--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/07/16

"常用"カートで楽々ラウンド

 全英オープンゴルフは、石川選手をはじめ5名の選手が予選落ちという寂しい結果となりましたが、上位で予選を突破した池田選手には、孤軍奮闘頑張ってもらいたいものです。



 そんな中継を夜遅くまで見て寝不足が続く昨日、仕事関連の方々と茨城のノースショアCCへ行ってきました。


CIMG7076.jpg



 
 先月も1度お邪魔しているのでコースのレイアウトもバッチリ、好スコアを期待したいところですが前のラウンド中に足を攣ったのがちょっと心配。



 
 普段、カートには殆ど乗らずにプレーするんですが、また足を攣ったらいやなので今日だけは、無理をせずカートに乗って楽々ゴルフをすることにしました。



 アウトのスタートホールは、ティーグランドから見てやや左のマウンドの奥にグリーンがあるやや打ち上げのミドルホール。


 
 ティーショットが、軽いフック気味のナイスショットで朝イチなのに珍しくビッグドライブ。


 
 グリーンやや奥目のピンに対して突っ込みきれずにショートしますが、無難に2パットでパー発進。


 続く2番ホールもティーショットが、フック気味でフェアウェイを捉えることが出来ませんが、アイアンがビシッと決まりこのホールもバーディーは決められませんでしたが、パー。


 
 順調にパーを重ねていましたが、6番のティーショットがバンカーのアゴ近くでスタンスが取れずセカンドを失敗してボギー。



 続く7番のロングホールでもティーショットが右のバンカーのアゴ近くで距離を出せず3打目にかけますが、グリーン手前の大木に直撃してボギー。



 最終のミドルホールのティーショットが、結構深いラフに入りそこからのセカンドが、引っかかってバンカーへ。



 寄らず入らずボギー。


 
 
 ドライバーは、不安定でしたが好調なアイアンとパットに助けられ最初のハーフは、39ストローク(15パット)



後半へ


  


 

 ハーフ2時間ちょいで廻ってきたので早めの昼食になりましたが、それなりにお腹が空いていたので冷やしラーメンを注文。


 冷し中華風ではなく程よい塩の効いたスープに魚介のダシの旨みがマッチしてとても美味しい冷やし麺でした。


 
 食事休憩の時間は、短めで次のインスタートに向かう途中、木陰をとおると心地よい風が抜けて爽やかな青空が広がっていました。



 10番ホールは、セカンド地点からやや打ち下ろしていく軽い左ドッグレッグのロングホールですが、ティーショットがインコーナーのバンカーのやや右目から軽いフックでナイスショット。



 一番距離の出るマウンドを越えてフェアウェイの左サイドを捉えます。



 まだ前の組がグリーンにいたのでグリーンが空くのを待って打ったセカンドショットは、ややトップ気味でグリーン手前の花道へ。



 3打目のアプローチは、少しダフってしまい3mショートしてバーディーパットを決まらずただのパー。



 ドライバーのフェアウェイキープ率は、午前中より良くなったのでパーオンの回数も多くなり唯一ラインの読み違えで、1.5mのパーパットをはずした15番ホールのボギーが一つで37ストローク(15パット)



 惜しいバーディーパットが、何回かありましたが一つも取れない代わりにダボもなし。



 ラウンド終了したのが1時40分だったのでお替りハーフへ。


 湿気がなくさわやかな暑さとほとんどカートに乗ったのでそれほど疲労も感じず今年2回目の1.5R。


 
 他のメンバーがもう一度インコースでリベンジしたいと言うので、終わったばかりのインコースでプレーすることにしました。



 さすがに1.5Rやるもの好きは、いないようで16番ホールまで前の組の姿を見ることもなくスムーズなラウンドを展開。



 最終組の我々の後をコース管理の方々が着いてきて作業を行っていました。



 余裕があったのでティーショットのスィングビデオを3回撮ってもらいましたが、頼んだ相手が、ミスキャストで3コマ中成功は、たった一回だけ。



 大事なアドレスからインパクトまでは、撮れてなくてフォロースルーからフィニッシュまでの動画と手の平が、写ったボケた静止画が、カメラに収まっていました。(何じゃー、これやぁー)



 最後のハーフは、ティーショットが一番当たってきてラウンド目より距離が出ていましたが、アイアンが多少引っ掛かり気味となり左のガードバンカーに3回入れたもののうち2回をパーセーブ。


 
 15番ホールのティーショットを右の林に打ち込みグリーンが狙えずボギーにしたのが1回と17番のショートホールのティーショットが、バンカー目玉になってボギーの2オーバーで38ストローク(16パット)


 1.5Rのトータル 39・37・38  114(46パット)

 最後のハーフもバーディーは、ありませんでしたがダボもなし。


 1.5ラウンドやってバーディーなしはちょっと寂しい感じがしますが、ダボも3パットもなく1.5Rすべて30台でプレーできたので来週のダブルスブロック決勝に繋がる良いラウンドになったと思います。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

アマチュアにとってバーディはまぐれ

あなたのブログいつも見ています。
記事はおもしろいですが、気になることがあって言わせてもらいたいことがあります。
それは、あなたのスコアに対する考え方です。
パープレイ以下で常にラウンドできない者が、「ただのパー」なんてあるのですか。不遜にもほどがあります。
故中部銀治郎氏の箴言を知っていますか。
バーディが狙ってとれるなら、パーをとることはもっと簡単なはずである。
ゴルフに対して、パーに対してもっと敬意を払うべきと考えます。あなたはプロでもスクラッチプレーヤーでもないのだから…

Re: アマチュアにとってバーディはまぐれ

> あなたのブログいつも見ています。
> 記事はおもしろいですが、気になることがあって言わせてもらいたいことがあります。
> それは、あなたのスコアに対する考え方です。
> パープレイ以下で常にラウンドできない者が、「ただのパー」なんてあるのですか。不遜にもほどがあります。
> 故中部銀治郎氏の箴言を知っていますか。
> バーディが狙ってとれるなら、パーをとることはもっと簡単なはずである。
> ゴルフに対して、パーに対してもっと敬意を払うべきと考えます。あなたはプロでもスクラッチプレーヤーでもないのだから…


ごんべいさん、こんにちは。

そうですね。

あなたのおっしゃるとおりだと思います。


ロングの2打目で良いポジションまで持ってきたのに
バーディーチャンスに付けられずパットも決まりませんでした。

もっと上手くなれるように練習します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。