--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/08/11

見ない方が、良い?

 昨日は、4ヶ月ぶりに市原GC(市原コース)の月例に参加してきました。


 
 キャンセル待ちで申し込んであったのですが、完全に忘れていたら前日に連絡があり参加することにしました。

201208102.jpg






 シャフトをツアーAD BBに変えてから2回目ですが、前回のラウンド(中山CC)では、右へのミスショットが多くそのミスを修正すべくシュアフィットのポジションを1段階アップライトにしたので試してみるのにちょうど良いラウンドでした。




 そう言えば藤田選手も長年使っていたフブキからツアーADの青いシャフトに変えてましたが、今さらMDを使うとは考えられないからBBなんでしょうか?


 

 さて、月例の話に戻りますが、このところ涼しい日が続いていたのにこの日は、暑さが戻って真夏のラウンドとなりました。



 朝練のドライバーは、良い感触のまま東コースからスタートしました。


 
 東のスタートホールは、右にフカすと池がありその先まで行くとOBになるのでスライスやプッシュ癖のある人にとっては気を使うロングホールです。


 
 スタートホールなのでなおさら嫌ですよね。



 自分も直前のラウンド(中山CC)では、スタートのティーショットをプッシュして右の林に入れているのでこの朝イチのティーショットは、普段よりも嫌でした。



 そんな気持ちと裏腹に逆球が出てしまい左のラフでしたが、捕まったフックボールだったので距離はけっこうでていました。



 けっして良いボールでもなんでもないのですが自分の中では、納得のショットでした。




 そんなスタートホールでしたが、セカンドショットもまずまずで距離の難しい3打目は、2段グリーンの下にオン。



 この日のカップは、2段グリーン上段のすぐ手前に切ってあり下からのパッティングは、距離感が出せずにいきなりの3パットボギー発進となりました。



 続く2番のミドルホールのティーショットは、右のバンカーをキャリーで越えてラフに突き抜けてしまいましたが、右目に飛んで落ち際にスゥーと滑るように右に切れるようなことはありませんでした。



 その次のショートホールでは、ベタピンのバーディーがあるものの超重グリーンに手こずりアプローチ&パットも打てずボギーの山。


 
 最終の打ち下ろしのミドルホールでは、2UTで打ったビッグボールが風に乗り届かないと思っていた正面の池に捕まりダボ。



 結局42STとなりベスグロは、遠い自滅ラウンドとなりました。



 でもドライバーは、今回のポジションで良さそうなんですがそれよりもパッティングが・・・。



 午後は、同伴者の○○さんのパッティングを見ないようにしたら本来のパッティングが出来るようになりました。




 というのは・・・???


後半へ




     


 

後半は、中コース




20100611.jpg



 食事休憩後、ちょっと時間があったのでしっかりと芯で打つというのをイメージしてパッティングの練習をしました。



 それというのは、昨日いっしょに周ったNさんのパッティング。



 HDCは、23でショットは、割と安定しているのに目を覆いたくなるようなパッティングなんです。



 最初は、ラインを参考にしようと先に打つNさんのパッティングをしっかり見ていたんですが、この人のパッティングは、息が詰まりそうなくらいアドレスが長いんです。




 特にショートパットが、打ち方も酷いんですがアドレスが異常に長いんです。



 
 その姿を見てるとハラハラドキドキしているのが伝わって来て一緒にいる同伴者も心臓によろしくない。



 結局、50~60センチの短いパットもことごとく外してしまいラインなんて参考にするどころでありませんでした。


 
 それよりも嫌なイメージのパッティングが目に焼きついてしまうので周りにまで伝染してしまい他の人もおっかなビックリのパットでポロポロ外してしまう有様。



 かくいう自分もショートパットを3回も外してしまいました。



 超重いグリーンなのでしっかり打てば入るのに芯をしっかり打ち抜いていないことが原因なんですがね。




 その原因が、悪いイメージのパッティングを見ているのがいけないと分かったのでNさんのパッティングは、一切見ないようにしました。



 同じラインで先に打つのがNさんだとしても全く見ないようにしたんです。



 芯で打つことだけに集中したら入っても入らなくても本来のパッティングにもどることが出来ました。



 後半は、パッティングで距離の長いところから3パットが、1回とセカンドショットのOBがあり3オーバーの39STでトータル81STで競技終了。





 ラウンド中、人のショットやパットを見て自分のプレーに良くも悪くも影響した、と言うことがありますが昨日は、参考にする以前に見ない方が良いという典型的な例 (霊?)のラウンドでした。


※  見たくないと言う意味で。


201208101.jpg

 

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ども(^^♪
それよくわかります(笑)

気になってコーチに聞いたら・・・
スイングやテンポって移るらしいです(笑)

ぎこちないスイングや テンポを見てると
自分も少なからず 影響して 崩れやすいらしい(笑)

生物学的にも 人間は 無意識のうちに人のマネを
するらしいので 気を付けたいとこですね(^^♪

Re: タイトルなし

> ども(^^♪
> それよくわかります(笑)
>
> 気になってコーチに聞いたら・・・
> スイングやテンポって移るらしいです(笑)
>
> ぎこちないスイングや テンポを見てると
> 自分も少なからず 影響して 崩れやすいらしい(笑)
>
> 生物学的にも 人間は 無意識のうちに人のマネを
> するらしいので 気を付けたいとこですね(^^♪


まぁくんR11さん、ど~もです。(^v^)

プロトーナメントの開設でもお互いにリズムが合って
良い感じで周れたなんて聞きますよね。

変なリズムや嫌なショットは、見たくないです。

やっぱり見ない方が良いってことですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。