--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/09/03

検査結果

先月末の話になりますが、胃腸の調子が良くなかったので病院に行って来ました。

胃の内視鏡検査を受けたんです。

鼻からカメラを挿入して胃の内部を検査するので口から入れる胃カメラよりは、全然平気でした。


やったことのある人なら分かると思いますが、「オェッオェッ」となるらしいです。


数年前にも鼻から入れる検査をしていたので今回は、ビビりもなく平静に受診することが出来ました。


結果は、軽い胃炎ということで猛暑の中、ラウンド中に冷たいものをガバガバ飲んだりして胃腸が、弱ったのかもしれません。


あれだけ暑いと1ラウンドで2L~3Lくらい水分を摂りますからね。


それとついでという訳ではありませんが、ここ数年テレビでよく見かける「ピロリ菌」の抗体検査も受けました。


pi.jpg



ご存知のようにこいつがいるとヤバいんですよね。


今年から保険適用となったということでしたので、いれば除菌しようと思っていたのですが、日本人の場合30歳以上は、かなりの確率でピロリ菌に感染しているらしく40歳以上になると8割近いというのでほぼいるだろうと思っていました。


会社の後輩でゴルフ仲間でもあるM君も数年前にピロリ菌を除菌したんですが、最初の薬では、除菌できず違う薬に変えてやっと除菌に成功したそうです。


彼は、まだ33歳。


除菌するために抗生物質やその他の薬を服用するそうですが、飲んだからといって全ての人が、除菌に成功することはないそうです。


とにかくしつこい奴らしいのですが大体酸のきつい胃の中で生きていること自体凄い奴ですよね。


先日の月例でいっしょになったTさんとFさんもピロリ菌がいてFさんは、2年前に除菌に成功したそうでTさんは、数週間前に薬を飲んであと1カ月のちに抗体検査をするとのことでした。


ラウンド中も私が、いろいろ聞くもんだからピロリ菌の話題でも盛り上がり検査の結果が出ていなかった私は、薬の副作用の話を聞いてちょっと嫌気がさしていました。


副作用は、けっこうきついらしく味覚障害や吐き気などといった症状の他、酷い人は血便まででるというのでかなりビビりが入っていました。


そして昨日、当然陽性だろうと決めつけて病院に行ったら何と陰性でした。


嬉しいことに私の胃の中には、ピロちゃんいませんでした。


絶対にいるとばかり思っていたので拍子抜けしましたが、とにかく薬の副作用に悩まされずにすみホッとしました。


受付の看護婦さんとの雑談の中で言ってたことですが、血液型がO型の人は、ピロリ菌の保菌者が多いそうですが確たるものは、ないと思います。(笑)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。