--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/08/04

今日の練習は、不快指数100%

今日は、夜勤前に練習に行って来ました。

前回の練習は、夜だったのでボールのキャリーするところが分からず3UTと新しく入れた2007バーナーの5Wの距離の違いが分からずじまいでした。

今日は、昼間だったのでボールは、良く見えたんですが気温35度近くで南風が強く肌に絡みつくような熱風は、不快指数が満点でした。

打席から見ると今日の南風は、やや右後からのフォロー気味の強烈なフック風でした。

真っ直ぐなボールでも10ヤード以上は、左に振られフック回転が掛かろうものなら左のネットまで持っていかれるような強風なのであまり練習にはならなかったですね。

これだけ風が強いと芯で捉えた時と芯を外した時の差は、同じ番手でも大きく距離が違ってしまいます。

自分なりにナイスショットした時の感触で判断すると3UTよりは、10ヤードは確実に飛んでいました。

ロフトの差は、1度しかありませんがシャフトは、だいぶ長いので打ち出し角も高くキャリーの差が出るのは、当然ですよね。

自分が予測していた距離の差もきちんと出るようなのでコースによっての使い分けが出来そうです。

今度は、上の番手であるキャロウェイのX-HOTに比べるとこちらとのロフトの差も1度しかないのに飛距離の差は、全く違います。

というかX-HOTと並べて比べて見てもロフトの差が、とても1度には見えません。

201408041.jpg
(※ バーナー18度 X-HOT17度と表記は、ありますがずいぶん違うように見えます。)

X-HOTプロの4W(17度)は、ずいぶん立っているように見えます。

201408042.jpg


ヘッドの大きさは、バーナーの方が一回り大きいのにシャフトが同じ長さなのでバーナーは、短く感じてしまいますがよりやさしく使う上では、安心感があって良いかもしれません。

オリジナルのシャフトは、少し柔らかく感じるので余っているUSグラファイトデザインのYS-6でも入れてみようかと思っています。

ゴロゴロ転がんないバーナー5Wは、なかなか武器になりそうな予感がします。



にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。