--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/11/27

915D3打ってみました。

今週注文したタイトリスト915D3ですが28日に届く予定が1日早く届いたので遅く帰ってきたにもかかわらず50球だけ打って来ました。

レンジに行く前に今まで913D3に装着していたエースシャフトのディアマナBを915D3に予備シャフトのディアマナRを913D3に装着して打ち比べてみました。

この数カ月は、913D3とディアマナBの組合せだったのでシャフトの特性は、分かっているのでヘッドが915D3に装着してどうなるのか楽しみでした。

アプローチ・アイアン・UTと20発程度打ってからいよいよ915D3の登場。

構えた感じは、913D3とヘッド形状が似ているので全く違和感はありませんがヘッド上部のマークは以前の方が良かった気がします。

201411271.jpg
(※ ソールのデザインは、だいぶ変わり一番特徴的になった溝のついた915D3)

201411272.jpg
(※ 左915D3、右913D3)

素振りを2~3回していよいよ1発目を打ってみることにしました。

どのクラブでもそうですが1発目というのは、練習場でもなかなか緊張感があるものです。

期待と不安が入り混じるからなのかもしれませんがこれから暫くは、相棒として良い働きをしてくれるかどうか占う上のでの大事な一打なんですよね。

練習場での1発目とコースでデビューさせた時の1発目両方ともに同じ気持ちにさせられます。

さてその1発目は、ホッとするナイスショットでした。

アドレスした方向へ真っ直ぐの中弾道でネットの中段まで飛んで行きました。

まずは、良く出来ましたというところでしょうか。

続けて5~6球打ってみましたが許容範囲の中に収まるショットでとりあえず評価点は、高い点数が取れて良かったです。

打った手応えは、夏に打つのと寒い時期に打つのとでは、全く違った感触になるので分からないというのが本音です。

アイアンで打ってももうだいぶ寒くなって来ているので夏打っていたようなボールの柔らかい感触は、ないですからね。

打球音に関しては、「カコン」というような乾いた音はあまり好きとは言い難い気がします。

910D3が打球音も打った手応えも一番良かったと思います。

913D3に持ち替えて打ってみましたが最近打っていないシャフト(ディアマナR)だったので違うクラブと打ち比べているようで参考にはなりませんでした。

こちらの方が、シャフトも長くバランスもやや重めなので振った感じが全く違いました。

結局913D3を打つのは、5発程度にして残りは全部915D3を打って終了。

915D3は、ある程度ヘッドスピードが無いとドロップしてしまうのでロフト角を間違えないようにというような評価をネットで目にしていたのですがその辺は、9.5度で問題なさそうでした。

明日、コースで実際に試してみようと思います。

にほんブログ村 ゴルフブログ 男性ゴルファーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。