--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/12/03

藤田選手3連覇!

 昨日、男子ツアーの最終戦(日本シリーズ)が最終日を迎え藤田選手が見事3連覇を達成して幕を閉じました。


 選ばれた選手しか出場できない中での3連覇は、凄いとしか言いようがありませんよね。


 しかも今年4勝して賞金王も取って最高の1年だったのではないでしょうか。


fujita.jpg



 ここ数年見ていて感じたことなんですが・・・。


 藤田選手って年齢を重ねるごとに尻がでかくなっているように見えませんか?


 4~5年前は、そうでもなかったように思いますが、昨日、青木さんが解説で「藤田君の下半身の安定感が抜群だ。」と言っていました。


 確かにパーリーゲイツのパンツが尻周りがパンパンに張っていて穴が破けそうですね。


 そんな藤田選手の強みは、小技。


 ドライバーの飛距離は、ツアーの中では飛ばない方ですが、グリーンに近くなればなるほどそのうまさが際立って来ると言われています。


 2度の賞金王にもなり今年も藤田選手と賞金王を争った谷口選手も飛距離ではなくパターを含めた小技が上手い。


 飛ばしよりもやはりパターを含めた小技が上手い人の方が、プロでも強いということなんですね。


 ルーク・ドナルドだって飛ばし屋ではありませんが小技が抜群ですから。


 そういえば日本ツアーの飛ばし屋、諸藤や額賀それと津曲は、皆シード取れませんでした。


 マッキロイとタイガーは、飛ばしに加えて小技もうまいから世界1を争うことが出来るんでしょうが一般のアマチュアは、アプローチとパットに時間をかけた方が、懸命なのは分かっているのに練習場で見かけるのは、やはりドライバーを振りまわしている人が俄然多いような気がします。


 プロの世界のデータを見ても分かる通りもっと小技を練習しなきゃな~。


 次回の練習からアプローチをもっと強化しようと思います。


201210set.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おはようございます♪

先日ドライバー1本持って練習場に行って来た私としましては、大変耳のいたいお言葉でございます(笑)

ダイヤモンドカップ前週の狭山gc、レクサス選手権前の大利根ccでプレーした事がありますが、男子ツアーのラフの長さって異常に長いですよね(^^;;
私らの行っている一般営業のコースのラフはフライヤーさえ気を付ければ何て事は無いですけど、ツアー前のラフには相当参ってしまった記憶があります(^^;;
特にグリーン周りのラフにはお手上げでした。。

飛距離よりも、常にフェアウェイをキープ出来るコントロールが、上位をキープ出来るためには重要なのでしょうね♪

Re: タイトルなし

> おはようございます♪
>
> 先日ドライバー1本持って練習場に行って来た私としましては、大変耳のいたいお言葉でございます(笑)
>
> ダイヤモンドカップ前週の狭山gc、レクサス選手権前の大利根ccでプレーした事がありますが、男子ツアーのラフの長さって異常に長いですよね(^^;;
> 私らの行っている一般営業のコースのラフはフライヤーさえ気を付ければ何て事は無いですけど、ツアー前のラフには相当参ってしまった記憶があります(^^;;


> 特にグリーン周りのラフにはお手上げでした。。
>
> 飛距離よりも、常にフェアウェイをキープ出来るコントロールが、上位をキープ出来るためには重要なのでしょうね♪


かけつばパパさん、こんにちは。

以前入会していたゴルフ場が、毎年トーナメントを開催していた関係でラフの深さは、知っています。

フェアウェイを少し外すとボールが、見つからず見つかってもクラブを取りに行く間に「あれっ、どこだっけ?」となってしまいましたね。(笑)

なのでボールを探す時は、大きめのタオルを持って目印にしていました。

グリーン周りのラフは、伸び過ぎてとぐろを巻いていて鳥の巣のようになってました。

毎週やっているプロは、さすがにうまいですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。