--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/03/09

参考になった事。

 昨日は、江戸崎CC東コースにて茨城県オープンゴルフ選手権の予選に参加して来ました。


 いろいろとアクシデントがあったものの無事予選を通過して良かったです。


 組合せで一緒させて頂いた一人にMさんという25歳のプレーヤーがいました。


 プロゴルファーを目指しているということで昨年Q2まで行った経験を持っているのでスィングも雰囲気もプロゴルファーを思わせるプレーヤーでした。


 素振りなどを含めアドレスに入るまでのルーティーンが、いつも同じリズムでショットをしていきます。


 ショット自体、ジュニアの頃から磨きをかけて来たスィングなのでオジサンゴルファーが真似しようにも真似できる訳は、ありませんが参考にすべき事は、今後の課題としてとても勉強になりました。


 まずグリーン周りからのアプローチショットの時の安定感のあるアドレス。


 身長的に私と同じくらいなのですが、アドレス時のシャフトの角度がボールに近く立っているせいかアップライトに構えていました。


 シャフトを短く持っているのでやや吊った状態のまま、すっと背筋を伸ばした立ち姿を見ただけでカップに寄りそうに見えました。


 パターのアドレスと近いようなイメージで下半身が全く動かず肩のストロークでゆっくりとボールを運ぶような打ち方でした。


 私と同様、グリーンの重さにショートする場面が多かったのですが、ボールスピードが一定で綺麗な回転で転がっていました。


 短い距離のアプローチで自分がよくやらかすミスとの違いを考えるとボールを運ぶのと弾いているため距離感が一定でないという違いだというようを感じました。


 落とし場所が、同じでもポンと強く落とすのとフワッと柔らかく落とすのとでは違うんですよね。


 打つのでは、なくフェイスに乗せて運ぶというようなイメージの方が、分かりやすいかもしれません。


 小さな動きと静止の状態のアドレスなので頑張れば少し真似できそうなのでちょっと頑張ってみようと思います。


cupin

 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

キャロ助さん、こんばんは。

同伴者を冷静に見る、っていう落ち着きに憧れます (=´ω`=) .。.*:+☆

私は自分のことすらよく覚えてないくらい余裕が無いので(苦笑)、
心遣い含め、いつかもっと冷静さのあるラウンドをしたいなと思いました。

臨場感があって、いつも勉強になります。

それにしても、今日は煙霧で目が痛い一日でした。
外に出た時すごくびっくりするほどでしたが、そちらはどうでしたか?

煙霧

リコさん、こんばんは。

上級者と一緒になると参考になることが多いですね。

例えば難しいライに止まったボールをどうやって打つだろうとか、風の読みやクラブのチョイスなどです。

先日は、パットを含めたショートゲームは、勉強になりました。

風も埃もビックリするほど凄かったですよ。

「煙霧」という言葉も初めて聞きましたが、成田空港に旅客機が降りられず他にダイブアウトしてました。

夜中も風の音が一晩中うるさくて眠れませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。