--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/10/04

クラブについて

 日本女子オープンで優勝した馬場ゆかりは、身長149cmと小柄ながらいつも安定したプレーで上位争いの常連です。



 先月の日本女子プロ選手権で久々に優勝を飾った三塚裕子は、恵まれた体格で飛距離も女子プロでは、1位、2位を争うハードヒッターです。


 
 こんな二人が、同じ土俵で戦うわけですから自分に合ったクラブを使う大切さって言葉で言い表せないほど重要です。



 興味深いことに今回の優勝で共通していることがありました。



 二人ともにドライバーを昨年まで使っていたクラブに戻したところ調子が上がってきたというもの。



 三塚といえば昨年までは、テーラーメイドの契約でしたが、今年からナイキと契約しているのに昨年まで使用していたバーナーに変えて飛距離・方向性も安定したとコメント。



 馬場ゆかりは、コブラ契約の数少ないプロですが今回の女子オープンでは、昨年使っていたフジクラのFシリーズに戻っているのをテレビで見たのですが、本人のコメントにも今回は昨年のドライバーで戻して優勝できたと記事に書いてあるのを見ました。



 契約プロともなればメーカーが発売するニューモデルを使って活躍するのがCMとなり優勝すればまたそのクラブが、売れるということなんですが・・・?



 三塚なんて2007年モデルのバーナーを使っての優勝ですから何もニューモデルが絶対ではないということなんでしょうね。



 そうなると中古屋に足を運んでみる価値はありそうです。



 以前といっても大分昔のことですが、習志野CCの研修会に入っていたことがあります。



 どこのクラブでも概ね研修会に入っているゴルファーは、一般ゴルファーに比べるとクラブに関する関心も高くクラブを交換する頻度も高いと思われます。



 その中でも数多くのクラチャンを取り日本アマなどでも活躍した方が、おっしゃったことが今でも忘れられません。



 「旧モデルよりも今回のニューモデルが15ヤード飛ぶっているのならもう軽く350ヤード飛ぶようになってなきゃおかしいだろ。」



 その時は、それもそうだなと思ってましたが、当時に比べればボールもクラブヘッドの素材やシャフトも進化しているのは事実だと思います。



 ただメーカーの宣伝文句を鵜呑みにはできない反面、自分の飛距離がそのときと比べてどれだけ伸びているのか逆に飛ばなくなっているのか比べようもありません。



 正直、同じボールを使った場合、昔使っていたJ'Sメタルと芯を食った当たりであればそれほど変わらないような気がします。


 
 飛距離よりも方向性の進化は、今の方がかなり良くなっているのでそういう意味では、平均飛距離は、良くなっているんでしょうか。



 さすがに10年以上も前のモデルとは比べようもありませんが、ルール規則が改定された以後に発売されたここ数年前のクラブの中に自分にピッタリのクラブがあるのかもしれませんね。



 そういえば5年位前にサブドライバーとして中古で買ったクアトロテックが刺さったキャロウェイERCⅢが、一番飛んでいたような気がします。



20100320.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

僕もTMのドラは07バーナーTPが曲がらないで飛ぶと思います

Re: タイトルなし

> 僕もTMのドラは07バーナーTPが曲がらないで飛ぶと思います


こんばんは。

自分は、2代目バーナーを使ったことがありますが、距離よりも方向性が良かったような気がします。

やはり合う合わないはそれぞれ違うので沢山打って自分に合うものをチョイスするしかなさそうですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。