--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/01/03

#4アイアンのリシャフト

 年末にポチッた単品アイアンPRGRのGNフォージドツアーの4アイアンですが交換するシャフトが決定しました。


 ツルーテンパーのGS95(S-200)


 以前、知人がXフォージドにリシャフトした時に打たせてもらったことがあり割と良かった印象がありました。


 他の候補にPRGRオリジナルのM-43、モーダス3とダイナミックゴールドXPがあったのですがGS95に決めました。


 まずは、PRGRのM-43は、PRGRオリジナルなのでシャフトだけの入手が難しく仮にリシャフトのオーダーをかけると日数がかかり値段も高くなるため除外。


 次に振りやすさを考慮して少し軽量にしたかったのですが他のセットが中量のM-46(SX)なので5~7g軽いシャフトに搾るとモーダス3は、除外となり他にダイナミックゴールドSLとKBS TOUR90が候補となりました。


 カット後の重量は、ほぼ同じなのですがバット側がダイナミックゴールドとほぼ同じになる細めの設計のGS950に軍配が上がりました。


 軽量シャフトは、バット側がどうしても太いので他のクラブと太さのバランスが崩れるのを避けたいと思っていました。


 1本だけ他より太いと嫌ですよね。


 とりあえず付いていたシャフト(DG-S200)を抜いてホーゼル内の清掃と脱脂をしてシャフトとソケットが届くのを待っている状態です。


CIMG9852.jpg


 ソケットも純正品を注文したので他の番手と違和感がなるなりますからね。


 ついでにアイアンもすべてウッド系やウェッジ系と同様、バックラインなしのグリップに交換する予定です。


 今後は、グリップ交換の際すべてのクラブをバックラインなしにする予定なので今までのようにバックラインの向きにシビアにならず気が楽になります。
 


 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。