--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/01/27

完成

冬は、気温が低く接着の硬化に時間がかかります。

低めのサウナほどに部屋を暖かくしてリシャフトした5Wの硬化時間を短縮させて接着が完了しました。

後は、グリップを挿して完成。

201401273.jpg


完成後のスペックは、長さ42.25インチ 重量330g バランスD1.5となりました。

明日、練習場でさっそく打ってみます。

ところでグリップについてなんですが・・・ 

数年前から可変式のドライバーを使うようになったのをきっかけに他のクラブもバックラインなしにしました。

といってもSWだけは、昔からバックラインなしだったんですけどね。

SWは、状況によってフェイスの向きを変えて打つのでバックラインがあると気になるしフルショットはしないのでずっとバックラインなし。

最初は、背張りがないと違和感バリバリで当たるような気がしませんでしたが、さすがにもう慣れました。

なので今は、グリップ交換にはさほど神経を使わなくなったので良かったとおもってます。

バックラインがあるとグリップの交換って意外にデリケートで難しいんです。

ちょっとでも(ミリ以下)向きが違うと気になってまともにアドレスできなくなってしまいます。

前日に交換したグリップでも次の日に違和感があって向きが違うように見えるともうダメ。

1球も打たずに交換したことも何度もあります。

グリップに注射針を刺して抜いたこともありますがやっぱりダメなんですよね。

微妙に太さが違うように感じるしブカブカしてるように感じます。

「そこまでの腕は、ないだろう。」と言われそうですが、そこまでの腕がないからこそ納得のできるグリップじゃないと逆にダメ。

グリップに妥協することは、できません。

唯一クラブとの接点ですから。

だから今は、背張りのないバックラインなしにして本当に良かったと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。