--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/03/17

ショートアイアンの精度

 今日は、土曜日なんですが土曜日って雨、多くないですか?


 連休だったので天気がよければ、アプローチの練習がてらホームに行く予定だったのですが、この雨模様ではね。


 今日は、家でのんびりすることにします。


 で、昨日のゴルフの回想を少し。


 復帰後2ラウンドのスコアは、ホームのニッソーCC80ストローク。


 昨日のグレンオークスCCが、78ストロークでした。


 怪我のために練習は、この1カ月ほとんどできなかった割には、自分の実力から考えれば良いスコアだったと思います。


 中でも怪我の功名なのか、ドライバーショットがほとんどノーミスでした。


 強く振って痛みが再発するのが、怖いせいなのかゆっくりとしたタイミングで強く叩かない(叩けない?)スィングになったみたいです。


 このところ2回連続で一緒にまわったO君が「軽くゆったり振ってますね。」と言っていました。


 それは、それで良いことなので今後も今のスイングが出来れば良いんですけどね。


 長いクラブは、まずまずのショットなのですが、PW9Iの間の距離がどうもうまく打てません。


 距離で言うと105~120ヤード前後。


 ピン傍に付けようと欲が出てしまうのかスイングのタイミングがどうも合わずに中途半端なスイングになってしまいます。


 100ヤード以内の距離勘は、前回のラウンドより昨日のラウンドのほうが、良かったのですが失敗する距離は、いつも110~120の間。

 
 噛み気味のショットでグリーンの左に乗るかもっとひっかかって左奥にはずすかのミスショット。


 この距離を失敗するとせっかくのドライバーショットが、生きてこないのでもったいないゴルフになってしまいます。


 練習場では、さほど悪くないショットなのですが実際のラウンドとなると失敗してしまう・・・。


 気分的なものが、影響しているのかもしれませんがもう少しマシなショットをしないとスコアが伸びません。


 次の休みは、天気が良ければマットではなく、直接下から打てる河川敷レンジでPWと9アイアンを重点的に練習してこようと思います。



6281.jpg




 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。