--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/05/31

梅雨時のドライバーは。

 台風は、温帯低気圧に変わりましたが、各地で洪水や大風による被害が、甚大だったところもあり改めて自然災害の脅威を感じます。



 台風一過で好天になるかと思いましたが、曇り空の肌寒い1日で雨は降りませんでしたが、明日の夜からまた、雨となりそうです。


 
 今週は、ゴルフダイジェスト社主催のダブルス選手権の予選にエントリーしているのですが、予報では、雨。


 
 今年は、入梅が例年より早く雨のラウンドが、多くなりそうです。



 雨のラウンドで大切なのは、フェアウェイキープは、もちろんですが、ランが、出ない分セカンドの距離が、長くなるのでキャリーの出るドライバーが、必要になります。



 かといって雨用、晴れ用というようにドライバーのロフトを変えただけの同じヘッドとシャフトを用意している人は、そう多くはいないと思います。


 

 プロともなれば、コースコンディションや自分の調子に合わせて何本ものクラブを用意することが、出来ますが一般アマチュアは、一部の人を除いてはちょっと無理ですよね。



 でも最近では、各メーカーからレンチ1本で簡単にロフトやライ角を変えられる可変ドライバーが、発売されているので選択肢もだいぶ増えました。



 昨年、r9スーパートライ(フブキ)を購入しましたが、ポジションを少し変えて打ってみるもののその恩恵をあまり感じることもなく3ラウンド使っただけで手放してしまいました。


 
 シャフト(フブキ)が、自分には、合わなかったように思います。


 現在、バッグに入れているタイトリスト910D3(DJ-6S)は、コースでまだ2回しか使っていませんが、ノーマルのA1を現在B2に変更しただけで球筋が、すぐに変わりました。


 
 ロフト角は、そのままでライ角だけ0.75アップライトしたのですが、少し右に逃げていたボールが、ストレートに近い球筋になったので今は、そのポジションで使用しています。


 雨用対策としてロフト角も1ポジション増やしたC3にするとキャリーが、増える理屈なのですが、梅雨の間に少し試してみようと思います。



 シャフトもまだ慣れたとは言えませんが、感じ良くスィングできるシャフトなので合っているような気がします。


201105seting.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。