--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/04/18

霞南GCの続き。

 関東地方は、所によって激しい雷雨になった地域があったようですがラウンド中は、ご覧の通り日差しも出て半袖でプレーできるくらい気温も上がってきました。


CIMG8307.jpg


 昼食後は、パターの練習を少しやってインコースへ向かいます。


 
 10番ホールのパー4は、正面にバンカーが見えるのですがこのバンカーがグリーン手前までずっと続いていてバンカーが嫌いな人には、ゾッとするようなホールなんです。


 ただしバンカーと言っても硬めの砂が入っているのでトランディションエリアのような感じなのですが、そうは言ってもしっかりヒットしないとグリーンに乗せるまで何打もかかってしまいます。



CIMG8309.jpg
(こんな学校の運動場のようなバンカーが、グリーンまで続いています。入れなくて良かったなぁ~。)

10番(PAR4)ティーショットは、このバンカーを避けてフェアウェイ右サイドへナイスショット。・・・この長いバンカーに入れずにすみました。ナイスオンで~す。・・・2パットのパー。


11番(PAR4)
短めのミドルですが、左ドッグレッグのインコーナーに凸凹のマウンドがいくつかあって最後の凸凹を越すには、キャリーで240ヤード。
キャリーで越えるのは、無理なので右を狙ったのにその方向へ。
もう少しで越えそうでしたが、数ヤード足らず窪地に落ちて行きました。

行ってみると最後の一番壁の高いマウンドから少し離れた窪地にボールがありました。
一番低い場所を狙って右からフックで打ったらナイスショット。

もう1ヤード左に落ちればバーディーチャンスでしたが、バンカーの土手の近い所に半目玉となってしまいました。・・・左足は、バンカーの土手の上で右足は、バンカーの中という状況でなおかつボールは、アゴのすぐそばという最悪の状態でしたが、なんとそこからのバンカーショットが、一生に一度打てるかどうかのスーパーショットで2mにナイスオン。・・・それを沈めてナイスパーでした。



12番(PAR5)
ティーショットを珍しくプッシュして右の林方向へ。行って見るとその林をはるか越えてマウンドの先まで飛んでました。低スピンで飛んだプッシュボールは、驚くほど良く飛びます。・・・セカンド・サードと上手く繋いでバーディーチャンスでしたが、入らずパー。


13番(PAR3)
175ヤードの打ち下ろしのショートホールでグリーンの手前から左サイドは、池が広がっていて景観は、良いのですがプレーヤーには、気持ちの悪いホール。6アイアンで完璧な球でピンに被さり2mの真下へオン。・・・真っ直ぐ強めに打つのは分かっていてもタッチが少し弱くてカップの左淵で入らずパー。


14番(PAR4)
ここから長いミドルホールが3ホール続いていてここからが、霞南GCのアーメンコーナーしかもセカンド地点が絞ってあるので難しいホールが続きます。

14番は、450ヤードでアゲインスト。完璧なティーショットを打ったのに200ヤード近く残します。・・・セカンドショットは、UTでナイスショットでしたが2ヤード足らず手前のエッジ。・・・グリーンの傾斜を読みきれずにアプローチパットが逆方向へ流れました。・・・2mのパーパットが入らずボギー。

※ 午前から数えて8ホールパーを続けていたのが途絶えました。


15番(PAR4)
ティーショットを失敗して右のラフ。・・・けっこう前上がりがきつくフックで狙いましたが右に出しすぎて木に当たり60ヤード手前の湿ったラフ。・・・3オンして連続ボギー。


16番(PAR4)
ティーショットが、ナイスショットでフェアウェイをキープ。・・・セカンドが左足下がりでやさしくはないのに距離が175ヤード残りで6番で打ったショットは、良い手ごたえで飛んでいきましたが、低めの球だったのにグリーンに落ちてすぐ止まってしまいました。・・・右奥のカップに対して25mのロングパットは、2.5mショートでパーパット入らずボギー。


17番(PAR3)
グリーンは、横に長く大きな御神木がある名物ホールで177ヤードのティーショットは、引っ掛けてしまいグリーン左のエッジから少しこぼれたところ。・・・ピンの位置は、2段グリーンの下の段でその奥は急傾斜の地獄谷。・・・トップは絶対に許されない場面ですが、あまりビビリ過ぎて段の上に残してしまうとパッティングがやばい状況。

完璧な距離感で打ったアプローチは、横1.5mにナイスオン。・・・絶対入れたいパーパットでしたが、パターの芯に当たらず痛恨のボギー。

※ こういったナイスアプローチを生かすことが出来なければ競技で予選を通過すのは、難しいですよね。


18番(PAR5)
最終のロングホールは、右のフェアウェイバンカーを越すのにキャリーで230ヤードだというのでバンカーの左を狙ったのにバンカー方向へ。やばいと思いましたが、何とか越えてくれて下り傾斜にバウンドしたのでビッグドライブになっていました。・・・セカンドで十分グリーンに届く距離なのですが、池越えでキャリー190ヤード必要。

「やってやろうじゃないの。」と言い聞かせて打ったショットなのに、体が逃げてグリーンの右方向へナイスショット。・・・距離は、十分届いていたんですが弱腰で困っちゃいます。気を取り直してグリーン横からのアプローチは、ピンまで約30ヤード。
バンカー越えでしたがこのショットは、ナイスアプローチで1.5mにつけることに成功。・・・先ほど外した前のホールと同じ距離でラインも同じ。今度は、しっかり強めにヒットして最後にやっとバーディーが来ました。



後半は、何とか39Stトータル81Stでした。


8ホール連続でパーを取った後に4ホール連続でボギーの後、最後バーディーでしたが難しいホールが、4ホール続いたとはいえどこかで止めないといけないですよね。


先週の県アマでも最初の5ホールは、1オーバーでその後ボギーが出ると断ち切れなくなりズルズルと後退してしまいましたが、課題は、この辺りなんでしょうかね?


ピンチに立った時の精神力が、欲しいものです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。