--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/01/25

ベリーパターは、基本がぎっしり。

前回の記事で少し書いたのですが、昨日のラウンド前に中尺パター(ベリーパター)を使ってみました。


もっとも実際のラウンドでは、まだ自信がなく使用しませんでしたがゴルフ場のパッティンググリーンで試してみて思ったことを少し書いてみようと思います。


普通のパターと違ってパターの総重量がかなり重くなるのでストロークするときに下半身、特に膝を安定させる必要があります。


パター自体もかなり長いので姿勢を良くした高い構えとなるので下半身を安定させないとストローク中に体の芯がぶれてしまいます。


グリップエンドをへそより少し上(みぞおち)辺りに当てがいここを始点にしてゆっくりストロークするのですが、まず感じるのが自然と腹筋を使って膝と共に体の芯がぶれないようにしていること。


kiji2.jpg



今まで普通の長さのパターを使っていて腹筋がどうのこうのなんて感じたことは、ありませんでした。


それと手先や手首を使えないので両肩のストロークでヘッドを動かす感覚が非常に分かりやすいです。


両肩を使ってストロークをしているのが意識できるので通常の長さのパターに握り替えてもこの動きは、とても参考になるような気がします。


実戦投入は、もう少し先になりそうですが練習で下半身をしっかり安定させて両肩のストロークで打つ動作は、通常の長さのパターにも十分取り入れるべきドリルだと認識しました。


米国レギュラーツアーで数を増やした使用者ですが、今年も増えるんでしょうか?


kiji1.jpg



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

僕もフォワードプレスと言うかハンドファーストにしてからスタートしますが 中尺も同じ感じでいいのですか?

Re: タイトルなし

ochamuさん、こんにちは。

グリップエンドが体に軽く触れているので

ハンドファーストにするフォワードプレスは
正直やりづらいと思います。

慣れればかなり良いパターだと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。