--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/07/31

飛距離って。

 先日行ったアクアラインGCは、アコーディア系列のゴルフ場です。



 アコーディア系のゴルフ場に行かれた方ならご存知かと思いますが、レギュラーティー(ホワイトティー)のヤーデージの近くに吹流しまで230ヤードと言う表示があり、フェアウェイのセンター付近に黄色い吹流しが立っています。(※ 全てではありません。)


 
 距離測定機(ニコン製)で計測すると表示されている距離とほぼ合っています。



 先日のラウンドでスタートを待っていると前の組(3組のコンペの最終組)が、雑談で「○○さんと△△さんは、二人とも250~260は、かるく飛ぶからなぁー。」


 「前も良かったし今日は、優勝だよ。」みたいな内容の話をしているのを耳にしました。



 私は、このコースが初めてだったのでセカンド地点が見える左斜面の上の方に立ってこの会話を聞いていました。



 この方たちの前の組がセカンドショットを打ち終わってティーショットを打ち始めました。




 見た感じゴルフ慣れした人が、二人とアベレージクラスが、一人そして初心者のゴルファーが一人そんな組み合わせで初心者以外のゴルファーは、まずまずのティーショットを放ちスタートしていきました。



 ナビ付のカートだったのでコースガイドを確認すると10番ロングホールは、230ヤードより先は急激な斜面になっているので手前の平らなところにティーショットを置いた方がベストとありました。


 
 でも確か前の組は、全員ドライバーで打っていったような???



 とりあえず前の組のセカンドが終わったのでティーショットに備えます。


 
 どれくらいの斜面か分かりませんが、平らなところからセカンドを打った方が距離も稼げるしミスも少ないと思い3U でティーショット。


 
 当たりも悪く吹流しのはるか手前だったので推定190ヤードくらいでした。


 
 その後のプレーは、前回書いたので省略しますがこの日は、ご年配の方がご一緒でバックティーからプレー出来るメンバーではなかったのでホワイトティー(レギュラー)からのプレー。



 普段バックティーから打っているので逆に吹流しまでの距離表示が無くさほど気になりませんでしたがこの日は、いつも吹流しまでの距離が表示されているので毎回吹流しが、気になりました。



 毎回測定器で吹流しまでの距離を測っていましたが、ほぼ表示とおり。



 一緒にラウンドする年配の方が、せっかちなので打ち込みを避けるために前の組の人に距離を合わせると飛んでいる人でおよそ210ヤード前後。




 吹流しを超えを見ることはありませんでした。



 かくいう私もしっかり当たったときには吹き流しを超えましたが、当たりが悪いと吹流しの手前で230ヤードって結構あるんだなっていう感じでした。



 空気も重く雨が降っていたのでキャリーもランも出なかったこともありますが、キャリーで超えていったと確信できたショットは、3回だけでした。



 下り傾斜に助けられてびっくりするほど距離が出ていたのが、2回ほどありましたが平均すると230ヤード位だったと思います。


 
 前の組の250ヤードを超えるようなビッグドライブを見ることはありませんでしたが、一般ゴルファーで自分の本当の自分の飛距離を知っている人はあまりいないのではないでしょうか?



 ドライバーのユーザーレビューなんか見ていると平均スコアが90とか100前後のゴルファーで平均飛距離が、270とか280ってあるのをよく見かけますが、うらやましいと思う反面果たして本当なのかとも・・・?



 
 201106191.jpg
 
 



 


  


 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。