--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/03/15

クラブセッティング

 一昨日のゴルフは、先月入手したアイアン(ジオテックゴルフGT-フォージド)を初めてコースに持ち込みました。


 今年一番の強風が吹き荒れた中でのラウンドだったので明確な判断は付きませんでしたが、「球が確実に低い」、「少し捕まりづらい」、「ラフからつっかからず抜けが良い」と言う印象でした。


 ライ角は、アドレス時にけっこうフラットだと言うことは気づいていたのですが、ショップに持ち込み計測した結果6番で60度弱。


 このライ角だと自分のスィングに対してかなりフラットでした。


 ボールの高さが、低いと言うのもロフトを計測してこちらも納得。


 カタログの数値より1度立っていて6番で27度でした。


 エースアイアンのPRGR GN502フォージドツアーが同じ6番で30.5度なので完全に1クラブ違っていました。


 この数値に関しては、GN502フォージドツアーは、今時のアイアンとしてはロフトが元々寝ていてその後発売されたPRGRのプロモデルからすると1クラブくらいのロフト差がありGTフォージドツアーは、最初からストロングロフト設計のアイアンなので比べても仕方ありません。


 あまりロフトを弄ると印象が変わってしまうのでカタログ値に微調整してライ角は、他のアイアンと同じライ角に調整してもらいました。


 そうなるとどちらのアイアンを使うのかによってセッティングが変わってしまいます。


 ロフトを調整したと言ってもGTフォージドの低めの強い弾道は、ホームコースが河川敷で風が強いだけに有利になるのは、必至。


 調整してクラブの性能的には、良くなっているはずなので早くホームコースで試してみたいですね。



 ほとんどMBのGTフォージドに対しポケキャビでソールも厚くヘッドが大きめのPRGRの絶対的な易しさは捨てがたく、両方をうまく使い分けしていこうと思っていますが、ロフトの差が1クラブと言うことを考えるとPRGRを入れる場合は、4番アイアンを追加してGTフォージドの場合は、4番アイアンは、不要となるので最近出番のなかった5Wを使おうかと引っ張り出してきました。


 所有する5Wは、PINGのi15と名器テーラーの初代Vスチールなのですが、久々に両方打ってみましたが、甲乙つけ難しでした。

 久々ついで初代Vスチールを使ってみようかと思案中。

-GTフォージドの場合-

1W、3W、5W、UT2本、5~PW、AW、SW、PT  こんな感じかな?

CIMG0104.jpg


 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

調整後の感想はいかがです?

僕は物欲魔人にまたポチさせられましたWW

良くなりました。

あっじぃーさん、こんにちは。

先ほど練習場で打ってきました。

調整したので構えやすくなり方向性も良くなりました。

ロフトは、微調整だったので高さは、さほど変わりません。

重心が高いのでしっかり芯で捕えないとボールが浮きません。

練習し甲斐のあるクラブです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。