--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/04/11

ニューアイアン

 マスターズゴルフは、バッバ・ワトソンの優勝で幕を閉じましたが、2位のウエストヘーゼンも3位のウエストウッドもPING契約なので今回は、PINGクラブの独占で終わりました。


 他にもハンター・メイハンも上位だったのでPINGの最近の強さが際立っていましたね。



 ワトソンのマスターズ優勝を記念してあのピンクドライバー(G20)が5000本限定販売されるそうです。



201204master.jpg



 いつもシャツのボタンを一番上まできちっと留めて曲芸のようなぶっ飛びドライバーを放つワトソンは、一皮向けてこれからも面白い存在になるでしょう。



 ところで中継を見ていてミケルソンが、ずっと使用していたアイアンシャフトを変えたようですね。



 以前は、プロジェクトXを使用していたと思うのですが、今回のマスターズではKBSのレッドシールが見える映像がいくつかありました。



 定かではありませんが、多分KBSではないでしょうか?



 それとHステンソンは、DMGからモーダスに変更したのが、シャフトプリントを見て分かりました。



 自分もモーダスには、興味があり以前リシャフトしたPING アンサーフォージドに再度入れてみようかと思って知人のクラブを借りて打ってみたもののあまり良い印象ではなかったのでそれっきりになっていました。



 そしてモーダスともう一つ興味のあったダイナミックゴールドXP


 
 なんだかOSみたいなネーミングのシャフトですが、スペック的には自分向きのような数値。


 
 でも使っている人が知り合いにいなかったので試打は、出来なかったのですが冒険でも良いやと思って使ってみることにしました。


 
 調べているとJPモデルには、ダイナミックゴールドとNS950しかありませんが、テーラーメイドとナイキのUSモデルのアイアンには、このXPシャフトが最初から用意されているモデルがあったのでリシャフトは止めてニューアイアンを購入することにしました。


 
 その中でナイキのモデルでは、VRプロコンボとテーラーメイドのツアープリフォードCBが、候補として迷った挙句にツアープリフォードCBに決定。


 テーラーらしくないオーソドックスな大人しい感じの顔が、気に入りました。


 以前発売された、ニックファルド設計のR9フォージドも良いなと思ったのですが、結局購入には至らず考えてみると過去にテーラーメイドは、ウッド系はよく使って来ましたがアイアンは、使ったことはありませんでした。



 今回は、シャフトに興味があっての購入でしたがV721やラックアイアンなど名器が、いくつもあるテーラーなので期待して打ってみましたが打感は、やはりポケットキャビティーそのもの。


 MBを使っている人は、ボヤケタ手ごたえに嫌悪感を抱くでしょうね。(笑)


 自分は、ツアステGRの初代が、ずっとエースアイアンだったので慣れているせいか違和感を感じませんでした。


 ツアステよりもポカンと飛んでいく感じがしますが、シャフトのせいなのかな?


 ダイナミックゴールドXPは、全体でボヨーンと撓る感じでボールも良く上がります。


 PINGアンサーフォージドに入れた前モデルのダイナミックゴールドハイローンチの方が、しっかり感があり若干ですが、固く感じます。


 一緒に打ち比べた訳ではないので次回は、同じ番手を打って打ち比べてみたいと思います。


CIMG8228.jpg





 
 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。