--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/07/20

毎日杯選手権の後半戦


mainichi.jpg
(※ 今年で39回を迎えると言う歴史のある大会)

「毎日杯アマチュアゴルフ選手権IN茨城」予選の続きのお話。

ドライバーは、どっちにも曲がりパッティングのタッチもこの日のグリーンに対してオーバーばっかりと調子は、良くないながらアイアンショットで何とかカバーして午前中を38STで後半へ折り返しました。


食事休憩後、アウトコースへ向かうと夏の太陽が照り付けて真夏が、帰って来ていました。


201307181rock.jpg


後半もオナーで打ったティーショットは、ナイスショット。

セカンドショットもピンを挿す完璧なアイアンショットでバーディーチャンスにつけますが入らずパー。

バーディーなんてマグレな様なものですが、それにしてもチャンスを生かしきれません。

続く2番は、グリーン全体が池に囲まれた浮島のようなショートホールですが7アイアンで打ったショットは、手応え十分またもピンを挿し1mにオン。

慎重にこれを決めて2つ目のバーディー。

不調なドライバーをアイアンショットがカバーしてくれています。

3番ロングホールも2mの軽いフックラインのバーディーチャンスに付けましたがこれも決まらずパー。

アイアンだけは、絶好調です。

4番の190ヤードショートホールも左のOBを避けて右5mにオンして難なくパー。

今日は、4つのショートホールは、すべてワンオンしてバーディー2つ決めることが出来ました。

そろそろ予選通過が見え隠れ・・・ただ、このまま終わらないのがゴルフの難しいところ。

5番のティーショットは、右の深いへ打ち込み、左足下がりのライからのセカンドショットがクラブが抜け切らず高い木の枝に当たり前上がりのきついラフに落ちてしまいました。

ピンまでは、残り70ヤードで前上がりがきつく絶妙な距離感が必要なショットでしたが、あと5ヤード足らずに右のエッジに当たって右に跳ねて深いラフへ。

4打目のアプローチは、2mに寄せたものの右からの傾斜がきつくて惜しくも入らずこの日初のダボ

気落ちした訳ではありませんが守りの境地に入ったのか続く6番でもボギーを叩き明らかに浮き足立っている気がしました。

7番の430ヤードの長いミドルホールのティーショットも置きに行きフックして左のラフで距離も出ていませんでした。

残り200ヤード近いセカンドショットを4UTで引っかけてカート道路のさらに左側へ打ち込み大ピンチ。

ところがかなりフックしたおかげで砲台グリーンのピンに対してやや左足上がりのボールを上げ易いセミラフに止まったのが幸いして歩測で42ヤードのアプローチが残りました。

中途半端にグリーンの左サイドに外していたら左足下がりのラフから打ち上げのグリーンに対して柔らく高いボールは打てないのでラッキーでした。

この距離は、自分がサンドウェッジを使ったアプローチショットでは、得意の距離で1.5mに寄せてパーで逃げ切ったのは大きかったですね。

8番のロングホールのティーショットは、左を怖がりプッシュして今度は右の傾斜に打ち込み厳しい状況。


傾斜もきつくボールがすっぽり隠れるくらいのラフに沈んでいました。


このライからのセカンドショットは、前方の高い木まで約30ヤードでウェッジで越すか高い木の枝の下を通すかありません。

結局枝の下を通す決断としましたが、前上がりがきつくラフも強そうだったので6番で打つか7番で打つか迷った挙句、今日何度となく助けてくれている7番をチョイス。

すると思った高さ(約15m)で枝の下をギリギリ強いボールで打ち出すことが出来ました。

言い忘れましたがこのホール左サイドは、グリーンまでOBが続くホールので引っかけは、絶対NG。

ショット的にも精神的にもタフなセカンドショットでした。

サードショットは、残り150ヤードのアゲインストでもう一度7番アイアンを使うことになり自信を持って振り抜いたサードショットは、完璧なショットとなりピンの真下2mにオン。

このバーディーパットをど真ん中から入れて3つ目のバーディー。

再びスコアをワンオーバーとして気持ちが楽になったのですが心配なのは、ティーショット。

この日、最後となる9番ホールで事件が起きてしまいました。

オナーとして打ったティーショットは、ちょっとプッシュしましたが気になるような曲がりでも方向でもなく全員が打ち終えてセカンド地点に行くとその辺りは、異状にラフが深い状況でした。

必死で探しましたが見つかりません。

キャディーさんも含め同伴者も手伝ってくれてさんざん捜索しますが万事休す。

他のボールが2つ出てきましたが私のボールは、痛恨のロスト

思わず天を仰ぎました。

再びティーグランドに戻って打ち直したボールも右のラフでしかもボールがすっぽり隠れてしまう深いラフ

残り180ヤードくらいでしたが9番で脱出して何とか5オン2パットのトリプルボギーで後半は、40st。

皆「あれが、なくなるのはホントにアンラッキーだ。」と言ってくれましたが結果がすべて。

ハーフでダボとトリがありながら40STで収まったので良しとしないといけないのかな。

トータル78STとなり予選カットが危ぶまれました。

ロックコースアウト -○- -□△ -○+3 40ST(15P)

歯医者の予約時間が迫っていたので結果を見ることも出来ずゴルフ場を後にしました。

結果としては、79STまでが予選通過となり19位で無事予選通過をすることが出来ました。(24位タイまで)

