--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/11/07

UTの感想

昨日は、予報が変わってまずまずのコンディションでラウンドが出来ました。(霞南GC)

201411062.jpg


以前とは、比べ物にならないくらいグリーンが改善されて良いスピードが出ていました。

でも以前の超重グリーンのイメージが残っているので打ち過ぎて返しを外してしまう3パットが3回もありました。

タッチを合わせられなかった自分が、悪いんですけどね。

グリーンの面積もアンジュレーションも結構大きいだけにグリーンのスピードがあればプレーして楽しいゴルフ場に生まれ変わりそうです。

さて昨日初めて使ったタイトリストのVG3(3UT)とラウンド使用2回目のロイコレ ツアーVS 4UT(アイアン型)についてのお話。

201411076.jpg


とはいっても使用したのは、1回ずつでした。

5番ミドルホールは、やや打ち下ろしで池まで200ヤード足らずの地点に刻みセカンドショットは、池を越えて砲台グリーンを狙うホールなのですがアゲインストだったので軽めのショットでツアーVSを使いました。

肝心な下が止まって引っ掛け気味のショットとなり池まで転がるかとヒヤッとしましたが何とかラフで止まっていました。

でもセカンドショットのライが最悪。

フェアウェイ左サイドにある凸凹のマウンドの中で超前下がり&左足下がりのライからでしたが完璧なショットでグリーンオン。

まぁーそれは、どうでも良い話で使ったのは、これ一回だけのショットなのでもう少しデータが欲しいところです。

内緒の話ですが朝のレンジの端っこのラフから3発だけ4UTで打ってみました。

当然これは、内緒の感想ですから聞かなかったことにしてください。(笑)

どうやらラフからは、ウッド型の方に分がありそうです。

UT(アイアン型)とは言ってもソールがアイアンより少し広めで中空で出来たロングアイアンのようなものなのでラフからは、ウッド型に比べて抜けが悪くミスショットが出やすいかもしれません。

ラフの深さにもよりますがボールが半分くらい見えていないと順目以外は、自分の場合は、技術がないので使わない方が無難かもしれません。

ダメじゃないんですけどシャフトがNS950(S)なので他のアイアンと同じモーダスに変更した方が良いかななんて迷っています。

そして今回が、初下ろしとなったタイトのVG3ですがこちらも1回だけ使いました。

18番ロングホールのセカンドショットだったのですがフォローの風に乗ってティーショットが飛んでいたので残りピンまで210ヤードを狙ってみました。

このホールは、グリーン手前100ヤードくらいからずっと池が続いているので引っかけなどのミスは、NG。

少し左足下がりのライからですが池を越すのには、190ちょいで越せるので気楽でもありませんが少しドロー気味で狙いました。

結果は、ドローせずに真っ直ぐグリーンの少し右に着弾しましたが距離的には、十分届いていました。

花道に止まっていたので15ヤードほどのアプローチを寄せてバーディー。

これ1回だけだったのですが練習場も含めて打った感想は、コブラのバフラーと比べるとロフトが同じなのに球筋が低めでスピン量は、少ないようです。

ヘッド形状は、構えた感じ同じタイトの913に酷似しています。

コブラに比べるとウッド型に近くトゥ側のボリュームがあってヘッドも大きめなので同じ長さでも少し短く感じます。

201411071.jpg


201411072.jpg


フェイスの厚みは、コブラに比べるとシャローでフェイス面も大きめですが下の写真と比べると一目瞭然ですね。

201411073.jpg


レンジで打ち比べてみましたがトータルの距離は、ランが多い分コブラより距離が出るように感じます。

ファーストバウンドが前に低めに飛んでいるように見えました。

コブラは、長年(3年半)使ってきたので信頼度は、上ですがこれからテストラウンドを重ねてどちらを使うか検討しようと思います。

当面、フェアウェイウッドはコースによって3、4,5を入れ替えて使う予定ですがその他は、このセッティングで決まりです。

201411075.jpg

にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。