--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/12/07

ショートゲームの精度。

 今日は、朝から晴天、風もなく気温も高かったので久々に洗車をしてきれいになりました。


 水もさほど冷たくなかったので苦になりませんでした。


 昼食を食べてから洗ったばかりの車で練習場に行ってきました。


 今日は、あるテーマを持って練習してきたんですが苦手というか自分なりに自信を持てない85ヤードと100ヤードの距離感。


 SWとAWでの距離感をPWと9Iに置き換えて1発づつ測定しながらボールを打ちました。


 フルショットの距離ではありません。


 自分の距離の目安のよりどころは、SWで右腰から左腰の高さで30ヤード


 右肩から左肩までが、50ヤード


 右肩からフルショットの収まる位置までが65ヤード弱。


 AWで同じ決め所から打つとそれぞれ12~13ヤードくらい距離が延びます。


 これをPWと9Iでもやってみてある程度の距離を把握して実戦に役立てられればと思い測定してみました。


 当然それぞれ距離が延びるんですが、自分が弱点だと思っていた85ヤード、100ヤードの距離が今日の測定で埋まりそうなので早く試してみたくなりました。


 というのも85ヤード前後の距離は、今までAWでフルショットより少し小さめというけっこうアバウトな感じで打っていましたが10ヤード近くオーバーしたりショートしたりしていました。


 これでは、バーディーチャンスにもパーを拾えるというアドバンテージとはならずワンパットで狙える距離とは言えません。


 それと100ヤードの距離は、夏場であればちょうどAWのフルショットの距離なので気にしていませんが、冬場になると届かなくなってしまいます。


 手前のピンに対してギリギリ突っ込みたい時や横風の時は、PWでコントロールしていました。


 ただこれもアバウトな勘の部分で打っていたので距離感がいつも合うとは言えず乗るだけというような感じでした。


 ところが今日の測定で分かったのは、85ヤード前後はPWで右肩からフルショットでちょうどでした。


 100ヤードの距離は、9Iで右肩から一拳高いところからフルショットでちょうどでした。


 しかも9Iなのでさほどボールも上がらず風の影響も少ないのも良い感じですね。


 共にフォローを最後まで取れるので気にすることもありません。


 この2つの距離をそれぞれ100球近く打って確認できたので次回のラウンドで試してみるつもりです。


 その他は、6IとUTを15発、ドライバーは、4発だけで今日の練習は、終了。


 これまでは、30ヤードから65ヤードの距離感は、ある程度の自信はあったのですが85~100ヤードで距離の拠り所が出来たのは、ちょっと良いかも。


 自分より上手い上級者とラウンドして比較するとドライバーの精度や200ヤード前後のショットの精度の違いはさほど感じません。


 上級者と言えども毎回フェアウェイに行く訳もないし200ヤードは、そうそう乗せられるということもありませんから。


 決定的な違いを感じるのが50~100ヤードとパッティングの精度の差を感じます。



 ピン位置によっては、ピンをオーバーした方が良いのか手前が良いのかあるいは右手前、左手前などパットの易しいラインに付けるためには、これくらいの残り距離からは、10ヤード刻みくらい距離感を持っていないと易しいラインに付けることは、出来ないんですね。


 
 例えば85以上のキャリーが必要だけど100ヤード以上のキャリーはダメというような時に違いが出ちゃうんです。



 これが出来ないから難しいラインのパットや12~13mを越えるパットの距離が残り3パットの回数が増えるという確率の差となってしまいます。

 

 この差が、ラウンドで2~3ストロークの差となり平均で80を切れるか切れないかという差になるのではないかと考えています。



 条件が良ければこっちが75~76で回っても相手は、パープレー前後で回ってくるのでその差が縮まって来ないんです。


 90や100を切るならどこに乗ってもいいかもしれませんが、アベレージ80を切ると言うとその辺に重点を置いてラウンドしないといつまでも切れそうにないことに気付き始めた今日この頃なんです。



 この冬は、この確信を持てない距離の精度を上げるべく練習を続けようと思います。



201212071.jpg


 

 


 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんわ。。

私はいまだにピンがどこにあってもグリーンセンター狙い・・から脱却できません..
ショットの精度がまだ伴っていないので・・・(^^;;

精度に自信がつくまで、まだまだ道のりは険しそうです(^^;;

Re: タイトルなし

> こんばんわ。。
>
> 私はいまだにピンがどこにあってもグリーンセンター狙い・・から脱却できません..
> ショットの精度がまだ伴っていないので・・・(^^;;
>
> 精度に自信がつくまで、まだまだ道のりは険しそうです(^^;;


かけつばパパさん、こんにちは。

ショートアイアンでもグリーンを外してしまうことも多いのでやはり、アプローチに頼るしかない
ない拾いのゴルフに徹しようと思います。

やさしいラインに乗せられるようにすれば1パットの確率も上がりますからね。

この冬は、アプローチの練習に励み来年春を迎えたいです。

こんにちわ!
今年の日本女子オープンを見に行きましたが、
スコアを作れる選手は、やはりショートゲームの
上手い選手でしたね。
特にラフから・・・で差が出てたように思えました。

アプローチ練習、私もやりたいのですが、もう少し
ガマンです(笑)

Re: タイトルなし

> こんにちわ!
> 今年の日本女子オープンを見に行きましたが、
> スコアを作れる選手は、やはりショートゲームの
> 上手い選手でしたね。
> 特にラフから・・・で差が出てたように思えました。
>
> アプローチ練習、私もやりたいのですが、もう少し
> ガマンです(笑)


まめたろうさん、こんにちは。

我々のゴルフでは、それほどきついラフでのラウンドは経験することはありませんが
いずれにせよラフに入れると難しくなるのは、プロもアマも同じですよね。

今年の冬は、しっかりアプローチに時間をかけようと思います。

あまり無理せず体を治してから練習を再開してください。

お大事に。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。