--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/05/08

連休最後のゴルフ

201105071.jpg
 



 連休最後の今日は、GW中では、一番の天気で気温も25度を越えて汗ばむ1日となりました。


 スタートホールから半袖でのプレーは、前回ラウンドした4日の続き今年2度目ですが、そろそろゴルフも本番といったところでしょうか。


 芝も完璧にグリーン色に染まっています。


201105072.jpg


 
 このところインコースからのスタートが、多いのですがこの10番ミドルホールは、なかなかパーが取れません。


 今日もパーパットが、右カップに蹴られてボギー。


 本日同伴したのは、視力が悪くなる病で競技ゴルフを引退したE本さんですが、数年前まではバリバリのアスリートゴルファーでした。



 最近は、月例くらいしか出ていないとはいえショットメーカーぶりは、健在でした。


 私が、苦手なスタートの10番ミドルホールもセカンドショットを200ヤード近く残しながらもUTでグリーン手間に乗せて難なくパー。


 その後もパーを重ねて5ホール連続パー。

 
 15番ロングの3打目が、ヤーデージ杭のそばにある植え込みに近過ぎて30cmしかバックスィングを取れない不運もありこのホールついにボギー。



 私もE本さんのナイスプレーに何とか食いついて行こうとまずまずのプレー。



 出だしの10番と13番でボギーを打ちますが、E本さんが、ボギった15番のロングホールをパーセーブしてやっとオナーが、取れたのに続く16番では、絶好のティーショットを打ちながらセカンドをミスしてボギー。


 E本さんも15mくらいの距離から珍しく3パットして連続ボギーと仲良くお付き合いをしてくれました。


 17番、18番の長いショートホールと池越えの3打目にプレッシャーのかかる最終ホールは、互いにパーセーブして午前の勝負は、E本さんが、38ストロークで私が、39ストロークで1打ビハインドで終わりました。


後半へ続く


  
 


 

 食事休憩の後、アウトコースで早めに追いつきたいと思っていたのにいきなりこのホールを私が、ボギーにしてしまい逆に2ストロークビハインドとなってしまいました。


 ところが、2番ホールから私のショットが、冴えわたり最終9番ホールまで全てパーオン。


 残念ながらバーディーパットが、一筋入りませんが、相手にプレッシャーをかけるのには十分でした。


 逆にE本さんは、4番ショートホールでアプローチを失敗して集中力を欠いたのか続く5番ホールでも3パットしてボギーを打ちそこから崩れてしまいました。


 終わってみれば最終の9番ホールでやっとバーディーを決めた私が、アウトを1バーディー、1ボギーの36ストロークに対してE本さんは、44ストロークと後半崩れてしまい思いもよらず大差となってしまいました。


 私 39-36(75ストローク)、 E本さん 38-44(82ストローク)


 
 それでも途中までは、付け入るすきを見せないE本さんは、さすがのプレーをされていましたが、やはり視力が悪いというのはかなり負担になるようで1ラウンド分が、2ラウンドした位疲れてしまうようです。



 以前なら私が、勝てるのは3~4回に1回くらいしか勝てませんでした。



 E本さんの何より良いのは、ドライバイーからパターまで一貫したリズムでショットされるE本さんのルーティーンは、とても参考になります。


 今回も勉強させていただき有難うございました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。