャフトは、大成功でしたね。

とにかく操作性が良くなり方向性・距離感とも今までにないくらい性能アップしたのは、シャフト内に錘が入っていないせいなのでしょうか?

たかだか300g前後の重量に対して5%以上もの錘が重心位置とは違うシャフト内に詰め込まれていれば、ミスショットの原因の一つになるのは、当然のことなのかもしれません。

とにかくラウンドで1回、練習場で3回ほど使ってみましたがミスショットの確立は、俄然少なくなったのは事実です。

これとは、別にNS950からこちらもモーダスⅢにリシャフトしたRCのアイアン型ユーティリティーのTOUR VSも弾道が以前よりも強くなり高さも若干低くなりました。

ホームコースは、風が強いのでその対策としてアイアン型のUTを入れたのに、これだけボールが上がりやすいのは、ちょっと誤算でしたがこちらもリシャフトして少し改善されました。

こちらもラウンド1回だけなのでこれから暫く使ってみるつもりです。

さて915D3の2回目の試打を球数にして30球ほど打ってみました。

シャフトは、慣れ親しんだディアマナBなのでスィングした時の違和感は、全くありません。

違うのは、ヘッドだけなのですがこちらもほぼ同じ顔なので構えた時の違和感もなくすんなり構えられます。

910から913にした時も違和感なかったのでずっと同じドライバーを使っている気がします。

913D3と明らかに違う点は、ボールの左右のバラつきが少ないのでOBは、減りそうです。

レンジのボールだとセンター上目でヒットしたボールは、強い弾道で低スピンとなりややドロップしますが、コースボールだと良い弾道になりランも期待できそうな気がします。

12月に入りラウンド予定は、中旬までないのでそれまでもう少し打ち込んでみようと思います。


201411271.jpg


にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
2014/12/01

いよいよ12月ですね。

昨日は、夜勤明けで今日はゆっくり休んでいました。

今年も残り1カ月となりましたが明日からは、冷え込みも本格的になりそうです。

先日、高倉健さんが亡くなり高倉さんを偲ぶ映画が各放送局で放映されていました。

数日前には、元キャロルのメンバー「ジョニー大倉さんも亡くなり今日、また菅原文太さんの訃報をニュースで知りました。

高倉さんの映画の中では、「野生の証明」が一番好きな映画で先日も再放送を見ました。

never give up


菅原文太さんの映画は、トラック野郎シリーズや任侠映画が大好きだったので最近でも録画して良く見ていました。

firststar.jpg


ホントに惜しい役者さんが短い間に亡くなりとても残念です。

ジョニー大倉さんは、矢沢永吉さんと同じ元キャロルのメンバーで大学生の頃友達と車を走らせながらキャロルの曲は、よく聴いていました。

キャロル


キャロル解散の後は、役者をやったりしてチンピラ映画に出たりしていましたが、つい先日も柴田恭平と共演している映画を再放送で見たばかりだったのでビックリしました。

年齢もお二人よりもだいぶ若かったですからね。

昭和に大活躍した人たちがどんどん亡くなるのは、とても残念で寂しくなるばかりです。

トラック野郎シリーズは、また見たいものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。