--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/06/22

カムイ試打感想。

 今朝の雨は、凄かったですね。


 せっかくの休みだったので朝寝したかったのですが、雨音がすごくて目が覚めてしまいました。


 午前中には、ほとんど止んでしまいましたが最近は、異常な雨量の雨が降ります。


 異常気象なんでしょうが梅雨が、早く明けないかな。


 午後からは、完全に雨がやんだので今日届いたばかりのカムイのドライバー(TP-05S)をレンジで打ってきました。


 カムイのTPシリーズは、TP-03が初代でこのモデルは、改良版も出ていますが2代目、現在は、TP-07となっているようです。


 ただ03と現07は、見たことはありませんが、かなりのディープフェイスでハードヒッター向けということでそれなりの人が使えば威力を発揮しそう。


 自分は、無難に05Sをチョイスしました。


 05も実は、ソールにSの文字が入っている05S(Sは、ソフトインパクト)は、ノーマル05とは若干異なるカップフェイス構造ということで打感が、非常に柔らかくなっているらしいです。



 溶接部分をなくしてあるそうですが、そのメリットは打ってみても多分わからないかも?



 実際に打ち比べてみていないので分かりませんが?


 そして05SバージョンⅡというモデルもあってこちらは、もう高反発ギリギリの線まで削っているそうでスピンの量が極端に少ないそうです。


 こちらも打ったことは、ないのですがこれもやはりかなりのハードヒッターでないと逆にスピンの量が少なすぎて距離は、ロスするかもしれませんね。


 スピン量が多くて吹け上がるのも困りますが、スピン量が少なくてもドロップし過ぎるのは、もっと困ります。


 ロフトも大手メーカーの表示ロフトと違ってリアルロフトに近いので10度表示のものを購入しました。


 今使っているタイトリスト910D3の表示は、9.5度ですが構えた感じカムイのロフトの方が、ロフトが少ないように感じます。



 カムイは、容量460ccに対して910D3は、445ccなんですがカムイの方が、構えると若干小さく見えます。



 バックフェイスのボリュームが、見た目倍くらい厚いのでその分投影面積が小さいのでしょう。



tp05s1.jpg
(左が、カムイTP-05S、右が910D3)




 アプローチとアイアンで100発ほど打ってから先にカムイを打ってみました。


 一発目は、完全なプッシュアウト



 フェイスの向きが開いているのとシャフトが、910D3より半インチ長いのが原因かもしれません。




 続けて打って行くうちにタイミングが合いはじめストレート系から軽いフェードボールが、飛んで行くようになりました。


 今回のシャフトは、前から使ってみたかったフブキα60をチョイスしてみましたがDJ-6Sに比べるとシャフトの先端部の撓りが少ないように感じます。



 全体が、シャープに鋭く戻る感じでインパクトの直前までしっかりタイミングを合わせられれば後は、シャフトがボールを弾いてくれるようなそんなシャフトだと感じました。



 続いて910D3を打ってみましたが、やはり慣れのせいもあるのでしょうがどちらかと言えば910D3の方が楽に捕まる感じがします。



 その後は、交互に打ち比べてみました。






 そして驚くべき結果が!!!!








 あっそうそう、その前にこの練習場は、奥のネットまでが240ヤードとなっています。





そして驚くべき結果が!!!!
 



 
 距離測定器で測ってみました。



 
 そして驚くべき結果が!!!!






 もったいぶってすみません。






 実に240ヤードと表示されている奥のネットまで200ヤード弱しかありませんでした。


 



 そして肝心なカムイの飛距離ですが・・・





 驚愕の事実がぁ~!!!!





 しつこくてすみません。






 何と910D3と打ち比べた結果、


 



 結果・・・

 



 何とほとんど・・・・


 



 
 変わりませんでした。






 
 ネットに当たっちゃうのではっきりとは分かりませんが、ほぼ同じような弾道で同じ位置に当たっていました。





 
 実際コースで打ってみないことには、ホントに同じ距離かどうか分かりませんが練習場で打ち比べた結果は、引き分けと言ったところでしょうか。




 
 
 それほど曲がらずに明らかに飛んでいるとか方向性が、格段に良いということであれば今月2回予定しているラウンドで試してみて7月にエントリーしている競技で使おうと思っていましたがそれほどでもなかったのでもう少し練習場で打ってみてから考えることにしました。



 

 さほど日数に余裕がないのでラウンドで使うのは、もう少し先になりそうです。




 
 でも打った手応えと打球音は、かなりのレベルだと思います。





 選んだスペックもオーバーでもアンダー過ぎることもないので無難な選択だったようです。



201206seting.jpg


 


 

 


 

 

 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

焦らしすぎですよ~

えっへっへ。

> 焦らしすぎですよ~


花屋のおっちゃんさん、こんばんは。

ちょっとくどかったですね。(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。