--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/10/26

ルール改訂

先日は、超スロープレーのYさんを含めたラウンドのことを記事にしましたが、プロの場合は、遅延プレーに対して警告されても同じ行為があった場合にペナルティーを科せられることがあります。


 昨年は、女子の三塚プロがこの遅延プレーに対するペナルティーに対して逆ギレして試合を棄権しもっと大きなペナルティーと言うか代償を払うことにより精神的に参ったのかしばらく低迷することになりました。



 今年も、キンクミこと金田プロと横峯プロが、同じ組でペナルティーを科せられこのペナルティーがなければひょっとしたらと言うような試合もありました。



 アマチュアの公式競技であればこういったスロープレーに対してプロと同じようなペナルティーがありますが、残念なことに普段のラウンドや月例競技などにはなかなか適用されることもなくルールと言うよりもマナーとして「プレー ファースト」みたいになっているのが現状ですよね。




 特に競技でもなく普通にラウンドしている中では、多少遅いと感じてもなかなか注意することもなく仮に注意したりすると言った方も言われた方も気分が悪くなりその日のラウンドが台無しになるのが嫌でだんまりと言うのが多いんではないでしょうか?



 他の同伴者の事も考えるとなおさらですからそういう人と廻ったら不運とあきらめるしかないのかもしれません。




 ところでこれから冬になり風が強くなるとホームコースは、全く別のゴルフ場のように変貌してしまいます。



 河川敷なので当たり前なのですが、ボールを打ち出す方向とクラブチョイスがめちゃくちゃ難しくなりスロープレーヤーのクラチャンYさんでなくとも慎重になってしまいます。



 グリーン上でも強い風の影響でボールが動いたりすることも珍しくありません。



 そんな状況だとグリーン上でボールが動きはしないかと気が気ではありませんが、ルール改定によりその心配がなくなったのは、喜ばしいことだと思います。


(改定点)
変更点は、アドレス後に動いた球の扱いについて。これまではグリーン上などで選手が球にアドレスした後に、強風などで球が動かされた場合、1打罰のもとにリプレースをしなければならなかった。
しかし、新ルールでは“プレーヤーがボールを動かしたのではない場合、その球は新しい位置から無罰でプレーされる”こととなった。




pat.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

グリーン場でのこのルールは最も理不尽?なルールと言われているそうなので、改訂されて良かったと思います。
風の強い日のプロの試合を見ているとかなりナーバスになっていますからね。

あ、これルール改訂されたんですね(笑)知らなかったです
覚えがあるのは ミケルソンが アドレスした際にボールが動いて競技委員と話をしていたのをテレビで見たことがありますが

Re: タイトルなし

> グリーン場でのこのルールは最も理不尽?なルールと言われているそうなので、改訂されて良かったと思います。
> 風の強い日のプロの試合を見ているとかなりナーバスになっていますからね。


こんにちは。

強風のゴルフで傾斜のあるところにボールが止まると誰しも起きる可能性がありますからね。

ゴルフは、自然との戦いとはいうものの理不尽なことは、勘弁して欲しいと思います。

Re: タイトルなし

> あ、これルール改訂されたんですね(笑)知らなかったです
> 覚えがあるのは ミケルソンが アドレスした際にボールが動いて競技委員と話をしていたのをテレビで見たことがありますが


こんにちは。

他にもいくつかの改定ルールがありましたが、一番身近なことだったので記事にしました。

このルールに関しての改定は、プロのみならず競技ゴルフをやっている人にもうれしい改定ですよね。

コメント有難うございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。