--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015/02/16

どうかな?MODUS System3

今日は、ウェッジのシャフトについてのお話です。

数ヶ月前から使用を始めたアプローチウェッジ(クリブラCG17) は、NSモーダスⅢのTOUR120にリシャフトしました。

ツルーテンパーのS200からのリシャフトでしたが他のアイアンがモーダスⅢなので同じシャフトにしました。

これによって自分にとっては、元のシャフトに比べるとかなり扱いやすくなり自信の持てる1本になりました。

もっともそれ以前にもタイトリストボーケイ(スピンミルド)に同じモーダスⅢを入れていたので使い慣れていたということもあったと思います。

最近になって同じCG17のサンドウェッジを追加購入してオリジナルのシャフトのままラウンドを数回重ねてみたんですが結局こちらもリシャフトすることにしました。

アプローチウェッジと同じシャフトでも良いかと思ったんのですが、サンドウェッジでフルショットすることは、ほとんどないのでこちらに入れるシャフトは、少し重量のあるシャフトを入れることにしました。

他のアイアンがモーダスⅢ TOUR120なので単純にTOUR130でも良かったのですが、新作のモーダスSystem3 TOUR125を入れてみることにしました。

数字だけ見ると130より5g程度軽いのかと思っていたら逆に125の方が重いのでシャフトの特性が全く違うのだと思います。

TOUR130のRが121gに対してsystem3 TOUR125は、同じRで127.5gもあります。

ツアー130のSよりも5g近く重い仕様になっているのであらためてsystem3 TOUR125のスペックを確認するとRとXの重量がわずかに2gの違いしかありませんでした。

トルク差も他のモーダスシリーズに比べると番手間の違いは、ほとんどなくどんな打ち応えなのか興味がわきます。

もっともサンドウェッジなので違いなんて分からないとは、思いますがフレックスの違うウェッジ用のシャフトを2本オーダーしたのでCG17の58度とフォーティーンの58度(RM-12)をリシャフトしてみようと思います。

今週中にリシャフトして来週末に使ってみたいのですが時間的に作業が出来るかどうか微妙です。

今日は、うちのおはなが伸びた毛をすっきりとカットしてもらってました。

20150215.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。