--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/11/21

やっぱり捨てがたい?

タイトリストのUT(VG3)は、ラウンドで3回使って練習場でもかなり打っているので大分馴染んで来ました。

やはりコブラのUTよりは、10ヤード近く距離が出ます。

一方910Hは、前回のラウンドで1度しか使う機会がありませんでしたがまずまずのショットが打てました。

VG3と比べるとライ角が少しフラットな感じがするので1段階アップライトに調整してレンジで打ってみたら良い感じになりました。

UTの2本は、これでスタメン入りが確定となりましたがVG3の距離が少し伸びた関係で逆に浮いたクラブが、5W(FTオプティフォース)何球かずつ打ち比べてみても距離においてほとんど差が無いように感じます。

これだったらコースにもよりますが、5Wを抜いて4W(キャロウェイ XHOTプロ17度)を入れるかフェアウェイウッドを3Wか4W一本にしてUTを2本とロイコレ TOUR VS UTを復活させて使い分けしようかと思案中。

先日までは、ロイコレをお倉入りにしようかと思いましたが飛ばないけど確実性があるので何とも捨てがたい。

先日の潮来CCでもバッグに入れていたので使ったら完璧なショットとなりグリーンをキャッチ。

レーザーでは、173ヤードでしたがアゲインストと打上げを入れると実質180ヤード以上
は、あったと思います。

最初は、5番アイアンを持っていましたが傾斜がきつくボールもある程度上げなければならないのでTOUR VS UTを使ったらビシッと当たりナイスオン。

これから芝が無くなり霜が融けた後のぬかるんだウェットなライから5番アイアンでしっかり打ち込むのは難しいですからね。
5番アイアンよりもソールが広く中空構造のTOUR VSの方が、ボールを拾うのは確実にやさしく感じます。

ということでTOUR VSには、アイアンと同じシャフトを(モーダスⅢ)にリシャフトすることにしました。


201411216.jpg

にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。