--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/05/11

パターグリップ

このところのラウンドで気になるのがゴルフ場のグリーンの速さの違いです。

砂が入ってエアーレーションを施している所は、やたら遅く逆にこのところの乾燥でツルツル状態のグリーンでは、上からのパットがいつまでも転がってしまうような超高速グリーンもありました。


プロとアマが同じフィールドでラウンドするオープントーナメントでは、先月の茨木県オープン(静ヒルズ)のようにあまり経験のないような速さに驚きその日は、ずっと打てなくなってしまいました。


速い速いとビビりながら打つパットでは、全くラインに乗らずかなり手前から曲がってしまうので予期せぬようなところからセカンドパットを打つはめになったりします。


遅いよりは、速めの方が好きなのですがやはり限度がありますからね。


アマなんだからほんの少しだけスリリングだと感じる速さが理想です。


パター(オデッセイメタルX#7)は、今使っているものに替えて約2カ月が経ちだいぶ慣れて来たところです。


2年くらい使っていたエースパターの調子が悪くなったのをきっかけにあれこれ替えてやっと落ちついたところです。


話題性で言えばツアーで最近良く目にするのが白くて太めのグリップ。(スーパーストローク)


種類もいろいろあるようですがミケルソンは、太目のグリップを先週使ってましたね。

superstroke.jpg



自分は、あまり太いのは好きではないので一番細めのウルトラスリムというのが気になっていたんですが実際にどんな感じなのか触ったことがなかったのですが、たまたま先日ご一緒した方が使っていたので試しにお借りしたらなかなか良い感じ。


(私が選んだのは、こちら↓のウルトラスリム)
ultraslim.jpg



左手のグリップの太さは、現在使っているパターの太さとほぼ一緒で右手のグリップ部分だけが少し太めなのですが違和感は、ありません。


速いグリーンで下りの2~3mを残した時にたまにある右手のいたずらが減りそうな気がしたので、このグリップに替えることにしました。


速いのが分かっていながらパンチが入ったり押し出すミスが減れば良いですけどね。


現在装着されているメタルXのグリップ(ラムキン社製)よりも10g程度軽量なのでヘッドバランスは、少し重めになりますがヘッドが効いているほうが好きなので一石二鳥かな。


ただ白を基調としているので汚れやすいのがちょっと気になる点です。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんわ

ミッドスリムというのを使いはじめましたが、これもなかなかイケますよ

とりあえず、これで。

あっじぃーさん、こんにちは。

外径の種類もけっこうありそうなのでいろいろ試してみて
一番合うのを探してみようと思います。

まずは、使ってみないとね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。