--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013/11/01

上か下かで大違い

昨日のラウンドは、ティーショットが安定せず右にも左にも曲がり大苦戦のゴルフを強いられました。

ただでさえ難しいコースなのにあれだけ曲がってしまっては、良いスコアなんて出るわけがありません。

201311014.jpg



そんなゴルフなのでライの悪いところからセカンドショットを打つことが多く無理せずにレイアップで3打目勝負の場面が何回かありました。

朝一番のティーショットも大きく右に曲げてセカンドは出すだけ。

3打目は、90ヤードくらいの距離からたまたま1mにつけてパーセーブできたのは、スタートホールとして考えると以降のホールに繋がる上々のサードショットでした。

ターゲットに対する正確性は、残りの距離が短くなるにつれて近くに乗せて行かなければならないのに昨日は、40~50ヤードの距離感が少し合っていませんでした。

方向性は、良くてピンに真っ直ぐでしたが距離が若干オーバー目。

同じような距離(45前後)のアプローチが3~4回ありましたが、いつもカップよりもワンピン以上奥に付いてしまい一度もカップに沈ませることが出来ず全てボギー。

ウェッジで打っているのでバックスピンで少し戻ってきているのですがそれでもキャリーで数ヤードの距離をオーバー。

この距離が、上からでなくて下からだったらもう少しパッティングで打てたんですけどね。

芝の状態の良い夏場と違い少し沈みがちとなって来たライからは、柔らかく運ぶような打ち方が出来ずついついインパクトでガツッと打っているので少し飛んじゃっているんだと思います。

練習場では、出来ても実戦で出来ないもどかしさ感じるラウンドでした。

もっと勇気を持って打たないとね。


201311013.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。