--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/07/29

難コースが腕を磨く。

爽やかな暑さだった昨日とは一転してまた、クソ暑さが戻ってきました。

昨日、参加した毎日杯アマチュアオープン予選(静ヒルズCC)は、気温もそれほど高くなく爽やかな高原のようでした。

想像していたとおり夏の静ヒルズの景観は、最高にきれいでPVゴルフだったら楽しくプレー出来たんでしょうが競技では、それほど楽しくルンルンゴルフとはいきませんからね。

201407285.jpg


自分の技術では到底攻めきれないコースですが特にグリーン上では、手こずってしまいパット数は、37パットでした。

コースレートを調べてみたら茨城県のゴルフ場では、第1位 鹿島の杜CC(76.4)、第2位 宍戸ヒルズCC(76.0)に次ぐ第3位でした。

静ヒルズCC(74.8)

静ヒルズCCってやっぱり難しいコースなんですね。

ゴルフの技術ってプレーするコースで自然と磨かれると言われています。

バンカーが多ければバンカーショットが、風の強いリンクスだったら風に強いボールを打つことが得意になると思います。

ただこのクラスのコースになると総合して全ての技術が上手くならないと到底良いスコアは、望めません。

うまくなるには、難コースに挑戦して何度もやられながら痛い目に遭って悔しい思いをしないとダメですね。

やさしいコースのレギュラーティーでは、良いスコアを出せても難コースのバックティー以上のティーでプレーしたら自分のようにガタガタになるようでは、まだまだ未熟。

競技会場が難しいコースだと普段から難コースでプレーして慣れておかないとコースに飲まれちゃって手も足も出せずに終了と言うことになってしまいますからね。

幸い鹿島の杜CCは、メンバーが集まらなくても1人予約が出来るコースなので月に一度は、足を運ぼうと思っています。

もっと近ければメンバーになっても良いんですけどちょくちょく通うのは、ちと遠いので月イチペースが妥当かな。

話は、変わりますが自分が好きな番組でBSジャパンでやっている「ゴルフ侍 見参!」と言うのがあるんですが、一昨日の放送で出ていた田中泰二朗プロの「ゴルフって頑張ろうと思っても頑張れないんだよね。」とポツリと言った言葉は、妙に納得させられました。



にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。