--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/10/31

三連休

今日は、ハロウィンですね。

正直、関心もないしあまり好きではないんです。

カボチャは好きですが、カボチャをくりぬいたあのキャラって何かに似てませんか?

harowin.jpg


子供は、けっこう怖がりますよ。   この顔は?

suzumebati.jpg
(※ イメージ近くないかな?)

ところで明日からは、三連休ですが天気は、悲しいかな・・・ずっと雨のようですね。

ゴルフには、一番良い時期なのでこの連休にゴルフの予定を入れている人には、生憎の天気となりそうですが、キャロ助もその1人なんです。

水曜日は、月例に参加して最高の秋晴れだったのですが明日のホームコースでのラウンドは、微妙になりました。

先週のホームコースでのラウンドは、風邪のためNGだったので明日は、ロイコレのUTをぜひとも試したかったんですけどね。

月例に参加した市原GCのショートホールは、200ヤード前後のホールがないのでティーアップして打つ場面がありませんでした。

その点ホームコースのショートホールは、200ヤード前後の距離があり風もあって難しいんです。

前回の記事は、勘違いのオッサンの話で終始したのでニューウェポン(ロイコレのUT)の話には触れなかったので書いて見ようと思います。

最初に使ったのが西の6番ホールでここは、右ドッグレッグのミドルホールでセカンド地点から打ち上げになっていてきつい縦長の2段グリーンです。

当日は、上の段の一番奥に切ってありました。

オナーで打ったティーショットは、捕まったドロー気味のボールだったのでセンターから左に曲がり浅いラフに止まっていました。

フックした分ピンに対しては、遠くなってしまい残り距離が175ヤードで少しアゲインストと言う状況。

同じ段にキャリーしないときつい傾斜で下の段に戻ってしまい難しい距離感のパットが残ることを考えると185ヤードキャリーと言うことで最初の出番がやってきました。

ボールのライは、少し前下がりでしたが芝の上に乗っかっているような最高のライでした。

ガッツイてミスにならないようゆっくりしたタイミングで打ったボールは、練習場で見慣れた高い弾道でピンの右2mに着弾してランもワンピンくらいで止まっていてバーディーならずのタップインパーでした。

次に使用したのは、西の最終ロングホールのセカンドショットでした。

ここも左からのアゲインストで2オンは、無理な状況。

ティーショットは、フェアウェイの左サイドだったので左斜面に連なる大きな石垣がプレッシャーを与えます。

これまでもFWやUTでセカンドショットをトップして石垣に当て涙を呑んだプレーヤーを何人も見てきています。

幸にも自分は、当てたことはありませんが石垣が近いと7番アイアンがせいぜいなので何とも邪魔な石垣なんです。

だったら右へ打てばと言われそうですが右は、OBなのでこのホールの鍵は、セカンドショットなのです。

ティーショットは、石垣にへばり付きさえしなければOBもないので気楽に打てるのですが問題は、セカンドショット。

今回のティーショットは、まずまず成功のショットでセカンド地点に行って見ると石垣まで30ヤードでボールのライは、少し左足上がりのボールは上がりやすい状況でした。

迷わず2度目の登場でしたが打った瞬間ボールは、石垣を軽々と超えて行きました。

この2度目のショットでこれは、使えるというある程度の確信が持てました。

3度目の登場は、午後から回った東コース6番ロングホールのセカンドショットで今日の大一番のショットでした。

上級者ならさほどのショットではないかも知れませんが、キャロ助にとっては、難しいショット。

ティーショットは、捕まったフック気味のボールでフェアウェイのセンターから曲がったので林の中ですが距離は、けっこう出ていました。

行ってみると左足上がりの傾斜がきつく前下がりも少し入った厳しい状況。

林の陰は、日当たりが悪く湿った土の上で前方には、2本の大きな木がありその間を通して少しフックすれば最高なのですが前のホールでダボを打っているのと勘違いオヤジに少しカッカしていたのでチャレンジしてみました。

木と木の間を通すのは、距離があるのでさほど難しくないのですが少しでも右に飛んでしまうと右サイドのOBが気になりました。

ボールにしっかりコンタクトさせるのも難しそうだったのでダフって出すだけになっても良いかと思って気楽に打ったらこの状況から100点満点のミラクルショット。

自分のところから飛び出したボールは見えましたが、どこに行ったのか誰も見てなくて探すのが大変でしたが探していたところよりもだいぶ先まで飛んでいました。

でもイメージした軽いフックの手応えで満足の1打でした。

そして最後の登場は、最終ホールのセカンドショット。

50ヤード近いうち下ろしで左に直角に打ち上げて行く豪快なミドルホール。

5Wでのティーショットを失敗して前下がりのキツイ深いラフでした。

素振りをしても抵抗が強くこれは、無理と思ったけど試してみないと分からないので少し無謀なトライを敢行。

魔法のクラブじゃないんだもん。

無理だよね。

バサッと激しく絡みつく草に負けて70ヤード位しか飛びませんでした。

最後のボギーは、クラブ選択のミスですが他のショットは、UTを使う場面としては及第点以上の働きでした。


にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

曲がり幅がアイアンと変わらないってのもいいっすよね
ウッド型UTに比べてつかまりもソコソコだし
打てるんならアイアン型がいいね

Re: No title

ochamuさん、こんにちは。

ロングアイアンよりは、確実に球上がるしやさしいですからね。

もっと少ないロフトのクラブだとウッド型が断然やさしくなりますが、
22~23度であればアイアン型でも十分打てますね。

シャフトもウッド型に比べると短くなる分ミート率も上がります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。