--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/07/25

久々のホームコース

 このところ土日が、仕事で平日休みというパターンが続いています。


 今日は、お休みだったので先月の19日以来ラウンドしていなかったホームコースへ練ランに行ってきました。



201107257.jpg



 午前中は、曇りがちで風もあり結構しのぎやすかったのですが、午後からは真夏の太陽が顔を出し気温もかなり高くなりました。


 定休日営業の月曜日にコースに来ている人は、床屋さんか引退したご年配の方が多いのですが、こんな真夏の暑い日に来ている人は、まずゴルフ好きですよね。



 とりあえず昨日予約を入れておいたのですが、お初の方がたと4人でアウトコースからスタートしました。


 お二人は、レギュラーティーからということだったのでもう一人のSさんとバックティーから先に打たせてもらうことにして先にSさんがティーショットを打ちました。


 フックしたボールは、カート道路に跳ねて左のラフへ。


 次に打った私のティーショットは、フェアウェイのど真ん中にある木の5mの所まで行くナイスショットでしたが、木が邪魔で低い球でしか狙えずエッジまで運びそこからきっちり寄せて1パットのパー発進。


 続く2番のロングホールも3打目が、左ラフの高い木の真後ろでちょうど100yd残し。


 木を超すためにアプローチウェッジを開いて打つしかなくフェアウェイからだと絶対に届かないはずなのですが、若干フォローだったのとフライヤー気味になったのでグリーンまで届いてパーでした。


 3番ホールもセカンドが左のラフからで絶対フライヤーしそうな順目のライだったので残り141ヤードを9鉄をチョイス。


 上手く抜けたボールは、思った通り高めのフライヤーでグリーンを捕らえ2パットのパー。


 こんな感じで今日からまたコースで使い始めたPINGのアンサーフォージドアイアンは、数か月ぶりでしたがボールも良く上がるし距離もツアステより5ヤード位距離も出るような気がします。



 午前のアウトコースは、 --- △-- ○△△ 38ストローク(15パット)

 
 後半は、もったいないオサワリゴルファーのお話

 オサワリゴルファーと言ってもスケベなおっさんゴルファーのお話ではありません。

 
 朝スタートする前にこの方「自分流でやるのでよろしくお願いします。」と言うので変なことをいう人だなと思ったんですが・・・。


 この方ご年配の割には、身長が180cm近くあってとてもきれいなスィングをしているのにとても残念な人でした。


 バンカー以外は、打つ前に毎回ボールをオサワリするんです。


 冬場のコースコンディションが悪い時には、ローカルルールで6インチ動かす人もいますが、今一番芝が良い時期なのに6インチはおろか2~3mクラブのヘッドで転がしながら練習場のような平らなところの芝を丁寧に浮かせてティーアップしたようなライからいつも打ってきます。


 これがまた先ほども言ったようにスィングが、きれいなのでかなりの確率でパーオンしてくるんですよね。


 パターが、あまりお上手ではないので3パットが多く80は切れなかったようでしたが、それでもオサワリ入れない勘定では、80ちょいくらい。


 これには、いっしょに回る同年代のゴルファーの方々は、とても不満そうでした。


 なるほど最初に断って言っていたのはこのことだったのね!?


 それだけ動かしまくってバンカーだけは動かさないのは、その方のポリシーなんでしょうか?


 どうせなら動かせばいいのにね。


 私は、競技でもない限り他人のスコアは、記入もしなければインチキしようが、気にもなりません。


 だいたいスコアを提出するわけでもないのに知らない者同士が、ラウンドして他人のスコアを記入するなんて面倒なんですが、結構きちんとつける人っていますよね。


 この方もご多分にもれずきっちり他の方のスコアを聞いて記入していたのが印象的でした。


 
 バックティーからご一緒したSさんが、「あれだけ良いスィングしているのにもったいないよね。」と言ってきたので「おっしゃるとおりですね。」とお答えしましたが、まったくその通りだと思います。


 それよりも私が、気になったのは、その方が念入りにライの良いところを吟味してボールをきれいに浮かせる儀式の時間がとても長くそこからまたボールを打つまでのルーティーンが、非常に長くて閉口しまくりでした。


 他の方もうんざりしていました。


 暑いんだから早くしてくれよってなもんです。


 そんな暑い午後からのスコアですが、△○△ --□ --- 39ストローク(15パット)


 トータル77ストローク(30パット)
 
  
 可哀そうに一度オサワリを覚えたゴルファーは、オサワリを止められないんでしょうかね?


 
 それにしても最近は、乗用カートやキャディー付きのラウンドばかりしていたので手引きカートのラウンドは、慣れていたはずなのに久々だったのか疲れました。


201107251.jpg



 

 


 


 

 


 


 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いますね

島の人はインチキや自己流ルールにはさほど文句言いませんが遅いのだけは怒られます
遅い人だと分かったら構えて打つのを待たずにどんどん前に歩かれますよ
それで最後に一言「嫌なら早く打ってね」です(笑

Re: いますね

> 島の人はインチキや自己流ルールにはさほど文句言いませんが遅いのだけは怒られます
> 遅い人だと分かったら構えて打つのを待たずにどんどん前に歩かれますよ
> それで最後に一言「嫌なら早く打ってね」です(笑


こんにちは。

この人の所要時間は、他の3人の合計よりも確実に遅かったです。

今回書いていませんが、グリーン上でも遅いんですよ。

打つのもそうですが、自分のボールをマークするのにマーカーが、探せなくてさらに時間がかかります。

お疲れ様でした。
ボールをいいライに上手く置くと 上手く打てる。
この方はもう止められないのでしょう。
確かに良いライがありがたいですが、悪いライからのショットも
これがゴルフですよね。

Re: タイトルなし

> お疲れ様でした。
> ボールをいいライに上手く置くと 上手く打てる。
> この方はもう止められないのでしょう。
> 確かに良いライがありがたいですが、悪いライからのショットも
> これがゴルフですよね。

こんにちは。

ゴルフは、あるがまますべてを受け入れるスポーツなんですけどね。

悪い癖を覚えるとそれは、ゴルフではなくなります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。