でもあの最終のロストボールは、痛かったなぁ~。

一生懸命探してくれたキャディさん、同伴者のみなさん有難う。

201307187rock.jpg


パッティングのタッチは、後半少し合ってきましたがドライバーは、修正できずに終わってしまいました。

最終ホールまで曲がりを恐れずにしっかり振り抜くことが出来なかったことを次に生かせるように練習しないといけません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちわ~
予選通過おめでとうございます!
ブログ読んでてドキドキハラハラ
しました~(笑)
決勝では更なる活躍を期待しております♪
でもロストボールってOBよりショック
でかいですよね。。

こんばんは。

まめたろうさん、こんばんは。

おっしゃる通りOBならティーグランドで諦めがつくんですが、
左のOBを避けて右に打ったティーショットがロストになったのでガックリしました。

これで予選落ちだとショックも大きかったのですが、とりあえず通って良かったです。
ティーショットの練習をしっかりして次につながるように頑張ります。

無事予選通過おめでとうございます
最後 ヒヤっとしたでしょうが通過出来て何よりです
しかしロストは嫌ですよね
ハッキリしてれば切り替えも簡単ですが・・・
次も頑張ってください

ども(#^.^#)
流石ですね
ティショットの不調を アイアンとアプローチで
カバー
そして要所での起死回生のバーディ!!

最終ホールのロストはアンラッキーですが・・・

ロストしなければ 余裕じゃないですか(^_^.)

キャロ助さんのようになりたい(笑)

こんにちは。

ともさん、こんにちは。

最終ホールのロストボールで予選落ちしたと思いました。

左がOBだったのでその日のドライバーの調子を考えれば、
右に打つのは、セオリーだと思いますがまさかロストになるとは。

とりあえず予選は、通過できたので9月の決勝は、頑張ります。

危なかったです。

まぁ君R11さん、こんにちは。

ロストボールにする前のホールでバーディーを取り
+1にした時は、予選通過が見えたと思いました。

でも次のロストボールで落ちたと思ったのでとりあえずは、
良かったです。

もう少しドライバーの調子を戻さないと勝負にならないですね。
練習します。

No title

こんにちは、いきなりですいません...たまたま毎日杯ゴルフの記事他見ていまして...それでたまたまキャロ助さんのブログを発見しまして見させていただきました、そしたらまた たまたま去年のロック予選出場していたのがわかってキャロ助さんとまた たまたま同じスコアでした!偶然ってこわいです...ちょっとだけ拝見させてもらいました...ゴルフがすきなんですね!よくわかります また拝見させてもらいます!

Re: No title

まさやんさん、はじめまして。

コメント有難うございます。
ロックヒルの予選は、同じスコアだったんですね。

自分は、練習ラウンドもせず全く初めてのコースだったのでちょっと不安でしたが
たまたま予選通過できました。

かなり暑い日だったので最終ホールは、バテバテとなりティーショットをプッシュしてロストボールになりました。
それまでパープレーだったのが最終ホールをトリプルにした時は、かなりのショックだったことを今でも良く覚えています。(^^)/

昨日のお邪魔虫です

こんばんは 昨夜はお忙しい中返信ありがとうがざいました、キャロ助さんも上がりで叩いたみたいですけど 自分もちゃんと叩いてますよ!最終18番でダボ(バンカー3回)(ワンパット)で6回でした....やっぱり予選通過を頭がよぎると振れなくなるし、ビビって手や体がロボットになってしまうですよね....それで決勝は出だしナイスショット連発でしたけど....途中で大利根の大きくて曲がりくねった松にボールが吸いこまれて落ちてこない場面と....ロスト1回で頭の中がきれてしまいました!いいわけとタラレバですけどね...ゴルフっていかに冷静に集中しなくてはならないのに いつになってもできないんですよね!不思議です!
1つ聞きたいのですがキャロ助さんニッソーもメンバーですか?ブログのはじにあったものですから...
キャロ助さんゴルフってどうしたらスコアの平均の数字を減らせることができるのでしょうか?
多分ゴルフ人生の中で消えることはないとおもいますが....  いつまでもつまらないことつぶやいてしまってすいませんでした....

Re: 昨日のお邪魔虫です

まさやんさん、こんばんは。
最終ホールは、マッチングを考えると大事なホールなのでいつも丁寧と言うか慎重にプレーしようと心がけているんですがこの時は、前のホールでバーディーを取っていたのでイケイケの気分で失敗しちゃったんです。

しかもそんなに失敗したつもりもなかったしロストボールになるとは、キャディーも含め誰も思ってもいませんでした。
今さらながらですがもし、あのロストで予選落ちだったら相当悔やまれると思いますが、とりあえず通過出来たのは、ラッキーでした。

決勝の大利根CCのスコアは、81STだったんですがこの時は、同伴者の方が皆スコアを崩さず接戦だったので自分も堪えながら我慢のゴルフがある程度できたような感じでした。

大利根は、フェアウェイヒットしても邪魔な木が多くて難しいです。
ナイスショットが木の真後ろというのも2回くらいありましたね。

でもまた、プレーしたいコースの一つです。

平均ストロークを縮めるのは、プロも含め全てのゴルファーの目標とするところだと思いますがHDCが少なくなればなるほど難しくなりますよね。

自分は、今年怪我ばかりしていたのでここ数年の中では、一番悪いかもしれません。
自分が今痛感しているのは、やはりパッティングに尽きるという思いで一杯です。

日本アマクラスのトップアマの方やオープン競技の決勝でプロの人ともご一緒したことがありますが、そういう方でもその日のパッティングの出来如何でショットの調子が良くなったり悪くなったりするのを見るにつけやはりパッティングの作用は、ゴルフにはつくづく大きな要素であることを感じています。

下手な人間が思っている事なので参考には、ならないかもしれませんが・・・。
正直な感想です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。