--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/06/11

シレッとパーセーブ

 今日は、朝からどしゃぶりですが、土曜日なのでゴルフの予定を入れていた方にとっては、恨めしい雨となりました。



 今月は、すでにダブルス選手権とクラブ選手権の2つの競技に参加しました。


 ダブルス選手権でご一緒させていただいた同伴競技者は、数ホール消化した時点でゴルフ慣れしているけど競技慣れは、していないと感じました。


 「その残り距離とそのライからそのクラブで本当に打つの?」っていう場面が、数回ありました。


 プライベートゴルフなら奇跡のスーパーショットを追い求めるのも楽しく良いかもしれませんが、競技は、序盤。


 多分無理だろうなと思って見守りましたが、結果はいうまでもありません。


 しかもダブルス競技でパートナーが、ティーショットでOBを打っているのでなおさら自分が、ここできっちりボギーを取りに行くのが、セオリーのはず。


 
 ボギーで我慢していればバーディーが、取れるかもしれないのに自分までが、無理してダボっていたんでは結果は見えていますよね。



 パートナーが、先にセカンドを打ってグリーンに乗せているのであればまだ理解できますが・・・。


 お昼時、話をするとやっぱりそうでした。


 ラウンド数は、聞く限りかなりの回数をこなしていて一応シングルの実力は、ありそうだし一発一発のショットを見ていても私なんかよりずっとすばらしいボールを打っていました。


 
 午後も同じようなゴルフをされて80以上を打って予選カット。(若い人は、公式な競技が、初めてだったそうです。)



 そして先日のクラブ選手権は、研修会のSさんと一緒の組み合わせで久々にラウンドさせていただきました。


 
 Sさんは、数年前から公式競技には、積極的に参加していて関東アマ・関東ミッドアマ、社会人アマ、県アマなど多くの競技に参加しています。



 その努力が、実って一昨年あたりから多くの競技で予選を通るようになり今年は、クラブ対抗の選手にも抜擢され急激に実力をつけてきたプレーヤーです。


 
 飛距離も出る方なので以前は、荒いゴルフをするときもありアンダーパーもあれば82~83を打つこともありましたが、飛距離を少し押さえて自分の持ち球であるフェードボールでコントロールするようになっていました。


 
 しかもフェードボールに自信を持っているので危ないサイドが、左にあっても迷うことなく正確なショットを打ってきます。


 
 セカンドショットに関しても前述とは全く逆で何もそこまで安全に行くこともないだろうと思うくらいセーフティーなディフェンスのゴルフに徹します。


 
 厳しい距離のパーパットが残ったりもしますが、結果は悪くてもボギー運良く入ればバー。


 
 ようするにミスショットが、出たとしてもグリーン上でパーパットを打てるかどうかということが、大事だと思うんですね。



 トラブルになったときに起死回生のスーパーショットが、出ればグリーン上でバーディーパットが打てるかもしれませんが、確率的には、高くないわけですから。
 


 結局その日は、午前のスコアは、自分が、2打リードしていましたが、午後の6番で並ばれて自分が、失敗した7番8番で逆に3打の差を着けられてSさんは、76ストロークで余裕の予選通過となり逆に私は、1ストローク足りずにカットとなってしまいました。



 自分から見たSさんのゴルフは、スタートホールから最終ホールまでショットの内容、精神力が、一定しているように見えました。


 以前のSさんの方が、嵌った時の凄さを感じましたが、今回は、それを感じることもなく終わってみたら負けちゃったと言う感じです。


 
 凄さがなくなった代わりに上手くなったような感じでしょうか?




 過去にも派手さは、ないけどシレッといつの間にかパーを重ねているプレーヤーが、あがって見ると予選を通るってことってありますよね。



 
 予選を通過するには、スーパーショットは、要らない。



 しっかりとした繋ぎのショットと起伏のない精神状態でシレッとパーを重ねることが、重要なんです。



 競技では、自分より上手い人とラウンドするとあまり見えないゴルフの奥深さを感じることが、多々あります。


bousou.jpg



 
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ホントそうですね

私も先日、東日本決勝でプレーした時、ホント勉強になりました。それだけ努力をされた方々ですし
友達のトップアマの方にもとにかく淡々とやるんだぞと言われたことがあります。

Re: ホントそうですね

> 私も先日、東日本決勝でプレーした時、ホント勉強になりました。それだけ努力をされた方々ですし
> 友達のトップアマの方にもとにかく淡々とやるんだぞと言われたことがあります。


ともさん、こんにちは。

私は、後半の中盤以降のプレーで気持が、うわずってしまい
空回りをしてしまっているようです。

最初から最後まで一本調子でやれるようにしたいものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。